<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大久保 『日の出中華』

週末の今日は、なんとなく大衆的に食堂飲みな気分。以前行ったことのある大久保にある日の出に行ってきました。週末だから混んでいて相席かなと思っていましたが、店内に入るとすいていました。前回の記事はこちら
e0208058_2214422.jpg

まずは瓶ビール(大@550円)を頼み、料理一品目は前回来たとき満腹で断念したメニュー「ハムエッグ(350円)」
千切りキャベツの上に置かれた卵二個分のハムエッグは、半熟の目印 ピンク色な黄身が魅惑的で、王道な食堂メニュー。
e0208058_22242544.jpg

黄身を割ると、予想通り半熟でトロ~り。家で作るハムエッグより美味しく感じるのは何故なんでしょうか?
e0208058_22282546.jpg

二品目「空芯菜炒め(500円)」
500円ながら量もたっぷりでニンニクががっつり効いていて、食欲が刺激されます。思いのほか鷹の爪がしっかり入っているのでピリッと辛く、ビールのアテにぴったり。
e0208058_22341651.jpg

「半分チャーハン(300円)」と「焼餃子(400円)」
チャーハンは半分と言いながら結構量があり、具はチャーシュー・卵にネギとシンプルですが、付け合せのスープ共々昔懐かしい定番な味。
一方餃子は、カリッと焼かれた皮の中にはクリーミーな餡がたっぷりで、意外ながら上品な仕上がりです。
e0208058_22374271.jpg

e0208058_22375284.jpg

お酒は瓶ビール(大瓶)だけだったせいもありますが、ビール飲んでお腹いっぱい食べて、しめて2100円。とても満足度は高く、これだから食堂飲みはやめられません。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都新宿区百人町1丁目24−10


by 07takeshi | 2014-09-26 19:30 | 新宿区 | Comments(0)

西日暮里 『うな鐵 将(うなてつ しょう)』

最近どうも今更ながら夏バテというか、スタミナ切れな感じ。こういう時は、やっぱり鰻!ということで、会社帰りに西日暮里にある「うな鐵 将」に行ってきました。西日暮里の駅前すぐのところにあります。
e0208058_6224879.jpg

e0208058_6225889.jpg

とりあえず「生中(580円)」を頼み、一品目はすぐに出てきそうな「骨せんべい(380円)」
これは、ウナギの骨を乾燥させ、カラッと揚げたもの。ポリポリした歯応えで塩味がしっかり効いているので、ビールのアテにちょうどいい感じ。
e0208058_6315989.jpg

それと、やはりうな鐵といえば鰻の串焼きということで、「串焼き5本セット(1380円)」を頼みます。焼き場では、職人さんがパタパタと団扇で煽ぎながら炭火で鰻を焼いています。しばらくして運ばれてきたのがこちら。右から、短冊、くりから、キモ、ひれニラ、かぶと。「短冊」は身の部分で一番ウナギっぽい。「くりから」は確か腹の身だったと思うのですが、脂がのってジューシー。シンプルに塩味なので身の旨味がしっかり感じられます。「キモ」はその名の通り肝でほろ苦くプリッとした食感。「ひれニラ」はトロトロの柔らかいヒレに、青臭いニラの風味が絶妙にマッチ。「カブト」は、頭の部分。見た目はちょっとグロテスクですが、独特の苦みが日本酒に合います。
e0208058_77970.jpg

串の途中でビールから日本酒に。「高清水(540円)」
e0208058_79092.jpg

最後は「白焼き」でも食べようかと思っていたのですが、隣の席のおじさんが食べていた「特上のうな重(3800円)」がとっても美味しそうだったので、勢いに任せて同じものを注文したら、売り切れでした・・・
でも特上を頼んだ手前、後に引けなくなり 男らしく その次に高い「うな重(松@3400円)」を注文します。
e0208058_7195596.jpg

待つことしばし、運ばれてきたうな重は、さすが松だけあってご飯が見えないほど身がたっぷり。折り重なっている身は大きいのが3切れも。1尾半分ものっているのでしょうか?
e0208058_727318.jpg

e0208058_7274097.jpg

さっそくいただいてみると、関東風な身は、フワッとして口の中でトロトロと溶けていきます。タレも程よい甘辛さでご飯も旨い!
e0208058_7332819.jpg

締めにがっつりうな重を食ったので、お腹パンパンです。いろんなウナギのバリエーションが楽しめるので、食べものは軽めでお酒メインでもいいですし、うな重とか食べて食事メインでもいいですし、また、テーブル席意外にカウンター席もあるのでお一人様も大丈夫な使い勝手のいいお店だと思います。特にウナギの串焼きはお勧めなので、食べたことがない方は是非どうぞ。美味しいですよ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都荒川区西日暮里5-21-4


by 07takeshi | 2014-09-22 19:00 | 文京区・世田谷区・荒川区 | Comments(0)

新宿 『とさか』

今日は定期的にやっている地元の友人たちとの食事会。だいたいいつもみんなの自宅からのアクセスがいいということで新宿で行っています。今日行ったのは鶏料理のお店で、その名も「とさか」。新宿東口、大塚家具近くの雑居ビルの2階にあります。
e0208058_18191916.jpg

まずは生ビールで乾杯し、一品目は野菜系から「いろどり野菜のサラダ(650円)」
レタス・トマト・パプリカ・水菜など定番の具材に、ちょっと濃厚なナッツのドレッシングが映えます。
e0208058_1828475.jpg

二品目はここの名物の一品「鶏の刺身盛り合わせ(1880円)」
どれも鮮度がいいので臭みもなく、旨味がしっかり。ももが一番歯ごたえがあり、ささみが一番柔らかく、むねはその中間くらいな食感。お肉の量もたっぷりなのですが、大根おろし・玉ネギスライス・刻み葱・ミョウガなど薬味がたっぷり添えられているのが嬉しいところ。
e0208058_18325124.jpg

続いてはジャンクだけど好きなメニュー、「チキン南蛮(750円)」
プリッとした歯ごたえの鶏に、自家製のタルタルソースが相性抜群!ご飯が食べたくなってしまいます。
e0208058_183552.jpg

ここで箸休め的に「浅漬け盛り(580円)」
オクラ・セロリ・キュウリの3種盛り。酸味も程よく食べやすい味で、ちょこちょこつまむのにいい感じ。
e0208058_18373831.jpg

次は焼物から、「軍鶏の盛り合わせ(小@1280円)」
もも・胸・ささみに手羽先の4種盛り。歯ごたえしっかりの肉質で、そのまま食べても美味しいですが、添えられている柚子胡椒を付けると更に美味しくなります。柚子胡椒好きなんです。
e0208058_1843184.jpg

締めはお茶漬けでもと思ったのですが、いいものを見つけてしまいました。それは「鶏がら塩ラーメン(780円)」
やっぱりラーメンの誘惑は強烈ですね。3人で行っていたのですが、みんなラーメンを注文してしまいました。待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、すっきりスープでシンプルな見た目。
e0208058_18462451.jpg

まずはスープから。あっさりした塩味なんですが、しっかり鶏の旨味が効いていて、飲んだ後の胃腸に沁み渡りますね。
e0208058_184836.jpg

麺は中細のやや縮れがあるタイプで、いい意味で主張がなく、スープを引き立てる感じ。具はキャベツがたっぷりで、肉っけはないのですが、食べた後にはむしろそのほうがちょうどいい感じ。
e0208058_18514069.jpg

新宿駅からほど近く、分かりにくい場所にありますが立地も便利ですし、料理も美味しかったです。お店のキャパがあまり大きくない(30席くらい)せいもあるかもしれませんが、満席で予約なしの人は結構断られていました。人気なんですね。なので来られる際には、予約した方がいいかと思われます。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都新宿区新宿3-35-13


by 07takeshi | 2014-09-21 19:30 | 新宿区 | Comments(0)

鷺ノ宮 『らぁ麺 すぎ本』

休日の今日は例によって、鷺ノ宮で運動をした後、近所でランチにします。ちょっと軽めに食べたい感じだったので、ラーメンでも食べようと思い、行ったお店は「すぎ本」。この辺りでは、かなり評判のお店です。ネットの情報によると、ここのご主人は、有名なラーメン屋「支那そばや」の店主、佐野実さんのお弟子さんだったらしいです。
e0208058_965516.jpg

中に入ると 新しくきれいな店内は、シックで落ち着いた雰囲気です。座席はカウンターのみで10席程度でしょうか。注文は入口入ったところにある券売機でチケットを買います。メニューは基本、醤油か塩で、つけ麺もあります。初めて来たお店なので、一番上にある定番のメニューっぽい醤油から、「醤油味玉らぁ麺(800円)」を購入。チケットを渡し、待つこと約5分、醤油ラーメンが運ばれてきました。シンプルながら、すっきりして美しい見た目。これは味にも期待ができそうですね。
e0208058_916407.jpg

まずはスープからいただきます。見た目通り澄み切った上品な味。まったく雑味がなく、まろやかだけどベースのスープの旨味、醤油のコクがしっかり効いていて美味しい!麺は見た目にも分かりますが、全粒粉入りのストレートの細麺。すするとしっかりスープを纏い、上品なスープとの相性がいい。
e0208058_9233324.jpg

チャーシューは、豚と鶏が一枚ずつ入っています。豚は程よく歯ごたえがあり、鶏はあっさりなんですが、スープを吸って旨い!
e0208058_9254560.jpg

味玉は、見た目にはそんなに濃い色じゃないんですが、きちんとタレの味が沁みていて、半熟過ぎずいい塩梅な仕上がり。
e0208058_9262317.jpg

評判通り、完成度の高いラーメンで美味しかったです。また来よう!


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中野区鷺宮4-2-3





らぁ麺 すぎ本ラーメン / 鷺ノ宮駅都立家政駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


by 07takeshi | 2014-09-20 12:00 | 中野区 | Comments(0)

恵比寿 『フレーゴリ』 oishii

今日のディナーは恵比寿でイタリアン。行ったお店は「フレーゴリ」というところで、馬肉の料理が有名なお店です。恵比寿駅を東側に7~8分くらい行ったところにあり、駅からはちょっと離れています。
e0208058_1950970.jpg

割と有名なお店なんですが、店内はカウンター6席、テーブルが10席と思いのほかこじんまりしています。カウンター席に案内され、最初の飲み物 グラスの泡を注文。食べ物のメニューはアラカルトで黒板に書いてあるのでそれを見つつ、何を頼むか考えます。このお店の名物といえば「馬肉のカルパッチョ」ですが、ちょっと量が多そうな気がしたのでそれはパスし、一品目は、これもここの名物といってもいいメニュー「サバのスモークとポテトサラダ(1700円)」
出てきたそれは、思った以上にサバが立派!すごく肉厚でパリッとした皮目は香ばしく、身はとてもふっくら。下に敷いてあるちょっと酸味の利いたポテトサラダといいコンビ。更にサバとワインて合わなさそうな印象ですが、これも不思議と相性いいんです。
e0208058_2037497.jpg

e0208058_20371497.jpg

二品目、「白アスパラとパルミジャーノ(1900円)」
生のものを、皮を剥くところから作っている白アスパラガスは、しっとり柔らかい仕上がりで、嬉しいくらいにパルミジャーノがたっぷりで、チーズのコクと香りがよく効いており、アスパラのさっぱりした味と相性がいいです。
e0208058_2054876.jpg

ここで、グラスの白ワインに切り替えたのですが、すごく並々と注いでくれます。
e0208058_20551574.jpg

続いては馬肉メニューから、「馬ハラミの炭火焼き(3100円)」
たっぷり添えられたクレソンの緑色ときれいなコントラストな赤い馬肉は艶っぽくとっても美味しそう!中心はレアで柔らかいけど、程よく弾力も。炭の香ばしさがある赤身は旨味が芳醇!
e0208058_213866.jpg

e0208058_2131825.jpg

締めの一品はパスタメニューから 「穴子スモークのスパゲッティーニ(1800円)」
ちょっと和風っぽい仕上がりで、あっさりしたシンプルな味付けだけど、スモーキーな穴子の香りがよくて旨味も濃く、美味しいです。
e0208058_21222815.jpg

e0208058_21223732.jpg

料理はどれもシンプルながら、味の強さや火の通し加減が絶妙で、それでいて、ちょっと個性があったりして満足度の高い料理でした。今日はこのお店のの定番ぽいメニューを中心に注文しましたが、気になるメニューもいろいろあったので、また来てみたいです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都渋谷区恵比寿2丁目8-9





フレーゴリイタリアン / 恵比寿駅広尾駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6


by 07takeshi | 2014-09-19 19:30 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)

高円寺 『とこ井』 oishii

今日の夕食は、ちょっとしっかりめに食べたい気分。がっつりとんかつでも食べようかなと考えていたところ、ふと思いついたのが、武蔵野うどん。武蔵野うどんって麺の量が多いお店が多いんです。そうえいば高円寺にある武蔵野うどんのお店が宿題店のままだったなということで、行ってきました。そのお店は「とこ井」。高円寺駅南側にあるパル商店街から少し入ったところにあります。
e0208058_22551651.jpg

店内は奥に細長く、カウンター席のみで10席程度。注文は入り口付近の券売機にてチケットを買うのですが、面白いのが基本料金が小盛(300g@800円)になっているところ。麺の増量はもう一枚チケットを買うことになり、並400g@+50円、大600g@+150円、特800g@+250円、特特1000g@+350円という感じです。
普通なら並を基本料金にすりゃいいじゃんって思いますが、僕みたいに小食な人だと400gは厳しいから300gくらいにしとこうかなって思うんですよ。でも一方で、武蔵野うどんのお店って、大盛のお店が多いので、300gが並になってしまうと、この店は量が少ないんじゃないのって思われそうだから、このような設定になってるんじゃないかなぁっていうのが僕の分析です。
前置きが長くなりましたが、今日はしっかりめに食べたいので、400gいきます。チケットを手渡し、待つこと10分くらいでしょうか、運ばれてきたうどんは、ごわごわした麺がいい感じです。
e0208058_2329293.jpg

e0208058_23291378.jpg

それではいただいてみましょう。麺は武蔵野うどんらしく、がしっとした歯応えですが、やや扁平なため、硬すぎず顎が疲れることもなく、見た目の印象とは裏腹に意外と食べやすい。小麦の香りもほんのり感じられて美味しい麺です。
e0208058_23325890.jpg

つけ汁は、醤油の味がしっかり効いた、つけ汁らしい定番な味に仕上がっています。デフォルトでも肉がたっぷり入っているのが嬉しいですね。
e0208058_23383111.jpg

なかなか美味しいうどんでした。駅からも近くて便利ですし、今日食べた定番の肉汁以外にも、辛汁やカレー汁など気になるメニューもあるので、また来ようと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区高円寺南4丁目7-5


by 07takeshi | 2014-09-12 17:30 | 杉並区(高円寺) | Comments(0)

赤坂見附 『橘松茶寮(きっしょうさりょう)』

今日は久しぶりに赤坂で食事。最近できた新しいお店に行きます。そのお店は「橘松茶寮」という和食屋さん。赤坂見附駅からはすぐ近くなんですが、お店があまりない裏通り沿いのビルの2階にあるためちょっと場所が分かりにくいです。
e0208058_17351127.jpg

e0208058_17352187.jpg

店内に入ると思った以上に広い空間が広がっており、明るくてスタイリッシュな雰囲気です。座席もゆったりしているのがいいですね。
e0208058_1737744.jpg

e0208058_17371589.jpg

本日いただくのは月替わりの「おまかせコース(5999円)」です。
「焼き茄子 胡麻豆腐のすりながし オクラとウニ 新生姜の甘酢漬けを添えて」
盛り付けもきれいで、繊細な仕上がり。優しい味でスタートにちょうどいい一品。
e0208058_1750098.jpg

e0208058_17501048.jpg

「松輪サバの鯖寿司」と「蛸の柔らか煮」
e0208058_17532176.jpg

鯖寿司に添えられているのは、桃と卵黄酢ソースとのことで、一手間加えられています。肉厚の鯖にいい塩梅の酢加減。ほんのり甘い桃酢ソースを付けると、甘酢っぱくていいバランスです。一見すると鯖寿司に果物のソースって相性いいように思えないですが、一緒に食べるとこれが不思議と合うんです。
e0208058_1821683.jpg

e0208058_1822696.jpg

蛸の柔らか煮には、里芋と湯葉のすりながしに無花果のソースがかかっています。名前のとおり、とっても柔らかで、ちょっとしっかりめな味の蛸に、さっぱりとしたすりながしを付けるとちょうどいい塩梅に味が纏まります。
e0208058_1894459.jpg

e0208058_1895559.jpg

「中トロと真鯛」
中トロは、卵黄の醤油に、添えられている紫蘇の花をパラパラと落として、それを付けていただきます。醤油だけだと味も強くなってしまいますが、卵黄が入ることでまろやかな味に。
e0208058_18321185.jpg

e0208058_18322220.jpg

真鯛は煎り酒を付けていただくのですが、鯛自体の旨味に煎り酒の旨味が重なって、見た目にはさっぱりそうなんですが、旨味が濃厚です。
e0208058_18365560.jpg

「北寄貝と丸茄子の揚げ煮のお椀」
北寄貝は弾力のある歯ごたえがよく、一方茄子はとろ~り柔らかで、滋味深いお出汁をふんだんに吸って絶品です。ほんのり入ったミョウガがいい仕事。
e0208058_18423855.jpg

「蓮根の天ぷら」
揚げ加減がよく、さくっとした食感が心地いい。素材の味が活かされています。
e0208058_18443345.jpg

次は面白い一品で、珍味系から 「海藤花(かいとうげ)」
名前だけ聞いてもほとんどの人はなんだかわからないと思いますが、これはタコの卵なんだそう。とろりとした食感にほんのり甘さもあって、日本酒によく合います。
e0208058_1848331.jpg

「牛肉の湯葉あんかけ」
柔らかい牛肉と優しい味の餡に湯葉の甘さも合わさって深い味。すうーっと胃の中に入ってくる感じです。
e0208058_18534186.jpg

e0208058_1854224.jpg

締めは、キノコの炊き込みご飯とお味噌汁。
ごはんもお味噌汁も、美味しい出汁がしっかり効いていて旨い!お新香も、酸味が程よくて美味しい!
e0208058_18563548.jpg

e0208058_1856589.jpg

e0208058_185786.jpg

甘味は「巨峰の梅酒漬け」
甘さ控えめで、大人な味です。
e0208058_18585383.jpg

どれも手の込んだ料理ばかりで美味しかったです。盛り付けや器などもきれいで雰囲気があるお店でした。分かりにくい場所にあるのも、自分だけが知っている隠れ家のような感じもあっていいのかもしれません。誰かを連れて行きたくなる、そんなお店でした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都港区赤坂3丁目8−7中村屋ビル 2F



橘松茶寮割烹・小料理 / 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


by 07takeshi | 2014-09-08 19:30 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)

山梨市 『ピーチ専科ヤマシタ ラ・ペスカ』

山梨二日目は、いつもならどこかでワインということになるのですが、今回は趣向を変えてフルーツを食べに行きます。ちょっと気になるお店を見つけたもんで。そのお店は山梨市にある桃の農園が営むカフェ「ラ・ペスカ」。ネットで見た桃のパフェの映像がインパクトあって、食べてみたくなったんです。
e0208058_9273695.jpg

場所は、JR中央本線の山梨市駅と春日居町駅の中間あたりになるので、車じゃないと行くのが大変です。僕は電車で行っていたので春日居町より徒歩で向かいました。途中こんな農道を通りながら歩くこと約20分で到着。
e0208058_9354629.jpg

e0208058_9355973.jpg

ウッディ調な店内は、真ん中に大きなテーブルがあり、その周りに2~4人掛けのテーブル席と窓際にはカウンター席があります。とりあえず2人テーブルに腰掛けメニューを見ます。
e0208058_1023524.jpg

まずは食べたかったメニューの桃をまるごと1個使ったパフェ 「ピーチジュエル(850円)」と、暑い中歩いてきて喉が渇いていたので 「桃の生ジュース(300円)」を注文します。注文はカウンターにて行います。

5分ほどで運ばれてきたのがこちら。桃がまんま載っていてなかなかインパクトある見た目ですよね。
e0208058_10191985.jpg

とりあえず喉が渇いていたのでまずはジュースを飲みます。桃をそのまま絞っているので まるで生の桃を食べているかのような味の濃さ。ジュースというよりスムージーみたいにドロリとしています。
続いてピーチジュエルをいただきます。この桃は今まで食べた桃とは全然違います。それはリンゴのようにシャクっとした硬い食感。それを皮ごと食べるという初めての感覚。桃の皮ってザラザラしたイメージでしたがこの桃は皮がツルッとしています。なのでなおさらリンゴみたいです。味はリンゴみたいに酸味は強くなく、甘さと酸味のバランスがよくて しっかり桃の味。
e0208058_10321952.jpg

e0208058_10322858.jpg

e0208058_10323879.jpg

続いてはジェラート。桃を中心に10種類以上のフルーツのジェラートがあります。もちろん単品でも頼めますが、3種で400円のセットがあるのでそれを頼みます。
e0208058_1050973.jpg

e0208058_10551755.jpg

選んだのは、桃から「一宮白桃」と「黄金桃」。それと葡萄から「あじろん」
あじろんは、巨峰のようなコクがあって味が濃い! 一宮は甘くてフルーティ。黄金桃はさっぱりしながらも、熟成感のある味わいで、どれも果物そのものの味が濃くて旨い!
e0208058_10554377.jpg

e0208058_10555859.jpg

基本僕は酒飲みなので、甘いものよりも塩っぱいものの方が好きで、普段あまり果物とか食べる機会がないのですが、やっぱり新鮮な果物は美味しいですね。久しぶりにフルーツを堪能できて、満足な昼下がりでした。このカフェは9月28日までの営業なので、興味がある方はお早めにどうぞ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 山梨市 正徳寺1131


by 07takeshi | 2014-09-06 10:10 | 山梨県 | Comments(0)

甲府 『いけ田』

甲府での晩ごはんは、焼鳥を食べに行きます。駅からほど近い 東横インの隣りの建物にある焼鳥屋「いけ田」。地元 山梨産の食材にこだわったお店です。
e0208058_22534658.jpg

e0208058_2254315.jpg

まずはビールを飲みつつ一品目はすぐに出てきそうなメニューから「ポテキンサラダ(ハーフ@280円)」
名前から なんとなく想像がつきますが、これはポテトサラダとキンピラゴボウを合わせたもの。ありそうだけど食べたことがない組み合わせで、普通のポテトサラダよりもさっぱりした感じなので、食べやすい味。
e0208058_23261522.jpg

ここで飲み物を切り替えます。いつもだったら焼酎か日本酒にするところですが、やはりここは山梨なのでワインにします。ダイヤモンド酒造の白ワイン「アマリージョ」と料理二品目は、水曜と金曜限定のメニュー「甲州地鶏のとりわさ(480円)」
とりわさは、ワサビと醤油でシンプルにいただきますが、しっとり柔らかく優しい味で白ワインによく合います。
e0208058_23341679.jpg

e0208058_23343151.jpg

それと焼物から「ひな(150円)」と「せせり180円)」と「ねぎま(150円)」
食べてみると、柔らかくてジューシー。塩加減もややしっかりめなので、お酒がすすみます。
e0208058_23401159.jpg

e0208058_23402342.jpg

続いては名前が気になったメニュー 「ひまわり(350円)」
どういうものか聞かずにオーダーしたので、「何がでてくるんだろう。まさかホントにひまわりを焼いたやつとかが出てくるのかな!?」などとしょうもないことを考えているとやってきました。
なるほど!こういうことか!まさにひまわりですね。
e0208058_23450100.jpg

真ん中の黄身を崩して、それをつくねにたっぷり絡めていただきます。つくね自体は塩なので、比較的あっさりした感じなんですが、卵を纏わせることによって、まろやかでコクのある味わいになります。
e0208058_234757100.jpg

e0208058_2348882.jpg

次のワインは「ルバイヤート甲州シュールリー」
1杯目のアマリージョもそうですが、こういう美味しいワインが大衆的な焼鳥屋さんで飲めるなんて、さすが山梨ですね。
e0208058_2349064.jpg

お腹も満腹に近づいてきたのでそろそろ締めに入ります。最後の串はちょっと贅沢に、「甲州ワインビーフ(390円)」と「甲州信玄豚(290円)」
ワインビーフは柔らかさはあるけど歯ごたえがしっかりで、赤身の旨味もしっかりしています。一方信玄豚はとってもジューシーで、脂が甘くて美味しいです。やっぱりいい豚は脂身が旨いですよね。
e0208058_23541188.jpg

ここで思いがけなくデザートが。お隣さんがぶどうを分けてくれました。色鮮やかな葡萄はそのまま食べてももちろん美味しい!
e0208058_2356365.jpg

焼鳥屋でワインなんて、東京だとバードランドみたいにちょっと高級なお店になりがちですが、山梨は身近にワインが楽しめていいところです。みなさんもぜひ焼鳥とワインを味わってみてください。なかなかいいですよ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


いけ田

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:焼き鳥 | 甲府駅


by 07takeshi | 2014-09-05 17:30 | 山梨県 | Comments(2)

石和温泉 ワイナリー 『ドメーヌQ レストランボルドー』

地方ネタが続きますが、鹿児島に行った翌週に、山梨へワイン&フルーツの旅に行ってきました。
1日目はワイナリーに行くのですが、勝沼方面のワイナリーはこれまでに結構行っているので、今日は今までに行ったことがないところに行こうと思いやってきたのが石和温泉にある「ドメーヌQ」。石和温泉駅を温泉街とは反対側に出て、甲府方面へ20分ほど歩いたところにあります。
e0208058_21184649.jpg

e0208058_2119188.jpg

ここにはレストランが併設されているので、そこでワインを飲みながら食事ができます。というかレストランの方が歴史が古く40年前からあるのに対し、ワイナリーは2000年にできたそうです。
e0208058_21341869.jpg

e0208058_22422485.jpg

ここはビフテキが名物のレストランですが、本日いただくのはランチのセットメニューから「旅人ランチ(3200円)」
これは、ワインや前菜、メイン料理にコーヒーなどがセットになったメニューです。
まずはサラダから。酸味がしっかり効いたサウザンドレッシングがいい味です。イチゴが入ってるのが面白いですね。
e0208058_2245629.jpg

それとパン。添えられているバターやオリーブオイルで食べても美味しいんですが、このパンが後から大活躍することになります。
e0208058_22121091.jpg

「サーモンと生ハム」
塩味がきちんと効いて、熟成された旨味もあり、ワインがすすみますねー
e0208058_2218544.jpg

ここでドリンクを切り替え、「スパークリング ドメーヌQ(600円)」
辛口なので爽やかな喉越しで、料理の邪魔をせず引き立ちます。
e0208058_22215537.jpg

「エスカルゴのブルゴーニュ風」
ニンニクバターがよく効いて、食欲をそそる香りがたまりません。エスカルゴは、とっても柔らかで当然ながらこれもワインに合うんですねぇ
e0208058_2227142.jpg

e0208058_22273010.jpg

エスカルゴを食べた後は、パンが大活躍!残ったソースをパンにたっぷり付けていただくと、間違いない美味しさです。
e0208058_2229083.jpg

次のワインは日本で一番早い新酒?の「ヌーヌーボー(600円)」
これはデラウェアを使ったワインで、ちょっと甘さがあって甘酸っぱい味のワインで飲みやすい。
e0208058_22414638.jpg

ここでメインの「カットステーキ」
いわゆるサシがたくさん入った感じではなく、赤身がしっかりのお肉なんですが、食べてみるととっても柔らかで味が濃い!1センチくらいと厚みもあるので、見た目以上に食べ応えありです。
e0208058_2248390.jpg

e0208058_22481545.jpg

e0208058_22491244.jpg

付け合せの野菜も いろいろあるのですが、特に下に敷いてある玉ネギが肉汁の旨味をふんだんに吸って絶品でした。もちろんこの肉汁もたっぷりパンに付けていただきました。
e0208058_22515420.jpg

e0208058_2252621.jpg

最後はコーヒーも付きます。
e0208058_22545398.jpg

ちょっとずついろいろとワインに合う食べ物が出てくるので、ワインも食事も堪能で来てよかったです。石和温泉でワイナリーというとモンデ酒造とか、マルスワイナリーとかがメジャーかと思うのですが、ドメーヌQもいいワイナリーなので、石和温泉に来られることがあれば、是非どうぞ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 山梨県甲府市桜井町47


by 07takeshi | 2014-09-05 11:30 | 山梨県 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧