<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

阿佐ヶ谷 『麺屋 天勝』

休肝日の今日の夕食はラーメン。途中下車してまでどこかに行くのが面倒だったので、地元阿佐ヶ谷の駅から程近い場所にある「麺屋 天勝」に久しぶりに行ってきました。
e0208058_17402751.jpg

注文するのは一番ノーマルな「和豚ラーメン(660円)」
先客は一人だったため、程なくして登場。背脂たっぷりで濃厚そうな見た目ですね。
e0208058_1756147.jpg

まずはスープから。表面は背脂で覆われているので すごく濃厚っぽい感じを想像しますが、中の豚骨スープは思いのほかマイルドで、程よいこってり感。
e0208058_18572085.jpg

麺は中太のストレート麺。
コシはそんなに強くありませんが、ちょっともっちり感も有り食べごたえあります。
e0208058_19185371.jpg

チャーシューは柔らかくトロトロ。1枚ですが、かなり分厚いです。
e0208058_19254250.jpg

駅チカなので来やすいですし、そんなに混んでいないので穴場なお店だと思います。ちょっとこってり目なラーメンが好きな方にはお勧めです。

【住所】 東京都杉並区阿佐谷北2-2-8 



よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

by 07takeshi | 2013-11-27 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

池袋 『あんぷく』

今日は用事があり、久しぶりの池袋。最近は通勤で通らなくなったので、ほとんど来ることがなくなっていました。用事自体は4時頃に終わったのですが、せっかくなので少し早い夕食をとろうと、これも久しぶりの創作うどんの店「あんぷく」へ。前回の記事はこちら
e0208058_0483143.jpg

まずはとりあえず「生ビール(500円)」
e0208058_23101319.jpg

前回来た時は、カレーうどんを食べたのですが、今日注文するのは、この店の名物「カルボナーラうどん(1180円)」
しばらくして運ばれてきたそれは、見るからに濃厚そうなソースの上に温泉卵が添えられています。大ぶりにカットされたベーコンもゴロゴロ入っていて、美味しそうです。
e0208058_0484661.jpg

まずは恒例の卵の黄身割り。いい具合に半熟な黄身がトロ~り溢れてくるので、それを濃厚ソースと混ぜて麺に絡めます。一見 濃厚すぎて重そうにも思えますが、いただいて見ると、そこまでくどい感じではなく、ビールを飲みながら食べるのにちょうどいい感じ。
e0208058_23223714.jpg

e0208058_049139.jpg
e0208058_0491250.jpg

普通のうどんだと、お酒のアテには少し不向きですが、ここの創作うどんは、お酒にも合うので酒飲みには使い勝手がいいですね。お酒の種類もいろいろありますし、うどん以外にも一品料理なんかもあって、飲み屋としても使えそうなので、夜に来るのもいいかもしれませんね。

【住所】 東京都豊島区西池袋1-37-8



よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

by 07takeshi | 2013-11-24 16:00 | 豊島区・北区 | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『皇蘭 (おうらん)』

今日のランチは最近よく行っている「皇蘭」。ほんとは違うお店に行こうと思っていたのですが、前を通りがかった時に、本日のランチメニューに「酢豚(1029円)」を発見してしまい、思わず入店。酢豚好きなんです。

いつものようにビールを飲みながら待つことしばし。運ばれてきた酢豚は、ツヤのある照り具合がとっても美味しそう! いただいてみると、肉厚ジューシーな豚肉に、ちょうどいい酸味のタレがよく絡み、ご飯がモリモリすすみます。野菜もシャキシャキした食感がきちんと残っていてこれも旨い。
e0208058_21242221.jpg
e0208058_21242820.jpg
e0208058_21243318.jpg


【住所】 東京都杉並区下井草1-13-14



よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

by 07takeshi | 2013-11-24 12:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『王将』

ふと餃子が食べたくなり、どこに行こうかと考えたところ、阿佐ヶ谷という街はなにげに餃子激戦区だったりするんです。餃子メインのお店だと、「豚八戒」、「なかよし」、「スター餃子」、「和心」や、ラーメン屋さんでも餃子の美味しいお店「一兆」、「蓬莱軒」などなど・・・ すごく悩んだ挙句、決めるのが億劫になってしまい、行ったお店は「王将」。まあ間違いないですからね。
注文するのは定番の「餃子定食(680円)」
これは餃子二人前にキムチ、ライス、スープのセットです。かなり混み合っていたので、10分ほど経って登場。過去に何度も食べているので見慣れたビジュアルですが、相変わらず美味しそうです。
e0208058_6464662.jpg
e0208058_6465597.jpg

餃子にビールという組み合わせもいいですが、ご飯にも鉄板ですね。王将の餃子は安定して美味しくて、結構ボリュームありましたが あっさり完食です。

【住所】 東京都杉並区阿佐谷南2-16-9



よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

by 07takeshi | 2013-11-23 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(2)  

新橋 『鳥松』

週末の金曜の今日は、新橋で焼鳥。新橋は普段ほとんど来ないので、あまりお店とかはわからないのですが、本日行ったお店は「鳥松」。一緒に行った友人が昔から行っているお店とのこと。新橋の焼き鳥屋さんていうと、勝手なイメージで大衆的な赤提灯のような感じを想像していたら、綺麗な店構えで、女性でも全然大丈夫そうなお店でした。
e0208058_1842433.jpg

まずは生ビール(黒ラベル@500円)で乾杯。焼鳥は単品でも頼めますが、おまかせのコースで、5本(1400円)、7本(1750円)、10本(2700円)というのがあるので、そこから5本のコースを注文。焼きあがった順にどんどん出てきます。
1本目「相鴨」。メニューでは一番上に載っているので、このお店では定番の串なんでしょうか。焼鳥で相鴨って珍しいですよね。サイズも結構大ぶりなので、ボリュームもあり柔らかいけど、鴨っぽいしっかりした歯ごたえもあってジューシー。
e0208058_18505774.jpg

2本目「つくね」
甘辛いタレがよく絡んで、七味を振ると ピリッとした辛味と相性がいいですね。ふわっと柔らかい食感も心地いい。
e0208058_1854310.jpg

3本目「手羽先」
イカのような見た目できれいに串刺しにされています。これも脂がのっていてジューシー。思いのほか身が柔らかく、簡単に骨から剥がれます。
e0208058_18583988.jpg

ここで、コースと別に注文した「地鶏刺し3点盛り(1200円)」
レバー・ササミ・砂肝の3点盛りです。鮮度がいいので色鮮やか。ササミはとっても柔らかくあっさりして食べやすく、レバーはトロトロの食感で、ゴマ油との相性が鉄板。砂肝は、柔らかいけどサクッとした独特の歯応えがいいですね。
e0208058_194783.jpg

ここで、ワインにしようということになり、ボトルで頼みます。やっぱり鶏には白ですよね。程よい辛口で料理によく合うワインでした。
e0208058_1951766.jpg

「ポテトサラダ(600円)」
別の人が頼んでいるのを見て思わず注文した一品。ポテサラ大好きなんです。ここのは、ジャガイモの形が適度に残ったタイプで、ジューシーさもあり美味しいポテサラでした。
e0208058_1985242.jpg

コースの続き、4本目「皮」
なだらかな曲線になるようにきれいな見た目ですね。柔らかく軽い食感で食べやすい。
e0208058_19112698.jpg

5本目「砂肝」
刺身とは違い、しっかりした弾力。塩加減もちょうどいい塩梅です。
e0208058_19132846.jpg

串がそれぞれ大ぶりで、ボリュームあるので、結構満腹になってきました。なので、ここで締めの一品は飯ものから。普通なら雑炊とかお茶漬けなんでしょうが、気になるメニューを見つけてしまったのでそれを頼みます。それは「ドライカレー(500円)」
いわゆるカレーチャーハンみたいなタイプで、中華鍋で作っていきます。結構満腹だったのですが、カレーの香りで食欲が刺激されます。出てきたドライカレーは、和食屋さんらしくお茶碗に入っています。具はタマネギや鳥肉くらいでしょうか。シンプルな構成ですが、カレー粉や塩加減がちょうどよくて、美味しいですね~。一緒に出てきた鶏スープも締めにふさわしく、鶏の甘さが感じられて五臓六腑に染み渡る優しい味。
e0208058_19223862.jpg
e0208058_19225457.jpg
e0208058_1923264.jpg

しっかり食べて飲んで、満足な夕食でした。焼き鳥も美味しかったですけど、最後のドライカレーがいいですね。お店のキャパもありますし、焼鳥屋さんだけど綺麗なお店なので、使い勝手も良さそうなお店でした。

【住所】 東京都港区新橋4-5-1




関東食べ歩き ブログランキングへ

by 07takeshi | 2013-11-22 19:30 | 渋谷・品川・港区 | Comments(4)  

ボジョレーヌーボー

本日解禁のボジョレーヌーボー。とりあえず縁起物なので飲んどきました。

e0208058_23391865.jpg



関東食べ歩き ブログランキングへ

by 07takeshi | 2013-11-21 22:00 | Comments(0)  

荻窪 『十八番』

山梨からの帰り道、ちょっと荻窪に用事があったので、途中下車し、そのまま食事をとることにします。さすがにもうアルコールは飲めないので、ラーメンを食べます。行ったお店は前から行こうと思いながら、なかなか行けていなかったお店「十八番」。昔ながらのラーメン屋さんな佇まいで、素朴な感じがいいですね。
e0208058_2344444.jpg
メニューは普通のラーメンやチャーシューメン、ワンタンメンなどがありますが、注文するのはこのお店の定番、「特製十八番(850円)」
これは炒めた豚バラやニラ、ネギ、メンマなどがのったもの。大抵のお客さんはこれを頼んでいました。5分ほどで到着。いかにもスタミナつきそうな見た目ですね。
e0208058_23514691.jpg

まずはスープから。札幌の味噌ラーメンのように、表面は油で覆われているのであっつあつ。いつまでたっても冷めません。味はニンニクがガツンと効いたパンチのある味わい。男性が好きそうな味で、これはクセになりそうです。
e0208058_015777.jpg

麺はモチモチの平打ち麺。適度にコシもあって、個性の強いスープとの相性がいいですね。
e0208058_04490.jpg

豚バラもニンニクが効いてジャンクな感じですが美味しいです。スタ丼の上に載っている肉みたいな感じ。
e0208058_095659.jpg

長く続いているお店だけあって、美味しいラーメンでした。なんというか、何ラーメンって説明するのが難しく、十八番のラーメンとしか言いようがない感じです。こういう他では食べられないメニューって、時々無性に食べたくなりますよね。ここは餃子も評判なので、次回は十八番と餃子を食べに来たいです。

【住所】 東京都杉並区上荻1-4-10




関東食べ歩き ブログランキングへ

by 07takeshi | 2013-11-16 18:00 | 杉並区(荻窪) | Comments(0)  

小淵沢 『サントリー白州蒸留所』

山梨二日目は、今回の旅の目的の一つ、「サントリー白州蒸留所」へ向かいます。ここも見学できるのは11月までなので、今年は今回が最後ですね。前回の記事はこちら
e0208058_22484173.jpg

中央本線で小淵沢駅まで来ると、そこからは無料の送迎バスが1時間に1本程度出ているので、それに乗って蒸留所に向かいます。時間にして15分程度なのですぐに到着。駐車場からはアルプスの山々が一望できて絶景です。
e0208058_2251311.jpg
e0208058_22511235.jpg

e0208058_22542034.jpg

到着したのが12時前だったので、まずは場内のレストラン「ホワイトテラス」で食事をとります。「白州のソーダ割り(450円)」を飲みつつ注文するのは「地野菜たっぷりチキンスープカレー(1300円)」
e0208058_2301396.jpg

しばらくして運ばれてきたカレーは、名前のとおり野菜がたっぷり。ニンジン・ナス・かぼちゃ・ブロッコリー・カリフラワーや変わり種だと、カレーなのに大根やゴボウなど、12種類の野菜が入っています。野菜は素揚げしたものと、天ぷらのような衣で揚げたものが入っていて、食感の変化やスープの絡み具合が異なって面白いですね。鶏肉は骨付きで やや小ぶりながら、ホロホロに煮込まれていてなかなか美味しいです。辛味はあまり強くないので、万人受けしそうな味に仕上がっています。
e0208058_23175161.jpg
e0208058_2317583.jpg
e0208058_23183068.jpg
e0208058_23183983.jpg

食後はメインイベントの「バー白州」へ。この日は13時オープンだったのですが、開店と同時にたくさん人が入ってきて、30人くらい入れそうな店内は すぐに満席に。僕はほぼ先頭で入店できたので、カウンターのいい場所の確保に成功しました。でも意外とみんな2~3杯くらいで帰る人が多いので、30分~1時間程度でだいぶ落ち着きます。ちなみにここはテイスティングをしてお酒を知ってもらおうという位置づけなので、1杯の量は通常の1ショットの半分の15ccとなっています。
まずは恒例の、原酒の飲み比べ。「響」の原酒「ホワイトオーク樽」・「シェリー樽」・「スモーキー」@各400円を頼みます。相変わらず贅沢な絵面。こんなの普通のバーでは考えられないですからね。
e0208058_2332795.jpg
e0208058_23321770.jpg

「白州 ヘビリーピーテッド(300円)」 前回来た時は山崎のヘビリーピーテッドがありましたが、今回は白州になっていました。スモーキーなのが大好きなのでとても好みの味と香りです。でもクセがあるので万人受けする感じではありません。
e0208058_23353137.jpg

響の原酒「グレーン(400円)」と山崎の原酒「パンチョン樽(200円)」
e0208058_23382183.jpg

「響21年(500円)」
e0208058_23395213.jpg

「知多蒸留所グレーン(200円)」 これはとうもろこしを使ったウイスキー
e0208058_23425441.jpg

「白州蒸留所シングルモルトウイスキー(100円)」 
e0208058_23444374.jpg

山崎の原酒「ミズナラ樽(600円)」 ミズナラ樽って、材料自体も希少だったり、通常の樽より蒸発が多かったりするらしいので、価格も高いとのこと。でも香りがすごくいいですね。
e0208058_23475068.jpg

最後は洋物から普段よく飲む「ラフロイグ18年(400円)」 普段よく飲むのは10年なのですが、せっかく安いので18年をいただきました。これぞまさにスモーキー。すごくクセがありますが、それがいいんです。
e0208058_23504957.jpg

結局こんなに飲んでしまいました。数えて見ると12杯。半分の量なので通常の6杯とはいえ、度数の高い原酒をたくさん飲んだので、アルコール摂取量的には結構やばそうです。僕は基本 そんなに強くないのですが、気合って大事ですね。あと、今回は うっかりニューポッドを飲まなかったからかもしれません。因みにニューポッドとは前回の記事を参照
e0208058_23521449.jpg

今回も酒の抜ける暇がないくらいの旅でしたが、とっても楽しかったです。ウイスキー好きな方なら、蒸留所のバーって、ここに限らず楽しいのでお勧めです。

by 07takeshi | 2013-11-16 12:00 | 山梨県 | Comments(0)  

甲府 『ちよだ』

夜は甲府で夕食です。甲府にはよく来ているので、これまでにいろんなお店に行きましたが、今日は新しいお店に行こうと思い、行ったお店は「ちよだ」。山梨の郷土料理、ほうとうがいただけるお店です。甲府駅から程近い場所にありますが、メイン通りから一筋入ったところにあるので、あまり観光客はいなくて、地元のお客さんが多かったです。
e0208058_18103728.jpg

まずは「生中(450円)」から。エビスが450円ですからお得です。
e0208058_18105631.jpg

注文するのは「ほうとう(1200円)」。
やっぱり寒い季節はあったかいものが食べたいですよね。ほうとうは出来上がるまで30分ほど時間がかかるそうなので、ビールを飲みながらのんびり待ちます。しばらくして運ばれてきたほうとうは、熱々で身体があったまりそうですねー
e0208058_18111528.jpg

具材は、カボチャ・白菜・じゃがいも・シメジ・ナス・揚げなどヘルシーなものが、たくさん入っています。モチモチのほうとうに、鶏の挽肉の旨みが効いた味噌の汁がじんわり胃腸に染み渡ります。
e0208058_18113590.jpg
e0208058_18114239.jpg
e0208058_18114813.jpg

やっぱり旅に行くと、その土地のものを食べるのがいいですね。素朴でホッとする味わいで、寒いこの季節、身も心もあったかくなりました。

【住所】 山梨県甲府市丸の内2-4-8


by 07takeshi | 2013-11-15 18:00 | 山梨県 | Comments(0)  

勝沼ぶどう郷 『原茂ワイン カーサ ダ ノーマ』

週末は、今年最後の山梨ワイン&ウイスキー旅に行きます。まず向かうのは、勝沼ぶどう郷にあるワイナリー「原茂ワイン」にあるカフェ「カーサ ダ ノーマ」。営業が11月までなので、今月中に行かねばということで行ってきました。
e0208058_7332628.jpg

場所は駅から徒歩20分ということで、散歩にはちょうどいい距離かなということと、タクシーで行こうとすると、かなり迂回しなければならないので、歩いて行ったのですが、この日はあいにくの雨で、ちょっと大変でした。
e0208058_7394660.jpg

駅は小高い場所にあるので、最初は見下ろすような感じで景色がきれいです。ぶどう畑などを横目に小道をズンズン進んでいきます。
e0208058_7404718.jpg

分岐点には、このように看板が出ているのでこれに従って進みます。
e0208058_7415955.jpg

途中こんなケモノ道みたいなところを通りながら、歩くこと約20分、目的の原茂ワインに到着。カフェの予約は、オープンの11時のみ受付けてもらえるのですが、時間がギリギリだったので、結構焦りました。
e0208058_7511198.jpg

e0208058_7483814.jpg

建物内に入ると、1階がワインショップ&テイスティングカウンターになっていて、写真中央の急勾配な階段を登ると2階がカフェになっています。
e0208058_750227.jpg
e0208058_7502781.jpg

食事とワインのメニューはこんな感じ。その他、その時期お勧めのワインなんかもあったりします。
e0208058_7534566.jpg
e0208058_7535179.jpg

この中から食事は、いろんなものがちょっとずつ楽しめる、「パンのきまぐれブランチ(1800円)」をチョイス。ワインは、このメニューにはありませんが、新酒の「原茂デラウェアヌーボー2013(420円)」を注文します。

デラウェアのワインて珍しいですよね。いただいてみると、フレッシュで爽やかな酸味でほんのり甘さも感じられます。
e0208058_831863.jpg

ここで料理が登場。思わず「お~」って言ってしまうほど盛りだくさん。料理は一通り説明してくれるのですが、説明が終わる頃には最初の料理はなんだったっけ?ってなってしまうほどです。覚えている限りで言うと、かるく塩をふった舞茸、特製ソーセージ、ゴボウのアラビアータ、ブロッコリーのタルタル載せ、葉物のサラダ玉葱のドレッシング、ママレードを塗ったサツマイモ、カブの葉のオイル蒸し、小松菜の洋風胡麻和え、レンズ豆のスープ、などなど。(うろ覚えなので、ちょっと間違っているかもしれませんが悪しからず・・・)
e0208058_8145718.jpg

e0208058_8151721.jpg

2杯目「アジロン ロゼ2012(520円)」
これは甘口で、ストロベリーのような甘い香りと味。でも葡萄の余韻も残ります。
e0208058_8172441.jpg

3杯目「原茂勝沼甲州2012(520円)」
キリッと辛口で、柑橘系の香りが心地いいワイン。
e0208058_821287.jpg

4杯目「甲州シュール・リー2012(550円)」
爽やかな果実味が豊かで、スッキリした旨みも。
e0208058_8235492.jpg

5杯目「ヴィンテージ シャルドネ2009(900円)」
これは少量生産ワインで、ちょっといいワインなので、グラスからして違います。洋ナシのような華やかな香りにキレのいい辛口で、どっしり感もあります。
e0208058_8281057.jpg

結構酔ってきたので、これくらいで締めます。食事もワインも美味しくて、大満足なランチでした。

食後はワインを物色しようと1階のワインショップに行くと、看板犬のボーダーコリーちゃんが。最初は興味を示してくれて、手をペロペロ舐めてくれましたが・・・
e0208058_8324535.jpg

すぐに飽きられて、こんな状態に・・・ でも人懐っこくて可愛かったです。
e0208058_8335247.jpg

帰りも徒歩で駅まで向かいます。途中一軒ワイナリーがあったので、ちょっと立ち寄ってみることに。「シャトージュン」というワイナリーで、昭和な時代の方はご存知かと思いますが、服のブランドで「JUN」ってありますよね。そこが手がけるワイナリーです。こんなこともやっているんですね。
e0208058_841373.jpg
e0208058_841916.jpg

JUNが手がけるだけあって、ショップ内もスタイリッシュな雰囲気で、服なんかも売っています。ここでも何杯か試飲させてもらって、リーズナブルなワインを1本買って帰りました。
e0208058_8431273.jpg
e0208058_8432057.jpg
e0208058_8433939.jpg
e0208058_8434870.jpg

昼間っから酔っ払って、すっかりダメな大人ですが、やっぱり旅での昼酒は開放感もあって最高ですね。冬の間は来られませんが、また来年来たいですね。


【原茂ワイン】 山梨県甲州市勝沼町勝沼3181




関東食べ歩き ブログランキングへ

カーサ・ダ・ノーマカフェ / 勝沼ぶどう郷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2013-11-15 11:00 | 山梨県 | Comments(0)