新宿 『佐賀県三瀬村ふもと赤鶏 西新宿店』

今日は会社の同僚たちとの飲み会です。新宿で安くておいしい店というごく当たり前な条件でお店を探すのですが、毎回お店を変えるとなると、これが新宿って意外と難しいんですよね。どこにしようかなと考えていた時に、ふと思い出したのが、少し前に「ガイアの夜明け」で紹介されていたお店「ふもと赤鶏」。目立たぬご当地をブランドにというコンセプトでの番組だったのですが、確かに佐賀県三瀬村って聞いたことがありませんでしたが、なんとなく美味しそうなものが出てきそうな雰囲気が感じられますよね。
e0208058_09584964.jpg
都内に何店舗かあるようですが、新宿店は南口のビルの4階にあるので、土地勘がないとちょっと見つけづらいかもしれません。先に二名が到着したので、みんなが集まるまで練習します。「生ビール(490円)」と「塩もみキュウリ(390円)」を注文します。
e0208058_09590872.jpg
e0208058_09592565.jpg
ちなみにお通しは「紅しょうがキャベツ」。意外な組み合わせですが焼きそばのそばなしのような雰囲気でいけますね。
e0208058_09591573.jpg
みんな揃ったところで乾杯し、まずは定番の「おまかせふもと赤鶏串焼き7本(1000円)」。何の串だったかはっきり覚えていませんが、もも、せせり、ぼんじり、やげん軟骨、ハツ等だったかと思います。なんとなく居酒屋の焼鳥をイメージしていたら、食べるときちんとした地鶏のお肉で、すごく美味しかったです。
e0208058_10412527.jpg
焼鳥は、冷めないようになっています。
e0208058_10430959.jpg
続いては名物の「レバテキ(490円)」と「ハツテキ(490円)」
レバテキは赤くてツヤツヤ。トロリと柔らかく、旨みがたっぷり。
e0208058_11030964.jpg
ハツテキは、ハツらしいプリっとした弾力がありながらも、とっても柔らか。素材が新鮮なんでしょうね。
e0208058_11032192.jpg
次は揚げ物から「ふもと赤鶏白い塩から揚げ(590円)」
その名のとおりホントに白い。サクッと揚がってシンプルな塩味なので、肉の美味しさもあって酒にもあう。
e0208058_11110752.jpg
「だし巻き卵(490円)」
フワッと柔らかく、甘くないので好きな味付けです。
e0208058_11111629.jpg
e0208058_11112586.jpg
焼鳥の後にはサービスで「脂めし」を出してくれます。まだ温かい鉄板の上に、卵をつぶしながらご飯を焼鳥の脂に絡めていきますが、当然ながら旨いです。
e0208058_11253707.jpg
e0208058_11254360.jpg
「激辛鶏モツ野菜炒め(490円)」
ジュージューいいながら湯気がもうもうと上がっています。辛いので湯気を吸うとむせてしまうほど。値段の割に量もしっかりあって、パンチのある辛さもいい感じで、箸が止まりません。
e0208058_11291448.jpg
「鶏ガラ出し汁皿うどん(590円)」
普通の皿うどんより汁っけが多めなので、皿うどんのパリパリ感はありませんが、これはこれでいけます。汁も鶏の出汁が効いてます。
e0208058_11292946.jpg
e0208058_11293435.jpg
最後はお茶かと思ったら、鶏スープを出してくれます。白湯スープみたいな感じではなく、醤油味で五臓六腑に染みわたりますね~
e0208058_11363627.jpg
結構食って飲んで、一人3500円くらいととってもリーズナブル。ふもと赤鶏も美味しかったですし、店員さんも元気が良くていいお店でした。19時にお店入ったときは6割くらいの入りだったのが、21時頃出る頃には満席になっていました。おしゃれな感じではありませんが、安くて美味しいので気心の知れた人たちとの飲み会などには、ちょうどいいお店だと思います。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします



【住所】 東京新宿区西新宿1-14-6 新宿西勢ビル4F



by 07takeshi | 2017-05-14 19:00 | 新宿区 | Comments(0)  

<< 銀座『うかい亭』 阿佐ヶ谷 『CAPIO(カピオ)』 >>