富山 『酒菜工房だい』

富山での夕食は、人気の海鮮居酒屋「だい」に行きます。実は近くに「だい人」というお店もあるので、ちょっとややこしいです。富山駅からだと7~8分ってところでしょうか。あらかじめ予約しておきましたが、19時に行ったところ、店内はほぼ満席でした。人気店なんですねぇ。
e0208058_17110837.jpg

e0208058_17104639.jpg
まずはビールで乾杯なんですが、珍しい「ガージェリー(800円)」があったので、それを頼みます。
e0208058_17113867.jpg
このビールは味はもちろん美味しいんですけど、グラスが面白くて持ち上げるとこんな感じで自立しません。なので、いつもの感覚で、そのまま置いてしまうと惨劇になってしまうので注意が必要です。
e0208058_17131940.jpg
1品目は食べたかった白エビのメニューから「白えびと茄子の出会い(980円)」
生の白エビをちょっと炙ってあるので、中はトロトロで、表面は香ばしく恐ろしく甘い!
e0208058_17315096.jpg
2品目は刺身から「がめえびの刺身(1200円)」
これもあまり聞き慣れない名前のエビですが、足が早いため(特に刺身では)地元以外ではあまり流通していないんだそう。醤油を付けていただくんですが、醤油をほとんど付けなくても旨みが濃厚で、味噌と身の甘みがすごい!
e0208058_17372696.jpg
e0208058_17373575.jpg

e0208058_17375493.jpg
頭は焼いてくださいねとのことで、七輪を持ってきてくれます。頭以外にも尻尾から足まで余すところなく、すべて炙っていただきました。殻が柔らかいので、少し炙るとバリバリといただけます。
e0208058_17384073.jpg
3品目「トウモロコシ天ぷら(700円)」
さくっと軽い口当たりに揚がっていて、塩で食べるのでトウモロコシの甘さが際立って美味しい!
e0208058_17411576.jpg

e0208058_17412640.jpg
続いては本日のスペシャリテ。今日も食べますノドグロ!。「ノドグロ塩たたき(1980円)」
そこそこいい値段しますが、こんなの東京で食べたらいくらかかるか分かりませんからね。でてきたタタキはとっても肉厚!なんというか さいころステーキみたいです。これも皮目を炙っているので、皮はパリッと香ばしく、肉厚は身はとにかく旨い!!今回の旅の中で一番おいしかったかもしれません。大満足なメニューでした。
e0208058_17454979.jpg

e0208058_17460365.jpg

e0208058_17462900.jpg

e0208058_17464395.jpg
5品目「和食屋のエビクリームコロッケ(680円)」
中には甘エビが入っていて、火を通した甘エビは弾力が出て、甘さもより強くなります。ソース自体にエビの香りと旨みがしっかり移っています。
e0208058_17492404.jpg

e0208058_17493813.jpg

e0208058_17500675.jpg
6品目「ゲンゲ昆布締め(900円)」
この魚もあまり聞かないかもしれませんが、富山湾などで捕れる深海にすむ魚です。ちょっと細長くウロコがなくてゼラチン質なので、見た目はちょっとグロテスクですが、食べると美味しいんだそう。
e0208058_17542046.jpg
なかなか東京では食べられないと思い、頼んでみました。身もゼラチン質でプルプル。トロッとした触感ながら、程よく弾力もあり、昆布の旨みがしっかり効いているので、何もつけなくても美味しい。
e0208058_17551747.jpg
e0208058_17554149.jpg
富山湾は天然の生簀と言われますが、ホントにいろんな魚介、特にエビの種類が色々あって、どれを食べても美味しいです。焼いたりして加熱するメニューでも魅力的なものはいろいろあったのですが、やっぱり生で食べるのが贅沢だと思うので、昨日も今日も刺身を中心に頼みましたが、大満足でした。また富山に来ることがあったらお邪魔したいと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】富山県富山市内幸町 2−14



by 07takeshi | 2017-09-06 19:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧