阿佐ヶ谷 『馳走HIFUMI (ヒフミ)』

今日も先日の「じゅうぞう」に続き、阿佐ヶ谷の飲み仲間の方からのお誘いで、前から行きたいと思いつつも行ったことがなかったお店「ヒフミ」へ行きます。ここは、山形の食材やお酒がいただける和食屋さんです。オープンして何年も経つのに、やっとこさ初訪問です。
e0208058_1740575.jpg

e0208058_17411051.jpg

お店に入ると、店内は奥に細長く、手前がカウンター8席くらいで、奥に座敷があります。2人だったのでカウンター席に腰掛け、まずはビールで乾杯しスタート。本日いただくのは3000円のコースです。

一品目 「くずきり 鱧の卵のせ」
鱧の卵って初めて食べましたが、旨味が濃厚でさっぱりしたくずきりと相性がいいですね。
e0208058_17434471.jpg

二品目 「ヒラマサのお造り」
ここの料理の特徴として、とにかくお皿が大きい! 写真だけ見てると食べ物が小さく見えますが、決してそうではなく、お皿が大きいんです。
お造りと一緒に和えられているのはナスともう一つはなんとパパイヤ。一見合わなさそうな組み合わせですが、甘さはあまりなく、ナスと共にあっさりしているので、カンパチの味を引き立てています。
e0208058_17483050.jpg

e0208058_17483981.jpg

ここからは日本酒に切り替え、三品目 「ホヤ」
柔らかいけどコリッとした、貝独特の食感もあり、酢醤油っぽいタレの味が強すぎず、いい塩梅なので、ホヤの味もしっかり感じられます。これは日本酒がすすんでしまいますね。
e0208058_17535382.jpg

四品目 「米沢牛バラ肉の出汁かけ」
これは、薄切りの米沢牛にお出汁をかけるというシンプルな料理ですが、その分素材の良さが際立ちます。お肉がとっても柔らかく、滋味深い出汁と相まってとにかく旨い!お肉の旨味が沁み出た出汁も絶品で、全部飲んでしまいました。
e0208058_17594885.jpg

e0208058_17595656.jpg

e0208058_1804588.jpg

五品目 「ボタンエビと石垣貝」
一緒に添えられているピーマンがあることでお皿の絵柄も含め、色彩を綺麗にしています。生シラスものっており、磯の風味が豊かで日本酒もすすみます。普通だと醤油を付けて食べるんでしょうけど、最初からかかっているタレがちょうどいい味付けで、食材の味を活かしてますね。あと、エビの頭の中の味噌もすごく美味しかったです。
e0208058_1865015.jpg

e0208058_187297.jpg

e0208058_1871347.jpg

e0208058_1874640.jpg

e0208058_187567.jpg

六品目がコース最後の品 「ノドグロの炙り」
スケール感が分かるように携帯といっしょに撮ってみました。僕の携帯は比較的最近の機種で結構でかいのですが、それと比較してもこんなにお皿が大きいです。
ノドグロといえば、白身魚の高級魚。炙ることで旨味が凝縮され甘さも出ます。更に火の通し加減が絶妙で、ちょっとレア気味で食感もいい!
e0208058_18161844.jpg

e0208058_18163075.jpg

最後に追加で一品 「お新香」
お新香といいながらもマグロの赤身も付いています。それに 「だし」があるのも山形っぽくていい感じですね。
e0208058_1822310.jpg

e0208058_182214100.jpg

3000円というリーズナブルな価格ながら、いい素材のきちんとした料理がいただけるので、非常にCPが高いと思います。一人で来ている方もいましたので、今度は一人で来てみようかな。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区阿佐谷北1-27-5


by 07takeshi | 2014-07-20 18:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧