<   2015年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

立石 『炙(あぶり)』

東京に戻ってきて最初の投稿は、呑んべの聖地「立石」から。会社終わりに同僚と行ってきたのですが、予想通り、宇ち多゛・鳥房・江戸っ子などの有名店は、いっぱいで入れなかったので、どうしようかとうろうろしているときに気になったお店を発見。それが「炙」。店名だけ聞くと和食屋さんぽいですが、完全に洋のお店で、ジャンルでいうと、バルということになるんだと思います。満席でしたが、ちょうど一組帰るところだったので、ほとんど待たずに座ることができました。
e0208058_17135713.jpg

まずはワインで乾杯します。3人だったのでボトルを入れますが、ボトルは2000円台からあるのでリーズナブル。さすが立石ですね。
e0208058_17174930.jpg

まずはすぐに出てきそうなものから、「ドライフルーツの盛り合わせ(3点@600円)」
イチジクとパイナップルとブドウの3点盛り。ワインのアテに間違いないですよね。
e0208058_17232412.jpg

2品目はその日のおすすめから「古白鶏レアレアレバーの炙り焼き(550円)」
出てきたそれは、キレイな盛り付けで、思いのほかしっかりした量があります。値段が安いので、串焼きのようなものが出てくるのかと思っていたので嬉しい誤算。食べてみると、その名のとおり、トロトロクリーミー。鮮度がいいので臭みも全くなく旨い!これ、この値段でいいのかな。
e0208058_17284431.jpg

e0208058_17285341.jpg

3品目「豚ハラミの炙り焼きネギ塩ダレ(Mサイズ@500円)」
程よい歯応えのハラミに和風なネギ塩ダレがよく合って、ワインもすすむ一品。
e0208058_17325727.jpg

4品目「トリッパの煮込み(500円)」
スープがなみなみ注がれ、出てきたときはシンプルな見た目ですが、底をすくうとトリッパがたっぷり。柔らかく煮込まれていますが、トリッパ特有のグニュッとした歯応えが心地いい。安定の美味しさですね。
e0208058_17364728.jpg

e0208058_1737020.jpg

e0208058_17393633.jpg

たっぷりのスープは別発注したパン(180円@2個)に付けていただきます。
e0208058_1738182.jpg

飛び込みで入ったお店でしたが当たりのお店でした。立石っていうと、もつ焼き屋さんとか煮込み屋さんのように、おじさん御用達なお店が多いですが、ここはお洒落な雰囲気なので、デートなどにも使えそうなお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都葛飾区立石4-25-1


by 07takeshi | 2015-06-24 20:30 | 足立・江東・墨田・葛飾区 | Comments(0)

新千歳空港 『けやき』 oishii

北海道最後の食事は新千歳空港にて。飛行機の出発時刻の2時間くらい前に空港に到着したので飲みながら食事をしようと思っていたのですが、お土産買ったりなんやかんやしてたら、時間があまりなくなってしまったので、サクッとラーメンを食べることにします。空港内には「北海道ラーメン道場」というところがあり、いろんなラーメン屋さんが軒を連ねています。
e0208058_524322.jpg

お店は10店舗ほどありますが、その中から選んだお店は「けやき」。味噌ラーメンが有名な、札幌のラーメン屋さんです。
e0208058_530927.jpg

やはり人気の店なので、ほぼ満席と結構混んでます。
e0208058_530599.jpg

メニューはこんな感じ。
e0208058_5324478.jpg

とりあえずの「生ビール(650円)」
e0208058_5333533.jpg

ラーメンは、一番ノーマルな「味噌ラーメン(870円)」を注文。7~8分ほどで運ばれてきました。デフォルトではチャーシューはのっておらず、頂上に白髪ネギ、あとはモヤシ、キャベツ、ニラ、挽肉などが入っています。
e0208058_5361921.jpg

スープは、さらりとしながらも味噌のコクがと挽肉の旨味がしっかり効いた味。
e0208058_5393719.jpg

麺は黄色い中太の縮れ麺。やっぱり味噌ラーメンにはこの麺の相性が抜群です。適度なコシとモチッとした食感の麺です。
e0208058_5423045.jpg

以前、すすきのの本店で食べたことがあるので、新たな感動があるというわけではないですが、オーソドックスな美味しい札幌の味噌ラーメンなので、お勧めできるお店です。本店は大抵行列しているので、空港で食べる方が、入りやすいと思います。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 千歳市美々987-22新千歳空港ターミナルビル 新千歳空港 国内線ターミナルビル 3F


by 07takeshi | 2015-06-22 20:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

北海道その2(登別温泉)

北海道3日目は友人たちと別行動です。僕は夜9時の便で帰るので、ほぼ1日あるのでちょっと足を延ばし、登別温泉に行ってきました。札幌からは高速バスで約1時間半。登別駅を経由し、そこからは路線バスで15分ほどで登別温泉に到着します。
e0208058_21535766.jpg

到着したのが午後1時くらいだったので、まずはランチ。来る前に色々調べてはいたんですが、どこに行くかは決めかねていました。なので、歩きながらお店を見て決めようということで、メイン通りを歩いていたのですが、ラーメン屋さんくらいしか見つからないまま、温泉街の端っこの方まで来てしまい、どうしようかなと思っていた時に、目に入ったのが滝本インという旅館。そういえばここにレストランがあったなあということで、そこに行くことにします。そのお店は「ポプラ」。喉も乾いて早くビールも飲みたかったので早速入ります。
e0208058_22263043.jpg

店内は広いし天井も高く、ゆったりした造り。これはいいですね。
e0208058_22302616.jpg

まずは「生ビール(600円)」
e0208058_2233261.jpg

ビールをグイッと飲み、メニューを見ます。
e0208058_22342485.jpg

普通にカツカレーかハンバーグでも食べようかなと思ったのですが、ちょっと郷土感を出したかったので、「エスカロップ(800円)」を注文。エスカロップとは根室発祥のB級グルメです。10分ほどで運ばれてきたのがこちら。一般的なエスカロップは、ケチャップライスやバターライスにトンカツがのったものですが、ここのはナポリタンの上にヒレカツがのっていますね。美味しいものの上に、美味しいものがのっているので美味しくないはずがありません。
e0208058_2245754.jpg

e0208058_22514249.jpg

その後は、観光名所の地獄谷へ行きます。
e0208058_22541531.jpg

e0208058_2254466.jpg

あたかも山から湯煙が上がっているようで、なかなかの迫力ですね。
e0208058_2361162.jpg

e0208058_2362398.jpg

少し歩いたところにある大湯沼も、もうもうと湯煙がたって、これも見ごたえあります。
e0208058_2395828.jpg

e0208058_2310107.jpg

ここから目指すのは、先ほどのポプラの店員さんからお勧めされた「天然足湯」。行ってみたら、川が温泉になっていて、気持ちイイ!ここはお勧めです。
e0208058_23161220.jpg

e0208058_23162674.jpg

その後は温泉街に戻り、日帰り入浴をします。巨大なホテル「第一滝本館」。
e0208058_23192791.jpg

日帰り温泉専用の入口まであります。
e0208058_23195438.jpg

値段は2000円なので、そこそこいいお値段です。
e0208058_23204053.jpg

お風呂はこんな感じ。いろんなお風呂がありますね。
e0208058_2322772.jpg

e0208058_23221987.jpg

中は撮影禁止なので、写真はありませんが、かなり広くて大浴場からは地獄谷も目の前に見えて、景色も絶景です。2000円は高いなぁと思ってましたが、納得の価格ですね。因みに中のイメージはこんな感じです。
e0208058_23251247.jpg

その後は、バスの時間まで温泉でゆっくり。やっぱり温泉は癒されますね~


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ
by 07takeshi | 2015-06-22 13:00 | 温泉 | Comments(0)

すすきの 『ラーメン空』

札幌二日目の晩も、昨日に引き続き、飲んだ後ラーメンをします。今日行くのは狸小路から少し脇にある「ラーメン空」。ここも人気店なんですが、たまたま通りがかった時に席が空いたので、すかさず入店。
e0208058_22225333.jpg

メニューはこんな感じ。この中から一番人気の「味噌ラーメン(780円)」を注文。
e0208058_22244942.jpg

5~6分ほどで運ばれてきたラーメンは、見るからに濃厚そうなスープに、チャーシューの上には生姜がたっぷりのっていますね。
e0208058_2227044.jpg

まずはスープから。見た目は濃厚そうに見えたのですが、生姜の味が効いて、意外とさっぱり。でもきちんと味噌のコクもあります。
e0208058_2229681.jpg

麺は札幌味噌ラーメンには定番の黄色い中太麺。コシと弾力がしっかりで、味噌スープによく馴染みます。
e0208058_22323017.jpg

チャーシューは厚みがあり、トロトロで煮汁の味もしっかり沁みています。
e0208058_22371117.jpg

最初見た印象では、味が濃い感じかなと思ったら、生姜が効いてさっぱり。締めにいい感じのラーメンでした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 北海道札幌市中央区南3条西5-20-2


by 07takeshi | 2015-06-20 22:00 | 首都圏以外 | Comments(1)

すすきの 『ふくろう亭』 oishii

北海道二日目の晩は、これも北海道名物のジンギスカンを食べに行きます。行ったお店はすすきのではトップクラスの評判のお店「ふくろう亭」。最寄駅でいうと東本願寺前なので、すすきのからは少し歩いたところになります。
e0208058_17551578.jpg

店内はちょっと面白い造り。テーブル席のみで結構広いです。
e0208058_1759620.jpg

席に腰掛け、とりあえずの「生ビール(500円)」。ここはサッポロクラシックではなく、スーパードライです。瓶ビールならサッポロクラシックもあるようですが。
e0208058_1815549.jpg

テーブルの上には年季の入ったジンギスカン鍋がセットされています。このお鍋を見るとジンギスカンに来たなぁと実感します。
e0208058_1841818.jpg

メニューはこんな感じ。
e0208058_1475023.jpg

まずは「生ラムジンギスカン(850円)」を2人前、「ラムタン(600円)」、「ラムソーセージ(600円)」、「野菜盛り合わせ(400円)」を注文。
来る間はメニュー裏のジンギスカンの美味しい食べ方を見て、予習します。
e0208058_1891396.jpg

すぐに食材が運ばれてきます。ジンギスカン肉は、赤身がキレイで焼く前から美味しそうですねー
e0208058_18105331.jpg

e0208058_1811438.jpg

e0208058_18112060.jpg

それでは早速焼いていきます。まずは鍋全体に牛脂を塗り、周りに野菜を敷き詰め、真ん中にジンギスカン肉を並べます。
e0208058_18171590.jpg

しっかり焼かなくても大丈夫とのことで、両面の色が変わって焼きすぎないくらいで、いただきます。食べてみるとラム肉は、クセや臭みもなくとっても柔らか。タレの味も強すぎないのでちゃんとお肉を味わえます。
e0208058_18244225.jpg

続いてラムタン、ラムソーセージも焼いていきます。
e0208058_18193086.jpg

ラムタンは程よく弾力がありながらも柔らか。ソーセージも安定の旨さ。
e0208058_18215082.jpg

ここで「アスパラ(400円)」やジンギスカン肉を追加発注。どんどん焼いていきます。最終的に鍋の上は、しっちゃかめっちゃか。でもみんなでワイワイやりながらのジンギスカンは美味しいですねー
e0208058_1823946.jpg

e0208058_18232099.jpg

ここで、我慢できなくなり、「ライス(200円)」を発注。めちゃめちゃご飯がすすみます。
e0208058_18262611.jpg

焼肉でもそうですが、お肉が美味しいとどんどん焼いていくので、お酒を飲む暇がありません。なので、お酒はあまり飲みませんでしたが、その分お肉を何回もお替りして、お腹いっぱいです。それで3人で合計1万円くらいとリーズナブル。費用対効果は抜群でした。いつかまた来たいお店でした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】北海道札幌市中央区南八条西5  


by 07takeshi | 2015-06-20 18:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

余市 『柿崎商店』

北海道2日目は、ニッカウヰスキー余市蒸留所へ行きます。連ドラ「マッサン」の影響で、観光客が押し寄せ、お酒がずいぶんなくなってしまったと噂で聞いていたので、どんな状態なのかが心配なところです。まずはランチですが、前回も行った「柿崎商店」で食べます。ドラマも終わってしばらく経っているので、もう落ち着いているかなとも思ったのですが、土曜ということもあり、念のため早めの10時10分頃行ったところ、すでに半分くらい席が埋まっていました。
e0208058_4244247.jpg

今回もお目当てはウニ丼。余市のウニは、だいたい5月下旬頃から解禁されており、6~7月頃が食べごろらしいので、時期としてはいいのかなと思っているのですが、肝心の値段はどうでしょうか。前回来たときは、白ウニ丼にイクラをトッピングして、ウニイクラ丼を食べましたが、今回は前日「はちきょう」で、「つっこめし」を食べてきたので、イクラはやめて、値段次第では、赤ウニ(バフンウニ)と白ウニ(ムラサキウニ)の2色丼にするという暴挙に出ようと考えつつ値段表を見ます。
e0208058_434731.jpg

4410円と2210円かぁ… さすがに6000円越えの丼は未知のゾーンです。でもせっかくだしなぁとか悩んでいたら、意外な結末が… 
なんと、まだオープンして15分くらいなのに、僕の前のお客さんで赤カップウニが売り切れてしまいました… 聞いてみると、この日は赤カップウニが1つしかなかったとのこと。残念だと思いつつも、ちょっとホッとし、第2次案にすることにします。それは「白カップウニ丼(2210円)」に「ホッキ刺し(530円)」と「つぶ刺し(640円)」を頼み、一人で勝手に3色丼にするというもの。まあそれでも3000円超えなので、十分贅沢ですが。レシートと番号札を受け取りテーブル席に腰掛けます。
e0208058_4433793.jpg

待つこと7~8分くらいでしょうか。番号が呼ばれ、丼が運ばれてきます。3品載っているので、なかなか豪華な見た目ですね。
e0208058_4451369.jpg

ウニは粒がたってとっても美味しそう。見た目には折りのウニとそんなに変わらないように見えますが、お箸でつまむとその差は歴然。カップウニは身をそのまま塩水に浸けているだけなので、お箸でつまむのが難しいほどトロトロです。
e0208058_4481232.jpg

ホッキ貝とツブ貝も鮮度がいいので艶々。これもとっても美味しそう。
e0208058_451497.jpg

e0208058_4511870.jpg

早速、3色丼の製作に取り掛かります。ウニの身を崩さないように慎重に端に寄せ、貝を配置していきます。そして出来上がったのがこちら!
e0208058_453915.jpg

e0208058_4532048.jpg

オリジナル丼ですが、とっても美味しそうです。それでは早速ウニからいきます。口に含むと、スッととろけるクリーミーな食感に、ウニの甘みがブワッと広がります。至福の時ですねぇ。ツブ貝は、コリコリの食感がすごくイイ!ホッキはしっとり柔らかいけど、適度に弾力があり、両方ともしっかりした旨味が感じられます。
e0208058_4575865.jpg

因みにこちらは同行者が頼んだ「ホッケ定食(640円)」のホッケ。一口いただきましたが、大ぶり肉厚でホックホク。とても美味しかったです。
e0208058_534398.jpg

30分ほど滞在し、11時頃お店を出た時には、階段下まで行列ができていました。さすがの人気ですね。駅からもすぐですし、便利で美味しいので、余市に来られる際には是非どうぞ。誰か僕の代わりに赤ウニと白ウニの2食丼をやってみてください。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 北海道余市郡余市町黒川町7-25


by 07takeshi | 2015-06-20 10:10 | 首都圏以外 | Comments(0)

すすきの 『豚ソバFuji屋』

旅に出ているときは、普段は禁止している飲んだ後ラーメンを解禁します。本日の締めで行ったお店は人気のラーメン屋さん「豚ソバFuji屋」。人気のお店なので、並んでいることも多いみたいですが、たまたまタイミングが良かったのか、3人でしたが、ほぼ待たずに入ることができました。
e0208058_2112491.jpg

メニューはこんな感じ。味噌・醤油につけ麺がありますね。
e0208058_212262.jpg

注文するのは、メニューにおすすめとある「味噌ラァメン+味玉(900円)」。7~8分ほど待って、運ばれてきました。白っぽい味噌スープに味玉の黄色とネギの緑が映えますね。
e0208058_21213414.jpg

まずはスープをいただきます。味噌ラーメンなんですが、スープは豚骨ベースで、それに味噌タレを合わせています。味噌は白みそっぽく甘みを感じます。途中、真ん中に添えられている肉味噌団子を溶かすと、生姜の味が広がります。
e0208058_21314392.jpg

麺は中太の縮れ麺。コシもあってモチモチの食感です。
e0208058_21331741.jpg

味玉はトロ~り柔らかく、ちょうどいい仕上がりです。
e0208058_21375712.jpg

チャーシューは大ぶりなものが一枚。ホロリと崩れる柔らかさ。炙ってあるのでとっても香ばしい。
e0208058_21401511.jpg

いわゆる札幌の味噌ラーメンではなく、新ジャンルの味噌ラーメンっていう感じでしょうか。スープの美味しさが印象的なラーメンでした。人気なのが分かります。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 北海道札幌市中央区南4条西3丁目


by 07takeshi | 2015-06-19 22:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

すすきの 『はちきょう 別邸おふくろ』

北海道初日の晩御飯は、人気の海鮮居酒屋「はちきょう」へ行きます。お店は本店の他に同じ建物内に支店が二つあり、本店は予約が取れなかったので支店の「別邸おふくろ」へ行きます。
e0208058_19561085.jpg

これまでの北海道旅行は基本一人だったのですが、今回は友人2人と来ているので色々頼めます。それに後程紹介するここの名物料理は一人では頼めませんからね。
まずはビール。もちろん北海道のビールといえば、「サッポロクラシック(600円)」
e0208058_20165811.jpg

「はちきょう流じゃがバター(890円)」
これは、じゃがいもをたらこバターとチーズで焼き上げ、右に添えられているのは鮭の切り込みです。ホクホクのじゃがいもにトロ~りチーズがよく絡み、鮭の切り込みのしょっぱさがビールによく合います。
e0208058_20334732.jpg

e0208058_2034115.jpg

e0208058_20343593.jpg

「活タコザンギ(790円)」
衣は薄めながら味はしっかり。活タコなので、タコの食感もしっかりしていてこれもビールに鉄板です。
e0208058_20413437.jpg

ここで日本酒に切り替えたので、それに合いそうな「ニシンの切り込み(590円)」
塩麹がトロリとして甘じょっぱくて日本酒がすすみます。ニシンは弾力がしっかりでまるでイカみたい。
e0208058_2057913.jpg

「刺身ずっぱり盛り(8点盛り@2190円)」
内容は入荷次第とのことなので、日によって変わるのでしょうか。甘海老にニシンやサーモン、マグロなど8種の刺身を5種の違った醤油でいただきます。鮮度がいいので旨いです!
e0208058_21264840.jpg

e0208058_2127641.jpg

e0208058_21272491.jpg

締めはもちろん名物の「つっこめし(1990円)」。これを食べたい(見たい)がために、ここに来たかったといっても過言でありません。ここに来た多くのお客さんが頼む このお店の名物料理です。
最初は白米だけ運ばれてきて、そこからがショーの始まりです。これは百聞は一見にしかずということで、動画も用意しましたので様子はそれをご覧ください。
まずはこれが、before
e0208058_19245327.jpg

そして、after
e0208058_19262636.jpg

e0208058_19264456.jpg

これに店員さんおすすめの「ギンナンソウの味噌汁」も一緒にいただきます。ギンナンソウって初めて食べましたが、肉厚でキクラゲのような食感で美味しかったです。
e0208058_21522825.jpg

「つっこめし」がどういうものかは動画をどうぞ


いやぁ、生でつっこめしが見られて満足です。もちろん演出だけじゃなくて、イクラ自体もとっても美味しいですよ。全体的に値段はちょっと高めかなという感じはありますが、味はどの料理も間違いないので、すすきので美味しい海鮮食べたいときはお勧めのお店です。人気店なので、行かれる際には予約を忘れずに。

よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ

【住所】 北海道札幌市中央区南3条西3 都ビル2階


by 07takeshi | 2015-06-19 20:10 | 首都圏以外 | Comments(0)

すすきの 『Samurai(サムライ)』

札幌に到着したのが午後2時頃で、まだお昼ご飯を食べていないので、ランチに行きます。向かうのはスープカレーのお店「サムライ」。札幌出身の知人から紹介されたお店です。
e0208058_8471622.jpg

すすきのから少し歩いたところにあるお店は、ビルの2階、3階にあります。2階がキッチンとカウンター席で、おそらく3階がテーブル席になっていると思われます。一人だったので2階のカウンター席に案内され、まずはメニューを見ます。
e0208058_8495143.jpg

初めて来たお店なので、一押しだと思われるメニュー1番上の「チキンと一日分の野菜20品目(1450円)」のカレーと、もちろん「生ビール(550円)」も注文します。カレーは、スープの種類、辛さ、ご飯の量を指定します。レギュラースープ、4辛、Mサイズ(180g)でお願いしました。
e0208058_856473.jpg

まずはビールが運ばれてきます。久しぶりの「サッポロクラシック」。やっぱり北海道に来たらこれですよね。
e0208058_857197.jpg

10分ほど待って、カレーが運ばれてきました。彩りがキレイですねー
e0208058_8575548.jpg

e0208058_858333.jpg

まずは一口。特徴的なのは、ややトロみがあるところ。一般的なスープカレーはコンソメスープくらいのサラサラした感じですが、ここのはポタージュスープくらいのとろみがあります。辛さの4辛は、いわゆる辛口で、食べ進むと汗が出てくるくらいで、心地いい辛み。とろみがある分普通のスープカレーより濃厚に感じられます。
e0208058_93152.jpg

具は名前のとおり野菜がたっぷり。キャベツ・ニンジン・ジャガイモ・かぼちゃ・キクラゲ・ゴボウ・なす・ピーマン・ブロッコリー・レンコン・パプリカ・大豆・トマト・ヤングコーン・大根・オクラ・タケノコ・タマネギ・カイワレ大根など数えられないくらい。しかもゴロッと比較的大ぶりなので、ものすごい野菜の量で、とってもヘルシー。
e0208058_975641.jpg

チキンはそんなに大きくはないのですが、肉厚なので食べ応えあり。「パリパリ」と「柔らか」が選べるのですが、パリパリを選択。皮目が香ばしく、でも肉はスプーンでほぐれる柔らかさで旨い!
e0208058_9101975.jpg

見た感じは結構量が多いなと思ったのですが、野菜がメインなので、気付けば余裕で完食。とっても美味しかったです。さすが口コミ情報ですね。駅からも割と近いので、僕のお気に入りのスープカレー屋さん、「スアゲ」共々、お勧めできるお店です。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 札幌市中央区南3条西6丁目1-3


by 07takeshi | 2015-06-19 14:30 | 首都圏以外 | Comments(0)

北海道その1(札幌~余市)

有給を取り、週末を利用して北海道へ行ってきました。食べたものは個別の記事で紹介するので、ここではそれ以外の主に観光したところについて紹介します。
札幌には午後2時頃に到着。まずは「サムライ」でスープカレーを食べ、夜はすすきのに繰り出します。
e0208058_16111062.jpg

友人たちと8時に海鮮居酒屋「はちきょう」で待ち合わせをしており、それまで少し時間があるので、バーで飲むことにします。行ったのは、バー山崎出身の女性バーテンダーのお店「バーねもと」。
e0208058_1612484.jpg

まずは色のきれいなカクテルをと思い、「ジャックローズ」から。
e0208058_16133084.jpg

2杯目にサイドカーを挟み、締めはフルーツカクテルから、「スイカのカクテル」。ちょっとジャックローズと色がかぶってしまいましたが、ジンと合わせてマティーニ風。まさにスイカの味で添えられた塩と合い、美味しかったです。
e0208058_16154837.jpg

その後は友人たちと合流し、海鮮食ったりラーメン食べたりして夜は更けていきました…

二日目は朝から余市へ行きます。余市と言えばNHKの連ドラ「マッサン」で有名になりましたが、ニッカウヰスキーの蒸留所があるところです。札幌からだと小樽を経由し、1時間かからないくらいなので、札幌からは比較的行きやすい立地です。余市に到着し、まずは「柿崎商店」で、ウニ丼を食べ、その後余市蒸留所へ向かいます。余市は蒸留所としては珍しく、駅からすぐなので行きやすいです。
e0208058_1623035.jpg

ドラマも終わってしばらく経ってますが、やはりまだ影響があるのか、前回来たときはガラガラだったのに、見物客がいっぱいいました。
e0208058_16261386.jpg

13時から工場見学ツアーを申し込んでいるのですが、2時間くらいあるので、時間をつぶそうとまずは売店に向かうと、お客さんがいっぱいで、レジは長蛇の列。お酒も前は原酒が5年、10年、15年、20年、25年となっていたのが、1980`S、1990`S、2000`Sとなってしまっておりました。やっぱり原酒が売れて、相当減ってしまったんでしょうね。シングルモルトの余市も、ノンエイジのものしか売ってませんでした。とりあえず買うものもないので売店を後にし、有料試飲ができるウイスキー博物館へ行きます。
e0208058_16391320.jpg

因みに写りこんでいるのは同行者の友人です。ここでは先ほど売店で見た、余市のモルト原酒、「2000`S(400円)」、「1990`S(700円)」、「1980`S(1500円)」を飲みます。どれも50度超えのアルコールなので、ガツンとくる飲み応えですが、年数が経つほどカドがとれてまろやかになります。特に1980`Sはピートが効いてスモーキー。好みの味でした。
e0208058_18151792.jpg

e0208058_18152914.jpg

その後は工場見学ツアーに参加します。
e0208058_18545912.jpg

蒸留するポットスチル
e0208058_18554457.jpg

これは蒸留するのに使う石炭。今はスチーム蒸留が主流なので、石炭蒸留しているのは世界でも珍しいと思います。
e0208058_1902832.jpg

途中、ウイスキー博物館で昔のお酒などを見ます。マッサンでも出てきた、リンゴ汁などもあります。
e0208058_1931712.jpg

第1号ウイスキーも展示されています。展示用のものかなと思ったら、なんと本物なんだそう。減っているのは飲んだからですかね。もちろん蒸発もしているんでしょうけど。
e0208058_1954237.jpg

最後はお待ちかねの無料試飲。ここではアップルワイン、スーパーニッカとなんと、余市の10年が飲めます。これは貴重ですね。
e0208058_1991023.jpg

試飲会場も、ババ混みです。前来た時はガラガラだったのに、テレビの影響はすごいですね。
e0208058_19103787.jpg

e0208058_1911587.jpg

e0208058_19161363.jpg

その後、札幌に戻ったのですが、電車が1時間に1本あるかないかくらいなのに、1両で来るもんだから、朝のラッシュのように激混みでした。車両増やすことできないのかな。

その2に続く
by 07takeshi | 2015-06-19 12:00 | 旅行記 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧