湯布院 『食事処 和 (なごみ)』

一人旅で宿泊する場合、たいていは夕食抜きのプランにして、夕食は外に食べに行きます。ホテルで一人食事するのは寂しいですからね。今回行ったお店は由布院駅から5分ほどのところにある、ご夫婦で切り盛りされているお店「食事処 和」。
e0208058_19101731.jpg

まずはビールを飲みつつ食べるものを考えます。せっかくなので、その土地のものを食べたいなということで、まずは 「とり天(550円)」
とり天は、最近、唐揚げとともにメジャーになってきている大分の郷土料理です。衣はサクッと歯ごたえのある仕上がりで、鶏肉は少し薄いスライス状になっているので、簡単に噛み切れて食べやすいです。これをカラシと酢醤油でさっぱりといただきます。軽い口当たりでビールのアテにいい感じ。
e0208058_2003681.jpg
e0208058_20047100.jpg

二品目は「地鶏焼き(880円)」
こちらはしっかりした歯ごたえがあり、噛むとじゅわっと鶏の旨味が溢れてきます。
e0208058_2062073.jpg
e0208058_2063356.jpg

三品目は「野菜天(各100円)」
野菜は、ナス・新タマネギ・ピーマン・キュウリの4種類。ナス・タマネギ等は割と定番ですが、キュウリというのがちょっと意表をつかれますよね。シンプルに塩でいただくので、どれも野菜の甘さが際立っています。
e0208058_20132382.jpg
e0208058_20133269.jpg

お店はカウンター、小上がりなどキャパも結構ありますが、地元のお客さんで賑わっていました。観光地だけど、地元のお客さんが入るお店は いいお店の証拠ですよね。

【住所】 大分県由布市湯布院町川上3726-1




関東食べ歩き ブログランキングへ
by 07takeshi | 2013-07-25 18:30 | 首都圏以外 | Comments(0)