千葉 岩井 『ろくや』

ちょっと早い夏休みをとり、友人たちと房総半島へ行ってきました。今はみんな別の会社で働いていますが、新入社員時代の同期です。昨年も熱海に行ったのですが、気の置けない友人たちとの旅はいいですね。今回は車で行ったので、アクアラインを通っていきますが初アクアラインです。海ほたるまでは地下トンネルですが、海ほたる以降は橋の上を通ります。一日目は台風の影響もあまりなかったので、天気も良くて夏らしい景色です。
e0208058_1736879.jpg

アクアラインを渡った木更津からは40分くらいでしょうか。今日泊まる宿「ろくや」近くの岩井海水浴場に到着します。海水浴なんていつ以来でしょうか。少なくとも15年以上ぶりくらいです。平日なので人もまばらで、青い空に青い海。とっても気持ちイイです。
e0208058_17584652.jpg

e0208058_17591058.jpg

とりあえず海の家でビールを買い、浜辺で飲みます。青空の下で飲むビールは格別ですねー
e0208058_1854728.jpg




1時間ほど滞在の後、今宵の宿「ろくや」へ向かいます。岩井海水浴場からだと車で5分くらいの距離です。
e0208058_18202121.jpg

e0208058_1820374.jpg

そんなに大きい宿ではないのですが、アプローチに工夫がしてあったりと趣があります。
e0208058_18214031.jpg

まずはラウンジに通され、チェックインの手続きをします。このラウンジには、無料で飲めるコーヒーや水が備え付けられており、お風呂上りに便利です。
e0208058_18232093.jpg

e0208058_18262217.jpg

その後はお部屋へ。部屋は和室と寝室の2間続きになっており、お風呂はありませんが、洗面とトイレがあります。因みに本日は3名1室で1泊2日2食付で、一人13,889円のプランです。
e0208058_18264472.jpg

e0208058_1827344.jpg

e0208058_18271546.jpg

e0208058_18273211.jpg

e0208058_18281237.jpg

e0208058_18282293.jpg

冷蔵庫にはスイーツが置いてあります。本格的で美味しいです
e0208058_18351056.jpg

その後は温泉に向かいます。お風呂は共同の内湯が男女それぞれ1か所と、貸切の湯が4か所。貸切は大きいのが2つ、小さいのが2つあり、大きい方はチェックインの際、1か所予約ができます。小さいほうのお風呂は空いていればいつでも入れます。
e0208058_6394351.jpg

e0208058_642649.jpg

e0208058_6423333.jpg

e0208058_6424539.jpg

内湯はこんな感じ
e0208058_645210.jpg

5時からはチェックイン時に予約した大きい方のお風呂に入ります。こちらは想像以上に広くて立派。貸切時間は40分なんですが、お湯もややゆるめなのでゆっくり入ることができます。因みに朝は小さいお風呂のように空いていれば入ることができます。
e0208058_774371.jpg

e0208058_772552.jpg

その後は部屋でゴロゴロし、18時半から待望の夕食。夕食時間は確か、17時半、18時、18時半から選べたと思いますが、少しでもお腹をすかせたほうがいいかなということで、18時半からにしました。食事は1階の半個室の食事処でいただきます。
e0208058_7271069.jpg

まずはビール。生ビールもありますが、瓶で地ビールがあったのでそれを頼みます。「房州花ビール」
e0208058_7294582.jpg

食事はまずは先付、「巨峰とカニのみぞれ酢、鱧、蓮芋、椎茸、色三葉、土佐酢ジュレ」
e0208058_73587.jpg

続いては主菜。お待ちかねの「地魚大量舟盛り」。朝採れの魚なので、日によって内容は変わるみたいです。この日は12種類。カサゴ、イナダ、コロダイ、金目鯛、地タコ、サワラ、イサキ、スズキ、アカヤガラ、メジマグロ、アジ、サザエ。食べたことがない珍しいものもあったりして面白い。鮮度がいいのでどれもプリプリの弾力で、旨い!
e0208058_7444831.jpg

e0208058_745230.jpg

e0208058_7451370.jpg

e0208058_7452666.jpg

e0208058_7455327.jpg

台の物 「鶏の金山寺味噌焼き」
これは固形燃料でテーブルの上で焼いていきます。
e0208058_7561940.jpg

e0208058_7563276.jpg

八寸 「素麺南京、雲丹・ウズラ玉・山葵、和牛野田焼き、サザエ旨煮、穴子寿司、トマトのムースと夏野菜、鯛塩蒸し」
e0208058_822820.jpg

e0208058_8232664.jpg

e0208058_823395.jpg

e0208058_8235111.jpg

e0208058_824330.jpg

揚げ物 「エビチリ和え、もろこしかき揚げ、太刀魚空揚げ、三度豆、ナス、ネギ」
e0208058_8261385.jpg

e0208058_8262591.jpg

焼き物 「マグロカブト焼き」
これは大きくてボリューム満点。そんなに身は付いてないのかなと思っていましたが、大きいだけに身もたっぷりでした。食べやすいように解体してくれます。
e0208058_8362030.jpg

e0208058_8364238.jpg

e0208058_836561.jpg

e0208058_837689.jpg

煮物 「丸六石焼鍋」
桶に入った汁に、焼いた石を入れると、一瞬でブクブク沸騰します。
e0208058_8475896.jpg

e0208058_8481026.jpg

e0208058_8482728.jpg

ご飯はとろろご飯なので、お腹いっぱいでしたが。ズルズルっと食べられます。
e0208058_8521279.jpg

e0208058_8522589.jpg

最後はデザート。3種から選べたので、それぞれ違うものを選びました。
グレープフルーツゼリー
e0208058_8555387.jpg

マンゴーパフェ
e0208058_8562797.jpg

カタラーナのブリュレ
e0208058_857148.jpg

翌朝は、朝食前に温泉。昨日入れなかった大きい方のお風呂に行きます。
e0208058_115021.jpg

e0208058_11501431.jpg

その後は朝食。朝食はかごに入った盛り付けが綺麗。干物は前日の夕食の際にアジ・サバ・エボダイ・サンマ・キンメから選びます。個人的にはサバが好きなんですが、貧乏性なもんで、一番高級そうなキンメを選びました。それにしても朝から盛りだくさんでお腹いっぱいです。
e0208058_81898.jpg

e0208058_8183345.jpg

e0208058_819622.jpg

e0208058_8191967.jpg

e0208058_8194835.jpg

e0208058_820165.jpg

朝食にもデザートが付きます。
e0208058_8203662.jpg

ここは、とにかく料理がおいしかったですね。僕は個人的にあまり旅館の食事っておいしいと思わないのですが、ここのはお世辞抜きでよかったです。お風呂も大きい露天があるとかではないのですが、貸切で4種類のお風呂が楽しめるというのも、中途半端な大浴場を作るとかよりも断然いいと思います。お勧めできる旅館なので、房総の海の幸が食べたいときは是非どうぞ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 千葉県南房総市久枝494


by 07takeshi | 2015-07-15 10:00 | 温泉 | Comments(0)