阿佐ヶ谷 『ラ メゾン クルティーヌ』

今日はホワイトデイのお祝いで、前から行きたいと思っていた阿佐ヶ谷にあるフレンチ「ラ メゾン クルティーヌ」に行ってきました。
e0208058_07585930.jpg
本日いただくのは「ディナーAコース(5700円)」。これは前菜二品にメイン、デザートのセットです。プリフィックスのようにいくつかあるメニューから選べるので、二人でそれぞれ違うものを頼むことにします。まずはグラスのシャンパーニュ(1300円)で乾杯!
e0208058_09094904.jpg
まずはアミューズで「小さな琥珀色のコンソメスープ」
普通のコンソメと違ってすごく濃い琥珀色。45キロの材料を4リットルになるまで煮詰めるんだそう。見た目はシンプルなんですが、すごく手間隙かけて作っているので、香りも味も普通のコンソメとは違い複雑で芳醇です。
e0208058_13065899.jpg
コースの前菜①「ミネラルに富む伏流水で育つ三陸の大粒真牡蠣に同郷の若布のジュレを添えて」
ジュレはほんのり甘く牡蠣の中の水を使っているので、牡蠣との相性もばっちり。甘さの後に牡蠣のほろ苦さと旨みの波が押し寄せる。
e0208058_13071808.jpg
e0208058_13073395.jpg
e0208058_13074268.jpg
連れが頼んだのは「スコットランド産 半野生サーモンの48時間柑橘マリネ カリフラワーとのマリネ」
一口もらいましたが、ソースのさくっとした歯応えにサーモンの熟成した旨みがしっかり。
e0208058_08020772.jpg
前菜②「美食家のブーダンノワール」
二種類の食べ比べで、①世界一のブーダンノワールの作り手と言われる方のレシピで作ったもの?と、②ここのシェフのブーダンノワールの食べ比べということなんだと思いますが、①はサクッとした食感でスパイシーな味。②はほんのり暖かく味が濃厚です。
e0208058_18272107.jpg
e0208058_18273031.jpg
連れの前菜②「究極の大根のスープ」
八ヶ岳大根を使っているんだそう。イメージとしては濃厚なポタージュスープみたいだけど大根の香りと食感があります。
e0208058_18290688.jpg
e0208058_18291497.jpg
メインは「アッシ・パルマンティエ(熟成肉、鹿、猪、じゃがいものピュレ)」
これは伝わりやすい表現で言うと、ジャガイモのミートグラタンみたいな感じでしょうか。ピュレには鴨の脂が使われてコクがあり、お肉は全く臭みもなく味が一つにまとまっています。
e0208058_18323725.jpg
e0208058_18330222.jpg
連れのメインは「的鯛の低温ブレゼ アワビの肝のブールブラン」
マトウダイの身は蒸し焼きされているのでホロリと崩れる柔らかさ。アサリ出汁が効いた泡のソースも秀逸で、春らしい爽やかな味に仕上がっています。
e0208058_18332816.jpg
デザートは「ソルベ2種」
ライスソルベとりんごのソルベ。ライス?って感じですが、胡椒が効いてスパイシーなんだけど甘さもあって不思議な感覚だけどおいしい。りんごのソルベは、りんご本来の味が濃くておいしい。
e0208058_08581159.jpg
連れは「モワルーショコラ ソルベカカオ」
これはすごいチョコ感。チョコの味が濃厚です。
e0208058_08593347.jpg
e0208058_08593981.jpg
食後のコーヒーも味と香りがしっかりで美味しかったです。
e0208058_09004404.jpg
このお店は前から来たいと思っていたので、たくさん待った分、自ずと期待値も高くなっていたのですが、期待通りのお店の雰囲気、味で大満足でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷南3丁目37−10


ラ メゾン クルティーヌフレンチ / 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6


by 07takeshi | 2017-03-12 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)