<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新宿 『ベクタービア』

毎日暑い日が続きますが、今日も相変わらず暑いので、ビールをガンガンに飲みたい気分。たまたま先日ネットで見つけた、新宿にあるクラフトビールがいろいろ飲めるお店「ベクタービア」へ行ってきました。場所でいうと新宿御苑の方になり、パークインというホテルの1階にあります。
e0208058_1881520.jpg

店内は10席程度のカウンターとテーブル席が30席程度、それと外にテラス席もあり、割と広めな感じです。まずはカウンターに腰掛け、とりあえずビールなんですが、このお店は、日本国内のブルワリーを中心にドラフトビールが10種類もあるので、悩んでしまいます。因みに今日はこんな感じ。樽がなくなると入れ替わるようなので、種類はその時によって違うみたいですね。
e0208058_18155224.jpg

1杯目、静岡 反射炉ビールの「駿豆線プレミアム」
因みに10種のビールは同料金で、グラスが450円でパイントが750円なので、けっこうお得だと思います。こういうクラフトビールってパイントだと1000円以上することも多いですからね。
e0208058_18213358.jpg

あと、フードは牛タン系のメニューが充実しています。まずはすぐに出てきそうなものから、「牛タンスモークとオリーブのポテトサラダ(550円)」
高く積まれた盛り付けで、結構しっかりした量がありますね。食べてみると、クリーミーなタイプで、ほんのり牛タンスモークの香りがして、オリーブのコクが効いています。これはビールのアテにいい感じです。
e0208058_18271628.jpg

2杯目、埼玉 COEDOの「漆黒」
分かりやすく色が違うものにしてみました。いわゆる黒ビールなんですが、そんなに酸味が強くないので意外にすっきりで飲みやすい。
e0208058_18301476.jpg

3杯目、ちょっと変わった名前のブルワリーOH! LA! HO! ビールの「ヴァイツェン」
軽い口当たりでほんのり甘さがあって、ゴクゴクいけちゃう感じ。
e0208058_18355549.jpg

ここでフード二品目「牛タンの炭火焼き(980円)」
やっぱり牛タンと言えば「焼き」ですよ。ここのはスライスしたものを焼いているのではなく、塊を焼いてから切っているようで、ちょっとタタキっぽい仕上がり。中はしっとり、外はきちんと焼きで、食感としては柔らかいんだけど、牛タン特有のしっかりした歯ごたえもあって、これもビールに鉄板ですね。
e0208058_18394140.jpg

4杯目、静岡 ベアードブルーイング「アングリーボーイ ブラウンエール」
ちょっと濃いめのブラウンな見た目で、エールなんですが、苦みとコクが強くて飲み応えありです。
e0208058_18435057.jpg

5杯目、締めの1杯は、埼玉 こぶし花ビールの「IPA]
IPAというのは、インディアペールエールの略で、麦芽を多く使ってアルコール度数が高いビールのこと。苦みも強いのでガツンとした飲み応えで、最後に飲むのにふさわしいビール。最初に飲んじゃうと、あとから飲むビールが物足りなくなってしまうので注意です!
e0208058_18585846.jpg

店員さんも愛想がいいですし、新宿という立地を考えればリーズナブルないい店でした。今日は一人だったので、フードがあまり食べられなかったのですが、気になる牛タンメニューがいろいろあったので、また来てみたいお店でした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都新宿区新宿1-36-5


by 07takeshi | 2014-07-29 18:00 | 新宿区 | Comments(0)

高円寺 『牛八』

今日はがっつり肉を食べたい気分。それも豚とか鶏ではなく牛肉。ホントなら焼肉屋に行けばいいのでしょうが、一人焼肉はなかなかハードルが高いので、焼肉ではなく牛の串焼きが食べられるお店、高円寺の高架下にある「牛八」へ。ここはリーズナブルな串焼きのチェーン店、四文屋系列のお店です。
e0208058_1450255.jpg

まずは生ビール(500円)を飲みつつ、肉を食う前に胃腸を労わろうと野菜系から「長イモ浅漬け(150円)」を注文。シャクシャクした食感に、ネバネバが胃腸によさそうですね。
e0208058_14581147.jpg

さあここからは肉!まずは「ランプ(200円)」。赤身の旨味がしっかりで柔らかい!
e0208058_1505268.jpg

続いて左から、「上ハラミ(350円)」、「イチボ(200円)」、「ロース(200円)」
どれも厚みがしっかりで、中はレアでしっとり柔らか。やっぱり牛肉は、肉食ってるなぁって実感できますね。
e0208058_15213327.jpg

e0208058_15214319.jpg

「牛つくね焼き(250円)」
外側はしっかり焼きで歯ごたえもありますが、牛ならではの中心はレアでちょっと懐かしいユッケを連想させるねっとりした食感で旨い!
e0208058_15275951.jpg

e0208058_1528729.jpg

「ゲタカルビ(300円)」
大ぶりで食べごたえもあり、それでいてカルビらしく脂が美味しいです。
e0208058_15335336.jpg

ここで箸休め的に「エシャロット(100円)」と「クレソン(100円)」
エシャロットは、シャキッとした食感に辛み、クレソンは香りがしっかりで、いい箸休めになり、また肉を再開します。
e0208058_15462164.jpg

ここからはホルモン系で、「丸腸(200円)」
これはネギポン酢であっさりといただきます。とろとろに柔らかいけどグニュっとした歯応えが心地いい!
e0208058_1550714.jpg

「ハツ(200円)」
ハツは独特のプリッとした食感がいいですよね。旨味も濃いので好きな部位です。
e0208058_1553591.jpg

締めはご飯ものから、「煮込ライス(300円)」
出てきたそれは300円とは思えないほど、煮込みがどっさりのっています。更に煮汁が染みたご飯が旨い!器自体は大きくないので、締めにちょうどいい量で、満足度の高い一品。
e0208058_160225.jpg

e0208058_1601371.jpg

お腹いっぱい牛肉食べても、高円寺価格なので安心です。今日は食べられないメニューもいろいろあったので、また来ようと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区高円寺南3-69-1



牛八 高円寺店居酒屋 / 高円寺駅新高円寺駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


by 07takeshi | 2014-07-28 18:00 | 杉並区(高円寺) | Comments(0)

池袋 『開楽』

週末の金曜は、スタミナを付けようと池袋でウナギを食べようと思ったのですが、行きたかったお店が満席だったため、どうしようかと彷徨っているときにふと思いついたのが餃子にビール。暑い時期には最高の組み合わせですよね。行ったお店は「開楽」。池袋でジャンボ餃子と言えば、ここ「開楽」や、「天龍」、「東亭」などが有名です。
e0208058_2137042.jpg

歩き回って汗だくだったので、まずは「ビール(中瓶@580円)」
汗をかいた後のビールは最高!生き返ります。
e0208058_21425833.jpg

フードのメニューは、各種ラーメン、チャーハン、定食などもありますが、今日はシンプルに餃子のみ注文します。餃子は3つ(360円)から注文でき、あとは1個(120円)単位で追加できます。ちょっと大きさ加減がよく分からなかったのですが、5個くらいなら大丈夫だろうということで、「餃子5個(600円)」を注文。
5分ほどで運ばれてきた餃子は、度肝を抜く大きさ!写真では分かりずらいのですが、大げさではなくちょっとしたバナナくらいの大きさがあります。
e0208058_21591732.jpg

e0208058_21592587.jpg

大きさが分かるように、爪楊枝と並べて撮ってみました。どんだけ大きいか分かりますかね?かぶりつくと、肉汁がしたたり落ちてくるジューシーさがあり、キャベツのシャキシャキした食感もいいですね。あまりの大きさに、一口どころか二口でも食べきれず、最低三口は必要です。
e0208058_22295512.jpg

e0208058_2230659.jpg

最初は5個じゃ足りないかなと思っていましたが、結果的には十分満足な量でした。大きいだけじゃなくて、味もきちんと美味しいので、迫力の餃子を食べたい方は是非どうぞ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都豊島区南池袋1-27-2


by 07takeshi | 2014-07-25 21:11 | 豊島区・北区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『馳走HIFUMI (ヒフミ)』

今日も先日の「じゅうぞう」に続き、阿佐ヶ谷の飲み仲間の方からのお誘いで、前から行きたいと思いつつも行ったことがなかったお店「ヒフミ」へ行きます。ここは、山形の食材やお酒がいただける和食屋さんです。オープンして何年も経つのに、やっとこさ初訪問です。
e0208058_1740575.jpg

e0208058_17411051.jpg

お店に入ると、店内は奥に細長く、手前がカウンター8席くらいで、奥に座敷があります。2人だったのでカウンター席に腰掛け、まずはビールで乾杯しスタート。本日いただくのは3000円のコースです。

一品目 「くずきり 鱧の卵のせ」
鱧の卵って初めて食べましたが、旨味が濃厚でさっぱりしたくずきりと相性がいいですね。
e0208058_17434471.jpg

二品目 「ヒラマサのお造り」
ここの料理の特徴として、とにかくお皿が大きい! 写真だけ見てると食べ物が小さく見えますが、決してそうではなく、お皿が大きいんです。
お造りと一緒に和えられているのはナスともう一つはなんとパパイヤ。一見合わなさそうな組み合わせですが、甘さはあまりなく、ナスと共にあっさりしているので、カンパチの味を引き立てています。
e0208058_17483050.jpg

e0208058_17483981.jpg

ここからは日本酒に切り替え、三品目 「ホヤ」
柔らかいけどコリッとした、貝独特の食感もあり、酢醤油っぽいタレの味が強すぎず、いい塩梅なので、ホヤの味もしっかり感じられます。これは日本酒がすすんでしまいますね。
e0208058_17535382.jpg

四品目 「米沢牛バラ肉の出汁かけ」
これは、薄切りの米沢牛にお出汁をかけるというシンプルな料理ですが、その分素材の良さが際立ちます。お肉がとっても柔らかく、滋味深い出汁と相まってとにかく旨い!お肉の旨味が沁み出た出汁も絶品で、全部飲んでしまいました。
e0208058_17594885.jpg

e0208058_17595656.jpg

e0208058_1804588.jpg

五品目 「ボタンエビと石垣貝」
一緒に添えられているピーマンがあることでお皿の絵柄も含め、色彩を綺麗にしています。生シラスものっており、磯の風味が豊かで日本酒もすすみます。普通だと醤油を付けて食べるんでしょうけど、最初からかかっているタレがちょうどいい味付けで、食材の味を活かしてますね。あと、エビの頭の中の味噌もすごく美味しかったです。
e0208058_1865015.jpg

e0208058_187297.jpg

e0208058_1871347.jpg

e0208058_1874640.jpg

e0208058_187567.jpg

六品目がコース最後の品 「ノドグロの炙り」
スケール感が分かるように携帯といっしょに撮ってみました。僕の携帯は比較的最近の機種で結構でかいのですが、それと比較してもこんなにお皿が大きいです。
ノドグロといえば、白身魚の高級魚。炙ることで旨味が凝縮され甘さも出ます。更に火の通し加減が絶妙で、ちょっとレア気味で食感もいい!
e0208058_18161844.jpg

e0208058_18163075.jpg

最後に追加で一品 「お新香」
お新香といいながらもマグロの赤身も付いています。それに 「だし」があるのも山形っぽくていい感じですね。
e0208058_1822310.jpg

e0208058_182214100.jpg

3000円というリーズナブルな価格ながら、いい素材のきちんとした料理がいただけるので、非常にCPが高いと思います。一人で来ている方もいましたので、今度は一人で来てみようかな。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区阿佐谷北1-27-5


by 07takeshi | 2014-07-20 18:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

新宿 『鼎(かなえ)』

今日は新宿で飲み会。みんなが帰りやすい場所ということで新宿になったのですが、いつも頭を悩ますのが新宿でのお店探し。ブログ的に新しいお店を紹介したいのですが、新宿っていいお店が意外とないんですよねぇ… どこにしようかなと悩んでいるときに、ふと思い出したお店は「鼎」。だいぶ前に一度行ったことがあるのですが、久しぶりに再訪することに。お店は新宿三丁目、末広亭のすぐ近くの地下にあります。
e0208058_20365749.jpg

e0208058_20372173.jpg

店内は、ちょっと年配のサラリーマンを中心に大賑わいです。まずはビールで乾杯し、フード一品目。「鶏つくねのチーズ焼き(1100円)」
大ぶりな手作りのつくねは、肉の歯ごたえが残るいい食感。つくね自体は和風の味付けなんですが、これが洋風のチーズによく合うんです。
e0208058_20522922.jpg

二品目「生蛸アンチョビ炒め(940円)」
生蛸とトマト、ズッキーニをアンチョビで炒め、マヨネーズを和えた、これも洋風な一品。茹でた蛸ではなく、生の蛸を炒めてあるので、蛸がとっても柔らかです。
e0208058_2102825.jpg

この辺りから日本酒に切り替え、料理三品目「蓮根の挟み揚げ(990円)」
サクッと揚がった衣に、シャキシャキの蓮根、中の餡には紫蘇が挟んであって薫り高く挽肉の旨味もたっぷりです。
e0208058_2142770.jpg

四品目は、ここの名物と言ってもいい一品、「鯵のなめろう(1430円)」
刺身もいいですが、やっぱり日本酒と合わせるにはこれですよね。味噌の塩梅がちょうどよく、しっかりした味付けなので、否が応にも日本酒がすすんでしまいます。
e0208058_21123438.jpg

e0208058_21124321.jpg

五品目も日本酒に合いそうな珍味系から「蟹みそ(770円)」
ほろ苦く、コク深い味で、当然ながら日本酒によく合います。
e0208058_21174647.jpg

六品目「蛸の天ぷら(990円)」
大ぶりにカットされた蛸はアンチョビ炒めと違ってプリッとした歯ごたえ。カレー風味が妙に美味しくて、どんどん食べてしまう感じ。
e0208058_21394031.jpg

最後の一品は「肉豆腐(醤油味@990円)」
ふんわり卵でとじられて、豆腐にはいい加減に出汁が沁みて、ちょっと濃いめの味付けが日本酒に合う。個人的に必須の一品です。
e0208058_21522519.jpg

e0208058_21523326.jpg

価格としては 少々高い印象ですが、それに見合う美味しさがあるので、結果的に満足度は高く、大人が来る居酒屋だと思います。気軽に利用するという感じではないかもしれませんが、誰かを連れて行ったりするときに、ちょっと気の利いたお店として知っていると重宝するお店だと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都新宿区新宿3-12-12



居酒屋 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


by 07takeshi | 2014-07-17 19:30 | 新宿区 | Comments(0)

池袋 『イタリアンバルUOKIN』

今日は会社の同僚と池袋飲み。少し前に行った居酒屋「魚金」が良かったので、今日は同じ系列のイタリアン、「イタリアンバルUOKIN」に行きます。ここも魚金と同様にすごい人気店で、予約が取りにくいので、今回も1か月前に予約を入れておきました。お店は魚金の下、地下一階にあります。
e0208058_1357124.jpg

e0208058_13571287.jpg

店内は満席で賑やかでしたが、2階のロフト席に案内されたので、落ち着いて食事ができました。
e0208058_1419285.jpg

e0208058_1419402.jpg

まずはビールで乾杯し、最初のフードは野菜系から、「季節野菜のバーニャカウダ(780円)」
ナスにアスパラ、パプリカ、ニンジン、トウモロコシなど色鮮やかな野菜がいろいろ。ソースはガーリックとアンチョビの風味がよく効いて味が濃くて美味しい。お酒に合う味付けですね。
e0208058_1444666.jpg

二品目「カニクリームオムレツ(680円)」
焦げ目もなく美しい仕上がりで、まるで高級洋食店のオムレツのよう。中はトロ~りクリーミーできちんとカニも入っているのでカニの風味もしっかり感じられます。
e0208058_1555376.jpg

e0208058_156571.jpg

e0208058_1561577.jpg

三品目はここに来たら必須の一品、「海の幸のカルパッチョ(980円)」
ホタテ、サーモン、マダイにタコなど6種類の海鮮がそれぞれ4切づつくらいのっています。さすが魚金系だけあって鮮度もよく、味付けも強すぎずいい塩梅なので、魚の旨味がきちんと感じられます。これで1000円しないのですからかなりお得ですね。
e0208058_15253118.jpg

四品目「丸干しイワシのアヒージョ(480円)」
生じゃなく、丸干しのイワシを使っているので、少し苦みがあるけど旨味が濃くて、ちょっとしっかりした食感も含め面白い仕上がり。
e0208058_15413528.jpg

ホントは肉料理も食べたかったのですが、それぞれが結構ボリュームあって腹七分目くらいになってきたので、ここら辺で締めに入ります。最後の一品は、「漁師風ガーリックパエリア(980円)」
シラスやエビ、イカ、アサリなど魚介がいろいろのっていますが、主役はその具材よりも、魚介の旨味をたっぷり含んだお米。めちゃウマです。
e0208058_15544587.jpg

e0208058_15545460.jpg

男三人で食べて飲んで、一人4000円いかないくらいの金額でした。チェーン店の居酒屋行ってもそれくらいすることもあるので、この内容を考えると非常にCPが高いと思います。人気が出て当然ですが、もうちょっと予約が取りやすければいいんですけどね…

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都豊島区西池袋1丁目35−8


by 07takeshi | 2014-07-16 19:30 | 豊島区・北区 | Comments(0)

小田原 『魚河岸でん』 oishii

熱海からの帰りは小田原で途中下車し、小田原城を見学後、ランチにします。小田原に来るのは急遽決まり、事前にお店をリサーチしていなかったので、同行者の知っているお店でランチをとります。行ったお店は小田原駅からほど近い場所にある海鮮丼がいろいろいただけるお店、「魚河岸でん」。
e0208058_11192786.jpg

ちょうどお昼時だったのでほぼ満席でしたが、一組帰るところだったので、すぐに座ることができてラッキーでした。さっそく何を食べるかメニューを見ます。
e0208058_11243033.jpg

20種類くらいあるので、決めるのはかなり悩ましいですが、この中から歴代小田原丼の「とろ金目鯛の三宝丼(1780円)」に決定。それと単品で大磯港直送の「生シラス(600円)」を注文します。しばらくして運ばれてきた丼は、器がやや小ぶりではありますが、キンメが刺身・炙り・照り焼きと三種ものっていて贅沢。刺身や炙りはさっぱりと、照り焼きはこってりしていて、それぞれがご飯に合うので箸がどんどんすすみます。
e0208058_11354465.jpg

e0208058_11364136.jpg

生シラスは、透明で見た目から鮮度の良さが分かります。軽く醤油を垂らしていただきますが、身はほんのりほろ苦さと甘さがあって、美味しいですねー そのままでも十分美味しいのですが、最後は当然生しらす丼にしていただきました。
e0208058_11402378.jpg

e0208058_11405049.jpg

丼は見た目量が少なめかなと思ったのですが、完食してみると割とお腹いっぱいになっており、見た目以上にはボリュームありました。駅チカですし、気軽に海鮮丼を食べるにはいいお店だと思います。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 神奈川県小田原市栄町2-3-4


by 07takeshi | 2014-07-15 12:00 | 神奈川県 | Comments(0)

熱海 『囲炉茶屋』

熱海に到着したのがちょうどお昼時だったので、さっそくランチに行きます。行ったお店は「囲炉茶屋」。熱海グルメで検索すると必ずと言っていいほど出てくるお店で、熱海ではかなりの有名店だと思います。お店は熱海駅から仲見世通りを抜けた少し先にあるので、徒歩3~4分くらいといったところでしょうか。
e0208058_14283313.jpg

e0208058_14303685.jpg

まずは瓶ビール(大瓶@700円)で乾杯します。
e0208058_1436522.jpg

ランチメニューは、刺身や干物の定食、海鮮丼などがありますが、その中から注文したのは3人とも「季節のお刺身定食(1700円)」
15分ほどで運ばれてきた定食は、マグロに桜エビ、アジなど6点盛りもあってなかなか豪華です。いただいてみると、鮮度もいいのでプリッとしっかり弾力もあり、特にアジが美味しかったです。あと、生の桜エビがあるのも伊豆っぽくていいですね。
e0208058_1450315.jpg

e0208058_15515984.jpg

金額は やや観光地価格かなということで、そんなにリーズナブルではないかもしれませんが、駅から近く便利な立地で、きちんと美味しい海鮮がいただけるいいお店だと思います。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

【住所】 静岡県熱海市田原本町2-6


by 07takeshi | 2014-07-14 11:30 | 首都圏以外 | Comments(0)

熱海温泉 『大江戸温泉物語あたみ』

夏季休暇を取り、友人たちと3人で熱海に行ってきました。天候が心配でしたが、日頃のお行いのおかげ?か、天気に恵まれて旅日和でした。
e0208058_17205821.jpg

往路は新幹線で行くので東京駅で待ち合わせ、こだまに乗って出発です。東京から熱海までは約50分と短い旅ですが、当然ながらこうなります。
e0208058_17215581.jpg

まだ朝の10時半で、しかも平日。出張に向かうサラリーマンを横目に、ダメな大人まっしぐらです…
e0208058_17233052.jpg

軽くアテをつまみながらビールを飲んでいると、あっという間に熱海に到着します。そういえば、おつまみ用に買った、「うずら燻製@200円くらい?」が妙に美味しかったです。また買おう。
e0208058_1731247.jpg

熱海に到着後は、「囲炉茶屋」という海鮮居酒屋で、ランチをとります。これは、別記事を参照してください。
昼食後は、15時のチェックインまでしばらく時間があったので、徒歩圏内で観光します。とりあえず海に向かおうということで、サンビーチに行くと、海水浴してる人たちがいました。気が付けばそんな季節なんですねぇ。確かにこの日は気温30度超えで、めちゃめちゃ暑かったので、気持ちよさそうでした。
e0208058_17361670.jpg

それから親水公園を経由し、観光名所の「起雲閣」へ。ここは、結果から言うとすごく良かったです。子供を連れて行くような場所ではありませんが、風情も感じられますし、見ごたえもあって、まさに大人の観光地。熱海駅からも徒歩で行ける距離(20分くらいかかります)なので、熱海でちょっと観光するにはお勧めです。
e0208058_17413627.jpg

e0208058_17414590.jpg

e0208058_1741561.jpg

e0208058_17421060.jpg

館内見学後は、建物内にある喫茶店で、冷たい抹茶をいただきます。クリームソーダじゃないですよ…
e0208058_1748222.jpg

そうこうするうちに、チェックインの時間が近づいてきたので、宿に向かいます。今宵の宿は、「大江戸温泉物語あたみ」。熱海駅からは徒歩7分なので、比較的便利な立地です。ちなみに、1泊2食付(3名1部屋)で9400円のプランです。
e0208058_17505614.jpg

e0208058_1751819.jpg

宿泊するのは8畳+広縁付の和室。海側だったので、景色がとっても良かったです。
e0208058_17593860.jpg

e0208058_17595477.jpg

e0208058_1804149.jpg

チェックイン後、さっそく温泉に向かいます。温泉は2種類あり、時間帯によって男女が入れ替わります。最初に行くのは「光彩の湯」。
e0208058_17545973.jpg

内湯
e0208058_17562483.jpg

露天
e0208058_17565562.jpg

写真では分かりづらいですが、木の間から海が見えます。
e0208058_1854770.jpg

風呂上りには、無料で利用できる卓球場があったので、卓球をすることに。久しぶりに卓球しましたが、思った以上に白熱してあっという間に夕食の時間になりました。
e0208058_18327.jpg

夕食は、2階の食事処でバイキング型式です。海が見える景色のいい場所を確保し、食べ物を取りに行きます。
e0208058_1892984.jpg

食べ物は、和洋中いろいろあって、とっても種類が多いですし、味もなかなか良かったです。あと、ライブキッチンなんかもあったりして、天ぷらやステーキなんかができたてのものをいただけます。
e0208058_18132599.jpg

e0208058_18133912.jpg

e0208058_18135463.jpg

e0208058_1814551.jpg

e0208058_18145344.jpg

e0208058_18154094.jpg

e0208058_18154939.jpg

e0208058_1815598.jpg

e0208058_18161864.jpg

バイキングに来ると毎度そうなんですが、控えめに取ってるつもりでも、ついつい取りすぎて、食べすぎちゃうんですよねぇ。ビールも飲んだので、夕食後は苦しくてしばらく動けませんでした。でも、部屋に戻ってすぐにゴロンとなれるのは最高ですね。

その後、1時間ほどゴロゴロして、20時にはお風呂が男女入れ替わるので、温泉に向かいます。今度は「檜の湯」。
e0208058_18232957.jpg

露天
e0208058_18251927.jpg

入浴後はしばし休憩の後、外に飲みに行きます。向かったのは近くにある「ホテル ミクラス」内にあるバー、その名も「ミクラスバー」。そのまんまでしたね。ミクラスは、かなりお洒落なホテルでおやじが行くには多少の場違い感があるのですが、そんなことは気にせず突入します。フロントを抜け、Rを描く階段を上った正面に お店はあります。
今回は、酒が飲みたいというよりも、どんなバーなのかを見たいという感じだったので、1杯だけ飲んで帰ります。バー自体は、きちんとしたオーセンティックな雰囲気で、チャージもとられない(たぶん)ですし、割とすいているので、穴場なお店だと思います。お酒は物にもよりますが、だいたい1000円~1500円くらいのものが多かったと思うので、ホテルのバーとしては比較的リーズナブルだと思います。温泉街ってスナックばっかりで、ちゃんとしたバーがあまりないので、熱海でバーに行きたいときはお勧めです。
e0208058_1831325.jpg

e0208058_18311419.jpg

e0208058_18384118.jpg

その後はホテルに戻り、就寝。疲れと酔いでいつもより早く、11時過ぎには寝てしまいました。

翌朝は、6時頃から温泉に入り、7時から朝食です。朝食もバイキング形式で、夕食同様に種類が多いです。面白かったのが、「丸かじり野菜」というのがあり、野菜がそのまんまおいてあって、それをかぶりついて食べるというもの。健康が気になる年代なので、こういう演出にはすごく惹かれますね。
e0208058_18464073.jpg

e0208058_18465044.jpg

e0208058_18465930.jpg

e0208058_1847933.jpg

e0208058_18474188.jpg

e0208058_18482685.jpg

e0208058_18475141.jpg

帰りは小田原に寄って、小田原城を見学しました。とっても暑かったので、必然的にお約束のこれ。お城を眺めながら飲むビールは格別です。
e0208058_1850717.jpg

その後は、近くでランチをとり(別記事)、ロマンスカーで帰りました。帰る道中も もちろんこんな感じ。小田原の老舗かまぼこ屋「籠清(かごせい)」で買った、野菜にすり身を絡めて揚げた「つまみ揚げ」をアテに最後まで飲んでました…  
夢もこれで終わり・・・明日から頑張って働こう!!
e0208058_18563845.jpg

e0208058_1856555.jpg



よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【大江戸温泉物語あたみ】 静岡県熱海市咲見町8―3


by 07takeshi | 2014-07-14 10:30 | 温泉 | Comments(0)

西荻窪 『トラットリア29(ヴェンティノーヴェ)』 oishii

今日は中央線沿線に在住の友人と食事。前から行きたいと思いつつも、なかなか行く機会に恵まれなかった肉料理が評判のイタリアン、「トラットリア29」へ行きます。普通に「ニク」と呼んでしまいそうですが、正確な店名は「ヴェンティノーベ」と読むそうで、これはイタリア語ですね。
e0208058_17212752.jpg

e0208058_17213738.jpg

最初の一杯は泡系から、「スプマンテ(800円)」を飲みつつ、最初にお通しとして生野菜が運ばれてきますが、これはお通しというよりちゃんとした一品料理といってもいいくらい、しっかりした量があって、肉の前に野菜が出てくるのはありがたいですね。
e0208058_17265737.jpg

それと、自家製の揚げパン。外はサクッ、中はモチモチで美味しいです。
e0208058_1728928.jpg

フード一品目はサラダ系から、「キアンティの豚のツナのサラダ(900円)」
これは面白い一品。豚肉をツナっぽく仕上げてあります。食べると肉の味がちゃんとするんですが、食感や味付けなんでしょうか、ツナのようにも感じられるから不思議です。
e0208058_17393032.jpg

e0208058_17521892.jpg

ここで、ボトルの赤ワインに切り替えます。「Nero D'avola(3900円)」
比較的リーズナブルなワインでしたが、少しスパイシーさがあり、程よい重さで肉に合うワイン。
e0208058_17465382.jpg

二品目、「鶏レバーのクロスティーニ(800円)」
かぶりつくと、サクッとした歯ごたえと共に、しっかりしたレバーのコクと苦みが入ってきます。これは赤ワインがすすんでしまいますねー
e0208058_17555694.jpg

ここでいよいよメインのお肉。お肉は調理に時間がかかるので、最初に頼んでおきます。肉は、牛・豚・鶏と揃っていますが、もちろんここは牛肉を。牛肉は、「宮崎牛ランプ(4500円@300g)」、「岩手短角牛ランプ(4500円@300g)」、「熊本えこめ牛ロース(4000円@300g)」、「ニュージーランド放牧牛ロース(2900円@350g)」とありますが、この中から「岩手短角牛」をチョイス。
30~40分ほどで運ばれてきたお肉は、きれいに網の焼き目がついて、とっても美味しそう!上から見るとそんなに大きく見えないのですが、横から見るとしっかりした厚みでボリューミー。絶妙な焼き加減のお肉は外はしっかり焼いてありますが、中心はレアな赤色がとっても魅惑的。短角牛は赤身が美味しいと評判なだけあって、赤身のタンパク質の旨味がしっかり感じられ、とにかく旨い!
e0208058_18195790.jpg

e0208058_4224011.jpg

e0208058_1820823.jpg

締めの一品は、やっぱり炭水化物から。さすがにご飯ものはありませんが、パスタが5種類ほど用意されています。魚介系のパスタなども美味しそうでしたが、ここはやはり がっつり肉系から「タリアテッレ ボロネーゼ(1800円)」
しばらくして運ばれてきたボロネーゼは、期待通り赤いトマトソースベースではなくて、シンプルで肉肉しい仕上がり。そして肉の香りがすごい!いただいてみると、肉は 挽いてあるのではなく、包丁で叩いてあるので、一見ミンチ状に見えますが、食感がしっかりで肉食ってるなぁって実感できますね。美味しいです。
e0208058_1840422.jpg

e0208058_423411.jpg

e0208058_18411513.jpg

久しぶりに美味しいお肉をがっつり食べられて満足なディナーでした。今日は食べられなかったけど、松坂ポークのグリルとか、メンチカツなども美味しそうで気になったので、またぜひ来てみたいですね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区西荻北2丁目2−17



29イタリアン / 西荻窪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2014-07-11 19:30 | 杉並区(西荻窪) | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧