鹿児島(その②)「指宿温泉 吟松」

鹿児島二日目は鹿児島市内から電車に乗ること約1時間。やってきたのは「指宿温泉」。霧島温泉にしようか悩んだんですが、一度、指宿の「砂蒸し温泉」に入ってみたかったので指宿にしました。
e0208058_16253333.jpg

指宿駅前には、温泉地恒例の足湯があります。
e0208058_16264854.jpg

駅から旅館までは2km弱。チェックインまで時間があったので、てくてく歩いて行きました。海沿いの道を歩いていると、途中気になるものを発見。「海中足湯!?」 普通の小さな足湯に見えますが、荷物もあったので入らずにスルーします。
e0208058_16333031.jpg

e0208058_16334155.jpg

20数分ほど歩いたでしょうか、到着したのは今宵の宿、「吟松」。なかなか立派な建物です。
e0208058_16354781.jpg

ロビーはこんな感じ。右側にある銅像は、「砂蒸し温泉に入る乙女像」なんだとか。
e0208058_16365063.jpg

到着すると、まずはラウンジにて抹茶とお菓子が振る舞われます。
e0208058_16385684.jpg

その後、お部屋に案内されます。宿泊するお部屋は、8畳+広縁 そして・・・
e0208058_16393986.jpg

なんとバルコニーには、温泉付き! いやぁ 贅沢ですよね! そんなに大きくはありませんが、一人なのでこれで十分。ちなみに今日の宿泊プランは、1名で宿泊、1泊2食付21000円のプランです。
e0208058_1641264.jpg

e0208058_1647219.jpg

いつもなら、まずは露天にとなるところですが、まずは指宿名物の砂蒸し温泉に入りに行きます。ここからだと市営の「砂蒸し会館 砂楽」という施設がすぐ近くなので便利です。チケットもフロントで購入できます。(1000円くらい)
e0208058_16514595.jpg

砂楽では、2階で受付をして、専用の浴衣を受け取ります。そして更衣室で裸の上に浴衣着て、砂浜に降りていきます。この日はあいにくの雨模様で、会場も屋根付きになってしまいました。
e0208058_16563798.jpg

e0208058_16573857.jpg

まずは、頭にタオルを巻いて、気をつけの姿勢で砂の上で横になると、係の人が体に砂をかけてくれます。砂に埋まるとずっしり重い。体中をギュッと押さえ込まれるせいか、心臓の脈打つ鼓動に合わせて、手足にもその鼓動が感じられる不思議な感覚。温度は、快適よりもちょっと暑いくらいの感じで、しばらくすると汗が出てきます。時間の目安は10分くらい。ちなみに カメラを持っていくと、写真も撮ってくれます。
e0208058_1762043.jpg

その後は、旅館に戻り温泉三昧。この日は雨だったので、写真は翌日の朝に撮影したものを載せます。
まずは、これがあるから この旅館に泊まりたかったと言っても過言ではない、屋上にある「天空野天風呂」。
e0208058_17152510.jpg

どうですか、この景色!海との境目が分からないような感覚にさえなります。とにかくこのお風呂は最高で、何度も入ってしまいました。
あとは 天気さえ良ければなぁ・・・ もっと絶景だったと思うと、ちょっと残念です。
e0208058_17163741.jpg

e0208058_17202034.jpg

e0208058_22285099.jpg

e0208058_17204983.jpg

2階には大浴場があります。普通の旅館ならこのお風呂だけでも十分満足できると思うのですが、一度 天空風呂を味わってしまうと、ほかでは物足りなくなってしまいます。
e0208058_17232870.jpg

e0208058_17264938.jpg

e0208058_17272178.jpg

e0208058_17271888.jpg

e0208058_17281086.jpg

e0208058_172936.jpg

そして次は部屋のお風呂に。何度も温泉に入っていたため、汗をかいて喉が渇いていたのですが、この時のために水を我慢していました。やっぱり独り占めのお風呂なので、お約束のこれ。汗をかきつつ飲むビールは格別です。
e0208058_1732437.jpg

その後は夕食。夕食は部屋出しです。若いかわいらしい仲居さんが、食事の用意をしてくれました。
e0208058_17345746.jpg

夕食の献立は、前菜: 海老芝煮・黒豚ラー油味噌・つぶ貝・烏賊うに焼・生ハム巻・さつま芋黒糖煮
e0208058_17383854.jpg

造り: 地魚五種盛り マグロ・マダイ・カンパチ・エビ・キビナゴ
e0208058_17405060.jpg

e0208058_1741546.jpg

焼物: 蛸壺盛り タコ・鰹こが焼き・甘鯛黒糖焼き
e0208058_17431433.jpg

e0208058_17432521.jpg

炊合: 六白黒豚芋焼酎煮込み
e0208058_17443685.jpg

合肴: かつお酒盗鍋
e0208058_1745493.jpg

揚物: さつま揚げ
e0208058_17464870.jpg

酢物: かつお海菜
e0208058_17464089.jpg

食事: お宿に丼(おすきにどん)
e0208058_1749034.jpg

e0208058_17483322.jpg

吸物: のり汁
e0208058_1749943.jpg

甘物: コラーゲン入り豆乳プリン
e0208058_17495057.jpg


その日は早く寝てしまったので、翌朝は5時半頃に起きました。窓の外を見ると、雨は止んでいましたが、まだまだ雲がかかっています・・・
e0208058_17552113.jpg

とりあえず、そのまま部屋の温泉に。朝から優雅な気分です・
e0208058_17561195.jpg

その後は朝食。朝食も部屋出しです。盛りだくさんで朝からお腹いっぱいです。
e0208058_18395518.jpg

お味噌汁も、土鍋に並々と入ったのを、お椀によそってくれるので、熱々です。
e0208058_184315.jpg

食後は、1階ラウンジのオープンテラスにて海を眺めながらコーヒー。優雅なひと時です。
e0208058_18485239.jpg

その後は、近隣を散歩します。昨日見つけた海中足湯に入ろうと行ってみると・・・


ホントに海中になってました
e0208058_18501656.jpg

因みに昨日2時ごろの状態はこちら。棒が立っているので、かろうじて場所が分かります。
e0208058_1851369.jpg

宿に戻り、最後に温泉に入ったのちチェックアウトです。この日は午後2時ごろの飛行機に乗るので、ちょっと早いのですが、そのまま空港に直行します。空港のレストランで、昼ご飯を食べつつ最後に芋焼酎でも飲もうという魂胆です。楽しい旅も終わってしまうとあっという間でしたね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 鹿児島県指宿市 5−26−29


by 07takeshi | 2014-08-29 15:00 | 温泉 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧