新宿 『わぶ』

今日は地元大阪の友人と飲みます。今日行くのは新宿にあるジャンボカキフライが有名な居酒屋「わぶ」。ネットで調べると、ほとんどがランチに関する情報で、夜のことがあまりなかったので行ってみることにします。
e0208058_08341080.jpg
あらかじめ予約してあるので、奥の座敷に案内され、まずは「生ビール(500円)」で乾杯!
e0208058_08341847.jpg
料理一品目は「イカの沖漬け(750円)」
自家製の沖漬けは、しっとりしたイカの食感に、ワタのほろ苦くコクのあるタレがいい味わい。これはビールというより日本酒に合いそうなので、日本酒用にとっておくことにします。
e0208058_08342280.jpg
2品目は「厚揚げ(650円)」
これも自家製で、外はサクッとして中はトロリと柔らかい絹ごし豆腐の食感が残っています。シンプルな料理ですが、家ではできない一品ですね。
e0208058_08342970.jpg
三品目は「コハダ造り(780円)」
お寿司以外でコハダを食べることってあまりないですが、コハダとかシメサバとか好きなんです。これも強すぎない いい酢加減で旨味がしっかり。
e0208058_08343480.jpg
四品目は「カンパチ造り(850円)」
かなり肉厚な身はプリプリの歯応えで脂がのっています。
e0208058_08344328.jpg
それともちろん「カキフライ(550円?×2)」も食べます。運ばれてきたときの第一印象は、デカイ!牡蛎は三個一くらいで揚げてあるんでしょうか。写真だとこの大きさが伝わらないのが残念です。ここに来たらこれは外せません。
e0208058_08353615.jpg
e0208058_08353963.jpg
e0208058_08354957.jpg
続いては「豚の角煮」
程よく脂身の入った豚肉はトロトロ。海鮮だけじゃなくて肉もいけますね。
e0208058_08363296.jpg

e0208058_08363661.jpg
e0208058_08364178.jpg
締めの一品は、ご飯ものからメニューにはありませんでしたが「おにぎり」
手握りなので、フワッとして、やや塩味強めなのでお酒に合います。
e0208058_08364655.jpg
このお店はランチのカキフライの組み合わせ定食がクローズアップされがちですが、夜も良かったです。値段的にはそんなにリーズナブルではありませんが、名物のカキフライはもちろん肉もおいしくて、気の利いた居酒屋としても使えそうです。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】東京都渋谷区代々木2丁目19−12




# by 07takeshi | 2017-03-09 19:00 | 新宿区 | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『CAPIO(カピオ)』

今日は、昨年の12月に新しくできたイタリアン「カピオ」に行ってきました。旧中杉通り沿いにあるのですが、最近この道を通らなくなっていたので、新しいお店ができたことに全然気がつきませんでした。ちょっとレトロなレンガ造りの建物にあるお店は、ポップな可愛らしい看板が目印です。
e0208058_16584265.jpg
店内は奥に細長く、入口入ってすぐに4人テーブルが2卓とその奥にカウンター席が8席となっています。19時に入店しましたが、8割方は埋まっていて、すでに人気店の様相を呈しています。まずは「生ビール(550円)」と「スプマンテ(580円)」で乾杯!
e0208058_16585116.jpg
続いてフード。ドリンクもそうですがフードもリーズナブルで、前菜は500円くらいから、メインでも1000円台のものが多く、高いものでも2000円くらいです。フード一品目は早く出そうなものから「マグロの卵のクロスティーニ(550円)」
クロスティーニとは、薄切りのパンの上にちょっとしたフードを載せた料理のこと。マグロの卵ってこれまであまり食べた記憶がないですが、サクッとしたパンに卵のコクがいい相性で爽やかな味。
e0208058_17001022.jpg
2品目「マグロの白子のセモリナフリット(650円)」
白ゴマ?が散りばめられた衣に中の白子は、結構弾力あるけど中はトロリと柔らかく味が濃厚。
e0208058_17243848.jpg
e0208058_17244834.jpg
3品目「パンテレッリア産ケイパーのパンテスコスパゲティ(1100円)」(写真は一人分を取り分けたもの)
ケイパーを使ったトマトソースがパンテスコなんでしょうか。トマトソースだからもっと赤いのかと思ったら穏やかな色合い。トマト感はそんなに強くないけど、いろんなものの旨みがしっかり効いて美味しい!
e0208058_17351745.jpg
e0208058_17352411.jpg
e0208058_17353009.jpg
ここでドリンクは白ワインに切り替えます。
e0208058_17363633.jpg
続いての料理は三重県直送、神経締めの魚から「ホウボウのアクアパッツァ(1600円)」
運ばれてきたアクアパッツァは、美味しそうでかっこいい!なんかホウボウって飛行機みたいですよね。とてもフォトジェニックな見た目ですが、もちろん味も本格的。思いのほか大きくて、身もたっぷり付いているし魚介の出汁が出たソースも絶品!これは旨いですね~
e0208058_17463226.jpg
e0208058_17464620.jpg
以上の料理と、二人でお酒を計4杯くらい飲んで8000円でお釣りがくるくらいでした。家からも近いので、これからも通ってしまいそうないいお店でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北2丁目36−1




# by 07takeshi | 2017-03-04 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

イチローズモルト♠

1日の今日は、秩父にあるバーチェアリーでは恒例のイチローズモルトの日。前回は10月に行ったので、およそ半年ぶりくらいの訪問です。ここはバーとしては早く17時オープンので、ほぼオープンと同時に入店します。その日のうちに東京まで帰らなきゃいけないですから早く飲んで早く帰路につくつもりです。
e0208058_23174647.jpg
店内はカウンター席が10席くらいでしょうか。バックバーにはお目当てのイチローズモルトはもちろん、その他にも珍しいウイスキーがいろいろあります。
e0208058_23173990.jpg
まずは1杯目「イチローズモルト ダブルシングルモルト」
これは世界でも500本限定のレアなイチローズモルト。アルコール度数が62度もありますが、意外と飲み口はまろやか。喉を通る時にカアっと熱くなります。
e0208058_23195714.jpg
2杯目「イチローズモルト&グレーン#5765」
これも希少な一本。兵庫県にある「バー芦屋日記」の31周年記念ボトル。ブレンデッドなのにシングルカスクなんです。モルトとグレーンをブレンドしてから樽で寝かせたものをボトリングしているんだそう。ほのかに甘い香りもあって飲みやすいけど、これも54度あります。
e0208058_23455541.jpg
3杯目「イチローズモルト秩父2010Fino for 秩父ウイスキー祭り2017)」
これは秩父ウイスキー祭り用に選んだ樽のもの。アルコール度数は59.2度。独特の香りが強くて、鼻にツンとくる感じがいいですね。
e0208058_08164938.jpg
4杯目「イチローズモルト秩父ポートパイプ」
これはバーボン樽で寝かせた後、ポートワインの樽に移し替え更に熟成させたもの。アルコール度数は61度。ちょっと癖のあるスモーキーな香りが好みでした。
e0208058_08180908.jpg
今日飲んだイチローズモルトたち。壮観ですね~ こんな品揃えのバー、なかなかないですからね。
e0208058_08231437.jpg
締めの一杯はイチローズモルトではなく「レダイグ2008 カーンモア セレブレーション オブ ザ カスク」
アルコール度数は59.3度。ベーコンのような熟成された燻製臭がとってもいい。アルコール度数高め&スモーキーでパンチがあるけど、まろやかな飲み口です。
e0208058_08302652.jpg
正確な値段は覚えていませんが、これだけ飲んで1万円でお釣りがきました。東京からだとレッドアローで約80分と来るのはちょっと遠いですが、わざわざくる価値のあるバーです。


かったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 埼玉県秩父市宮側町8-4




# by 07takeshi | 2017-03-01 17:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)  

秩父 『秩父そばの会』

今日は1日なので秩父のバーチェアリーではイチローズモルトの日なんです。バーに行く前にちょっと腹ごしらえのため「道の駅ちちぶ」にやってきました。ここの立ち食いそば屋さんが美味しいという噂なので、どんなものかと思い食べに来ました。西武秩父駅からだと徒歩で10分くらいでしょうか、ちょっと離れています。
e0208058_14121965.jpg
入口を入ると右側にレストランがあり左側に売店や立ち食いそばのカウンターがあります。蕎麦を食べに来たので、売店には目もくれず、蕎麦屋を目指します。
e0208058_14163100.jpg
メニューはこんな感じ
e0208058_14212387.jpg
寒い時期なので温かいそばに惹かれましたが、ここは蕎麦の味が一番よく分かる冷たい「もりそば(500円)」をいただきます。まずはカウンター脇の券売機でチケットを買い、カウンターで渡します。
e0208058_14165822.jpg
数分待って呼ばれて受け取りに行きます。
e0208058_14365402.jpg

お店の雰囲気からは想像できませんが、細やかな美しい蕎麦です。
e0208058_14370282.jpg
食べてみると細くて繊細ながら、もちっとした弾力と程よいコシがあり、粒々はそばの実でしょうか。めんつゆは普通な感じですが、蕎麦が美味しいです。量も結構あって、500円という値段はかなりコスパがいいと思います。
e0208058_14372129.jpg
カウンターにはちゃんとそば湯が備え付けられています。
e0208058_14373614.jpg

よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】埼玉県秩父市大宮4625






# by 07takeshi | 2017-03-01 16:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)