金沢 『味楽ゆめり』

金沢の夕食は地元で評判のいい海鮮居酒屋に行きます。そのお店は「ゆめり」。人気のお店なので1か月くらい前に予約を入れておきました。この日も速い時間は満席で、飛び込みで来たお客さんは断られていました。
e0208058_17280485.jpg

二人だったので、カウンター席に案内され、まずはビール。生じゃなくて地元のビールから「金沢ラガー」ほんのりフルーティさもあって、クラフトビールっぽい味ですね。
e0208058_23230459.jpg
1品目は本日のおすすめから「加賀野菜の南蛮漬け」
これは、加賀レンコン・甘栗カボチャ・加賀太きゅうり・ヘタ紫ナスの南蛮漬け。もっと酸っぱいのかと思ったら、ちょっと酸味のある煮びたしのようで、程よい酸味に出汁の旨味も効いて滋味深い味です。
e0208058_23252955.jpg
続いては、これぞお目当ての一品「ノドグロの刺身」
贅沢にも一尾丸々出てきます。ちょっと皮目は炙ってあって、肉厚な身は旨みがしっかりで、皮付近は炙ってあるので、脂が感じられて甘いんです。だから醤油で食べるのもいいですが、塩で食べるとさらに甘さが際立って旨い!
e0208058_23485997.jpg
e0208058_23491114.jpg
e0208058_23492750.jpg
ノドグロは通称名でホントの名前はアカムツのこと。喉が黒いから「ノドグロ」といいます。
e0208058_23554864.jpg
「ガスエビ唐揚げ」
あまり聞き慣れない名前のエビですが、石川や富山などでよく食べられるエビで、色が茶色いので見た目は悪いのですが、甘エビより一回り大きい身はめっちゃ香ばしくてパリパリ。身も結構あって熱を加えているので甘く味は極上です。
e0208058_00031588.jpg
e0208058_00032444.jpg
ここで日本酒に切り替えます。店主の地元・奥能登のお酒「竹葉(450円)」
e0208058_00060492.jpg
「しま海老の刺身」
これもあまり聞かないエビですが、北陸だけではなく北海道などでもとれるようです。刺身でもとろりとした食感ではなく、プリッと感が強い感じです。
e0208058_00153150.jpg
e0208058_00173253.jpg
締めの一品は「甘エビクリームコロッケ(700円)」
中の具に味が付いているのでそのままでいけます。甘エビの身もしっかり入って、滑らかなソースに甘い身がよく合います。
e0208058_00264070.jpg
e0208058_00265297.jpg
この後はバーに行こうと思うので、ここは余力を残して出ることにします。お酒は2杯づつくらい飲んで、二人で1万円いかないくらい。内容を考えると安いと思います。店主は若い方でしたが、どの料理も美味しくて北陸の海の幸を十分堪能できるいいお店でした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】石川県金沢市本町1丁目3−33





# by 07takeshi | 2017-09-12 19:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

金沢 『もりもり寿司 近江町店』

金沢でのランチは金沢駅でお寿司をいただきます。最初は回転寿司の「もりもり寿司」に行こうと思ったのですが、12時半ごろ行ったところ、20人くらい並んでいたので、どうしようかなぁと思ってふと横を見ると回転じゃない「もりもり寿司」のお店があり、そちらは並ばずに入れそうだったのでそちらに行くことにします。
e0208058_14175882.jpg
こちらはお寿司は単品では頼めなくて、セット物で頼むことになります。
e0208058_14282251.jpg

e0208058_14221858.jpg
グランドメニューもありますが、平日限定のランチメニューがお得そうなので、そこから頼みます。ちょっと贅沢に「こだわりにぎり(1700円)」。マグロ、イカ、アジなどから甘エビ、カニ、ウニまで10カンでこの値段ですからかなりコスパがいいです。
e0208058_14412107.jpg
e0208058_14421010.jpg

お味噌汁も具だくさんです
e0208058_15025547.jpg


回転寿司の方とは違って、テーブル席で落ち着いて食べられますし、コスパもいいので、むしろ回転寿司の方に行かなくてよかったかもしれません。自分の好きなネタをいろいろ食べたい方は、回転の方がいいかもしれませんが、落ち着いて食べたい方は、こちらの方がおすすめなので、用途に合わせて使い分けるのがいいかもですね。

よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】石川県金沢市堀川新町3-1 金沢フォーラス 6F




# by 07takeshi | 2017-09-05 13:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

北陸旅その①金沢

少し遅めの夏休みを取って、金沢と富山に行ってきました。以前は行きにくかったのが、新幹線が開通してずいぶん楽に行けるようになりましたね。
e0208058_10104247.jpg
朝9時半くらいの新幹線に乗り、東京駅を出発します。昼ご飯を食べながらお酒を飲もうと思っていたので、行きの新幹線では飲まないつもりだったのですが、車内販売で北陸限定のビール「グランアグリ」が売っていたので、思わずおつまみ用のお菓子「ビーバー」と共に購入。ちなみにビーバーも北陸のお菓子です。


e0208058_10133199.jpg
あとは、グランスタの「豆狸」で買ったいなりずしをアテに飲みます。
e0208058_10150550.jpg
そうこうしてるうちに金沢に到着。約2時間半なので、飲んでたらすぐに着いちゃいますね。金沢駅は最近新しくなったようで、きれいで冒頭写真の「もてなしドーム」がすごい立派です。これは駅側から見たところ。
e0208058_10161765.jpg
今日泊まるのは、駅前すぐにある「ANAクラウンプラザホテル」。チェックインにはまだ早いですが、先に荷物を預け、そのままランチに行って(ランチは別記事で紹介)、その後は観光に行きます。
e0208058_10193002.jpg

e0208058_09154778.jpg

宿泊プランが、バス周遊券付だったのでバスのチケットを使い、まずは兼六園に向かいます。これは観光地を回る循環バスが1日乗り放題になるものです。チケット自体は500円で、バスは1回乗ると200円なので、3回以上乗ると元が取れます。
e0208058_21393697.jpg
金沢駅からはバスで15分ほどで兼六園に到着します。兼六園といえば、日本三大庭園と言われていますが、僕は岡山の後楽園も水戸の偕楽園にも行ったことがないので、初の三大庭園見学になるわけですが、三大と言われるだけあって、規模も内容も圧倒的ですね。
e0208058_22014030.jpg
まず見えてくるのは撮影スポットになっている徽軫灯籠(ことじとうろう)

e0208058_22561879.jpg
e0208058_08253207.jpg
これは、特に名もない小川。なんとなくきれいだったので撮ってみました。

e0208058_23032411.jpg
これも撮影スポットの根上松(ねあがりまつ)。根が地上にせり上がっています。
e0208058_08293399.jpg

ここは瓢池(ひさごいけ)。池が瓢箪のような形をしていることから、こう名付けられたそうです。
e0208058_23042335.jpg
これは噴水。特に「なんとか噴水」ではなく「噴水」です。
e0208058_23102733.jpg
一通り兼六園を堪能した後は、道路を挟んだところにある金沢城を見学します。金沢城は過去に天守が消失して、以降復元されていないので、天守閣はありませんが、代わりにシンボルになっているのがこの石川門かと思います。

e0208058_23131738.jpg
e0208058_00020754.jpg
ここで恒例のお城とビール!
e0208058_00023532.jpg
三の丸広場
e0208058_00042079.jpg
五十間長屋 上の写真の長い部分がここです
e0208058_00045530.jpg

e0208058_00060205.jpg
五十間長屋の端にある「菱櫓」
e0208058_00064248.jpg
その後はバスに乗り、観光名所の「ひがし茶屋街」へ。
e0208058_08474198.jpg
昔の町並みで趣がありますね~
e0208058_08482586.jpg
ちょっと歩き疲れたので、休憩することにします。入ったお店は「不むろ茶屋」。ここはお麩屋さんのカフェ。ここでは僕は「大島あん麩氷(550円)」連れは「あん麩氷(550円」をいただきます。白玉のように見えるのはモチモチの生麩。大島あん麩氷の方は黒蜜でコクがあり、あん麩氷の方は、お茶でさっぱりほろ苦い!
e0208058_08535831.jpg

e0208058_08544216.jpg
続いて酒屋さん「ひがし茶屋街 酒楽」にて軽く日本酒をいただきます。
e0208058_08581160.jpg

e0208058_08574064.jpg
その後はホテルに戻りチェックイン。これも宿泊プランに付いているのですが「お勧めのスイーツセット」をいただけるというもの。飲み物と金沢銘菓やケーキなどのセットや季節のパフェがいただけます。このあと食事に行くので連れは軽めに「金沢銘菓とホットコーヒー」で僕は季節のパフェをいただきました。値段にすると1200~1300円くらいなので、なかなかお得です。
e0208058_09040274.jpg
e0208058_09042184.jpg
お部屋はこちらでスタンダードダブルのお部屋。1泊2日朝食付き2名で宿泊で一人10000円のプランです。
e0208058_09073559.jpg

e0208058_09074670.jpg

e0208058_09080077.jpg
この日の晩は、人気海鮮居酒屋の「ゆめり」で夕食をいただき、その後は泊まったホテルにあるバー「ラ ブリエ」と向かいにある日航ホテルのバー「夜間飛行」を梯子しましたが、それは別記事で紹介します。

翌日の朝食は1階にある「カスケイド ラウンジ」でいただきます。和洋いろいろメニューであり、北陸らしく甘エビの唐揚げなんかもあります。
e0208058_13143521.jpg
e0208058_23523048.jpg

e0208058_13173243.jpg

e0208058_13181712.jpg
二日目は午後から富山に向かうので、昼は近江町市場で食べ歩きをします。
e0208058_13201422.jpg
e0208058_13213249.jpg
まずは近江町市場で食べ歩きといえばここ「近江町コロッケ」。
e0208058_13275586.jpg

e0208058_13290610.jpg
ここでは「甘エビコロッケ(300円)」と…
e0208058_13294148.jpg

e0208058_13300027.jpg
「タココロッケ(180円)」をいただきました。両方とも揚げたて熱々で美味しかったです。
e0208058_13305156.jpg
続いては海鮮系から

e0208058_13313228.jpg

e0208058_13314836.jpg
「ホタテ(500円)」と「ボタンエビ(500円)」を購入。横のテーブルには醤油とかお箸が置いてあるので、その場でいただけます。とっても甘くて美味しい!
e0208058_13364398.jpg

e0208058_13365954.jpg
e0208058_13371649.jpg
続いてはこれも名物の「どじょう(120円)」ほろ苦くてお酒が飲みたくなります。
e0208058_13385959.jpg

e0208058_13392696.jpg
その後は金沢駅に戻って買い物の合間にちょっと飲みます。エキナカの金沢百番街にある「金沢地酒蔵」。基本的にお土産屋さんですが、カウンターがあって、そこで日本酒が飲めます。
e0208058_13434518.jpg

e0208058_13440413.jpg
ここでは金沢のいろんな日本酒が飲めます。単品でも頼めますがセット物から「金沢セット(864円)」をいただきます。
e0208058_13480792.jpg

ちょっとしたおつまみも付きます
e0208058_13484171.jpg
ちょっとほろ酔いになった後は、富山に移動します。
富山編につづく


よかったら下のバナーをクリックお願いします




# by 07takeshi | 2017-09-04 12:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

荻窪 『ナトワ』

今日は連れとディナーに行きます。阿佐ヶ谷のお店は色々行ったので、今日は隣駅の荻窪に行ってみることにします。今日行くのは荻窪駅南口から7~8分ほど歩いたところにあるワインを楽しむレストラン「ナトワ」。評判のいいお店なので、前から来たいなぁと思っておりましたが、なかなか機会がなく、本日やっと行くことができました。
e0208058_14305794.jpg
お店は階段を下りた地下一階になります。カウンターメインのカジュアルな感じなのかと思っていたら、カウンター席もありますが、テーブルメインでフレンチレストランのような白を基調とした高級感のある雰囲気です。あらかじめ前日に予約を入れておいたので、テーブル席に案内され、まずは乾杯ですが、通常ならビールにするところですが、ワインメインのレストランなので、ビールはやめてスパークリングをいただきます。スペインのCAVA「ピュピトレ ブリュット(750円)」
e0208058_14352607.jpg
メニューは黒板にいろいろ書いてあって、前菜だけでも十数種類あって、どれにするのかなかなか決められないので、とりあえず「前菜盛り合わせ(1800円)」を注文します。これは、①ヴィシソワーズ、②パプリカのムース、③カツオのスモーク、④イワシのタルト、⑤自家製ハム、⑥鶏レバーのパテの6種の前菜が盛り合わせになったもの。ヴィシソワーズはざらつき感がなく滑らかな口当たりでクリーミー。レバーのパテは全然臭みがなく、ほんのり苦みがいいですねぇ。パプリカのムースは食べた瞬間パプリカの香りがしっかり。中でも特に気に入ったのは、カツオのスモーク。燻製の香りが赤身の旨味に熟成感を与えて美味しい!
e0208058_14581301.jpg
ここで2杯目のお酒はイタリアの白から「タブルニ グレコ(600円)」
ボトルに値段が書いてあるので、分かりやすくていいですね。ちなみにドリンクはメニューがなくて、こんな感じというのを伝えると、何本かボトルを持ってきてくれるので、その中から選びます。
e0208058_15100734.jpg
2品目「ホタテとネギのオーブン焼き(850円)」
ホタテの貝をパイ包みにしてあり、予想外の見た目です。パイを外し、貝を開けるとクリーム仕立てになったホタテの身とネギが入っています。クリームはホタテと相性がいいので、旨みが増しますね。
e0208058_15353678.jpg

e0208058_15360955.jpg
次の一杯はシェリー酒。エミリオ ルスタウの「フィノ ハラーナ(750円)」辛口なんですが甘いアロマのような香りと、紹興酒のような熟成された味のバランスがいいです。
e0208058_16045503.jpg
e0208058_16050436.jpg
続いての一品は「ウナギのファルシー(1500円)」
ファルシーとは何かの食材に別の食材を詰めた、詰め物料理のこと。これはウナギでお米を包んでいます。パリッと香ばしいウナギに中はお米なので、洋風のうな丼みたいな感じです。
e0208058_16131407.jpg

e0208058_16132394.jpg

で、締めは赤ワインです。このウナギも次に頼んだ肉料理も赤の方が合いそうですからね。
e0208058_16145633.jpg
肉料理は「鴨のロースト(2000円)」
弾力はしっかりあるけど、しっとり柔らかで赤身の旨みが濃厚です。ソース共々赤ワインに合いますね~
e0208058_16164054.jpg
お店の雰囲気やお酒や料理の内容を考えると、リーズナブルでコスパがいいと思います。駅からは、ちょっと歩きますが、それでも遠いというほどでもないので、ちょっと誰かを連れて食事をする時などにはいいお店ではないでしょうか。

よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区荻窪5丁目10−21



# by 07takeshi | 2017-09-02 19:00 | 杉並区(荻窪) | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧