<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

浅草 『天健(てんたけ)』

所用があり今日は浅草へやってきました。用事自体は19時からなので、その前に食事にします。この後の用事のためお酒は飲めないので、ちょっとガッツリめに食べようと、やってきたのは「天健」。かき揚げ丼が有名な天ぷらのお店です。場所で言うと、TXの浅草駅の近くで、ホッピー通りとかのあたりになります。
e0208058_11304651.jpg

店内はカウンター8席、小上がりに4人テーブル×3卓と、そんなに大きいお店ではありません。カウンター席に腰掛けメニューを見ます。メニューは大きく分けて定食か丼になっていて、それぞれかき揚げ・天ぷら・野菜などがあります。注文するのは「かき揚げ丼(2200円)」と別注の「味噌汁(200円)」。注文が入るとご主人がかき揚げを整形しながら揚げていきます。そして揚がったものを、もう一人に渡し、そこで盛り付けつゆをかけて完成!写真を見ると分かりますが、全く閉まりきらないフタをのせ、味噌汁とともに提供されます。
e0208058_11452156.jpg

e0208058_11475756.jpg

まずは味噌汁から。たっぷりの豆腐とナメコの赤だしで、別注も納得の具沢山です。そして、メインのかき揚げ丼は、サイコロ状で大ぶりにカットされたイカとエビがゴロゴロ入っています。脚色じゃなくてほんとにゴロゴロ入っているので、食べながらも贅沢な気分になります。タレはやや辛めでかき揚げ・白ご飯との相性が良くて、ガツガツと食べてしまいます。締めて2400円とちょっぴり贅沢ではありますが、満足度は高く、おすすめの逸品です。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】  東京都台東区浅草2丁目4−1


by 07takeshi | 2016-08-31 18:00 | 台東区 | Comments(0)  

クラフトビアマーケット高円寺店

今日は平日ですが、午後休暇をとったので、家の近所で昼酒にします。行ったお店は高円寺にある「クラフトビアマーケット」。その名のとおり、いろんなクラフトビールが飲めるお店です。
e0208058_2056742.jpg

e0208058_20595857.jpg

二人がけのテーブル席に案内され、メニューを見ます。ランチメニューは3種類。アラカルトメニューも頼めるのかもしれませんが、ランチの「フレンチ惣菜プレート(780円)」というのが、お惣菜がちょっとずつ色々盛り合わせてあって、ビールのあてにちょうど良さそうなので、それを頼みます。
e0208058_214446.jpg

続いてビール。普通の店なら「生!」というだけでいいのですが、ここではこんなにビールの種類があるので、決めるのが相当悩ましいです。
e0208058_21105511.jpg

タップもえらいことになってます。
e0208058_21114034.jpg

ビールは一部例外はありますが、グラス(250ml@480円)かパイント(473ml@780円)と基本的には均一価格になっています。1杯目は「伊勢角屋麦酒 ペールエール」
割としっかりした苦味もあるけど、香りはフルーティなビール。
e0208058_21172550.jpg

1杯目を半分くらい飲んだところでランチプレートの登場!想像した以上に豪華でちょっとテンションも上がります。昔食べた山梨のワイナリーにあるレストラン「カーサダノーマ」のランチプレートを彷彿とさせます。
e0208058_21205869.jpg

惣菜は、ポテトサラダ、ラタトゥイユ、押し麦トマト?、舞茸のマリネ、玉ねぎの甘酢漬け、トルティージャ、ポテトフライにグリーンサラダとなっていて、とっても具沢山。体にも良さそうですし、ビールのあてにもちょうどよく、これはお値打ちですねー
e0208058_21212671.jpg

ビール2杯目は「山口地ビールヴァイツェン」
飲み口は苦味はほとんどなくすっきりフルーティ。でも後味はほんのり苦味がやってくる感じ。
e0208058_212983.jpg

3杯目「城端麦酒 トロピカルピンク」
これはまさにジュースのよう。ピンクグレープフルーツの香りと味で、アルコール感をほとんど感じさせないので、ビール苦手な方でも飲めると思います。色が綺麗なオレンジのようなピンクなんですが、写真だといまいち伝わらないかな…
e0208058_2135175.jpg

締めの一杯はちょっと変わり種から「ろまんちっく村ブルワリー スモークドストロングエール(100ml@480円)」
これはビールながら、アルコール度数が10%もありガツンとくる口当たりで、しっかりしたスモーキーフレーバーでアイラモルトみたい。
e0208058_21413047.jpg

クラフトビアマーケットはチェーン展開してますが、お店によってフードがいろいろあって面白いですね。ビールもパイントで飲んで780円ですからかなり安いと思います。1000円くらいするお店が多いですからね。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都杉並区 高円寺北2丁目22−6 

by 07takeshi | 2016-08-29 13:00 | 杉並区(高円寺) | Comments(0)  

銀座 『博多ほたる』

今日は銀座でお買い物。昼から歩き続きだったので腹ペコです。銀座に来るときは大抵どこに行こうかあらかじめ考えているのですが、今日は時間が読めなかったため、事前にお店の予約はしておらず、その場で考えることにします。ふと思いついたのが、困ったときのベルビア館。前に行ってよかった「博多ほたる」に行くことにします。
e0208058_19174918.jpg

まずは「生ビール(ハートランド&一番搾り(680円)」
e0208058_19201476.jpg

一品目「沖サバの燻製とキノコのポテトサラダ(680円)」
クリーミーだけどイモの食感も程よく残る仕上がり。燻製サバがたっぷりでスモーキー。お酒のお供にちょうどいいポテサラです。
e0208058_193678.jpg

ここからは串物を頼みます。一本目「レタス巻き串(300円)」
これは、レタスを豚バラで巻いたもの。ジューシーな豚とシャキシャキ感の残るレタスがいいコンビです。
e0208058_2023853.jpg

二本目「ねり(400円)」
これは、いわゆる塩つくね。フワフワなつくねを鬼おろしとともにさっぱりといただきます。
e0208058_2082198.jpg

三本目「ネギ巻き串(300円)」
食べると弾力がしっかり。中のネギがシャキシャキで、豚の脂と合うんです。
e0208058_20172519.jpg

四本目「とろ玉串(380円)」
カリッと香ばしい豚バラに、中はその名のとおり黄身がトロトロです。
e0208058_2020413.jpg

e0208058_20201699.jpg

ここからは鍋。前回来た時に食べたもつ鍋が、とても美味しかったので、今日も「博多もつ鍋(1600円×2人前)」を食べます。スープは3種類から選べます。①あごだし醤油、②糸島またいちの塩、③かさね味噌。今回は、前と違うスープにしようかなとも思ったのですが、前回と同じくあごだし醤油をチョイス。僕の中では、もつ鍋といえば醤油というセオリーがあるんです。注文すると、お鍋がセットされ、店員さんが作ってくれます。たっぷりのモツに、青いニラがビジュアル的にもいいですよね。
e0208058_5522783.jpg

ひとしきり煮立ったところで完成!
e0208058_623372.jpg

さっそく頂きます。まずはスープですが、お出汁が効いて、九州醤油のほんのり甘さがいい。モツはぷりっとしながらもトロトロで、噛むと中から脂の旨みがジュワッと溢れてきます。やっぱりここのモツは美味しいなぁ。
e0208058_634821.jpg

あと、ニラや豆腐なども美味しいのですが、やっぱりスープをふんだんに吸ったキャベツが旨い!家で鍋やっても、ポン酢とかを付けないとキャベツってあまり美味しくないけど、ここのはスープと共にもりもり箸が進みます。締めに、雑炊やうどんなどもできるのですが、鍋だけでお腹いっぱい。満足な夕食でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都中央区銀座2丁目4−6 銀座ベルビア館7階

 

by 07takeshi | 2016-08-21 19:00 | 中央区 | Comments(0)  

銀座 『テンダー』

「俺の割烹」を出た後はバーに行きます。ちょっと行ってみたいバーがあるもんで。その店は「銀座テンダー」。銀座といえばバーの聖地で様々なバーがありますが、その中でもトップクラスのバーと名高いお店です。シラフだと緊張してなかなか行きづらいところですが、軽く酔いも回っていることもあり、行ってみることにします。お店は、新しくできた東急プラザからほど近い場所にある銀座能楽堂ビルの5階にあります。
e0208058_4214382.jpg

e0208058_4215583.jpg

バーで一番緊張するのは最初にドアを開けるとき。馴染みのお店だとどうってことないこの所作が、初めて入るバーだととっても緊張します。普通のバーでもそうなのに、ましてや銀座を代表するバーですからなおさらです。意を決し、ドアを開け中に入ると、カウンター内には比較的若いバーテンダーが二名。にこやかに対応して下さり、高まった緊張感はほぐれますが、まだ早い時間だからオーナーバーテンダーの上田さんはいらっしゃらないのかな、なんて思いながらカウンターの中央辺りに腰掛けます。この日は平日ということもあり、先客はいませんでした。
まずは1杯目、「ギムレット」。ジンベースのこのカクテルは、さっぱりしたショートカクテルでは定番のもの。ここでは最後に氷を一粒入れるのが珍しい。きりっとした飲み口で美味しいです。
e0208058_4432840.jpg

二杯目は、ぜひこのバーで飲んでみたかったカクテル「キングスバレイ」。以前どこかのバーで「緑色の綺麗なカクテルを」とお願いした時に出されたカクテルなんですが、これは、ここ銀座テンダーのオーナーバーテンダー、上田和男さんが過去にカクテルコンクールで優勝したときの作品。緑色の材料を使わずに、緑色のカクテルに仕上げるというこのカクテルは、いつかここで飲んでみたいと思っていたんです。上田さんいないけどどうしようかなと思いながらも、テンダーで飲んでみたいと思い、頼んだら、奥から上田さんが出てきてくれて、本人が作ってくれました。カクテルって同じレシピで作っても、作り手によって味が変わるので、ご本人に作ってもらえて本当に良かったです。シェイカーを振りグラスに注いだ後スっと出されたカクテルは、とっても綺麗な淡い緑色。見た目は甘そうに見えて実はきりっと辛口。アルコール度数も高いのですが、非常にまろやかな口当たりに仕上がってスっと飲めちゃいます。
e0208058_551859.jpg

最初は2杯で締めようと思っていたのですが、お店がまだすいていて、上田さんとゆっくりお話ができるので、もう1杯飲みます。よく飲む「サイドカー」を注文。これも上田さんが作ってくれました。綺麗なオレンジ色のこのカクテルは、ブランデーのコクと柑橘の酸味がバランスよく、まろやかな口当たりなんですが、度数高めなので結構酔っちゃいます。
e0208058_516171.jpg

締めて3杯で約8000円となかなかの銀座価格ですが(ブランデーを使うため一般的に値段が高いサイドカーも頼んでいるし)、それに見合う体験と満足感が得られたので良かったです。気軽にまた来ようというわけには行きませんが、いつかそんな男になれたらいいなぁなんて思いながら、家路につきました。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

【住所】 東京都中央区銀座6丁目5−15銀座能楽堂ビル5F

by 07takeshi | 2016-08-17 19:00 | 中央区 | Comments(0)  

銀座 『俺の割烹』

今日は銀座で打合せ。夕方に用事が終わり、比較的早い時間に銀座で自由になったので、普段行けないところに行ってみることにします。向かったのは銀座八丁目にある「俺の割烹」。
e0208058_3505330.jpg

「俺の」系列のお店って、なんだか混んでるイメージがあるのですが、平日の早い時間なら入れるかなと思い行ってみると、大丈夫でした。お店に着くと入口に店員さんがおり、1階か2階か聞かれます。1階はカウンター席と2人テーブル席。2階はテーブル席で生演奏があるので、ミュージックチャージが300円かかるとのこと。特に音楽は必要ないので、1階のカウンター席に座り、まずはドリンク。普段ならビールなんですが、炭酸系で面白いのがあったのでそれにします。「なみなみスパークリング(680円)」。その名のとおり、目の前で溢れるくらいにたっぷり注いでくれます。
e0208058_3335930.jpg

料理一品目はネットで見てぜひ食べたかったメニュー「毛ガニ(1680円)」
ちょっと高いですが、毛蟹1杯丸々で、イクラも載っているのですから、銀座で食べることを考えると割安だと思います。あらかじめ身はほぐしてあり、そのままお箸でつまんで食べるのですが、カニの身をガサっとたくさん食べるという贅沢な気分になれますね。身はたっぷりで、食べても食べてもなかなか なくならないので、けっこうCP高いと思います。
e0208058_3395327.jpg

e0208058_340550.jpg

2品目は夏っぽくハモのメニューから「鱧焼き霜降り(980円)」
丹念に骨切りしたハモの身を、さっと炙ったものを梅肉ソースでいただきます。身の表面はしっとり柔らかでとろけるような食感。一方皮の付近は弾力あって、淡白だけど旨みがしっかりな身は梅肉ソースと相性抜群。
e0208058_3452866.jpg

e0208058_3453948.jpg

3品目「カニクリームコロッケ(580円)」
下味がついているのでそのままいただきます。やや小ぶりながら、カニの身がたっぷりで、濃厚なベシャメルソースの中でもしっかりカニ感が感じられます。
e0208058_348307.jpg

e0208058_3484253.jpg

お酒の二杯目三杯目は日本酒を飲みました。何を飲んだか忘れてしまいましたが、グラス(120cc)で580円なので、これもリーズナブルでした。
e0208058_3503060.jpg

もう一品くらい食べようと思ったのですが、ゆっくり食べていたせいか、結構お腹が膨れてきたので、このあたりで締めます。「俺の」お店は初めての訪問でしたがとても良かったです。混んでいるのがわかる気がしました。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中央区銀座8−8−17


by 07takeshi | 2016-08-17 18:00 | 中央区 | Comments(0)  

八重洲 『FEI・Little Taikourou(フェイ リトルタイコウロウ)』 oishii

二日連続で中華続きですが、今日はジャンボ餃子で有名な「泰興楼」に行ってきました。今日行くのは前回に引き続き本店ではなく、八重洲ダイニング地下一階にあるフェイ店に行ってきました。
e0208058_22461182.jpg

まずは「生ビール(590円)」で乾杯し、1品目は「空芯菜炒め(1030円)」
中華のヘルシメニューの定番ですよね。シャキシャキ感も残りつつ、ニンニクも効いてちょっと強いめの塩加減も暑い時期にはちょうどいい。
e0208058_21364255.jpg

二品目は、泰興楼といえばやっぱりこれ「焼餃子(4個@760円×2人前)」。通称ジャンボ餃子ってやつですね。この写真だと大きさが全然分からないですが、めちゃめちゃでかいです。
e0208058_21425968.jpg

三品目「エビマヨ(1230円)」
割とさっぱり目な仕上がりなので、重くなくプリっぷりな仕上がり。
e0208058_2281790.jpg

四品目「青椒肉絲(1030円)」
シャキシャキのピーマンにコリコリのタケノコ、オイスターソース?のコクもあり、白米が欲しくなりますが、お酒にも合いますね。
e0208058_22193765.jpg

五品目「五目チャーハン(1080円)」
エビが載っているのが豪華しやか。パラパラな仕上がりが家庭では出せない味ですね。
e0208058_22228100.jpg

六品目も炭水化物から「硬焼きそば(820円)」
中太の揚げ麺に餡がたっぷり。野菜は白菜、ニンジン、小松菜、タケノコ、きくらげなど具沢山でとってもヘルシーです。
e0208058_22421231.jpg

やっぱり中華は大人数で来るのがいいですね。一人だと多分ジャンボ餃子だけでお腹いっぱいになってしまいますからね。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中央区八重洲1-4-16

by 07takeshi | 2016-08-13 19:00 | 中央区 | Comments(0)  

赤坂 『四川雅園』

今宵の夕食は赤坂にて。地元の友人たちと久しぶりに食事をします。今日行ったお店は赤坂にある中華、「四川雅園」。赤坂という立地ながら、リーズナブルに四川料理がいただけるお店です。人気店のようで、予約なしで来た人は断られていました。
e0208058_1822341.jpg

まずは「生ビール(500円)」で乾杯!
e0208058_17401932.jpg

1品目「インゲン・ナス・トウモロコシの特製唐辛子サクサク揚げ(980円)」
カラリと揚がった野菜たちはサックサクでピリ辛。スナック感覚で軽くいただけます。
e0208058_17474370.jpg

2品目は定番の「雅園式麻婆豆腐(900円)」
綺麗な紅色でとっても美味しそう。すごく辛そうな見た目ですが、食べてみると、いわゆる四川風麻婆豆腐にある山椒のビリビリした痺れはあまりなくて、でも唐辛子の辛さはしっかり効いて、コク深い味。
e0208058_18171238.jpg

e0208058_18173166.jpg

3品目「四川風豚肉角煮(980円)」
とろとろ角煮に味付け自体は甘辛い角煮の味なんですが、ソースの中に山椒の実が入っていてそれをかじるとビリビリ痺れる辛さがやってきます。
e0208058_18213468.jpg

4品目「揚げ豚の青山椒辛味スープ煮(1180円)」
一見全然辛くなさそうに見えますが、青山椒が効いて痺れる辛味が心地いい。揚げ豚もたっぷり入っていて食べ応えも結構あります。
e0208058_1840679.jpg

最後に炭水化物を食べたかったのですが、お腹がいっぱいになってしまったので、このあたりで締めることにします。あまりお酒を飲まなかったせいもあるかと思いますが、一人3000円くらいとすごくリーズナブルで、また来たいお店でした。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

【住所】 東京都港区赤坂4-3-11

by 07takeshi | 2016-08-12 18:30 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『ふみ屋』 oishii

昨日に引き続き今日もウナギ。今日行くのは昨年 旧中杉通りにできたお店「ふみ屋」。毎日通る道沿いにあって、夜通ると香ばしい匂いが漂っていてずっと気になっていたお店なんです。
e0208058_7584623.jpg

カウンター席に腰掛け、まずはビールを飲みながら、ウナギの串焼きを全種類(短冊、クリカラ、キモ、エリ、ヒレ)と、その日のメニューから「バラぽん酢(550円)」を注文。
バラとは、ウナギのアバラ骨脇の身を削いだものだそう。ポン酢でいただくのでとってもさっぱりで、軽くつまむのにちょうどいい。
e0208058_8101447.jpg

うなぎの串は、まずは「短冊(300円)」。表面はパリッと香ばしく、中の身はジューシー。
e0208058_811362.jpg

「ひれ(250円)」。これは脂の旨味とニラの青い風味がマッチしています。
e0208058_8134810.jpg

「えり(250円)」。これは首周りの身になりますが、これも脂がのってジューシー。脂といっても重たくなく、さっぱりしていて美味しいんですよね。
e0208058_816031.jpg

「くりから(300円)」。これは身をくるくるっと巻いたもので、香ばしくふっくらしていて、身の味がしっかり感じられます。
e0208058_8175584.jpg

ウナギ串のラストは、「キモ(250円)」。食べるとプリッと弾力があり、味はじわっとほろ苦い。これはお酒がすすみますねー
e0208058_8212279.jpg

続いてやきとんから3本いきます。まずは「はらみ(130円)」。中はほんのりレアでしっとり。肉厚で食べごたえあります。
e0208058_8262972.jpg

「ハツ(130円)」。これも肉厚でプリプリ。初特有の弾力がいいですね。
e0208058_8281317.jpg

「シロ(130円)」。味噌味でとっても柔らかい!
e0208058_8292751.jpg

次は「ネギマ(300円)」。これはマグロの身とネギを焼いたもの。見た目は肉っぽいですが、食べるとしっかりマグロ。とってもジューシーでネギのシャキシャキ感としっとりマグロの食感がいいです。
e0208058_832986.jpg

締めの一品は「う巻き(650円)」。鰻の身がたっぷりで、まろやかな玉子がウナギの味を引き立てて、主役はやっぱりウナギ。
e0208058_834811.jpg

いつの間にかいっぱい食べて、すっかり満腹です。値段もリーズナブルですし、ご主人も気さくでとってもいいお店でした。もっと早く来とけばよかったなと思えるお店でした。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区阿佐谷北1-27-5

by 07takeshi | 2016-08-10 18:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

南千住 『尾花』 oishii

土用の丑の日は過ぎましたが、毎日暑すぎてバテ気味なので、スタミナをつけようと鰻を食べに行きます。今日行くのは超有名店の南千住にある「尾花」。前々から行きたいなと思いつつも、南千住という場所が東京の西側に住んでる者からすると、すごく遠く感じていたということと、このお店は予約ができないため、わざわざ行って入れなかったらイヤだなぁという思いがあったためです。今日は一緒に行こうという人がいたため、行ってみることにしました。南千住駅からは徒歩数分くらい。もっと遠いと思ってたのですが、思いのほか駅から近くて嬉しい誤算です。お店に到着したのは平日の午後4時15分頃でしたが、待ちはなくすぐに入ることができました。店内は4分の3くらいの客の入りで、30分後くらいには満席になっていました。
e0208058_13172668.jpg
e0208058_13191023.jpg
e0208058_13204119.jpg

メニューはこんな感じ。基本的に食べ物の注文は最初のみのようなので、あらかじめ何を頼むか考えておいたほうがいいと思います。
e0208058_13294800.jpg
e0208058_13310789.jpg

とりあえず「瓶ビール(大瓶@850円)」と食べ物は「うな重」、「白焼き」、「うざく」、「う巻」を注文。うな重と白焼きは出来上がりまで時間がかかるので、それまではうざくやう巻とビールで待ちます。まず最初にすぐ運ばれてきたのは「うざく(1900円)」。割と小ぶりな鰻の身が5切れなので感覚的には「少なっ」って感じですが、食べてみるとふわっとした柔らかい食感に強すぎない程よい酸味の酢が効いてとっても旨い!
e0208058_13452504.jpg

e0208058_13455432.jpg

それからしばらくして「う巻(2400円)」が運ばれてきました。こちらは大ぶりなものが二切れ。中の鰻は身がそのまま入っているのではなく、そぼろ状になったものがたっぷり入っています。食べてみると、だしが効いて甘さ加減はほんのりでいい。鰻はしっかりした味で存在感があります。これも美味しいですね~
e0208058_13505508.jpg
e0208058_13513992.jpg
ビールを何本か飲み干したところで「白焼き(4300円)」が運ばれてきました。美しい白い身に脂の照りがいい。これはわさび醤油でいただきます。ふわとろな食感でとろけますね。
e0208058_13552404.jpg
e0208058_13554216.jpg
それから程なくして、メインの「うな重(5300円)」と「肝吸い(400円)」が登場!ワクワクしながらふたを開けるとフワッと鰻の香りとともに、照り照りの美しい褐色の鰻がお目見えします。
e0208058_13584237.jpg
e0208058_13591880.jpg
箸を入れるとスっと入る柔らかさ。ご飯といっしょに身をすくい上げて口に入れるとホロホロと崩れていきます。タレが香り味とも強すぎずちょうどいい塩梅で、これは美味しいですね~。
e0208058_14020620.jpg
値段はそれなりにしますが、それを考えても十分満足できる美味しさでした。値段的にも場所的にも頻繁に来られるお店ではないですが、美味しいうなぎを食べに行きたい時には、またきたいと思います。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都荒川区南千住5丁目33−1




by 07takeshi | 2016-08-09 16:15 | 文京区・世田谷区・荒川区 | Comments(0)  

築地市場 『八千代』

休みの日の今日は、築地にランチをしに行きます。今年の11月に場内市場は豊洲に移転してしまうので、今のうちに行っとこうというわけです。大江戸線の築地市場駅を降り、市場に行くと、けっこうな混雑ぶりです。目立つのが中国や東南アジアっぽい感じの外国人と思われる人たちですね。以前来た時はもう少しましだったのですが、思いのほか混んでいてちょっとびっくりです。とりあえず行こうと思っているお店に向かいます。向かったお店は揚げ物のお店「八千代」。のれんには「とんかつ」と書いてありますが、メインは海鮮のフライです。あと、火木土限定の「チャーシューエッグ」も有名です。
e0208058_4324194.jpg

隣の「寿司大」とかは、恒例の大行列ですが、八千代は待ち人が数人なので、そのまま並びます。とはいえ回転がそんなにいいわけでもないので、10分ほど待ちました。中に入ると左右の壁に向かって座るカウンター席が6人×2で12名と、けっこうこじんまりした感じ。端の席に案内されてラッキー!壁には短冊のメニューが所狭しと貼られています。
e0208058_4373247.jpg

あらかじめ頼むメニューは決めていたので、悩むことなく「車海老・アジ・ホタテフライ定食(1500円)」をコール。注文が立て込んでいるということと、注文が入ってから揚げていくので、しばらく時間がかかります。待つこと15分くらいで、定食が運ばれてきました。
e0208058_4413762.jpg

e0208058_441486.jpg

早速頂いてみると、衣はとても軽い口当たりでサックリ。油の重さはあまり感じられないので、揚げ物だけでも、パクパク食べられます。3種とももちろん美味しいですが、特に「マツコの知らない世界」でも紹介されたアジフライが肉厚で、揚げてあっても鮮度の良さが分かるしっとりな身がとても旨い!
e0208058_4491323.jpg

横に添えてあるコールスローもなにげに美味しくて、あっという間に完食。
e0208058_450236.jpg

食後の余韻に浸りたいとこですが、外には待ち人もいるので、そそくさと退散します。近いうちにまた来たいけど、築地ってなかなかついでに来れるとこでもないので、移転までにはもう来れないかなぁ…

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中央区 築地5丁目2-1 築地市場内 6号館


by 07takeshi | 2016-08-08 11:00 | 中央区 | Comments(0)