<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

錦糸町 『もつ焼き 煮込み 楓』

今日は錦糸町で打合せ。夕方に終わったので、そのまま飲みに行くことにします。今日行ったのは、もつ焼きと煮込みのお店「楓」。錦糸公園の少し南側にあるお店です。
e0208058_20484630.jpg

まずは「生ビール(450円)」を注文し、早速串を頼みます。まずは左から「れば(140円)」と「はらみ(170円)」。レバは、プリッとした歯ごたえで、中はほんのりレアで口の中でとろけます。ハラミは肉厚でジューシー。ちょっと胡椒が効いてスパイシー仕上がり。
e0208058_20571945.jpg

「たん(120円)」。プリプリでしっかりした弾力があって、旨みがしっかりです。
e0208058_210351.jpg

「てっぽう(140円)」。この部位はあまり聞きなれないかもしれませんが、直腸のこと。しっとりトロトロでクセになる食感。塩加減もいい塩梅です。
e0208058_2151171.jpg

「しろ(120円)」。もつ焼きの定番のシロは大腸のこと。柔らかいんだけど適度な歯応えで、甘辛いタレと良くマッチしてます。
e0208058_2165849.jpg

続いては一品ものから「白センマイ刺し(500円)」
コリコリっとした食感が最高。適度な塩味にゴマ油の香りが食欲をそそらせます。
e0208058_2193088.jpg

e0208058_2195551.jpg

ここで串を追加発注。まずは「上たん(250円)」
肉厚でサクッとした歯応えもありつつ中はジュワッと肉汁があり、旨みがしっかり。
e0208058_21115912.jpg

「生姜まき(230円)」。これは細切りにした生姜を豚バラで巻いたもの。ジューシーな豚バラにピリリと辛い生姜がいい相性です。
e0208058_21153043.jpg

次は味噌串から二本。左から「かしら(140円)」と「こぶくろ(140円)」。日本とも濃厚な味噌の味に肉厚な身が合いますね。
e0208058_21185176.jpg

最後はちょっとつまむように「マカロニサラダ(320円)」
まさに炭水化物なんですが、マヨとマカロニって合いますよね~
e0208058_2120998.jpg

店員さんは若いお兄さんが二人だったんですけど、丁寧に仕込みされているんだろうと思います。串がどれも美味しかったですからね。家の近所にあったらちょこちょこ行くのになぁ・・・


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都墨田区錦糸4-7-3

by 07takeshi | 2016-10-27 19:30 | 足立・江東・墨田・葛飾区 | Comments(0)  

丸の内 『くし路』

ちょっとした記念日の今日は、丸の内で食事をします。行ったお店はキッテにある海鮮メインのお店「くし路」。あらかじめ予約していたので、景色のいい窓際の席に案内されます。
e0208058_8524526.jpg

e0208058_8525827.jpg

まずは乾杯の「生ビール(ジョッキ@650円&グラス520円)」
e0208058_8552224.jpg

お通しは3種盛り。イカの塩辛とあとの二つは忘れてしまいました・・・
e0208058_8562754.jpg

まずは「北海道珍味三点盛り(1480円)」
左から、ニシンの切り込み、イクラの醤油漬け、塩ウニの三点です。どれも味が濃厚で、しっかりした味なので、後半お酒を日本酒に切り替えてから大活躍でした。
e0208058_901227.jpg

続いてコロッケ好きの僕らが頼んだのは「カニクリームコロッケ(880円)」
パプリカとアスパラが添えられて彩りが綺麗な盛りつけ。サクサクの衣の中は、カニの味と風味がしっかり感じられる濃厚なクリームソースがたっぷり。ソースが添えられていますが、そのままでも十分美味しいです。
e0208058_984628.jpg

e0208058_985652.jpg

続いてはお刺身メニューから「生ボタンエビ造り(1200円)」
オスとメス各2尾づつで4尾もあるので結構リーズナブルだと思います。軽く醤油を付けていただくと、驚く程甘くてトロトロ。頭の中には味噌もあるので、お行儀悪いけど必死になって掻き出して食べました。
e0208058_9155564.jpg

e0208058_916912.jpg

ここでお酒を日本酒に。「北海道利き酒セット(1260円)」
男山 生酛純米、北海 鬼ころし、なまら超辛 本醸造の三種ですが、それぞれ味も香りも様々で、全然違う。ちびちび代わる代わる飲んでいたので、飽きずに飲めました。
e0208058_9424579.jpg

ここに来たら外せないのが炭火焼メニュー。いろいろあってなかなか決められないときはこれ、「炙り魚三種盛り(1480円)」。左から、コマイ、ホッケ、鮭ハラス。ホッケと鮭ハラスは脂がのってジューシー。コマイはふっくらで優しい旨みが。
e0208058_9442711.jpg

最後は「キタアカリのじゃがバター(680円)」
大ぶりなホクホクのじゃがいもに、バターと塩だけのシンプルな味付け。だからこそ素材の味が際立ちます。
e0208058_9483824.jpg


食後はテラスに出てみます。広いテラスから眺める東京駅の夜景は1年前と変わらず綺麗です。
e0208058_9494585.jpg

その後は、東京ステーションホテルの「バーカメリア」でカクテル。雰囲気もよく優雅なひとときでした。来年もまた来よう!
e0208058_95148.jpg


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

【住所】 東京都千代田区丸の内2丁目7−2 kitte 6F


by 07takeshi | 2016-10-25 19:00 | 千代田区 | Comments(0)  

人形町 『イレール人形町』

今日は友人たちとの食事会です。初めて降り立つ街「人形町」にあるフレンチバル「イレール人形町」へやってきました。
e0208058_19104021.jpg

e0208058_19105754.jpg

まずはみんな揃ったところで乾杯!相変わらずみんなバラバラのお酒です。ちなみに僕は「生ビール(800
円)」
e0208058_191417.jpg

フードのメニューはこんな感じ。
e0208058_19164626.jpg

オードブルが少々時間がかかりそうとのことなので、まずは「自家製パン(250円)」。パンはライ麦、プレーン、フォカッチャの3種類。ライ麦とプレーンは外はカリッと中はもっちり。フォカッチャはペッパーが効いてお酒のアテにもなりそう。
e0208058_19321454.jpg

ここで「本日のオードブル3種盛り(2500円×2)」が登場!左から鶏のガランティーヌ、エビとカブの冷菜、フォアグラのロッシーニ風。(※名前は正確ではないかもしれません)
ガランティーヌはシンプルな味にケッパーの風味がよくマッチしています。冷製は、エビがしっとり肉厚で旨みが濃いです。フォアグラのロッシーニ風はとってもクリーミーで滑らかな舌触り。コクもしっかりある中のほんのり甘味がいい。
e0208058_1945190.jpg

e0208058_19451651.jpg

e0208058_19453244.jpg

「トロトロ豚バラ肉の白ワイン煮(1.5人前@3000円)」
透明っぽいさらさらなスープを想像していたら、カレーのようなしっかりとろみのある濃厚そうなスープ仕立て。風味もちょっとスパイシーさがあり、豚は名前のとおりトロトロで、洋風の角煮みたいな感じでしょうか。
e0208058_1949246.jpg

「バヴェットステーキ(2000円)&鴨胸肉のロースト(2800円)」
二つの品はワンプレートで登場。左がバヴェットステーキで右が鴨肉です。バヴェっとはいわゆるハラミで、柔らかいけど、適度に弾力があって安定の美味しさ。鴨のローストは、表面にハチミツとコリアンダーシードがたっぷり。皮目はパリッとしながらも中はミディアムレアでしっとり。僕はパクチー苦手なんですけど、コリアンダーシードは全然大丈夫でした。
e0208058_19553318.jpg

締めは名前からして魅力的な「フォアグラ丼(1200円)」
表面は綺麗に焼き目がついてサクッと。中はトロリととろけるようなクリーム感で、バルサミコ酢でしょうかちょっと酸味のあるタレと相性抜群です。
e0208058_2021286.jpg

どの料理も付け合せまで美味しくて、盛りつけも綺麗で、フレンチらしく繊細な印象でした。いい意味で、堅苦しくないけど、ちょっとかしこまって食べるにふさわしい料理だと思います。美味しかったです。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中央区日本橋人形町2-22-2

by 07takeshi | 2016-10-15 18:00 | 中央区 | Comments(0)  

香川 高松

松山の翌日はJR特急にて高松に行きます。高松ではうどん屋さん巡りをします。とはいえ車はないので、高松市内のお店を廻ることに。到着したのがちょうど昼時だったので、早速一軒目は「めりけんや」。
e0208058_17473797.jpg
e0208058_19061247.jpg
e0208058_17475685.jpg
お店入ってすぐのカウンターでうどんを注文し、その場でうどんを受け取ります。ネギと天かす、生姜が置いてあるので必要な量だけ入れて横にスライドさせていき、途中、天ぷらやおにぎり等が置いてあるので、食べたいものを取って、最後に精算するスタイルです。はなまるうどんのような感じでしょうか。注文するのは「ぶっかけ冷の小(330円)」。これは冷たいうどんに冷たいだし汁をかけたものです。それに「ちくわ天(110円)」と「レンコン天(110円)」も付けます。うどんはモチモチの食感。小でも結構量があるので、僕にはちょうどいい量でした。大にすると90円差で二玉になるので、大食いの方にはお勧めです。
e0208058_17481310.jpg
e0208058_17482769.jpg
せっかく香川に来ているので、ホテルは素泊まりにして、翌日は朝からうどんを食べに行きます。行ったお店は朝5時からやっている、高松駅前にあるお店「味庄」。
e0208058_18562488.jpg
お店は割とこじんまりしていて、素朴な雰囲気です。
e0208058_19064015.jpg
メニューはこちら
e0208058_19071068.jpg
ここでも「ぶっかけ(小@270円)」と「卵天(90円)」を注文。しっかりしたコシにお出汁が絡んで美味しい。朝からでも全然OKですね~ 卵は半熟ではなく、しっかりしたゆで卵状でした。
e0208058_19072322.jpg
e0208058_19074132.jpg
e0208058_19075501.jpg
この日は夕方の便で帰るので、ホテルをチェックアウトした後は軽く観光をすることにします。あまり遠くにも行けないのでどこがいいかなと見つけたのが、「栗林(りつりん)公園」。時間もあったので、散歩がてら歩いて行ったのですが、1時間くらいかかったでしょうか。結構汗だくになりながら到着!
e0208058_19370829.jpg
ここは、かなり広くて見応えもありましたし、すごく綺麗でとっても良かったです。観光でいいった方にはすごくお勧めです。
e0208058_19372425.jpg
e0208058_19374060.jpg
e0208058_19380013.jpg
e0208058_19381249.jpg
e0208058_19382558.jpg
その後はランチ。もちろんうどんを食べます。行ったのは「植田うどん」
e0208058_19383812.jpg
e0208058_19393648.jpg
ここでは「温玉ぶっかけうどん(小@330円)」と「アナゴ天(120円)」。穴子といっても小ぶりですが、それにしても120円は安い!温玉の黄身がとろりとうどんに絡んで旨い!
e0208058_19384914.jpg
e0208058_19395104.jpg
結局、香川での食事は全部うどんを食べました。でもお店もたくさんありますし、美味しいから飽きないですね。時間があればレンタカーでも借りて、郊外の製麺所みたいなところにも食べに行ってみたかったです。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【めりけんや】香川県高松市西の丸町6-20


【味庄】香川県高松市西の丸町5-15


【植田】香川県高松市内町1-8






by 07takeshi | 2016-10-15 10:00 | 首都圏以外 | Comments(0)  

道後温泉(道後温泉本館~道後やや)

夏頃に道後温泉に行ってきたので、その時の記事をアップします。

東京にいると、四国ってなかなかハードルが高い地域ですよね。関西までだと新幹線で気軽に行けますし、わざわざ飛行機に乗るなら、九州とか沖縄に行こうという気になってしまいがちな気がします。今回行くのは道後温泉。前から行きたいなと思いつつも、なかなか行く機会がなかったのですが、LCCに乗って行ってきました。行きは成田⇒松山、帰りは高松⇒成田で、往復2万円くらいでした。
松山空港に到着後は、バスで道後温泉に向かいます。時間にすると40分くらいで到着!ここは路面電車の駅になります。
e0208058_10212759.jpg

そこからアーケードを抜けると道後温泉本館があります。まずはこの近くでランチをし、その後さっそく道後温泉本館へ。「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになったと言われているように、形は違うけど雰囲気はよく似てますね。長い歴史が醸し出す趣というか、重厚感があります。
e0208058_16563268.jpg

e0208058_16565267.jpg

入浴は4つのメニューがありますが、せっかくなので一番高い「霊(たま)の湯3階個室(1550円)」にします。これは休憩用の個室利用(1時間20分)ができて、貸浴衣、貸タオル、お茶とお団子が付いたセットです。
e0208058_1738356.jpg

まずは入浴前に個室で休憩します。
e0208058_17391196.jpg

e0208058_17393026.jpg

ちなみに個室じゃない2階席はこんな感じ。
e0208058_17402315.jpg

入浴は2階にある「霊の湯」になります。1階にある「神の湯」よりも小ぶりですが、人も少ないのでゆったり入ることができました。お風呂からあがってしばし休憩の後、外に出ると、目の前には罠のようにこれが待ち構えています。
e0208058_17474325.jpg

e0208058_1748309.jpg

e0208058_17485114.jpg

もちろんこうなります…
e0208058_17501767.jpg

その後は今宵の宿「道後やや」に向かいます。道後温泉本館から徒歩だと5分もかからないくらいでしょうか。
e0208058_118175.jpg

右側の和風造りの低い建物がフロントや食堂で、左側の高い建物が宿泊棟になります。
e0208058_111137.jpg

e0208058_11112134.jpg

まだ新しいので、全体的にとっても綺麗。今日は一人なので、単身向けの部屋に宿泊します。ちなみに1泊朝食付きで8000円のプランです。入口に入ってまず目に入ってくるのが流し台と蛇口。
e0208058_16292748.jpg

よく見ると脇にみかんの名前が書いてあって、これは噂に聞いた、ひねればオレンジジュースが出てくという都市伝説のような蛇口のようです。さっそく蛇口をひねってみると、一瞬間があってから、オレンジジュースが出てきます。こういう演出は気分が盛り上がっていいですね。
e0208058_1632345.jpg

泊まるお部屋は13㎡とやや小ぶりながら、機能的になっています。まあちょっと狭いですけど、一人なのでこれで十分。
e0208058_16374669.jpg

e0208058_16381629.jpg

e0208058_16384423.jpg

e0208058_1639063.jpg

e0208058_16391783.jpg

ちょっとゴロゴロして休憩した後、またもや温泉に向かいます。道後温泉本館の近くにある「椿の湯」。ホテルでは入浴用にタオル貸出のサービスがあります。愛媛のタオルといえばの今治タオルがいろんな種類置いてあって、好きなものを貸してくれます。こういうサービスは嬉しいですよね。
e0208058_1759395.jpg

e0208058_1801557.jpg

e0208058_1803997.jpg

風呂上がりには、先ほどの道後麦酒館にてまたビールを飲みます。こんどは中で飲んでみました。食べ物もいろいろあるので、ランチや夕食にも使えそうです。
e0208058_1823395.jpg

e0208058_183517.jpg

夜には道後温泉本館にまた行きます。今度は庶民的な雰囲気の1階にある「神の湯(410円)」に行きます。こちらは結構大きくて銭湯のような雰囲気でした。夜の道後温泉本館は昼間より趣があって、より千と千尋の油屋感が出てますね。
e0208058_222329.jpg

e0208058_222229.jpg

この子は広場にいた猫。人慣れしてて近づいても全然逃げなかったです。
e0208058_2235721.jpg

その後はホテルに戻り就寝。翌朝はホテルで朝食なんですが、この朝食がすごい。とても1泊8000円の宿の内容ではなくとっても良かったです。
e0208058_2265489.jpg

e0208058_2271441.jpg

e0208058_2273993.jpg

e0208058_228241.jpg

e0208058_2283287.jpg

このメニューは紙に書いて渡すと、出来立てのものを出してくれるので、ウインナーとコロッケをオーダーしました。
e0208058_2211128.jpg

あと、面白いのがこの「みかんマシーン」。みかんを3個セットしてスイッチを入れると、しぼりたてのオレンジジュースが出てきます。
e0208058_22124736.jpg

e0208058_22131730.jpg

朝から盛り沢山な内容になりました。この他にも別皿でサラダをたっぷりいただきました。毎朝こんな朝食だったら健康になれそうですよね。
e0208058_22143870.jpg

チェックアウト後は、松山駅まで行き「松山城」を見に行きます。駅からでもなんとか歩けるくらいの距離なので歩いて行きました。松山城は小高い山の上にあります。
e0208058_22213645.jpg

ロープウェイもあるのですが、乗り場が松山駅からだと正反対になるので、頑張って徒歩で登りました。
登りきった上にある松山城は現存する12天守のうちの一つで、建物自体の高さはさほどでもありませんが、石垣がすごく立派で、複雑な造りになっています。
e0208058_22251294.jpg

e0208058_22253848.jpg

e0208058_22265061.jpg

天守からの眺めも最高です。
e0208058_22262935.jpg

この日は暑かったので、見学後はこうなります…
e0208058_22274372.jpg

その後は松山駅に戻り、そこから特急に乗って香川の高松を目指します・・・高松編に続く


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

by 07takeshi | 2016-10-14 12:00 | 温泉 | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『支那そば たなか』 oishii

久しぶりにやってきたお店は「支那そばたなか」。僕が阿佐ヶ谷でもっともお気に入りのラーメンのお店ですが、夜は19時半閉店と営業時間が短いためなかなか来る機会がないんです。
e0208058_22345462.jpg

メニューはこんな感じ。ノーマルラーメン以外はけっこうな金額になります。
e0208058_22443785.jpg

この中から今日いただくのは「チャーシューミックスワンタンメン(1400円)」。ちょっと贅沢ですが、たまにしか来られないので、一度に全部食べてしまいたいというわけです。出てくるまでには少々時間がかかります。出てきたラーメンはこちら。大ぶりのチャーシューに覆われているため、ワンタンが全く見えません。
e0208058_22575362.jpg

まずはスープからですが、相変わらずの魚介の風味が豊かで、旨みがすごくしっかりしています。
e0208058_2342466.jpg

麺は中細のストレート麺。ちょっとモチモチ感もあり、のどごしがいいです。
e0208058_2362694.jpg

ワンタンは2種類でエビと肉。両方とも具がギュッと詰まったタイプで、餡はもちろんですが、スープを吸った皮もまた旨い!
e0208058_239815.jpg

久しぶりに来ましたが、やっぱり好みの味でした。できれば夜10時くらいまでやってくれるといいんですけどね。


【住所】 東京都杉並区阿佐谷南3丁目32−14


by 07takeshi | 2016-10-12 12:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(2)  

南阿佐ヶ谷 『MiwaMiya(ミワミヤ)』

会社の同僚と久しぶりにやってきたのは「ミワミヤ」。お気に入りのお店なんですが、気づけば1年以上ぶりの訪問になってしまいました。ここは洋食を食べながら日本酒を楽しむお店です。まずは1杯目泡っぽいものから「栄光富士のスパークリング(500円)」。シュワシュワ泡が気持ちよく、ほんのり甘い香りがいいですね。
e0208058_14143632.jpg

お通しは「ポテトサラダ」。程よいクリーミー感でおいしい!ポテサラって自分でもたまに作りますけど、当たり前ですが、プロが作ると全然違いますね。
e0208058_14215416.jpg

料理一品目は「鶏レバームース(Sサイズ@500円)」
これもとってもなめらかな舌触りで、レバーのクセを抑えつつ、旨みはきちんと残した逸品。
e0208058_14411717.jpg

2杯目は「新政 No.6 R-type(600円)」。まろやかで優しい味です。
e0208058_14532949.jpg

料理二品目「鶏胸肉・イチジクのサラダ ブルーチーズソースがけ(Sサイズ@1000円)」
ほんのり甘いイチジクに皮目が香ばしい鶏肉がマッチ。ソースも酸味とチーズのコクがよく効いています。
e0208058_14584479.jpg

e0208058_14585863.jpg

3杯目のお酒は「新政 ヴィリジアン(600円)」
お店の方のメロン&クリーム味というのが分かる。甘ったるい感じじゃないけど、華やかな香りと味で上品なお酒。
e0208058_15124133.jpg

料理三品目「秋カマスのムニエル ニンニク・アンチョビ・酒粕ソースで(1400円)」
出てきたカマスは想像以上に立派でびっくり。ホクホクの肉厚な身に旨味とコクがしっかりの酒粕ソースが秀逸。
e0208058_1518580.jpg

e0208058_15181753.jpg

締めは「牛すじ肉とトマトソースのスパゲティ(1350円)」
旨みたっぷりのトマトソースにトロトロの牛すじがよく合います。オクラやシメジなど野菜も入ってヘルシーでもあります。
e0208058_15265578.jpg

e0208058_1527669.jpg

久しぶりに来ましたが、やっぱりここはいいですね。料理も丁寧で美味しいですし、料理に合う日本酒もいろいろあって楽しいです。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区阿佐谷南3丁目1−23

by 07takeshi | 2016-10-11 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『Lupi32(ルーピトレンタドゥエ)』 oishii

以前阿佐ヶ谷にあった人気の中華屋の希須林小澤が昨年閉店してしまい、その跡地に何ができるんだろうと思っていたところ、今年の春頃に新しくオープンしたお店「Lupi32(ルーピトレンタドゥエ)」。ちょっと名前が覚えにくいですが、ピザメインのイタリアンのお店です。平日はディナーのみですが土日祝はランチ営業しているのでランチに行ってきました。
e0208058_22363760.jpg

店内は1階が厨房とカウンター席で、2階はテーブル席になっていると思われます。一人だったので1階のカウンターに案内され、休日なので、まずは「生ビール(700円)」
e0208058_22415384.jpg

ランチメニューはピザとドリンクのセットになっていますが、単品メニューもいくらかあります。
e0208058_22435669.jpg

ランチメニューに記載のピザは4種類ですが、ディナーメニューからも選べるようなので十数種類くらいでしょうか。初めてなので、とりあえず定番の「マルゲリータ(1200円@サラダ・ドリンク付き)」を注文。厨房が目の前なので、作る行程がよく見えます。生地を広げてそこに具材をのっけ、大きな窯の中で焼き上げます。
e0208058_22554738.jpg

まずはサラダが出てきます。ドレッシングは控えめでチーズのコクと生ハムの塩味と紫キャベツのほろ苦さがいい塩梅です。
e0208058_2259219.jpg

程なくしてマルゲリータが登場。結構大きいです。それではさっそく頂きます。厚めの生地は表面はパリッと香ばしく、中はモチッとしたいい食感。トマトソースは程よい酸味でまろやかな味でモツァレラチーズとバランスがよく、おいしい!
e0208058_23115548.jpg

e0208058_23121167.jpg

食後のドリンクは「エスプレッソ」。しっかり苦味が効いて旨い!
e0208058_2313627.jpg

このお店のことは人から美味しいよという評判を聞いたことがきっかけで来ましたが、評判通り本格的なピザで美味しかったです。ピザ以外のメニューもいろいろあるようなので、ディナーで来て、ワインをいっぱい飲みつつ、色々食べてみたいです。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区阿佐谷南3-32-1


by 07takeshi | 2016-10-10 11:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

品川 『東京マリオットホテル ラウンジ&ダイニング G』

今日はちょっとしたお祝いで東京マリオットホテルにやってきました。今日はここの「ラウンジ&ダイニングG」にてディナーです。マリオットホテルは品川駅から少し離れているせいか、非常に落ち着いた雰囲気ですし、天井も高くとても開放感があります。
e0208058_1430928.jpg

e0208058_14304728.jpg

e0208058_16214437.jpg

今日いただくのは「ボランジェスペシャル・キュベ含む シャンパンワイン12種やカクテルフリーフロー(90分)」
まずはシャンパンで乾杯!ボランジェといえば、映画007でジェームズ・ボンドが好んで飲むシャンパンとしても有名です。そう思って飲むとなおさら優雅で美味しさが際立ちますね。
e0208058_1445422.jpg

e0208058_14455369.jpg

e0208058_1446995.jpg

フードはアミューズの「生ハムメロン」から。しょっぱ甘くて辛口のシャンパンによく合います。
e0208058_14501773.jpg

続いて1stプレートと2ndプレートが2段で運ばれてきます。
e0208058_1552994.jpg

1stプレートは、①信州サーモンのマリネ、②ブロッコリーのヴルーテ、③野沢菜とキノコのキッシュ、④燻製サンマと人参、セロリラブのレムナード、⑤フォアグラのテリーヌと鴨のローストとなかなか盛りだくさん。前菜盛り合わせのような感じなので、ちょっとずついろいろ楽しめていいですね。因みに料理は二人分です。
e0208058_15451027.jpg

途中、シャンパンをジェセフペリエのロゼに切り替えます。
e0208058_1551321.jpg

2ndプレートは温菜で「アトランティックサーモンのナッツバターロースト」
しっとり肉厚なサーモンは旨みがたっぷり。下のマッシュポテトもなめらかで地味に美味しい!
e0208058_15543292.jpg

ここでドリンクを白ワインに「鳥居平 今村キュベ」。僕には馴染みの鳥居平があったので頼んでみました。程よい辛口で飲みやすい!
e0208058_1625875.jpg

3rdプレートはメインディッシュ、「マリオットバーガー」、「鶏もも肉のコンフィ」、「アンガスハンギングテンダーのグリル」から選びます。2人一緒のものを注文することになりますが、「マリオットバーガー」をチョイス。出てきたそれは、チーズたっぷりで、パティは粗挽きな食感なのでしっかりした肉感がある、肉肉しいハンバーガーで食べ応えあります。
e0208058_16132321.jpg

e0208058_16133596.jpg

デザートは名前は失念してしまいましたが、ムースとゼリー?。メッセージ入りでちょっと嬉しいびっくりです。
e0208058_16195626.jpg

ドリンクはカプチーノ。ほわっと温まりますねー
e0208058_1621192.jpg

シャンパン3杯とワイン1杯でしたが結構酔ってしまいました。あまり飲みすぎてベロベロになるのももったいないので、このくらいのほろ酔い加減で締めます。雰囲気もとっても良かったですし、料理もお酒も美味しくて、いい誕生日祝いでした。やっぱり特別な日にホテルのレストランに来るのはいいですね。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都品川区北品川4-7-36

by 07takeshi | 2016-10-09 19:00 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)  

秩父 『バーチェアリー』

今日は月初めの1日。秩父のイチローズモルトがいろいろ楽しめるバーチェアリーでは、毎月1日はイチローズモルトの日ということで、特別メニューがあるので前から行きたいなぁと思っていたのですが、なかなか曜日が合わず行けてなかったのですが、今月は1日が土曜日だったので、秩父まで日帰りで行ってきました。
e0208058_13234188.jpg

宿泊しないため早めに帰らなければならないので、17時オープン直後に伺います。僕が一人目でしたが、17時半くらいまでには3~4人くらいお客さんがやってきました。まず最初に頼むのは、イチローズモルトの「リーフシリーズ飲み比べ」。これは右から、ダブルディスティラリーズ、ミズナラウッドリザーブ、ワインウッドリザーブの3種類飲み比べ。普通のバーではなかなかこんなことできないので、贅沢です。
e0208058_13505799.jpg

「秩父2010 6yo PXシェリーカスクフィニッシュ/ブラックアダー」
アルコール度数59.7度。度数の割には飲んだ瞬間の口当たりはまろやか。でも余韻は舌にピリッと残るアルコール感。
e0208058_14232337.jpg

「イチローズモルト秩父2010 PX Hogshead/for西武鉄道〈52席の至福〉」
西武鉄道の「52席の至福」という休日等に運行されるレストラン列車向けにボトリングされた一本。香りを嗅ぐと鼻にツーンとくるアルコール感でパンチのある風味。口に含むと舌がピリピリしてスパイシーな感じ。
e0208058_14352724.jpg

「イチローズモルト秩父2010 オオサンショウウオ/ウイスキートーク福岡2016」
アルコール度数59.4度。ガツンとくるアルコール感ながら、なぜか口当たりは滑らかです。
e0208058_14174635.jpg

度数の高いものばかり飲んでおり、結構酔いも回ってきたので、ラストの一杯にします。バックバーで目についた面白い一本で「シンゴジラ」。中身はTALISKER の2009年の6年もの。シェリーホグスヘッド樽で酒屋の信濃屋のボトラーズということになるんでしょうか。タリスカーらしくしっかりしたピート感にほんのり柑橘の風味が感じられる一杯。
e0208058_15165253.jpg

けっこう飲みましたが、レッドアローに乗って帰らなければならないという緊張感があるせいか、程よい酔い(良い?)加減。やっぱりいいお酒はきちんと緊張感をもって味わうべきですね。また1日が土日だったら来たいです。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

【住所】 埼玉県秩父市宮側町8−4

by 07takeshi | 2016-10-01 17:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)