四ッ谷 『炭火魚 旬彩料理 坂本』

今日は関西から仕事で身内がやって来たので、一緒に食事をします。いつもはイタリアンやフレンチなど洋食に行くことが多いのですが、今日は21時からと遅い時間だったため、ホテル近くでお店を探したところ、魚メインの和食屋さんが良さげだったので、そのお店に行きます。そのお店は「炭火魚 旬彩料理 坂本」。店構えもよく、期待できそうです。
e0208058_20532890.jpg

e0208058_20530780.jpg
店内はカウンター席も10数席くらいありますが、あらかじめ予約していたのでテーブル席に案内され、まずは「生ビール(550円)」
e0208058_20534993.jpg
まずはお通し。アサリ・山うど・湯葉の三種です。
e0208058_21280713.jpg
e0208058_21281332.jpg
料理1品目はお造りメニューから「カツオ(800円)」
今が旬の初ガツオは、とても肉厚で近海の生ものだから脂がのってジューシーです。
e0208058_21294137.jpg
2品目は野菜系から「春野菜盛り合わせ(900円)」
彩り豊かな春野菜は、炭火で炙ったものを藻塩?に付けるだけというシンプルな食べ方ですが、野菜の甘みが感じられますね~
e0208058_21324776.jpg
3品目「銀杏唐揚げ(600円)」
唐揚げですが、サクッとした感じではなく、ほっくりでほろ苦い。これは酒のアテですね。
e0208058_21453479.jpg
4品目「海老真丈春巻きと帆立真丈揚げ(900円)」
海老は春巻き仕立てなので、さっくり揚がって中はプリッと。一方帆立は、ふっくら柔らかく後から帆立の風味がやってくる。
e0208058_21462384.jpg

e0208058_21465371.jpg
ここでお酒は日本酒に「山猿(大吟醸@1000円)」
いいお酒は水のようにサラサラ入ってきますね。
e0208058_22493235.jpg
5品目は評判の魚の炭火焼きメニューから「サワラの西京焼き(950円)」
いい香りを纏って運ばれてきたサワラはとっても肉厚でホックホク。ほんのり甘い西京味噌のコクが効いて深い味ですねぇ。日本酒がぐいぐいすすみます。
e0208058_22500219.jpg
e0208058_22511455.jpg
ここからは酒肴メニューから、「じゃこ山椒煮(600円)」
e0208058_22504483.jpg
それと「タタミイワシ(600円)」。両方ともちょこちょこつまみながら、日本酒をくいっとやるのにちょうどいいです。
e0208058_23041486.jpg
締めの一品は絶対日本酒がすすむメニュー「カラスミ大根(1000円)」
カラスミはちょっと炙ってあるので香ばしく、食べるとねっとり絡みつく触感!日本酒に鉄板ですね~
e0208058_23092288.jpg
e0208058_23095739.jpg
始めてくるお店でしたが、味はもちろんのこと、値段も結構リーズナブルでいいお店でした。四ッ谷界隈で美味しいお魚が食べたいときにはお勧めです。ランチもいいみたいですよ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都新宿区四谷1丁目23−9




# by 07takeshi | 2017-05-24 21:00 | 新宿区 | Comments(0)  

銀座『うかい亭』 oishii

今日は地元阿佐ヶ谷の飲み仲間との高級店で食事をする会。前回は六本木の「すきやばし次郎」に行きましたが、今日は銀座の鉄板焼きのお店「うかい亭」に行きます。ディナー口開けの17時から6名で個室を予約したので、お店に到着したときはまだ明るく、ゴージャス感漂うエントランスを入り、みんなが揃うのを待ちます。
e0208058_10305674.jpg
e0208058_10310867.jpg
e0208058_10311513.jpg
17時になりみんなが揃ったところで、個室に案内されます、個室といってもドアが閉まるような完全な個室ではなくて、壁で囲われた空間という感じです。
e0208058_10474949.jpg
本日いただくのは「銀座うかい亭コース(19440円)」
ディナーコースは3種類あり、その中では一番廉価なメニューで、あとは24840円・29160円のコースになります。
e0208058_10480982.jpg
まず最初は、シャンパンで乾杯します。頼んだのは「ドラピエ」さっぱりした中に奥深い味。
e0208058_10481688.jpg
e0208058_10482248.jpg
料理1品目は「季節の前菜 初夏の彩」から、「初鰹のたたき」
藁で炙ったカツオは口に含んだ瞬間、口の中に香ばしい香りがブワっと広がります。鮮度がいいので、とても瑞々しく旨みが濃い!
e0208058_10582999.jpg
e0208058_10583612.jpg
e0208058_10584510.jpg
ここでワインに切り替えます。ピノノワールの赤。カリフォルニアの「TALLEY」
軽い口当たりで最初に飲むのにちょうどいいワインです。
e0208058_11145381.jpg
e0208058_10590180.jpg
e0208058_10591003.jpg
2品目は「ヴィシソワーズ」
ご存知ジャガイモの冷製スープですが、程よい粒子感があって滑らかな口当たり。上に載っているのは荒く挽かれた胡椒で、香りと味のいいアクセントになっています。
e0208058_11101304.jpg
e0208058_11102128.jpg
3品目「太刀魚と三つ葉のソテー」
太刀魚って名前は聞きますが、食べるのは初めてかもしれません。三つ葉との組み合わせるというのもちょっと意外ですが、流れるような手さばきで鉄板の上でソテーしていき、蓋をして蒸し焼きにしているのかと思ったら、三つ葉の香りを付けているとのこと。出された太刀魚はとってもいい香り!皮目はパリッと香ばしく、身は驚くほどフワッフワ。エシャロットにバジルを加えたソースも主張しすぎず、白身の味を引き立てています。
e0208058_11152316.jpg

e0208058_11155112.jpg

e0208058_11160343.jpg

e0208058_11161797.jpg

e0208058_11162687.jpg
4品目「季節の野菜を鉄板にて」からは、大阪の「丸ナス」。丸ナスは主に関西地方で作られているずんぐりむっくりなナスのこと。京都の賀茂茄子などが有名ですよね。茄子と聞くとなんとなくインパクトなさそうですが、どんな風になるのでしょうか。鉄板に並べられた丸ナスは、最初は白かったのがだんだん焼き目がついて、美味しそうになっていきます。この茄子は焼いたり揚げたりして熱を加えると、すごく旨みが出るんだそう。上にかけられた香りのいい生姜ソースは20種以上の調味料を合わせているので、すごく複雑な味で美味しい。肉厚な身は旨みが凝縮されて、ソースがさらにそれを引き立て、もはや茄子ではない何かみたい。今日食べた中で一番インパクトあったかも。
e0208058_11524067.jpg
e0208058_11531214.jpg
e0208058_11534110.jpg
e0208058_11541132.jpg
ここで赤ワイン2本目は、イタリアのガヤの「マガーリ」ミディアムボディなので、さっきよりしっかりした飲み応えです。

e0208058_20360204.jpg
次はメインの「うかい特選牛ステーキ」
焼く前のお肉を見せてくれますが、とっても見事な霜降り肉。これを見ただけで美味しいのが分かります。部位としてはサーロインで、お勧めのミディアムレアで焼いてくれますが、食べると噛めば噛むほど旨みが増し、脂よりも赤身の旨さが際立ちます。また、敷いてある玉ねぎは、世界で一番甘いといわれている淡路島産の玉ねぎで、こちらも存在感があります。また、付け合わせの山わさびはそのまま食べると、めっちゃ辛いですが、肉の脂と合わせると、不思議と辛みが程よくなり、美味しくなる。

e0208058_12161224.jpg
e0208058_12172168.jpg
e0208058_12175105.jpg
e0208058_12182115.jpg
e0208058_12185178.jpg
e0208058_12192105.jpg
締めは、ガーリックライスか素麺が選べて、素麺も気になりましたが、みんなガーリックライスを選択したので、一人だけ違うのにするのもなんだしなぁということで、僕もガーリックライスにしました。鉄板の上で手際よく炒めていき、みそ汁・お漬物と共に供されます。ガーリックライスは香りも強くなく優しい味。みそ汁は好きな赤だしでおぼろ昆布も滋味深く、胃腸に染み渡ります。
e0208058_12374108.jpg
e0208058_12381087.jpg
e0208058_12392516.jpg
e0208058_12385555.jpg
最後にワインをもう一本。フランスの「シャトーラグランジェ」これはフルボディでどっしりした飲み応え。ほんとはステーキと合わせるはずでしたが、飲むペースが遅くてガーリックライスやデザートと合わせることになってしまいました。
e0208058_12400834.jpg
最後は場所を移してデザートです。
e0208058_12513967.jpg
僕が選んだのは「チョコレートパフェ」。甘すぎず、大人味で旨いです。
e0208058_12533094.jpg
e0208058_12535971.jpg
ここからは他の人が選んだものです。
e0208058_12525966.jpg
e0208058_12542903.jpg
e0208058_12545963.jpg
それとコーヒーも。しっかり苦みもあっておいしいコーヒーです。
e0208058_12552916.jpg
e0208058_12560528.jpg
お茶菓子も付きます。
e0208058_12563609.jpg
ワインを結構飲んだこともあって、一人35000円くらいと思っていたよりも高くつきましたが、料理もおいしかったですし、いい経験ができました。次来るのはいつになるか分かりませんが、またいつか再訪したいです。最後は店の前までジャンボタクシーに来てもらい、地元の最寄り駅まで帰りました。
e0208058_12571806.jpg
よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都中央区銀座5−15−8




# by 07takeshi | 2017-05-20 17:00 | 中央区 | Comments(0)  

新宿 『佐賀県三瀬村ふもと赤鶏 西新宿店』

今日は会社の同僚たちとの飲み会です。新宿で安くておいしい店というごく当たり前な条件でお店を探すのですが、毎回お店を変えるとなると、これが新宿って意外と難しいんですよね。どこにしようかなと考えていた時に、ふと思い出したのが、少し前に「ガイアの夜明け」で紹介されていたお店「ふもと赤鶏」。目立たぬご当地をブランドにというコンセプトでの番組だったのですが、確かに佐賀県三瀬村って聞いたことがありませんでしたが、なんとなく美味しそうなものが出てきそうな雰囲気が感じられますよね。
e0208058_09584964.jpg
都内に何店舗かあるようですが、新宿店は南口のビルの4階にあるので、土地勘がないとちょっと見つけづらいかもしれません。先に二名が到着したので、みんなが集まるまで練習します。「生ビール(490円)」と「塩もみキュウリ(390円)」を注文。
e0208058_09590872.jpg
e0208058_09592565.jpg
ちなみにお通しは「紅しょうがキャベツ」。意外な組み合わせですが焼きそばのそばなしのような雰囲気でいけますね。
e0208058_09591573.jpg
みんな揃ったところで乾杯し、まずは定番の「おまかせふもと赤鶏串焼き7本(1000円)」。何の串だったかはっきり覚えていませんが、もも、せせり、ぼんじり、やげん軟骨、ハツ等だったかと思います。なんとなく居酒屋の焼鳥をイメージしていたら、食べるときちんとした地鶏のお肉で、すごく美味しかったです。
e0208058_10412527.jpg
焼鳥は、冷めないようになっています。
e0208058_10430959.jpg
続いては名物の「レバテキ(490円)」と「ハツテキ(490円)」
レバテキは赤くてツヤツヤ。トロリと柔らかく、旨みがたっぷり。
e0208058_11030964.jpg
ハツテキは、ハツらしいプリっとした弾力がありながらも、とっても柔らか。素材が新鮮なんでしょうね。
e0208058_11032192.jpg
次は揚げ物から「ふもと赤鶏白い塩から揚げ(590円)」
その名のとおりホントに白い。サクッと揚がってシンプルな塩味なので、肉の美味しさもあって酒にもあう。
e0208058_11110752.jpg
「だし巻き卵(490円)」
フワッと柔らかく、甘くないので好きな味付けです。
e0208058_11111629.jpg
e0208058_11112586.jpg
焼鳥の後にはサービスで「脂めし」を出してくれます。まだ温かい鉄板の上に、卵をつぶしながらご飯を焼鳥の脂に絡めていきますが、当然ながら旨いです。
e0208058_11253707.jpg
e0208058_11254360.jpg
「激辛鶏モツ野菜炒め(490円)」
ジュージューいいながら湯気がもうもうと上がっています。辛いので湯気を吸うとむせてしまうほど。値段の割に量もしっかりあって、パンチのある辛さもいい感じで、箸が止まりません。
e0208058_11291448.jpg
「鶏ガラ出し汁皿うどん(590円)」
普通の皿うどんより汁っけが多めなので、皿うどんのパリパリ感はありませんが、これはこれでいけます。汁も鶏の出汁が効いてます。
e0208058_11292946.jpg
e0208058_11293435.jpg
最後はお茶かと思ったら、鶏スープを出してくれます。白湯スープみたいな感じではなく、醤油味で五臓六腑に染みわたりますね~
e0208058_11363627.jpg
結構食って飲んで、一人3500円くらいととってもリーズナブル。ふもと赤鶏も美味しかったですし、店員さんも元気が良くていいお店でした。19時にお店入ったときは6割くらいの入りだったのが、21時頃出る頃には満席になっていました。おしゃれな感じではありませんが、安くて美味しいので気心の知れた人たちとの飲み会などには、ちょうどいいお店だと思います。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします



【住所】 東京新宿区西新宿1-14-6 新宿西勢ビル4F



# by 07takeshi | 2017-05-14 19:00 | 新宿区 | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『CAPIO(カピオ)』

今日のディナーは前に行って良かったお店「カピオ」にて。またリピートしようと思いながら、気が付けば前回来てから2ヶ月くらい経っていました。久しぶりの訪問なので何を食べようか楽しみです。
e0208058_20543293.jpg
奥のカウンター席に腰掛け、まずは「生ビール(550円)」
好きなハートランド!気候も暑くなってきてビールが美味しい季節になってきましたね。
e0208058_21510403.jpg
料理1品目は「ポルチーニ香るレバーのクロスティーニ(550円)」
サクサクのパンに、ほろ苦さを感じるレバーパテがいい相性。あっという間に完食しました。
e0208058_21540573.jpg
e0208058_21543429.jpg
2品目は野菜系から「燻製生ハムとペコリーノチーズ葉っぱのサラダ(980円)」
シャキシャキの葉物に、ちょっと歯応えのある生ハムの食感にチーズのコクと相まって塩味加減がいいですねぇ
e0208058_22072578.jpg
ここで白ワインに切り替えます。グラスワインも白赤いろいろ選べます。
e0208058_22543949.jpg
3品目はパスタから「牛バラ肉のジェノヴェーゼ ズィーティ(1400円)」
ズィーティってあまり聞きなれない感じですが、実物を見ると、いわゆるマカロニみたいな馴染みのあるパスタ。いただいてみると、パスタはちょっと硬さの残るアルデンテな食感が絶妙!牛肉もトロトロに煮込まれて、コクと旨みがしっかり感じられてめっちゃ旨い!
e0208058_23023557.jpg
4品目は魚から「黒ムツのグリル(1000円)」
ちょっと小ぶりなサイズながら、肉厚な身はフワッとふっくらな仕上がり。シンプルな味付けなので、自然の味が感じられ、淡白そうに見える身は旨みがしっかりなので、これで十分。余計な味付けは無用ですね。
e0208058_23065461.jpg
e0208058_23070235.jpg
締めはデザートから「ビアンコ マンジャーレ(500円)」
これは白いプリンのようなデザートで、ここのはシナモンがふりかけられて、ちょっと生八つ橋のような雰囲気もあり、和洋折衷な味わいが面白かったです。
e0208058_23161636.jpg
久しぶりに来ましたが、やっぱりこのお店はいいですね。この値段でこの内容で、しかも家から近いという素晴らしさ。カウンターメインなので、一人で来ることもできますし、料理も軽めなものからしっかり目なものまでいろいろあるので、使い勝手のいいお店です。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北2丁目36−1
100 m
  • 地図
  • 航空写真
  • 地下街




# by 07takeshi | 2017-05-10 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)