名古屋(犬山城)

年末は帰省がてら、ちょっと旅行しながら帰ることにします。まず立ち寄るのは名古屋。あんかけスパの「ヨコイ」で昼食をとった後、向かったのは「犬山城」。元々の天守が現存している12城の中の一つで国宝になっているお城です。名古屋駅から名鉄線に乗って30分くらいで犬山遊園駅に到着し、そこからは徒歩10分くらいでしょうか。まずはお城の方へは行かず、すぐ脇を流れている木曽川を渡り対岸からお城を観ます。犬山城は川沿いの小高い丘の上にあるので、ちょっと歩きますが対岸から見るのが一番きれいに見えると思います。
e0208058_18283668.jpg

e0208058_00503968.jpg

e0208058_18291715.jpg
木曽川を渡るライン大橋からの陽も綺麗です。
e0208058_16185613.jpg


ひとしきりお城を鑑賞した後は、再び橋を渡りお城へ行きます。すぐ脇には三光稲荷神社があり、京都の伏見稲荷のように鳥居が連続して立っています。
e0208058_18350617.jpg

e0208058_18353583.jpg


ここは縁結びの神社なんでしょうか。ハート形の絵馬がたくさん飾ってありました。
e0208058_18365607.jpg


そして犬山城の天守閣に到着。近くで見ると意外と小ぶりなお城です。
e0208058_18412327.jpg
天守閣は登れるので、中に入って上に昇るのですが、昔の天守のままなのでとにかく階段がきつい。すごい急な勾配の階段なんですが、昔の方は着物で上り下りしたんですかね。4階までなんですがかなり怖かったです。上まで登ると外の回廊に出ることができるのですが、ここが手すりが低くて怖い!僕は高いとこ苦手なので結構怖かったです。でも川沿いの天守からの景色はとにかく絶景なので、ぜひ登ってみることをお勧めします。
e0208058_18470646.jpg



e0208058_18472261.jpg


お城から出たところで恒例のお城とビール!
e0208058_18480738.jpg


帰りは犬山駅まで歩きます。距離はこちらの方が遠くなりますが、道中は城下町っぽくなっていてお店も立ち並んでいたりするので、こちらを歩く方が楽しいですね。
e0208058_19075790.jpg


この後名古屋に戻りホテルにチェックイン。今宵の宿は錦三丁目、通称錦三にある今年の秋にできたばかりのホテル「ビスタ名古屋」
e0208058_19213333.jpg


さすが新しいので、外観はもちろんですが、フロントなど共用部分もとっても綺麗。
e0208058_19222890.jpg



泊まるお部屋は1泊朝食付のスーペリアツイン(6830円@1人)普通のビジネスホテルですが、風呂、洗面台、トイレが独立しており、使いやすいです。
e0208058_19262458.jpg



e0208058_19263892.jpg



e0208058_19265002.jpg



e0208058_19291318.jpg


翌朝の朝食はバイキング方式です。おかずの種類も割と多かったですし、手羽先や味噌カツなど名古屋ならではのものもあったりして、なかなか充実した内容でした。個人的にはカレーがあったのも良かったです。
e0208058_00402505.jpg


e0208058_00404782.jpg
e0208058_00420742.jpg



二日目は朝から神戸へ向かいます…


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【ビスタ名古屋】愛知県名古屋市中区錦3丁目3番15号


# by 07takeshi | 2017-12-28 12:00 | 旅行記 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『鶴に橘』


e0208058_07542072.jpg
今日は今年最後の阿佐ヶ谷飲み。やって来たのは約1か月ぶりの馴染みの和食屋「鶴に橘」。今年の締めにふさわしいお店ですからね。二人だったのでカウンター席に腰かけ、まずはビールで乾杯!最初に出てきたのは「コシナガマグロ」。あまり聞き慣れないマグロですが、尻びれの後方がほっそりして長いことから、この名前が付いたんだそう。寒い今が旬なので、脂がのってねっとり絡みつく触感。卵黄の醤油はとろみがあるので、マグロの身にしっかり絡みついてマイルドな味に。
e0208058_07540047.jpg
ここでお酒は日本酒に。冒頭写真の三重のお酒「作(ザク)純米大吟醸」フレッシュな香りが良くて、飲むとほんのりフルーティだけど適度なボリューム感もあって、飲みやすいけど飲み応えもあります。

二品目は「サワラの西京焼き」
香りと味の強さがちょうどよくて、身もほろりと柔らかい。西京漬けって食材が硬くなったりして食感が良くないこともありますが、ここのは西京味噌の風味はきちんと移っているけど、食感もよく日本酒のアテにも最高です。
e0208058_08020724.jpg
3品目「しめさばとカラスミ」
しめさばは口に入れると香ばしい香りが広がります。通常食べるしめさばは、なんというか身がギュッと詰まったような割としっかりした食感なイメージですが、これはしっとり柔らかく、酸味も控えめなので別の食べ物みたいで上品な仕上がりです。自家製のカラスミも、ねっとり柔らかく、味が濃くて美味しい!大根と合わせてもいいし、日本酒には鉄板ですね。
e0208058_08030586.jpg

e0208058_08031638.jpg



e0208058_08032889.jpg
4品目は椀物。「大根とクジラの炊いたん」
関東ではあまり馴染みのない言い方かもしれませんが「炊いたん」って京料理ではよく使う言い方で、平たく言うと「煮物」ってことになると思います。クジラって最近ではすっかり高級食材になってしまったので、ほとんど食べる機会もなく、昔の印象では硬い肉っていうイメージですが、これはとっても柔らかく、旨みもたっぷり。大根も出汁とクジラの味がしみ込んで美味しい!
e0208058_08145620.jpg
締めの一品は「鴨出汁ラーメン」
ラーメンというのが意表を突かれました。締めの蕎麦は時々出てくる印象ですが、ラーメンは初めてのような気がします。ほぼ麺とスープのみというシンプルな一品ですが、鴨の脂の旨味が効いたスープはとっても香りが良くて、パンチがあるけど上品な味。麺にさらりと絡みついて旨い。スープまで完食しました。
e0208058_08171281.jpg



e0208058_08172287.jpg
この内容で、二人で食べて飲んで1万円でおつりがきますから、コスパもかなりいいです。頻度としては以前ほど来られなくなってしまいましたが、何度来ても新たな感動があって、いいお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北2丁目4−7










# by 07takeshi | 2017-12-27 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

代々木 『だり半』

クリスマスイブの今日は毎年恒例で寿司を食べに行きます。去年・一昨年と2年連続で築地の「すし大」に行ったので、今年は別のお店に行くことにします。やって来たのは代々木の駅からすぐのところにある「だり半」。ちょっと変わった名前ですが、調べてみるとお寿司屋さんの用語で「だり」は4を意味し、このお店は「だり半」なので、4500円くらいで楽しめるということなんだとか。クリスマスですし屋なので、そんなに混んでないかと思っていたのですが、お店に到着すると満席で、予約はしていたのですが、10分くらい前に着いたので、前の方が出ていくまでちょっと待って、5分遅れ位で席に案内されました。
e0208058_08562962.jpg
店内は細長い作りですが、カウンター席にテーブル席も多数あり、かなり大人数入りそうですが、あまり人通りがある立地でもないのに満席なのはすごいですね。二人なのでカウンター席に案内され、「生ビール(580円)」と奥さんは「バレンシアオレンジサワー(600円)」で乾杯!サワーはオレンジがゴロゴロ入って贅沢な感じでいい!
e0208058_17341897.jpg
メニューを見ると、お寿司屋さんというよりも、お寿司も食べられる海鮮居酒屋っていう感じですね。肉系のメニューは全然ないですが、海鮮もお寿司以外に、刺身・焼き物・煮物・揚げ物などいろいろあります。僕らはお寿司を食べにきているので、注文するのは「プレミアム特選握り盛り(2480円)」を二人前と、出てくるまで時間がかかりそうだったので「ナマコ酢(580円)」も。まずはナマコ酢が運ばれてきます。コリコリした食感で酸っぱいのが合いますね。実物のあの見た目ためからは想像できませんが、美味しいです。
e0208058_09105094.jpg
それと握り盛りについてくるサラダ。味は普通ですが、トマトも入ってちゃんとしています。
e0208058_09120576.jpg
ここでお酒を日本酒に。静岡のお酒「初亀 かすみ酒(830円)」ちょっと濁っていて、すっきりなお酒。
e0208058_09132129.jpg



e0208058_09154617.jpg
ここで握りが登場!一堂に会しているので豪華な絵面です。上段左から、大トロ・ブリ・サヨリ・北寄貝、下段左から、カツオ藁焼き・ボタンエビ・ウニ、一番下が大アナゴで巻物がトロタク巻。
e0208058_09170743.jpg
どれから食べるか悩ましいですが、まずはサヨリから。白身特有のさっぱりした美味しさです。
e0208058_09481403.jpg
続いて「ブリ」。こちらは赤身のコクがある感じ。
e0208058_09512636.jpg
「カツオ藁焼き」ちゃんと藁の炎で炙ってあるので、とっても香ばしい!
e0208058_09535574.jpg
「ホッキ貝」コリコリの歯応えが気持ちよくて、貝の旨味がしっかり。
e0208058_09571251.jpg
「大トロ」脂が甘くてとろけますね~
e0208058_09573865.jpg
「大アナゴ」とっても香ばしくて、ふわっととろける柔らかさ。
e0208058_09580793.jpg
「ボタンエビ」かなり大振りなボタンエビ。ねっとり舌に絡みつく触感で甘い!
e0208058_09584472.jpg
「ウニ」とろける柔らかさでほんのり苦みの後に甘さが来ます。
e0208058_09594583.jpg
「トロタク」海苔の香りが良くて、クリーミーなマグロにこりこりの沢庵の触感のアクセントがいい。
e0208058_10013825.jpg
これでセットは終了。もう少し食べたいので3貫ほど追加発注します。左から「ツブ貝(250円)」「イクラ(300円)」「白魚(100円)」
ツブ貝はコリッコリの歯応え、白魚は中はとろりとしていてほんのり苦みがいい。
e0208058_10022803.jpg
大好きなイクラはプチッと弾けて旨みの汁が溢れてきます。
e0208058_10054155.jpg
最後はセットについているお椀で海苔の味噌汁。五臓六腑に染み渡りますね~
e0208058_10064183.jpg
食べて飲んで二人で締めて一万円くらいと、ちょっとダリ半を超えてしまいましたが、いいネタのお寿司を食べたことを考えると全体的にコスパはいいと思います。多分平日でも混んでいると思うので、行かれる際には予約を忘れずに。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20-11


# by 07takeshi | 2017-12-24 19:00 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)

柿安 『松阪牛』

三重県に住む親戚からお歳暮が届きました。クール便で届いたのでなんだろうと思って開けてみると…
e0208058_07570521.jpg
思わず「おーーーーーー」って大きな声を出してしまいました!!
柿安本店の松阪牛リブロースすき焼き用500g。一体いくらするんでしょう!デパ地下とかですと松阪牛って100g2000~4000円くらいしているようですし、しかもリブロースなので安く見積もっても1万5000円くらいするんじゃないでしょうか。
ということで、今日のディナーはすき焼きです。いいお肉なので、きちんと食べないとということで、1本1000円する今半の割り下と、一緒に飲むお酒もエノテカでフランスの赤ワイン「クレランドル」を買ってきました。

e0208058_08384423.jpg

きちんとしたすき焼き鍋は持ってないので、ホットプレートで調理します。野菜、焼き豆腐、卵などもちょっといいものを買ってきました。
e0208058_08162067.jpg
早速いただきます。1枚1枚ビニールでくるまれていますが、それにしても大きい!厚みはそんなにありませんが、1枚づつしか焼けないくらいの大きさです。
e0208058_08213826.jpg
それでは焼いていきます。牛脂を塗ってお肉を鉄板に置くと、ジュワーっといい音!割り下をかけて、軽くほぐす様に揺らして、火が入りすぎないうちに引き上げます。卵に付けていただくと、とろける!そして脂が甘い!当たり前ですが、めっちゃ美味しいです。
e0208058_08295697.jpg

e0208058_08262660.jpg
8枚あったので4枚づつ、一人250gいただきましたが、結構あっという間に食べてしまいました。脂は多くあるように見えるのですが、いい脂なので全く重さがなく、ぺろりと食べてしまいました。うちの奥さんは小食なのですが、さすがに余裕で食べてました。いい肉は全然違いますね。肉を食べた後は、割り下で野菜等をいただきます。
e0208058_08323016.jpg
思いがけない幸運が舞い降りて、優雅な夕食になりました。松阪牛なんて食べるのは人生で数度目ですが、めちゃめちゃ美味しかったです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



# by 07takeshi | 2017-12-23 18:00 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧