<   2016年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

阿佐ヶ谷 『すが原』

大晦日の晩は阿佐ヶ谷に戻って年越し蕎麦を食べに行きます。行ったお店は「すが原」。何度か行ったことのある手打ち蕎麦のお店です。
e0208058_12264822.jpg
大晦日の今日は少しメニューを絞っているようですが、僕は「天ぷらそば(1700円)」、連れは「鴨南そば(1650円)」を頼みました。
天ぷらそばは、天ぷらが別盛でエビが二尾に野菜などが数種類あってなかなか盛りだくさんです。天ぷらは揚げたてなのでサックサク。出汁もかえしがしっかり効いて美味しい。鴨南そばは食べてませんが見るからにジューシーそうな鴨肉に焼きネギが美味しそうでした。
e0208058_12271365.jpg
e0208058_12270367.jpg

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

【住所】東京都杉並区阿佐谷北1丁目4−11




by 07takeshi | 2016-12-31 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

名古屋 栄 『一升びん ラシック店』

下呂温泉からの帰りは、名古屋でランチにします。ちょっと行ってみたいお店があり、あらかじめ予約しておきました。そのお店は「一升びん」。本店は松阪にある、松阪牛がいただける焼肉屋さんです。お店は10店舗ほどあり、基本的に三重県内にあるのですが、ここラシック店だけは名古屋にあるので来やすいんです。
e0208058_08301665.jpg
e0208058_08361984.jpg
年末のラシックレストラン街は大変な混雑具合でしたが、あらかじめ予約してあるのでそのまま案内されます。まずは「グラスビール(380円)」で乾杯!
e0208058_08310818.jpg
昼時はランチメニューもありますが…
e0208058_08305146.jpg
もちろん松坂牛をいただきます。単品もありますが、いろいろ食べられるセットメニューがあるのでそこから頼みます。せっかくなのでここは、「松阪牛上セット(5800円)」をチョイス。それとライス(小)も頼みます。
e0208058_08303648.jpg

熱源は炭火です。
e0208058_08312169.jpg
程なくして運ばれてきたお肉がこちら!がっつりサシが入ってますね~。肉はリブロース、ミスジ、ランプともう1種は聞き取れませんでしたがカルビあたりでしょうか。
e0208058_08314293.jpg
e0208058_08320157.jpg

まずはこのカルビ?から焼いていきます。
e0208058_08331729.jpg

肉をひっくり返すと脂がジュワッと溢れています
e0208058_08332925.jpg
それでは早速いただきます。口に入れると、驚く程柔らかく、更に脂の甘さが口中に広がります。これは旨い!
e0208058_08334327.jpg
ミスジ
e0208058_09555904.jpg
ランプ
e0208058_08330060.jpg
リブロース
e0208058_08335779.jpg
e0208058_08340978.jpg
e0208058_08342419.jpg
どれも肉の旨味、脂の甘さが際立って驚く程美味しいです。肉だけで食べるときは塩でいただくと、肉の味がダイレクトに伝わって、脂の甘さもよく感じられます。一方タレで食べるとご飯とよく合います。わざわざ名古屋で食べた甲斐がありました。東京で松阪牛食べたらいくらかかるかわかりませんし、リーズナブルに松阪牛を食べられるいいお店です。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】名古屋市中区栄3丁目6番地1号 ラシック7F







by 07takeshi | 2016-12-31 12:30 | 首都圏以外 | Comments(0)

下呂温泉 『ホテルパストール』

せっかく名古屋まで来たので、ちょっと足を伸ばして下呂温泉まで行ってきました。名古屋駅からJR特急「ワイドビューひだ」に乗って約1時間半で下呂に到着します。
e0208058_13240849.jpg
到着したのがお昼頃だったので、まずはランチにします。駅前にある老舗の温泉旅館「水明館」内のレストランで食事をします。行ったお店は「北乃寮」。ここで僕は「炙り飛騨牛弁当」、連れは「飛騨牛すき焼き丼」をいただきましたが、肉の旨味が感じられて美味しかったです。
e0208058_13242699.jpg
e0208058_13245307.jpg
e0208058_13243881.jpg
15時のチェックイン迄しばらく時間があったので、観光名所の「合掌村」に行きます。これは、白川郷などから移築した10棟の合掌造りの民家で集落を再現したものです。本物の合掌造りの家を間近で見られて見応えのある施設でした。
e0208058_13252844.jpg
e0208058_13254874.jpg
e0208058_13262515.jpg
e0208058_09133156.jpg

その後はホテルにチェックイン。今宵の宿は「ホテルパストール」。ホテルタイプだけど温泉もあります。ちなみに今日はお部屋と食事お任せで1泊2食付き2名で宿泊で、一人12000円くらいのプランです。

e0208058_13265046.jpg
e0208058_13351778.jpg

e0208058_13285594.jpg

お部屋はこちら。洋室の中に小上がりのようなコーナー和室があるタイプで45㎡もあるので、かなり広々としています。
e0208058_13272552.jpg

e0208058_13274175.jpg

ホテルは温泉街から離れた山の方にあるのでバルコニーからの景色も絶景です。
e0208058_13280239.jpg
荷物を置いた後、早速温泉に行きます。温泉は男女別で、内湯と露天がそれぞれにあります。男性用の内湯はこんな感じ。
e0208058_13324160.jpg
で、露天はこんな感じ。下呂のお湯はほぼ臭いもなく、さらりとしているのですが、肌にねっとり絡みつくような泉質で、とってもいいお湯でした。
e0208058_13283083.jpg

e0208058_13284129.jpg

夕食は館内のフレンチレストラン「ラ・ポアルドール」で和牛のハーフステーキコースでした。
e0208058_13312439.jpg

e0208058_13295379.jpg

ドリンクは別なので、ハーフボトルの赤ワインを注文し、乾杯!
e0208058_13291110.jpg

e0208058_13293901.jpg

まずは旬の小皿から。地元産「なっとく豚」のパテとカブのムース
e0208058_13300453.jpg

パンは温かく、サクサクです。
e0208058_13301722.jpg

キノコのポタージュ。味が濃厚でマッシュルームの味と風味が生きています。
e0208058_13303597.jpg

e0208058_13304645.jpg

サラダ。自家製のオニオンドレッシングが酸味控えめで美味しいです。
e0208058_13310752.jpg

メインの和牛のグリル。量は多くありませんが、柔らかくて脂の旨みがいいですね~
e0208058_13314396.jpg

e0208058_13315945.jpg

デザートは紅茶のアイスとチョコのムース
e0208058_13321123.jpg

食後はコーヒーか紅茶が選べます。コーヒーは京都小川珈琲のもので、香り高いコーヒーでした。
e0208058_13322741.jpg

宿泊プランはそんなに高いものではなかったので、もう少し簡素な食事かと思っていましたが、思った以上に豪華で食べたら思いのほかお腹も膨れて満足な夕食でした。

翌朝の朝食は別会場のレストラン「ロマラン」にていただきます。ここは別棟にあるのですが、1階にはプールがあります。
e0208058_13325671.jpg

朝食はバイキング形式です。基本的には洋のメニューが多いですが、ご飯、味噌汁に納豆などもありました。
e0208058_13333015.jpg

e0208058_13331704.jpg

ここの名物、カレーもあります。
e0208058_13334342.jpg

e0208058_13335608.jpg

e0208058_13340841.jpg

e0208058_13342127.jpg

比較的廉価なプランながら、お部屋も広かったですし、食事も2食とも内容も満足できるものでした。温泉もいいお湯でしたし、総合的な満足度は高かったです。ただ、残念なのは、平成29年3月31日をもって閉館するとのこと。いいホテルだけに残念です。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】岐阜県下呂市森1781




by 07takeshi | 2016-12-30 16:00 | 温泉 | Comments(0)

桑名 『魚重楼(うおじゅうろう)』 oishii

桑名の夜は、桑名名産のハマグリを食べに行きます。行ったお店はハマグリ料理がいただける料亭、「魚重楼」。明治時代からある老舗のお店です。
e0208058_09083968.jpg
e0208058_09081480.jpg
e0208058_09083050.jpg
通されたお部屋は個室です。和室なんですがテーブル席になっているのが嬉しいですね。
e0208058_09085035.jpg
まずは瓶ビールで乾杯!
e0208058_09085791.jpg
ご馳走してもらったので正確な値段は分かりませんが、多分8000円くらいの懐石コースだと思います。まずは先付「ハマグリの南蛮漬け」
酸味は強くなく程よい感じでプリっとしたハマグリの身に衣が出汁の旨味を吸って、すごく旨い!
e0208058_09293779.jpg
前菜は季節のものいろいろで、お正月らしく数の子や、玉子焼、ホタテなど彩りが綺麗です。
e0208058_09295971.jpg
お造りは「ハマグリの刺身」
関東ではなかなか食べられないハマグリの刺身。コリコリの食感。これは生で食べないと分からない感覚です。
e0208058_09302123.jpg
e0208058_09305595.jpg
e0208058_09310645.jpg
「ハマグリのぬた」
「ぬた」とは平たく言うと酢味噌和えのこと。ハマグリのぐにゅっと柔らかいながらも弾力のある食感。酢味噌のコクと酸味がいい味です。
e0208058_09311869.jpg
e0208058_09313022.jpg
「ハマグリの茶碗蒸し」
百合根、銀杏、椎茸、三つ葉にここにももちろんハマグリが入っています。味のベースのお出汁にはハマグリの旨味もしっかり効いて美味しい!
e0208058_09314151.jpg
e0208058_09315221.jpg
ここでお酒を日本酒に切り替えたのですが、切子の徳利とお猪口がとっても綺麗です。いい器でお酒を飲むと美味しくなりますよね。
e0208058_09320762.jpg
「焼き蛤」
土鍋にセットされたハマグリはまだ生きています。ちょっと可愛そうですが、これを火にかけます。
e0208058_09300992.jpg
しばらく待って蓋を開けると、フワッとした湯気とともにパカっと開いたハマグリがお目見えします。それにしてもただ加熱しているだけで、こんなにも汁が溢れてくるなんて不思議です。なんの味付けもしていないのに、食べるとハマグリの旨みが口いっぱいに広がります。素材がいいと、味付けがなくても美味しいんですね。
e0208058_09321908.jpg
e0208058_09330368.jpg
「ハマグリの天ぷらと磯辺揚げ」
短時間で揚げられているので、ハマグリの風味が損なわれることなく中はジューシー。天ぷらは素材の味がそのまま感じられ、磯辺揚げはノリの香ばしい風味とハマグリの風味が絶妙にマッチ。海のもの同士なので相性もいいんでしょう。
e0208058_09331978.jpg
「ハマグリのしゃぶしゃぶ」
こんなメニュー、なかなか食べられないですよね。この紙鍋で作ります。あらかじめ紙鍋にはお出しが張られていて、そこにハマグリを投入します。
e0208058_09334199.jpg
e0208058_09335400.jpg
しばらくすると、口が開くのでそうなると食べごろです。適度に加熱された身はぷっくりと膨らんで美味しそう!これも口に入れて噛むと、中からジュワッと旨みの汁が溢れてきます。
e0208058_09340778.jpg
結局こんなにハマグリをいただきました。
e0208058_09343511.jpg
しかも一個一個がとても大きいんです。スケール感はこんな感じ。
e0208058_09342484.jpg
最後はご飯もの。「ハマグリの時雨茶漬け」
結構お腹いっぱいでしたが、ズルズルっと食べられます。普段食べているお茶漬けとは全然違い、滋味深いです。
e0208058_09344564.jpg
e0208058_09345945.jpg
最後はデザート。
e0208058_09351208.jpg
それにしてもハマグリづくしでお腹いっぱいです。日常使いするお店ではないかもしれませんが、その土地の美味しいものをいただくにはとてもいいお店です。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】三重県桑名市南魚町31番地




by 07takeshi | 2016-12-29 19:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

桑名『ナガシマスパーランド』

年末は甥っ子や姪っ子に会うため、恒例の三重県の桑名に行きます。その前に「ナガシマスパーランド」にてちょっと遊んでいきます。ナガシマスパーランドは関東で言う富士急ハイランドのような、絶叫マシーンが充実した遊園地です。目的はここにある「スチールドラゴン」というジェットコースターで、富士急のフジヤマより高くて出来た当時は世界最高だったと思います。ちなみに最高到達点は、スチールドラゴンは97mで、フジヤマは79mです。
e0208058_08170362.jpg
朝、東京駅を出発し、のぞみで名古屋に向かいます。昼の遊ぶ時間を確保するためちょっと早いですが、車内では軽く食事をすることにします。東京駅地下のグランスタで購入した「天むす」と「海老春巻き」。天むすは天ぷらがしっとりで衣にタレの味がしみて美味しい。
e0208058_08003481.jpg
海老春巻きはとっても長く、中の餡はプリプリでエビの味がしっかりです。
e0208058_08004418.jpg
名古屋駅に到着後は近鉄線に乗り換えて、20分ほどで桑名に到着します。そこからはバスに乗って20分ほどで長島温泉に到着!
e0208058_08012283.jpg
フリーパスは、あらかじめコンビニの端末で買っているのでそのまま入場します。ちなみに値段は4500円ですが、来年度から5000円になるのかな。
e0208058_08013326.jpg
まずは、どうしても乗りたいスチールドラゴンを目指します。待ち時間は90分でしたが、ここには素晴らしいシステムがありまして、優先チケットを買えば待ち時間が大幅に短縮されるというもの。土日や混雑指定日は1000円なのですが、今日は平日扱いだったので500円でした。
e0208058_08014381.jpg
多くの方は普通に並んでいますが、優先チケット購入者は出口側から入って並び、5分くらいで乗ることができました。車両はこちらなんですが、足がぶらぶらなので踏ん張りが効かないんです。ドキドキとワクワクが交錯しながら出発!
e0208058_08141076.jpg
こんな感じで登っていきます。
e0208058_08142338.jpg
僕は高いとこは苦手なんですが、ジェットコースターは好きなので、へっちゃらだと思っていたのですが、最高到達点の手前くらいまできたところ(矢印のあたり)であまりの高さに怖すぎて乗ったことをちょっと後悔しました。
e0208058_09273859.jpg
正面から見るとこんなんですからね。高さも30階くらい相当なのでかなり怖いです。でも一番怖かったのは登っている最中で、高速で動き出してからは、怖がる余裕もありませんでしたが、とっても乗りごたえのあるコースターでした。
e0208058_08170362.jpg
その次も人気のアトラクション「アクロバット」。これはぶら下がったような状態でぐるぐる回るタイプで、個人的にはそんなに怖くはありませんでした。これも90分待ちくらいだったので、本日二度目の大人の事情発動で10分くらいで乗ることができました。
e0208058_08143640.jpg
e0208058_08145284.jpg
e0208058_09091595.jpg
e0208058_08153425.jpg
このままホワイトサイクロンに行こうと思ったのですが、点検に入ってしまったので、違うものに乗ります。選んだのは「スターフライヤー」。くるくる回るだけのブランコだろうとタカをくくっていたら、乗ったらめっちゃ怖かったです。
e0208058_08161275.jpg
続いては「ワイルドマウス」。小さい4人乗りのコースターで、そんなに怖そうな感じはしませんが、すごく小刻みにクルクル動くため、横に飛び出そうになる感覚で、意外と怖かったです。
e0208058_08162724.jpg
次はここに来たら外せない「ホワイトサイクロン」。これは60分待ちだったので本日三度目の大人の事情発動。ちなみに優先券があるのは、スチールドラゴン、アクロバット、ホワイトサイクロンの三種のみで、混雑日のみの取り扱いのようです。
e0208058_08165277.jpg
e0208058_08163815.jpg
ホントはもっといろいろ乗りたかったのですが、次の予定があるのでこの辺りで終わりにします。ここは絶叫マシーン好きなら絶対楽しめると思うので、そういう方にはお勧めです。あと、すぐ横には温泉旅館やアウトレットもあるので、いろいろ楽しめるリゾート施設です。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】三重県桑名市長島町浦安333番地





by 07takeshi | 2016-12-29 13:00 | 旅行記 | Comments(0)

銀座 『佐藤養助』

今日はよく食事会をしているメンバーで忘年会。寒い季節なので鍋を食べようとやってきたのは「佐藤養助」。以前一度来たことのある稲庭うどんのお店です。鍋なのにうどん屋さん?って思うかもしれませんが、稲庭うどんは秋田の名産で、ここでは同じく秋田の郷土料理、きりたんぽ鍋が頂けるんです。
e0208058_10595058.jpg
メンバーが揃ったところで、「生ビール(アサヒドライプレミアム豊穣@700円)」
e0208058_10595841.jpg
まずは鍋の前に軽くつまみます。「いぶりがっこチーズ(750円)」
ちょっと気の利いた和食屋さんなどでは見かけるメニューですが、出てきたそれは予想以上にお洒落な一品。まるでロールケーキのようにで、クリームチーズに和えてあるのが出てくると思っていたのでちょっとびっくりでした。
e0208058_11305808.jpg
もう一品は「比内地鶏炙り 柚子胡椒添え(1200円)」
表面の皮は香ばしく、肉質は弾力がしっかりなんですが、ジューシーさもあり噛めば噛むほど旨みが出てきます。さすが比内地鶏です。
e0208058_11002158.jpg
ここで、本日の主役「きりたんぽ鍋(2300円×2人前)」
鍋の後には稲庭うどんも食べたいので、4人でしたが2人前にしときました。作ったものを取り分けて持ってきてくれるというので、最初に材料だけ写真を撮らせてもらいました。
e0208058_11000536.jpg
きりたんぽ以外に、比内地鶏、セリ、ネギ、シメジ、しらたきなど具材の種類も多く体にも良さそうです。セリは根ごと食べるのですが、とっても立派な根っこです。
e0208058_11001291.jpg
出来上がり後、取り分けたのがこちら。さすがに半人前なので、ちょっと量は少なく感じますが、きりたんぽは比内地鶏からとった鳥ガラスープをしっかり含んで美味しい!セリはシャキシャキの食感で、ほろ苦さが大人味。
e0208058_11044405.jpg
e0208058_11045323.jpg
最後はもちろん稲庭うどんで締めます。頼んだのは「タイ風グリーンカレーとレッドカレーの二色つけうどん(1700円)」と醤油つゆとごまみそつゆの「二味せいろ(1300円)」
運ばれてきたうどんは麺がツヤツヤでとっても美味しそう!
e0208058_11051176.jpg
タイ風カレーはグリーンカレーもレッドカレーも思いのほか本格的な味で、和のうどんとの意外な組み合わせですが、これがよく合うんです。
e0208058_11050358.jpg
e0208058_11052513.jpg
一方、二味せいろは、醤油つゆは定番の安心できる味。ゴマみそつゆは濃厚で、ごまだれが好きな人にはたまらない。
e0208058_11051822.jpg
お店は新しく綺麗で雰囲気がいいので、デートでも使えますし、ビブグルマンにも選出されているだけあって、味も間違いないですし、使い勝手のいいお店だと思います。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都中央区銀座6−4−17




by 07takeshi | 2016-12-28 18:00 | 中央区 | Comments(0)

築地『すし大 別館』



クリスマスイブの今日は、去年に引き続きお鮨を食べに行きます。お店も同じく「すし大 別館」。リーズナブルに美味しいお鮨がいただけるお店です。
e0208058_16563089.jpg
クリスマスの店内は、カップルを中心に賑わっています。まずは「生ビール(中@600円)&(小@400円)」で乾杯!
e0208058_16565395.jpg
お通しはこちら
e0208058_16564136.jpg
握りは今年も「店長おまかせ(3500円)」を注文。これは、握り10貫に巻物と、好きな握りを1貫頂けるというものです。最初は玉子焼からスタートです。
e0208058_16570226.jpg
1貫目は「マダイ」。シンプルに塩でいただくマダイは、コリっとした歯ごたえで、ほんのり柑橘の風味が効いて爽やか。
e0208058_16571037.jpg
2貫目「氷見のメジマグロ」。熟成されたような赤身の旨味がしっかりです。
e0208058_16571868.jpg
3貫目「北海道のボタンエビ」。ねっとりととろける食感で甘い!
e0208058_16572762.jpg
4貫目「銚子のサワラ」。さっぱりだけど、噛んだ瞬間白身の旨味が口中に広がります。これは美味しい!
e0208058_16573618.jpg
5貫目「愛知の赤貝」。コリコリの食感が気持ちよく、でもひと噛みした後は柔らかく貝特有の旨みが。
e0208058_16574530.jpg
6貫目「勝浦産 金目鯛の昆布締め」。身はとろりと柔らかく、キンメ自体の旨みに昆布の旨味も相まって旨い!
e0208058_16575465.jpg
7貫目「舞鶴のアジ」。皮の銀色が綺麗でサクッと歯切れがよく、身の旨味がしっかり。
e0208058_16581397.jpg
ここで飲み物を日本酒に。「浦霞(800円)」
e0208058_16591574.jpg
次は巻物「ネギトロ」と「かんぴょうと胡瓜」
e0208058_16582378.jpg
8貫目はウニかイクラから選べるので、迷わず「ウニ」をチョイス。とろける食感で甘い❗
e0208058_16582919.jpg
9貫目「炙りトロ」。口に入れると炙った香ばしさが感じられて、その後脂がジュワッと溢れてきます。
e0208058_16585287.jpg
10貫目「アナゴ」。これは崩れ易いのでお皿に載って提供されますが、まさに口に入れるとホロリととろけます。
e0208058_16592385.jpg
最後は好きなものを選べるので「イクラ」。プチっと弾けると中から旨味の汁が溢れてきます。
e0208058_16593077.jpg
最後はサービスでお味噌汁を出してくれますが、海老のお頭が入っているので、お出汁が効いて五臓六腑に染み渡り、体が暖まります。
e0208058_16594424.jpg
この値段でこのクオリティですから、とってもお値打ちです。今日も満足な夕食でした。来年もまた来よう❗

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都中央区築地6-13-3





by 07takeshi | 2016-12-27 19:00 | 中央区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『やきとり空間 風緑』

今日の夕食は家の近所にある焼鳥屋さん「風緑」。今年の夏頃に、中杉通り沿いの以前「酉の」という焼鳥屋さんがあった場所にオープンしたお店です。
e0208058_11242290.jpg
金曜の晩で20時頃入ったときは先客は1名でしたが、30分もするとカウンター席はほぼ満席になりました。すでに常連さんとかも結構いるみたいですね。とりあえず、まずは「生ビール(550円)」を注文。すぐに先付けが運ばれてきます。鳥スープに栃尾揚げ、冷奴、アボカドです。
e0208058_11243275.jpg
料理一品目は「至福の白(330円)」
これは白レバーで、3種の味付けがありますが、ゴマ油の白をチョイス。とろ~りとろける食感にゴマ油の香ばしい風味がいいアクセントになっています。
e0208058_11244258.jpg
二品目「生つくね(330円)」
生の状態から焼いているので、食感がふわっと柔らか。生姜が効いてちょうどいい塩加減。
e0208058_11245019.jpg
三品目「ねぎま(280円)」
焼き鳥の定番串ですよね。炭火の香ばしさが感じられ、ネギのシャキシャキ感があって、肉はとってもジューシー。
e0208058_11250430.jpg
四品目「ハツ(260円)」
焼き加減がいいのでとっても柔らか。ハツらしいプリッとした歯応えもあるけど、優しい食感がとてもいい。
e0208058_11252047.jpg
五品目「ぼんじり(260円)」
表面はパリッと、中はジュワッとして部位としては脂が多いところですが、物がいいのでくどさはなく、さらりとした脂感です。
e0208058_11253335.jpg
六品目「せせり(260円)」
これは首周りのお肉。適度に歯ごたえもありながら、柔らかい肉感もあり、旨い!
e0208058_11254909.jpg
七品目「九条ねぎと京七味の鶏皮ポン酢(580円)」
九条ねぎならではの鮮やかな緑が綺麗。ネギのシャキシャキ感と皮の柔らかい食感に、鶏皮の旨みをポン酢でさっぱりいただける一品。ちょこちょこつまむのに、ちょうどいいですね。
e0208058_11251165.jpg
日本酒も結構充実しているので、ビールのあとは日本酒をいただきました。お店も新しいので、とっても綺麗ですし、御夫婦?の接客も感じよくて居心地のいいお店です。阿佐ヶ谷は、なにげに焼鳥激戦区なので、これからも末永く続けて欲しいお店です。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区阿佐谷北1丁目37−6






by 07takeshi | 2016-12-26 17:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

大阪 日本橋 『こけし』

今日は大阪の日本橋にやってきました。大阪の日本橋は「にっぽんばし」と読み、東京でいう秋葉原のような電気街です。なぜここに来たかというと、僕の一番好きなカツカレーが食べられるからです。そのお店は「こけし」といって、カツ丼とカツカレーの専門店です。
e0208058_19594598.jpg
中に入るとなんか違和感があると思ったら、引っ越したみたいです。すぐ隣への引っ越しだったので中に入るまで気付きませんでした。メニューはカツ丼とカツカレーのみですが、それぞれバリエーションがいろいろあります。
e0208058_20000672.jpg
頼むのはカツカレーと決めています。カツが二枚のダブルとんかつカレーにしようかなと思ったのですが、そこまでお腹もすいてなかったので普通に「とんかつカレー(990円)」を注文。最初にたくあんが出されるのですが、これは食べるとどんどん補充してくれます。
e0208058_20003319.jpg
程なくして、とんかつカレーが運ばれてきました。見た目はシンプルなカツカレーです。
e0208058_20004532.jpg
それでは早速いただきます。カツは縦だけじゃなく横にもカットされているのでちょうど一口サイズになっていて食べやすいです。このカレーは、カツとカレーのバランスがいいんです。例えばとんかつは、トンカツ定食のカツだとしたら、もうちょっと厚みがほしいところですが、カツカレーのカツの場合は、これくらいが食べやすいし存在感もあってちょうどいい塩梅なんです。カレーは単体でも美味しいですが、ちょっと酸味が感じられて、カツと合わせると、より美味しく感じる気がします。
e0208058_20005842.jpg
久し振りに食べましたが、やっぱりとっても好きな味。次食べられるのはいつになるか分からけど、また大阪帰った時には食べに来たいと思います。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】大阪市 浪速区日本橋4丁目5−18





by 07takeshi | 2016-12-25 16:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

天王寺 『焼肉平和』

山崎蒸留所からの帰りは天王寺で下車し、焼肉を食べます。行ったお店は「焼肉平和」。このお店はカウンター席があるので、一人焼肉ができるんです。場所で言うと、JR天王寺駅出てすぐなので、立地的にも非常に便利。
e0208058_04580824.jpg
中に入ると1階はカウンター席。恐らく2階はテーブル席だと思われます。焼き器が一人づつあるので、まさに一人焼肉に最適なお店です。
e0208058_04583194.jpg
メニューはこんな感じ。
e0208058_04584409.jpg
座るとすぐにお通しのキャベツが置かれます。ポリポリつまみつつ注文の品を考えます。
e0208058_04585825.jpg
既に飲んでいるのでビールではなく、まずは「チューハイレモン(380円)」
e0208058_04591918.jpg
それと肉ですが、最近はあまり量が食べられないので、焼肉屋に来ると高いものから食べます。ということで「ロース(1480円)」と「上ハラミ(950円)」
運ばれてきたお肉はこちら。ロースは綺麗にサシがしっかり入ったいいお肉。ハラミも厚切りで、これも適度にサシが入ってますね。
e0208058_04593959.jpg
それでは早速焼いていきます。ジュ~という音と香ばしい香りが立ち込め、食欲がそそられますね。
e0208058_04595491.jpg
口に運ぶとロースは脂が甘くてとろけるような食感。一方上ハラミは柔らかいながらも、適度に歯応えがあって旨みがしっかり。我慢できなくなり白米を発注し、オン・ザ・ライスで食べます。あ~旨い!
e0208058_05000534.jpg
続いての品は「上バラ(910円)」と「上ミノ脂(710円)」
両方ともかなりの厚切りで、上バラにはしっかりサシも入って美味しそう!
e0208058_05002105.jpg
こちらも早速焼いていきます。
e0208058_05003185.jpg
上バラは、サクッとした食感で、脂が甘い!一方、上ミノ脂はふわっと柔らかい食感で、噛むとジュワッと脂が溢れてきてトロッととろける。上品なもつ鍋のモツを香ばしくした感じでしょうか。一人なので、これでかなり満腹に。気軽に美味しい焼肉が食べられるいいお店でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】大阪市天王寺区悲田院町4−17




by 07takeshi | 2016-12-24 16:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧