沖縄 名護 『海風よ(うみかじよ)』

リッツ二日目の晩は、外にご飯を食べに行きます。リッツの素晴らしいところは、外のお店に行くのにも、近場であれば送迎をしてくれるところです。予約しているお店は沖縄料理の居酒屋「海風よ」。リッツからだと車で5~6分くらいのところにあるお店です。
e0208058_00062041.jpg

e0208058_00063480.jpg
事前情報で知っていましたが、このお店には猫がいるそうです。その日いるかどうかは入口の扉に書いてあります。
e0208058_00064483.jpg
店内はいい意味で雑然として、リラックスできる雰囲気です。店員さんも若い方が多いです。
e0208058_00072223.jpg
猫はどこにいるんだろうと探すと、2匹いました。2匹ともとっても自由にふるまっていてとてもリラックスしています。
e0208058_00070733.jpg

e0208058_00065614.jpg
あらかじめ予約していたので、奥のテーブル席へ案内され、まずは「オリオン生(500円)」と「梅酒のソーダ割」で乾杯!
e0208058_00191715.jpg
フード1品目「島らっきょうの塩漬け(500円)」
好きなので、あると結構な確率で頼んでしまいます。シャキシャキした食感に独特の香りがクセになりそうです。というかクセになってます。
e0208058_22525103.jpg
2品目は「もずく酢(400円)」
沖縄のモズクは東京で食べるものとは違い、太くてしっかりしています。ホントにちょっとした麺みたい。酸味は強すぎずマイルドで食べやすい。
e0208058_22592438.jpg

e0208058_22594177.jpg
3品目「ラフテー(680円)」
アグー豚のラフテーはぷるっぷるでとっても柔らか。脂身も多いのですが、くどさは全くなくさらりとして美味しい!
e0208058_23021235.jpg

e0208058_23022424.jpg
ここでお酒は泡盛に。何を頼んだか忘れてしまいましたが、思いのほかまろやかで飲みやすい泡盛でした。
e0208058_23040307.jpg
4品目「紅イモコロッケ(500円)」
二つに切ってあるので、中がよく見えますが、ホントに真紫。ちょっと小ぶりなコロッケは、とってもサックサクの触感。ほんのり甘いので、ソースとかかけずにそのまま食べるほうがいい。
e0208058_23072549.jpg
5品目は定番の「ゴーヤチャンプル(680円?)」
出来立てあっつあつの状態で運ばれてくるので、湯気がすごい。ゴーヤの苦みとお出汁の旨み、ちゃんとスパムを使っているのがいいですね。安定の旨さです。
e0208058_23122039.jpg
締めはもちろん「タコライス(680円)」
前日食べたリッツのに比べると、洗練されてないんですけど、スパイシーで美味しい。いい意味でB級感があって、これはガツガツ食べるのが似合うタコライスだと思います。
e0208058_23142916.jpg

e0208058_23144028.jpg
思った以上に食べてしまったので、お腹いっぱい。安いし美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいました。動くのがおっくうになってしまいましたが、電話一本入れると、リッツから迎えに来てくれるから楽ちんです。

よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2606




# by 07takeshi | 2017-10-17 20:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

沖縄旅行その③(ザ・リッツカールトン沖縄③)

朝食後はシュノーケリングに行きます。リッツのアクティビティでも申し込めたと思いますが、申し込んだのはブセナテラスの敷地内にあるアイランドブリーズというところ。リッツからは近くなので送迎もしてくれます。さらにリッツでは外部のアクティビティなのに、シュノーケリングに行くと言うと、籠にバスタオルやお水をセットしたものを渡してくれます。さすがリッツ!
e0208058_05542007.jpg
店舗に到着し、レクチャーを受けた後、桟橋から船でシュノーケリングスポットに向かいますが、船で行くといっても、ほんの数分なのですぐに到着します。
e0208058_05572768.jpg
ポイントに到着後、海に入るのですが、初のシュノーケリングなのでホントに魚いるのかなぁなんて思いながら海に入ると、入った瞬間シマシマの魚がたくさんいてびっくり!
e0208058_06090012.jpg
あとで調べたら、これはロクセンスズメダイという魚で、シュノーケリング中ずっといました。というのも途中エサやりタイムがあるのですが、どうやら人間がエサをくれるということを認識しているようでした。
e0208058_06132095.jpg
この日はちょっと波があったので、透明度はいまひとつでしたが、それでもとってもきれいでした。
e0208058_06145479.jpg
ライフジャケットを着ているので、泳がなくてもきちんと浮きます。それにしても、沖合から陸の方を眺めるのはなんだか不思議な感覚です。
e0208058_06155084.jpg
海中展望塔も見えますね。
e0208058_06164256.jpg
基本的にガイドの方がついてくれて、ポイントまで誘導してくれるので、初心者でも問題なかったです。ひとしきり海を堪能した後は再び船に戻ります。コースの所要時間は約75分で、潜っている時間は30~40分くらいだったと思いますが、それで十分でした。値段的にも一人4000円くらいだったので、気軽にシュノーケリングするにはちょうどいいと思います。

その後はホテルに戻り昼食です。今日はビーチで食べようとあらかじめ「リッツニック」という持ち運びできるピクニックセットを予約しておいたのです。でも行こうとすると雨が降ってきたので、部屋の中で食べることに… ちょっぴり残念な気分でしたが、やってみると、これが意外とよかったです。砂で汚れることもないですし、手を洗うこともできますし、バルコニーからの景色もいいので、むしろこっちの方がいいくらいでした。
e0208058_06372280.jpg
水筒と籠の中はこうなっています。
e0208058_06395565.jpg

e0208058_06401637.jpg

e0208058_06404144.jpg
レジャーシートを広げ、食べ物を並べると、雰囲気がでますね~
e0208058_06413353.jpg
セットについているグラスは割れないようにプラ製でしたが、部屋の中なので部屋に備え付けてあるシャンパングラスを使います。
e0208058_06423963.jpg
値段は一人3000円とシャンパンがハーフボトルで5000円だったと思います。内容はサンドイッチにサラダ、フルーツ、スナック菓子、オレンジジュースとなっています。ちょっと少ないかなと思いましたが、サンドイッチが結構ボリュームあり、男性の僕でも十分でしたし、連れは少し残すくらいでした。ちなみにもっと食べたい方は、5000円や6000円のセットもあります。
e0208058_06465128.jpg

e0208058_06475351.jpg

e0208058_06503369.jpg

e0208058_06504834.jpg

e0208058_06510339.jpg
この後、雨が止んだので、喜瀬ビーチに行ってみると、ちょうど虹が出ていました。
e0208058_06542232.jpg

e0208058_06543942.jpg
その後はラウンジに行きます。
e0208058_06583195.jpg

e0208058_06590261.jpg
メニューはこんな感じ。連れはケーキセット(1900円)を頼み僕は「ラフロイグ(1450円)」のソーダ割をいただきました。
e0208058_06594995.jpg
e0208058_07175787.jpg

e0208058_07181630.jpg

その後は部屋に戻ってしばし休憩の後、外のお店に夕食を食べに行きますが、それは別記事で紹介します。
そして翌朝。朝食は前日もいただいた「グスク」にて。今日は洋食メインにしてみました。
e0208058_22195462.jpg

e0208058_22200622.jpg
それと、ご飯代わりの沖縄そば。ミニお椀で沖縄そばを一杯ずつ作ってくれるので、これもどうしても食べたかったんです。
e0208058_22214205.jpg

e0208058_22215651.jpg


今日でリッツともお別れ… 従業員の方のサービスもよくて、とってもいいホテルでした。帰りはレンタカーのヴィッツを入口まで回してくれますが、リッツには似合わないですね~
e0208058_22254739.jpg

その後、那覇空港でランチの沖縄そばをいただいた後、宮古島へ飛び立ちました。
e0208058_08565328.jpg

e0208058_22265350.jpg



e0208058_22270951.jpg
まだまだ旅は終わりません。ここからは宮古島編に続きます…




# by 07takeshi | 2017-10-17 10:00 | 旅行記 | Comments(0)

ザ・リッツカールトン沖縄 『ザ・バー』

グスクで沖縄料理を堪能した後は、バーで飲みます。バーはレストランやロビーがあるフロアより1階上の4階にあります。その名も「ザ・バー」
e0208058_20182328.jpg

e0208058_20214860.jpg
ゴージャスな雰囲気漂うアプローチを抜けると、アールを描いたカウンターが中心にあり、その他、奥にはテーブル席もあるようです。
e0208058_20231633.jpg
e0208058_20235341.jpg
やっぱりバーの醍醐味はカウンターということで、カウンター席に腰かけ、メニューを見ます。ウイスキーやカクテルは当然ですが、沖縄らしく泡盛メニューが充実しています。値段もリッツのバーとしては、思ったよりもリーズナブルで、東京よりも安いんじゃないですかね。注文するのは僕は「ブルーマルガリータ(1450円)」
e0208058_20540145.jpg
連れは「マンゴーモヒート(1800円)」
e0208058_20543701.jpg
両方とも色鮮やかで、なんとなく南国を感じさせますね。ブルーマルガリータはショートカクテルなんですが、アメリカンサイズでたっぷりでした。
e0208058_20583300.jpg
ホテルのバーはやっぱり落ち着いていていいですね~ 座席もゆったりしていて、とてもくつろげる空間でしたし、何よりもリッチな気分に浸れるのがすごくいいので、普段バーに行かない方でも、旅のときには寄ってみるのもいいもんですよ。





# by 07takeshi | 2017-10-16 20:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

ザ・リッツカールトン沖縄 『グスク』

リッツカールトンでの夕食はロビー階にある沖縄料理のダイニング「グスク」にていただきます。ホテル内には、あとイタリアンの「ちゅらぬうじ」と鉄板焼きの「喜瀬」がありますが、少々お高いので、一番リーズナブルなグスクでいただくことにしました。
e0208058_21573387.jpg

e0208058_21580252.jpg
お店は平屋のようになっているので、天井が高くて開放感があります。
e0208058_22153276.jpg
それでは最初は「オリオン生ビール(1150円)」で乾杯!
e0208058_22195272.jpg
料理一品目は沖縄料理といえばの「ゴーヤチャンプル(1400円)」
こういうところのゴーヤチャンプルってどんなんだろうと思っていたら、割と普通な感じです。ところが食べてみると、何もかもが絶妙でとってもいいバランスなんです。
e0208058_22325819.jpg
二品目は「沖縄風スペアリブ ソーキの炙り(2400円)」
写真だとちょっと分かりづらいですが、かなり大振りです。一口かぶりつくと、驚くほど柔らかで、スパイスも効いて、お酒がすすみますね~
e0208058_22405198.jpg

e0208058_22415218.jpg
三品目「ザ・リッツカールトン沖縄オリジナル石焼タコライス(1950円)」
以前沖縄で食べてから大好きになったタコライス。タコライスってお店によって、全然違うのが面白い。すごくB級感満載なものもあれば、ここのは彩りも綺麗で、石焼なので高級感もあります。ぐちゃぐちゃっと混ぜていただきますが、トマトの酸味とチーズのコクがすごく合ってる。やっぱりホテルのタコライスだから上品な仕上がりです。
e0208058_22485700.jpg

e0208058_22504734.jpg
もう一品くらい食べようかと思っておりましたが、割とボリュームがあったので、結構お腹いっぱいになってきました。無理して食べるのももったいないので、これくらいで締めます。料理自体は大衆的なメニューでしたが、そこはさすがリッツ、どれも上品な味付けで、美味しかったです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします






# by 07takeshi | 2017-10-16 19:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧