<   2015年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

天王洲アイル 『T.Y.HARBOR RIVER LOUNGE ( ティー・ワイ・ハーバー リバーラウンジ)』

今日はデートで天王洲アイルにてディナー。行ったお店は「TYハーバー リバーラウンジ」。有名なのは、ビールを醸造しているレストラン「TYハーバーブルワリー」かと思いますが、ラウンジは、その目の前の運河に浮かんでいる食事ができるバーで、以前は「ウォーターライン」という名前でした。
e0208058_8273113.jpg

正面からだと分かりづらいですが、ラウンジはこういう状態になっています。船っぽいですよね。とはいえ 杭で固定されているので、横揺れはなく、ほぼ感じないくらいに上下に揺れる程度なので、船酔いするようなことはありません。
e0208058_8302563.jpg

店内は落ち着いた雰囲気で、テーブル席がメインですが、テラス席やバーカウンターなんかもあります。あらかじめ予約していたので、運河沿いの窓に向かって座るカップルシートに案内されます。目の前には運河が見え雰囲気抜群です。
e0208058_8392377.jpg

ここではブルワリーで醸造しているビールを飲むことができます。ということで、一杯目は「アンバーエール(880円)」
通常のビールより濃い琥珀色がキレイ。見た目の印象とは裏腹に、苦みも弱めですっきり飲みやすいビール。
e0208058_845514.jpg

料理一品目は野菜系から「グリルした季節野菜のサラダ(1800円)」
ホウレン草や水菜などの葉物に、グリルしたカボチャ、カリフラワー、パプリカ、ズッキーニなどがたっぷり。かかっているハーブバターミルクドレッシングは酸味控えめでコクがあり、野菜の味を引き立てています。
e0208058_8505233.jpg

e0208058_8512244.jpg

二品目「ムール貝とハマグリのクラフトビール蒸し(1800円)」
ムール貝、ハマグリ合わせて10個以上あるくらいで、これもボリューム満点。ビールで蒸しているからか、身がふっくらしています。貝の旨味とバターのコクが効いた汁も絶品です。
e0208058_8545193.jpg

e0208058_855158.jpg

メイン料理は魚から、「真鯛のグリル フェンネルとパンチェッタのソテー(3200円)」
写真では分かりづらいですが、鯛の身はかなり大ぶりで肉厚。淡泊だけど旨味がしっかりの身は、かけられている柚子バターソースとの相性が抜群!添えられているパイ生地のサクッとした歯応えもいいアクセントになっています。
e0208058_903428.jpg

e0208058_904758.jpg

値段はそれなりにしますが、全体的にボリュームがあるので、2人だったらこれくらいで十分。一品が2人前くらいだと考えれば、CPは悪くないと思います。それに何よりも、窓際の席は景色が良くて雰囲気抜群なので、すごくお勧めです。

食後は、目の前に見えている橋を渡り、運河沿いの公園を歩いて帰ります。最寄駅は天王洲アイルですが、20分ほど歩けば品川駅にも行けます。この橋は「ふれあい橋」といって、よくドラマの撮影などにも使われる有名な橋だそうです。確かに橋自体は鉄骨むき出しで無骨な感じですけど、照明の加減が いい雰囲気を醸し出してますね。
e0208058_97687.jpg

e0208058_971559.jpg

やっぱり水辺での夜景は綺麗ですね。雰囲気も良くて レストラン、橋、親水公園共々いいところでした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都品川区 東品川2−1


by 07takeshi | 2015-10-31 21:00 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)

中野 『ツイテル』

今日は友人たちとの食事会。前から行ってみたかった熟成肉のお店に行きます。人気のお店だから早めに予約しなければいけないとか、テーブル席しかないので、一人では行きにくいとか、いろいろあって、ずっと宿題店だったお店です。
e0208058_20413652.jpg

店内に入るとまず目に飛び込んでくるのは、貯蔵庫に入った大量の熟成肉!既に食べごろのものとか、まだ熟成中のものとか、いろいろあって見てるだけでテンションも上がりますねー
e0208058_20453319.jpg

e0208058_20454814.jpg

平日の月曜に行きましたが、かなり広い店内は満席です。さすがの人気ですね。まずは「生ビール(サッポロ@480円)」で乾杯し、フードは軽めなものから、ピクルスとポテトサラダを頼みます。(写真は撮り忘れ)
それからお楽しみの熟成肉は、「熟成20日 群馬県 交雑牛(黒毛和牛×ホルスタイン)のトウガラシ&秋田県 黒毛和牛のウデ 炭焼き盛り合わせ(150g@1980円)」
トウガラシというのは肩から腕にかけての部位で一頭からあまり取れない希少部位だそう。食べてみると赤身の旨味がしっかり。ウデはこれも赤身の味が濃厚です。
e0208058_21304890.jpg

次の熟成肉は「熟成30日 北海道 十勝ハーブ牛 (黒毛和牛×ホルスタイン)ランイチ炭焼き(150g@2080円)」
ランイチというとあまり聞きなれないですが、ランプとかイチボというと、聞いたことありますよね。平たく言うとお尻の肉で、ここも赤身がしっかり味わえる部位です。柔らかくて、熟成されているので旨味が濃いですねー
e0208058_21372181.jpg

「熟成30日 熊本県 ブラックビーフ(黒毛和牛×アンガス牛) 外モモ炭焼き(150g@2280円)」
食べる順番を間違ってしまった感がありますが、これはランイチに比べると、ちょっと歯応えがしっかりしすぎるかな。肉自体の旨味はきちんとあって美味しいのですが、柔らかいランイチの後だとちょっと硬く感じてしまいますね。
e0208058_21414677.jpg

「エビと野菜のアヒージョ(600円)」
オリーブオイルの香りがいいですねー。エビもプリッとして、一緒に頼んだバケットに付けていただくと旨い!
e0208058_2144138.jpg

「アンチョビポテト(480円)」
これは鉄板な一品ですよね。カリッと揚がったポテトにガーリックの風味が効いていて美味しい。
e0208058_21475775.jpg

焼肉とかだとサシが入ったお肉が好きなんですけど、やっぱり熟成肉は、旨味が凝縮されるから、赤身が美味しいですね。焼肉のカルビとかだとカロリーが高いうえに、ライスまで食べてしまうので、カロリー過多になりがちですが、熟成肉はライスを食べてしまわないので、ヘルシーですよね。また来たいです。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中野区中野5-36-5


by 07takeshi | 2015-10-26 19:00 | 中野区 | Comments(0)

秩父 『BAR Te・Airigh (チェアリー)』

夕食を食べた後は、お楽しみのイチローズモルトを飲みに行きます。行ったお店は、事前に調べた「バーチェアリー」。ネットで調べた限りでは、イチローズモルトが色々あるらしいのですが、どんな感じなんでしょうか。因みに秩父にはイチローズモルトの蒸留所があるんです。
e0208058_20365434.jpg

店内は結構広くカウンターで10席以上はありそうです。席に腰掛けバックバーを見ると、お目当てのイチローズモルトがいっぱいあってテンションが上がります。
e0208058_20491620.jpg

まずは「ダブルディスティラリーズ」
これは秩父と羽生のモルトを合わせたタイプ。程よいピートと飲んだ後に甘さの余韻が残ります。
e0208058_20525943.jpg

2杯目はラベルが特別なデザインなもの。どういうものか説明を聞いたのですが忘れてしまいました…
e0208058_2183687.jpg

スモーキーなのが好きというリクエストから、3杯目「ザ. ピーテッド カスクストレングス」
説明通りスモーキーで、パンチのある味。アルコール度数は62.5%もありますが、思いの外 スッと飲めちゃいます。
このウイスキーに限らずですが、イチローズモルトのすごいところは、基本的に熟成期間は短いのにもかかわらず、しっかり熟成感が出ているところ。どうやって作ってるんだろう?
e0208058_21174418.jpg

スモーキーなイチローズモルトをもう一杯。「シングルカスク ピーテッド」
これも貴重なボトル。イチローズモルト自体なかなか手に入らないのに、その中でも希少なので、心して飲まないとダメですね。スモークベーコンを思わせる熟成の効いたピートが豊潤で旨い!
e0208058_21214586.jpg

イチローズモルト以外にも飲みたいウイスキーがいっぱいあったので、ここからは違うウイスキーを。まずは非常に珍しいものから。「アードベック パーペチューム」の蒸留所限定バージョン。これは蒸留所でしか買えないウイスキーなので貴重です。確か2000円くらいだったと思うのですが、それでも安いくらいじゃないですかね。これもスモーキーなタイプですけど、それだけじゃなくてほんのり甘さもあったりして深い味です。
e0208058_21411573.jpg

締めもスモーキータイプから「余市 ヘビリーピーテッド」
これは分かりやすいガツンとくるスモーキーフレーバーで、とても好きな味と香りです。
e0208058_21443282.jpg

因みにこんなのもありました。一杯6万円だそうです。まあ定価で1本100万円ですからね。1杯は無理なので、せめて一口2000円くらいでもいいので飲んでみたいですね。
e0208058_21475510.jpg

今日飲んだお酒たち。こんなウイスキーをこれだけ飲んで、チャージ込みで9000円代だったと思います。普通に考えたら高いように感じるかもしれませんが、ウイスキー好きな方なら、むしろ安いくらいだというのが分かると思います。どれもアルコール度数高めのものばかりなので、相当酔ってしまいました。この後旅館に戻ったのですが、翌朝カメラの画像を見たら、記憶に全くないけどラーメン食ってました。
e0208058_21491180.jpg

いろいろ魅力的なウイスキーがあって、とても一回来ただけでは飲みきれないです。ウイスキーだけではなくて、ビールもこだわっているようなので、今度来たらビールも飲んでみたいです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 埼玉県秩父市宮側町8−4


by 07takeshi | 2015-10-23 19:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

秩父 『ばりんち』

秩父の夜はホルモンを食べに行きます。高砂ホルモンというお店が有名らしいのですが、非常に混んでいるらしいので、そこは諦めネットで調べて見つけたお店に行きます。行ったお店は秩父駅の近くにあるホルモン屋 「ばりんち」。
e0208058_8473485.jpg

お店は2階建てですが、2階は使っていないようなので、1階のみだとするとキャパ10人程度のこじんまりしたお店です。2人テーブルに腰掛け、まずは「生ビール(580円)」
e0208058_8575913.jpg

メニューはこんな感じ。安いですね。
e0208058_8585557.jpg

肉はまず「シロ(290円)」から。シロは大腸のことですが、色が白いからシロっていうんですかね。網で炙るとプクッとしてジューシー!
e0208058_914315.jpg

続いて「カシラ(390円)」。これはホホ肉。本来 結構しっかりした歯応えのある部位ですが、ここのはとても柔らかかったです。
e0208058_9174784.jpg

e0208058_918632.jpg

e0208058_9181837.jpg

「ハツ(350円)」。すごく肉厚でボリューミー。鮮度がいいのか、艶々でプリッとしています。
e0208058_921839.jpg

「タン(390円)」。これもかなり分厚くカットされています。柔らかいけどタン特有のしっかりした食感で、食べ応えありますね。
e0208058_9223945.jpg

e0208058_923255.jpg

ホントはもっと食べたかったのですが、一人なのでこれで限界。リーズナブルなのに一皿がけっこうしっかりした量があるので、CPが高くていいお店でした。この後は、楽しみにしていたイチローズモルトを飲みに、この近くにあるバー「チェアリー」に向かいます。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 埼玉県秩父市宮側町7-6


by 07takeshi | 2015-10-23 18:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

秩父 『パリー食堂』 oishii

秩父に到着したのが12時頃だったので、すぐにお昼を食べに行きます。あらかじめここに行こうと決めていたお店があります。それはレトロなレストラン、「パリー食堂」。最寄駅は「西武秩父」駅と秩父鉄道「秩父」駅の間にある「御花畑」駅になりますが、西武秩父からも5~6分くらいで行けます。
レトロな石畳の街道を歩いていると見えてきました。すごい趣のある建物ですねー
e0208058_2285686.jpg

e0208058_22115883.jpg

この建物は「登録有形文化財」に指定されているそうです。
e0208058_22131395.jpg

店内もレトロ感満載で、いい感じ。単に古いだけでは、なかなかこういう雰囲気は出ませんからね。
e0208058_2222121.jpg

メニューはこんな感じ。典型的な大衆食堂のメニューです。
e0208058_22231596.jpg

e0208058_22232536.jpg

この中から頼んだのは、「オムライス(700円)」。注文が入ってからお店のおじさんが作っていきます。7~8分くらい待って運ばれてきました。おー 薄焼き卵で包まれた昔ながらの王道なオムライス。いい意味で、まったく洗練されていなくて、素朴な雰囲気がたまりません。最近はお洒落なオムライスも多いですが、それだとお上品に食べなきゃいけない気がして、ガツガツ食えないですからね。
e0208058_22322460.jpg

e0208058_22374126.jpg

早速いただいてみると、シャッキリ感の残る玉ネギと、サイコロ状のチキンが結構たっぷり入っていて、ケチャップ味も懐かしい定番な味。
e0208058_22513253.jpg

付け合わせのポテトサラダもきちんと旨い!それにバナナと大ぶりなメロンも付いています。
e0208058_6105727.jpg

建物・雰囲気・メニューなど、どれをとっても趣がある、いいお店でした。駅からも近くなので、秩父に来られる際には是非どうぞ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 埼玉県秩父市番場町19-8


by 07takeshi | 2015-10-23 12:15 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

秩父 『比与志』

週末を利用して、秩父に行ってきました。結構遠いイメージがあったのですが、レッドアローに乗ると、池袋から80分くらい、金額も1500円くらいなので、気軽に行けるんですね。朝10時半池袋発のレッドアローに乗るのですが、喉が渇いていたので、お茶を買ったつもりが あれっ…
e0208058_12542477.jpg

レッドアローは、座席がゆったりした造りになっていて、余裕をもって足を延ばせます。
e0208058_12591573.jpg

そして秩父に到着~ 西武秩父駅に隣接して仲見世通りがあり、そこにお土産屋さんとか飲食店が並んでいるので、観光客はこの辺りでご飯を食べてる方が多かったです。僕はあらかじめランチをするお店を決めていたので、仲見世通りを抜けてそのお店を目指します。そのお店はレトロな食堂「パリー食堂」。そこは別記事で紹介します。
e0208058_1346203.jpg

e0208058_13463039.jpg

食後はチェックインの15時まで、街を散策したり、旅館近くの羊山公園をぶらぶらしました。今宵泊まる宿は、「比与志」。西武秩父駅から徒歩10分くらい、羊山公園のすぐ脇にある客室数7室の小さな旅館です。
e0208058_15777.jpg

エントランスから入ると、玄関脇には槇ストーブがあり、火が焚かれています。やっぱり山間だから夜は冷えるんでしょうね。
e0208058_1523241.jpg

e0208058_15231372.jpg

これは、共用のレストルーム。
e0208058_1538438.jpg

共用の洗面所
e0208058_1544538.jpg

共用の男子トイレ
e0208058_15454611.jpg

e0208058_15455832.jpg

廊下
e0208058_1548811.jpg

因みに本日は、一人で宿泊、一泊朝食付き、8154円のプランです。宿泊するお部屋は、シャワー・トイレ付の7.5畳の和室です。
e0208058_15572341.jpg

e0208058_15574618.jpg

e0208058_15575667.jpg

全体的に内装は新しく綺麗な感じで、小物もお洒落だったりして、女性を意識しているような感じです。
e0208058_1645937.jpg

e0208058_165961.jpg

お風呂は、特に温泉の記載がなかったので、おそらく温泉ではないと思うのですが、大小二つの内湯になっていて、貸切で空いていれば入れるシステムになっています。
まずは大きい内湯
e0208058_1690100.jpg

e0208058_1691195.jpg

小さい内湯
e0208058_1610213.jpg

e0208058_16101421.jpg

チェックインしてからは、まずは二つのお風呂に入り、それからお部屋でゴロゴロし、ちょっと早めの5時半ころから食事&飲みに行きますが、それは別記事で紹介します。

翌朝は朝食から。宿自慢の朝食はこんな感じ。ちょっとずついろいろあって、ご飯がいっぱい食べられそうです。
e0208058_16281912.jpg

ご飯は、おひつで出てきます。お米は地元のブランド米「キヌヒカリ」
e0208058_16322592.jpg

e0208058_1632406.jpg

お味噌汁は、おおきなナメコが入ったナメコ汁。
e0208058_16334171.jpg

温かい手作り豆腐は、軽く塩を振っていただきますが、大豆の甘みがしっかり感じられます。
e0208058_1635658.jpg

卵黄の味噌漬けも、ご飯がすすみまくりで、これで一膳いけそうなくらいです。
e0208058_16361041.jpg

ご飯がすすむので、朝から結構がっつり食べてしまいましたが、それだけ美味しい朝食でした。食後はレストルームに移動してコーヒーをいただきます。優雅な気分になりますね。
e0208058_16385013.jpg

チェックアウトの後、向かうのは西武秩父の隣駅、「横瀬」にある日帰り温泉施設の武甲温泉。時間があったので、宿から30~40分ほど歩いていきました。
e0208058_16433544.jpg

e0208058_16434639.jpg

料金は平日が700円、土日が800円で、それで1日利用ができます。お風呂は男女別で大きな内湯と露天がありますが、朝から結構人がいたので、写真は撮れませんでした。お風呂も広いので、ゆったりできますし、無料の休憩所や食堂もあるので、時間もつぶせそうな感じです。
e0208058_1646491.jpg

e0208058_1647010.jpg

その後は横瀬駅からレッドアローに乗って帰りました。一泊と短い旅でしたが、いい気分転換になりました。
e0208058_16493435.jpg



よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【比与志】 埼玉県秩父市野坂町2-8-34


by 07takeshi | 2015-10-23 12:00 | 温泉 | Comments(0)

新宿 『すごい煮干ラーメン 凪(なぎ)』

イーグルを後にし、だいぶ酔っていたこともあって、ラーメンを食べに行ってしまいました。行ったのは、新宿ゴールデン街にある「凪」。すごい煮干の効いたラーメンが評判のお店です。
e0208058_22165194.jpg

お店は2階にあり、急勾配な階段を上り、まずは食券を買います。注文するのは、その名も「すごい煮干ラーメン(820円)」+「味玉(100円)」。食券を店員さんに渡し、唯一空いていた窓際のカウンター席に腰掛けます。待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、煮干しの香りもすごいっていうか、まんまの煮干しがスープに入っています。
e0208058_23135958.jpg

e0208058_23233555.jpg

まずはスープから。匂いから想像ができますが、飲んでみるとガツンとくるパンチの効いた煮干し感!それもそのはず、ラーメン一杯に、50g以上の煮干しを使っているとのこと。
e0208058_23212943.jpg

麺はややウェーブがかった太い平打ち麺。もちっとしてスープの個性に負けない存在感があります。
e0208058_2323317.jpg

面白いのは、一本だけ幅のひろいビロビロの”いったん麺”が入っているところ。なぜ入っているかは謎でした。
e0208058_23303075.jpg

味玉は、黄身が概ね固まった状態。昔ながらな雰囲気のラーメンには、こう言う感じがよく合います。
e0208058_23322125.jpg

評判通りの美味しいラーメンでした。ただ、パンチがあるので、煮干し系の香りが苦手な人は全然だめだとおもいます。だけど日本人は煮干しのお出汁の風味ってみんな好きですよね。だから、結構クセはあるけど、意外と万人受けするラーメンなのかもしれません。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都新宿区歌舞伎町1-1-10


by 07takeshi | 2015-10-21 21:00 | 新宿区 | Comments(0)

新宿 『イーグル』

今日は新宿で打ち合わせ。夕方6時くらいには帰れたので、新宿で飲もうと向かったお店は「イーグル」。アルタの裏あたりにある老舗のバーです。
e0208058_23244110.jpg

お店は地下1階と2階にあるのですが、地下1階のカウンター席に案内され、とりあえずビールではなく、ウイスキーのソーダ割りを頼みます。というのも、ここはウイスキーが安いから。すべてのウイスキーではありませんが、安く飲めるウイスキーが10種類くらいあり、バランタインやアーリータイムスなどは250円です。最初に頼んだのは「ローヤル(12年@380円)」
普段は飲まないウイスキーですが、昔 親が飲んでいたりしたので、なんだか懐かしい感じがします。
e0208058_23313816.jpg

フードはちょっと奮発し、「ステーキサンド(1950円)」を注文。出てくるまでに、しばらく時間がかかるので、その間にお替り「オールド(330円)」の水割り。これも安い!そして15分くらいでステーキサンドが登場。断面が見える盛り付けで美味しそうです。さっそくかぶりつくと、トーストしているのでサクッといい歯応え。お肉もビフテキって感じの懐かしい味で、シャキシャキのレタスもいいアクセントになっています。
e0208058_23373237.jpg

e0208058_23391940.jpg

e0208058_23401342.jpg

その後は、「山崎(ノンエイジ@630円)」や「ラフロイグ(クォーターカスク@540円)」などをストレートでいただきました。
e0208058_23423692.jpg

新宿のど真ん中にありながら、格安でウイスキーが飲めるいいお店です。店内の雰囲気も天井がすごく高く、シャンデリアなんかがぶら下がっていたりして、ゴージャスな雰囲気です。お洒落な感じという訳ではないのですが、なんというか老舗の風格があり、でも堅苦しいことも全然ないので、バーの初心者でも十分楽しめるお店だと思います。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都新宿区新宿3-24-11


by 07takeshi | 2015-10-21 18:00 | 新宿区 | Comments(0)

池袋 『えんざ』

今日は地元大阪の友人たちとの飲み会。会場となったのは池袋にある居酒屋「えんざ」。何年か前に一度行ったことがあり、その時の印象が良かったので、また来ようと思いながらも、久々の訪問になってしまいました。
e0208058_1363148.jpg

店内は満席で、多くのお客さんで賑わっています。すごいのはその大半がおやじなところ。いい意味で大衆的な雰囲気が満載です。まずは、とりあえず「生ビール(500円)」で乾杯します。
e0208058_13142148.jpg

一品目「ポテトサラダ(400円)」
なんというか 昔ながらの懐かしい素朴な味わいで、旨い。
e0208058_13272994.jpg

二品目「だし巻き玉子焼き(500円)」
甘くなくて、出汁が効いていて、好きな味です。
e0208058_13292759.jpg

三品目「焼鳥盛り合わせ(720円)」
皮・砂肝・レバー・やげん・ももねぎの盛り合わせ。焼き加減もいいし、居酒屋の焼鳥としてはいいレベルだと思います。
e0208058_1334341.jpg

四品目「おまかせ刺身3点盛り(1280円)」
海鮮居酒屋という訳でもないと思うのですが、厚く切られた刺身は鮮度が良くて美味しい。
e0208058_1341983.jpg

e0208058_13411977.jpg

e0208058_13412812.jpg

五品目「霜降り馬刺し(680円)」
その名のとおりサシがしっかり入っています。柔らかいけど程よく歯ごたえもあって、赤身の旨味もたっぷり。
e0208058_1345915.jpg

六品目「モツ煮込み(480円)」
ここの名物の一品。タレはさらりとしながらも深い味。モツはとっても柔らかく煮込まれています。
e0208058_13495381.jpg

七品目「松茸バターホイル焼き(630円)」
値段的に海外産だと思いますが、結構しっかりした松茸の香りがあります。シャクッとした歯応えもいい感じ。
e0208058_1353233.jpg

八品目「鉄板ナポリタン(690円)」
鉄板に太麺のナポリタンがたっぷり。食べてみるとケチャップ味が全開で、まさにB級なんですが止まらなくなります。
e0208058_13574383.jpg

e0208058_13575622.jpg

締めは「シジミ汁(180円)」
飲んだ後はやっぱりこれですよね。五臓六腑に沁み渡ります。
e0208058_13545785.jpg


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都豊島区東池袋1-20-5


by 07takeshi | 2015-10-16 19:30 | 豊島区・北区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『まにわ』

誰が言ったか知らないが、阿佐ヶ谷三大美人女将の店、「おおはま」、「燗酒屋」、「まにわ」。「おおはま」は鎌倉に移転してしまい、今は2軒になってしまいましたが、今日は会社の同僚と「まにわ」に行ってきました。
e0208058_171366.jpg

e0208058_171489.jpg

店内はL字のカウンター席で8席くらいでしょうか。こじんまりしていますが、女性のお店らしく こざっぱりして清潔な雰囲気です。メニューはアラカルトもありますが、基本はその日のコースである「酒肴コース(3500円)」を頼むのがいいと思います。本日いただくのももちろんそれ。それと、コースにはご飯ものが付かないので、別注でご飯ものを頼みます。本日のご飯は「秋刀魚の炊き込みご飯」です。それではまず「生ビール(600円)」で乾杯し、宴のスタートです。まずは先付「焼き茄子・小松菜・椎茸・栃尾油揚のお浸し」
いい加減に食感の残った食材に、きちんとお出汁が効いて優しい味。
e0208058_17551164.jpg

二品目「刺身、鮪・甘海老・鯵の棒寿司・生湯葉」
赤身のマグロはしっとり柔らか。甘海老も甘みがしっかり。アジの棒寿司もお酢感が強くないのでアジの味がきちんと感じられます。生湯葉はとろ~りクリーミーでたっぷりあるのが嬉しいところ。
e0208058_17594611.jpg

e0208058_183045.jpg

ここから日本酒。まずは「阿部勘」。ちなみにお酒は基本一合850円です。
e0208058_1805727.jpg

それと「開春」と、
e0208058_1823639.jpg

「屋守(おくのかみ)」も。
e0208058_18112069.jpg

揚げ物は「里芋と蓮根、豚ひき肉の和風コロッケ、銀杏串」
サクッといい歯応えの衣の中には、里芋らしいねっとりした食感に蓮根のシャキッとした歯応えがいいアクセントに。軽く塩を付けてもいいのですが、味が付いているのでそのままで旨い!
e0208058_18174237.jpg

e0208058_1817515.jpg

次の日本酒、「喜久酔」と「遊穂」
e0208058_178813.jpg

肴物 「能登もずくとタコの三杯酢 切干大根と高野豆腐炊き」
もずくは細いのに歯応えがしっかり感じられる食感がいい。炊きものは素朴な味なんですけど、お出汁がきちんと優しい味。
e0208058_1718467.jpg

e0208058_17181729.jpg

e0208058_17183573.jpg

煮物 「豚ロースしゃぶしゃぶと木の子の煮おろし小鍋仕立て」
豆腐の存在感がしっかりで、柔らかい豚バラとたっぷりのキノコが滋味深い汁と相まって旨い!
e0208058_17225528.jpg

e0208058_1723696.jpg

「東北泉」
e0208058_17243364.jpg

おしんこは、蕪と人参と胡瓜。
e0208058_1728462.jpg

締めは「秋刀魚の炊き込みご飯」
茶碗によそう前の状態を見せていただきましたが、蓋をとった瞬間いい香りがフワッと広がります。ちょっと焼き目のついた大ぶりの秋刀魚が、生姜たっぷりのご飯の上に鎮座していてとっても美味しそう。早速いただいてみると、秋刀魚の香りと旨みがしっかりして旨い!生姜もいいアクセントになっています。
e0208058_17382652.jpg

e0208058_17384028.jpg

e0208058_17385468.jpg

締めの一杯は「開運」
e0208058_1739583.jpg

どれもきちんと素材の味が活かされた美味しい料理でした。同行者たちもみな満足してくれたようでよかったです。近くに住んでいるので、たまにふらっと来てみたいですが、人気店なので いつも混んでるんですよねぇ…


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区阿佐谷北2丁目10−11


by 07takeshi | 2015-10-14 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧