北陸旅その②富山

北陸旅2日目の午後からは富山にやってきました。金沢から富山までは新幹線でも行けるのですが、お金もかかるので、「IRいしかわ鉄道」の普通列車にて向かうことにします。これだと一人1200円くらいで時間も1時間くらいで行けますし、普通列車といっても横に二人並んで座るシートで特急っぽい感じなので、比較的快適です。
e0208058_07501001.jpg

e0208058_07555606.jpg
近江町市場では、思ってたほど食べ歩きができなかったので、小腹を満たすために買った柿の葉寿司を食べながら向かいます。
e0208058_07512675.jpg

e0208058_07514392.jpg

e0208058_07515536.jpg
そうこうしてるうちに富山駅に到着!約1時間だからあっという間です。
e0208058_07522622.jpg
今宵の宿は「富山地鉄ホテル」駅前すぐにありますし、地下にはスーパーも入っていたりして、とても便利な立地です。
e0208058_07585124.jpg
宿泊プランは1泊朝食付きで二人で8700円くらいだったと思います。まあ狭い部屋なんだろうと思っていたら……結構広い!建物自体は少々年季が入っていますが、バストイレなどの水回りは新しいものになっていますし、40型くらいのテレビもあったりして、とても二人で8000円台とは思えないお部屋です。
e0208058_08004109.jpg
e0208058_08014733.jpg
e0208058_08013936.jpg
更にフロントの脇にはラウンジがあって、24時間コーヒーが無料で飲めて、漫画もいっぱい置いてあります。
e0208058_08055543.jpg

e0208058_08061181.jpg
さて、この日は到着したのが午後3時くらいだったので、あまり時間もないため軽く付近を散策します。行ったのは駅から7~8分くらいのところにある「富岩運河環水公園」。ここには世界で一番美しいと言われているスタバがあることでも有名です。
e0208058_08101047.jpg

e0208058_08104158.jpg
これがそのスタバ。確かにきれいです。中から見る景色もきれいなようですが、結構混んでましたし、あまり時間もなかったので中には入りませんでした。
e0208058_08120594.jpg

e0208058_08122226.jpg
この後は、人気の海鮮居酒屋「だい」で食事をする予定ですが、それは別記事で紹介します。

翌朝は朝食バイキングです。フロント階にある食事処でいただきます。
e0208058_08210911.jpg
結構種類も多かったですし、ホタルイカの沖漬けなど地元ならではのものもあったり、ご飯も美味しいですし、すごく良かったです。朝からお腹いっぱい!
e0208058_08223892.jpg

e0208058_08230184.jpg

e0208058_08232836.jpg

e0208058_08234751.jpg
この日向かうのは、まずは富山城。富山駅からは市民の足、路面電車に乗って向かいます。
e0208058_20583228.jpg
路面電車は新しいものもありますが、たまたま乗ったのが旧型でレトロ感満載でよかったです。
e0208058_20593230.jpg

e0208058_20595113.jpg
3つ目の駅で降りるので10分もかからないくらいで到着します。富山城の前には記念撮影用にフレーム状のものが設置してあります。
e0208058_21353037.jpg
お堀が結構大きいので、風のない日はきれいに逆さにも写ります
e0208058_21383960.jpg
ここでも恒例のこれ!
e0208058_21394054.jpg
お城って見る角度によって雰囲気が変わりますね~
e0208058_21541436.jpg

e0208058_21544525.jpg
富山城を見た後は、少し歩いて「富山市ガラス美術館」に行きます。富山は昔、薬売りが盛んであったことから、その関連産業としてガラスの薬瓶の製造も盛んに行われ、ガラス工場がたくさんあったそうです。戦時中は工場が被害にあったり、戦後はプラスチックの容器が普及するようになって、廃れていったのですが、約30年前から富山市がガラスの町としての取り組みを始めたとのことです。その集大成として平成27年にできたのがガラス美術館なんです。
e0208058_23482989.jpg

e0208058_23485972.jpg
遠くからでもひときわ目を惹くこの建物は、有名な建築家「隈研吾」さんが設計をしたんだそう。外観だけではなく、中の造りも非常に凝っています。
e0208058_23512082.jpg

e0208058_23515116.jpg
中ではガラスにちなんだいろんな展示会が催されています。撮影できないものもありますが、「グラス アート ガーデン」は撮影可能だったので、写真を撮りました。ガラスとは思えない幻想的で色彩が豊かです。
e0208058_23545840.jpg

e0208058_23553789.jpg

e0208058_23561076.jpg
次は富山市役所に行きます。なぜ市役所に?と思うかもしれませんが、無料で登れる展望台があるんです。
e0208058_23574657.jpg
この日はあいにくの雨模様だったので、あまり遠くまで鮮明に見えませんでしたが、晴れていたら立山連峰がきれいに見えるようです。
e0208058_23591351.jpg
その後は富山駅に戻り、ちょっと遅い昼ごはんを食べ(別記事)、お土産の買い物などをしてから帰路につきます。
でも、楽しみはまだ終わりません!実は帰りの新幹線も今回の旅の目的の一つです。というのも グランクラスに乗るから。ちなみにグランクラスというのは新幹線のファーストクラスと呼ばれ、グリーン車よりグレードの高い車両になります。料金的には通常富山から東京までの新幹線は12500円くらいですが、グランクラスはほぼ倍の25000円くらいします。

e0208058_00075759.jpg

e0208058_00095378.jpg
和の雰囲気があるデッキを抜けて客室に入ると、座席がまた豪華!
e0208058_22430834.jpg

e0208058_22442885.jpg

e0208058_23321107.jpg
シートはレクサスのシートも手掛けているトヨタ紡績製とのこと。電動になっていて、背もたれ等の角度が細かく調整できるようになっています。
e0208058_22591220.jpg

e0208058_22593245.jpg
ひじ掛けの中には大きなテーブルが格納されています。
e0208058_23040572.jpg

e0208058_23045153.jpg
グランクラスには専従のアデンダントさんがいて、席につくとドリンクのオーダーを取ってくれますが、メニューはこんな感じです。
e0208058_23163037.jpg
1杯目はスパークリングアルコールから、加賀梅酒スパークリング!ちなみにお酒は飲み放題です。
e0208058_23180383.jpg
更に軽食も出てきます。軽食は洋と和から選べますが、僕は「和」、連れは「洋」を選択しました。
和はこんな感じ。
e0208058_23222847.jpg
e0208058_23225675.jpg
洋はこちら。見た目には和の方が豪華に見えますが、洋のサンドイッチもハムがたっぷり入って美味しかったです。
e0208058_23245273.jpg
e0208058_23255907.jpg
e0208058_23262911.jpg
お酒2杯目は日本酒。福井の大吟醸です。
e0208058_23274882.jpg
ウイスキーは「メーカーズマーク」ミニチュアボトルが可愛いですね。
e0208058_23313988.jpg
白ワインは長野県産です。
e0208058_23333170.jpg
すっかり酔ってしまいましたが、座席が快適なので、とっても心地よくていい気分。富山から東京までは2時間20分くらいでしたが、あっという間で、もっと乗っていたいと思えるほどでした。またいつかぜひ利用したいと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



by 07takeshi | 2017-09-06 12:00 | 旅行記 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧