銀座 『俺のイタリアン』

今日は友人たちとの食事会。前回の「俺のだし」に続き今回も「俺の」シリーズのお店に行きます。今日行くのは「俺のイタリアン」。ずいぶん前に「俺のフレンチ」と共に一世を風靡した感がありますが、今回初めて行きます。土曜の19時に予約の上行ったのですが、いまだに行列ができていてびっくりでした。
e0208058_08173368.jpg
入口は狭いのですが、お店に入ると中は結構広く100席以上はありそうな感じです。
e0208058_08213702.jpg
みんな揃ったところで乾杯!
e0208058_08222928.jpg
僕がいただいたのは「俺の泡(980円)」。なみなみと注いでくれるので、先に口をつけないとこぼさずに飲めません。
e0208058_08223537.jpg
メニューはこんな感じ
e0208058_08302068.jpg
e0208058_08303333.jpg
その日のオススメはモニターの画面に表示されます。
e0208058_08314810.jpg
フード一品目は「殻付きウニのコンソメジュレ添え(3個@980円+追加ウニ380円)」
出てきたそれは、とてもフォトジェニックな見た目。トロトロなムースの中にはプリっとしたエビも入って食感のアクセントになっており、トマトの酸味とウニのコクがあります。
e0208058_08420118.jpg
e0208058_08420834.jpg
二品目「ルッコラのサラダ(650円)」
山盛りのルッコラの上にスライスしたパルミジャーノとクルミがのっています。ほろ苦くて大人味。
e0208058_08464591.jpg
三品目はピザから「ハーフ&ハーフ(880円)」
4種チーズのピザとマルゲリータのハーフ&ハーフ。1000円切る値段ながら大きさもしっかりあります。生地は薄めなので、軽やかにぺろりと食べられます。
e0208058_09025649.jpg
e0208058_09030365.jpg
ここでドリンクを「白州ハイボール(ダブル@980円)」。因みにシングルだと780円なので、ダブルの方が断然お得だと思います。まあシングル780円でも安いんですけどね。
e0208058_09064354.jpg
続いての料理はここのスペシャリテ「牛・フォアグラ・トリュフのミルフィーユ(1380円)」
下から牛肩ロース、ポテト、フォアグラと積み重なり頂上にトリュフがちょこんと載っています。フォアグラはとっても柔らかく旨みが濃厚!牛肩ロースもホロリと崩れる柔らかさで赤身の旨みがありますね。トリュフは小さいながら強い香りで存在感があります。
e0208058_09121967.jpg
五品目「アワビのリゾット 肝のソース(1180円)」
コリっとした歯応えかと思ったら、アワビがすごく柔らかい!チーズのコクと肝ソースのほろ苦い感じが良くマッチしています。
e0208058_09184821.jpg
六品目「オッソブーコ(1380円)」
名前を聞いてもよく分からないかと思いますが、これは牛すね肉のトマト煮のこと。柔らかく煮込まれたすね肉が思いのほかボリューミーでトマト感全開です。
e0208058_09244319.jpg
七品目「ポテトアンチョビ(380円)」
さっきのトマト煮で結構お腹いっぱいになってたんですが、ポテトフライは別腹ですね。あっさり完食しました。
e0208058_09260712.jpg
結構食って飲んで一人5000円いかないくらいなので、やっぱりコスパは高いですね。ずっと人気があるのも分かる気がしました。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】東京都中央区銀座1-8-19キラリト




# by 07takeshi | 2017-02-25 19:00 | 中央区 | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『ガッターロ』

今日のディナーは珍しく阿佐ヶ谷の南方面へ。前から気になっていたお店なんですが、なかなか機会がなくて行けていなかったイタリアン「ガッタ-ロ」に行きます。阿佐ヶ谷駅を南下し、5分くらい歩いたところを右に入ると、飲食店が並んでいる通りがあり、そこの一角にあります。
e0208058_18395367.jpg
e0208058_18400015.jpg
土曜の晩の行く直前での予約だったため、テーブル席は満席で、カウンター席に案内されます。カウンターの前には可愛らしい服を着せられたワインボトルが並んでいます。
e0208058_18400967.jpg
まずは「生ビール(600円)」と「キールロワイヤル(800円)」で乾杯!
e0208058_18401588.jpg
最初に自家製フォカッチャとグリッシーニが出てきます。フォカッチャはしっとりして旨い!
e0208058_18455588.jpg
店内はほぼ満席で、調理は一人で行っているので、料理が出てくるまでは少々時間がかかります。先ほどのグリッシーニをアテに、ワインを飲んで優雅に待つことにしましょう。というわけで白ワイン「ガットビアンコ(600円)」猫のジャケットが可愛らしいですね。
e0208058_18502799.jpg
フード1品目は「焼き野菜盛り合わせ(1250円)」
パプリカ、カボチャ、ズッキーニなど緑黄色野菜がいっぱいで、味付けはおそらく塩とオリーブオイルのみとシンプルだからこそ、素材の味が活きています。
e0208058_18503594.jpg
ここで2杯目のワイン「グラヴィーナ(720円)」
e0208058_18504484.jpg
フード2品目は「真鱈白子とズワイガニのグラタン(1680円)」
綺麗に焦げ目がついて見るからに美味しそうですが、食べてみると…めちゃめちゃ旨い! 濃厚なホワイトソースに蟹の香りと白子も濃厚な旨味で、結構量はありましたがすぐに食べ切ってしまいました。
e0208058_18510016.jpg
e0208058_18511851.jpg
e0208058_18512675.jpg
ワイン3杯目「モンティビアンコ(690円)」
e0208058_22340235.jpg
メインの料理は「蝦夷鹿の内もものグリル 赤ワインソース(2700円)」
鮮やかな赤が目を引きます。噛むとしっかりした弾力があり、グリルした香ばしさがあり赤身の旨みが濃い!野性味溢れる味だけど、繊細な感じもあり赤ワインソースが肉の香りと味を引き立てています。
e0208058_22343062.jpg
e0208058_22343959.jpg
このお店も地元の人からいいよとお勧めされていたので、前から来てみたかったんですが、とてもいいお店でした。今日は食べられませんでしたが、パスタも美味しいらしいので、次来た時はぜひパスタを食べたいと思います。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします



【住所】東京都杉並区阿佐谷南3丁目4−22





# by 07takeshi | 2017-02-18 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

浅草橋 『ワインショップ&ダイナー FUJIMARU』 oishii

大阪にある都市型ワイナリー「フジマル醸造所」。これの東京にあるレストランが浅草橋にあると聞いて、ワイナリー廻り好きとしては、前から行きたいと思っていたところ、本日やっと行くことができました。因みに東京には門仲に醸造所があるようです。
e0208058_22415153.jpg
JR総武線の浅草橋駅から南下し、神田川を超えてすぐに左折し、川沿いの道を行くと服屋さんがあるのですが、そこの中を通り抜けるとエレベーターと階段があるので昇った2階になります。非常に分かりづらく、初めて行く方はもれなく迷うと思います。
e0208058_22430132.jpg
e0208058_22433764.jpg
この看板が目印です。これがなかったら多分入れませんでした。だって見た目は普通に服屋なんですもん。
e0208058_22431024.jpg
店内はカウンター席8席、4人掛けテーブル×3といった構成です。一人だったのでカウンター席に案内されます。
e0208058_22471103.jpg
e0208058_22471773.jpg
まずは1杯目「生樽 白2016(650円)」。果実味溢れる香りだけど、シャープな酸味があります。
e0208058_22503956.jpg
フードメニューは13時から17時まではメインぽいものはなくて、軽めなものになっています。一人だったのでどうしようかなと思っていたところ、ちょうどいいメニューがありました。それは「浅草橋おつまみセット(1200円)」。ちょっとずつ色々のっているのでお一人様には強い味方。暫くしてでてきたセットには、名物の「ウフマヨ」、「肉の土田 山形牛のメンチカツ」、「キャロットラペ」、「パーラー江古田のパン」など、いろいろあるので飽きませんし、ワインのアテにとってもいい。
e0208058_21534021.jpg
ウフマヨはトロ~り柔らかい玉子にマヨネーズのソースがよく合います。
e0208058_21541478.jpg
e0208058_21542296.jpg
メンチカツは、しっかりザクッとした歯ごたえの衣に中は肉汁が溢れてジューシー!
e0208058_21535760.jpg
e0208058_21540556.jpg
キャロットらペは、しっかりした人参の食感があり、ほんのり甘味と酸味がきいて旨い!
e0208058_21592364.jpg
2杯目のワインは「生樽 赤メルロー(700円)」いい意味で軽い飲み口。フレッシュで優しい味。
e0208058_22013526.jpg
ラストのワインは「清澄白河フジマル醸造所テーブルトップ デラウェア(800円)」。デラウェアらしい甘い香りだけど、甘ったるくなくすっきりさもある。
e0208058_22041027.jpg
隣にはワインセラーがあるので、中を見せてもらい、比較的リーズナブルなワインを二本買って帰りました。
e0208058_22064696.jpg
e0208058_22065329.jpg
ワインも料理も美味しかったですし、場所が分かりづらいのも、隠れ家感があってよかったです。夜は予約しないと入れないことも多いみたいですが、それも納得のいいお店でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都中央区東日本橋2丁目27−19







# by 07takeshi | 2017-02-17 13:00 | 中央区 | Comments(0)  

有楽町 『レバンテ』

今日は銀座で打合せ。夕方に終わったので、そのまま近くで食事をすることにします。今日行ったのはカキフライが美味しいと評判のレストラン「レバンテ」。東京国際フォーラムの建物内にあるレストランです。
e0208058_14023366.jpg
e0208058_14023960.jpg
店内はテーブル席のみで、テーブルは2人~10人掛けくらいまでいろいろあって、キャパはけっこうあります。
e0208058_14025722.jpg
まずは「生ビール(中@730円)」
e0208058_14064327.jpg
それともちろん「カキフライ(4個@1500円)」
しばらく待って出てきたカキフライはちょっと小ぶりながら端正な見た目。
e0208058_14065206.jpg
それでは早速いただきます。レモンを絞り、タルタルソースをたっぷり付けてかぶりつくと、サクッといい歯ごたえのあとにジュワッと牡蠣のエキスが溢れてきます。
e0208058_14065808.jpg
カキフライは二個一になっているので、身がギュッとつまっています。
e0208058_14070990.jpg
まだ食べられそうなので、もう一品いきます。「カキとキノコのソテー(1880円)」
でてきたそれは賑やかな見た目。主役のカキに、シメジ・マッシュルーム・シイタケなどのキノコ。それにニンジン・ポテト・ブロッコリーなど彩りも豊かです。
e0208058_14231065.jpg
e0208058_14231755.jpg
牡蠣は7個も入っていて、薄皮でコーティングされているので、しっかりした弾力があって旨みが閉じ込められています。洋風のソースも牡蠣の味の邪魔をせずに引き立てています。いろんな食材が入っているので、お酒を飲みつつちょこちょこつまめるので飽きずに食べられて、アテにちょうどよかったです。
e0208058_14232450.jpg
2杯目は「ハウスワイン(白@570円)」さっぱりして飲みやすかったです。
e0208058_14233008.jpg
値段はそこそこしますが、評判通り牡蠣は美味しかったです。牡蠣の季節ももうすぐ終わってしまうので、また食べに来たいです。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします




【住所】東京都千代田区丸の内3丁目5−1





# by 07takeshi | 2017-02-14 18:00 | 千代田区 | Comments(0)