タグ:フレンチ ( 39 ) タグの人気記事

荻窪 『ナトワ』

今日は連れとディナーに行きます。阿佐ヶ谷のお店は色々行ったので、今日は隣駅の荻窪に行ってみることにします。今日行くのは荻窪駅南口から7~8分ほど歩いたところにあるワインを楽しむレストラン「ナトワ」。評判のいいお店なので、前から来たいなぁと思っておりましたが、なかなか機会がなく、本日やっと行くことができました。
e0208058_14305794.jpg
お店は階段を下りた地下一階になります。カウンターメインのカジュアルな感じなのかと思っていたら、カウンター席もありますが、テーブルメインでフレンチレストランのような白を基調とした高級感のある雰囲気です。あらかじめ前日に予約を入れておいたので、テーブル席に案内され、まずは乾杯ですが、通常ならビールにするところですが、ワインメインのレストランなので、ビールはやめてスパークリングをいただきます。スペインのCAVA「ピュピトレ ブリュット(750円)」
e0208058_14352607.jpg
メニューは黒板にいろいろ書いてあって、前菜だけでも十数種類あって、どれにするのかなかなか決められないので、とりあえず「前菜盛り合わせ(1800円)」を注文します。これは、①ヴィシソワーズ、②パプリカのムース、③カツオのスモーク、④イワシのタルト、⑤自家製ハム、⑥鶏レバーのパテの6種の前菜が盛り合わせになったもの。ヴィシソワーズはざらつき感がなく滑らかな口当たりでクリーミー。レバーのパテは全然臭みがなく、ほんのり苦みがいいですねぇ。パプリカのムースは食べた瞬間パプリカの香りがしっかり。中でも特に気に入ったのは、カツオのスモーク。燻製の香りが赤身の旨味に熟成感を与えて美味しい!
e0208058_14581301.jpg
ここで2杯目のお酒はイタリアの白から「タブルニ グレコ(600円)」
ボトルに値段が書いてあるので、分かりやすくていいですね。ちなみにドリンクはメニューがなくて、こんな感じというのを伝えると、何本かボトルを持ってきてくれるので、その中から選びます。
e0208058_15100734.jpg
2品目「ホタテとネギのオーブン焼き(850円)」
ホタテの貝をパイ包みにしてあり、予想外の見た目です。パイを外し、貝を開けるとクリーム仕立てになったホタテの身とネギが入っています。クリームはホタテと相性がいいので、旨みが増しますね。
e0208058_15353678.jpg

e0208058_15360955.jpg
次の一杯はシェリー酒。エミリオ ルスタウの「フィノ ハラーナ(750円)」辛口なんですが甘いアロマのような香りと、紹興酒のような熟成された味のバランスがいいです。
e0208058_16045503.jpg
e0208058_16050436.jpg
続いての一品は「ウナギのファルシー(1500円)」
ファルシーとは何かの食材に別の食材を詰めた、詰め物料理のこと。これはウナギでお米を包んでいます。パリッと香ばしいウナギに中はお米なので、洋風のうな丼みたいな感じです。
e0208058_16131407.jpg

e0208058_16132394.jpg

で、締めは赤ワインです。このウナギも次に頼んだ肉料理も赤の方が合いそうですからね。
e0208058_16145633.jpg
肉料理は「鴨のロースト(2000円)」
弾力はしっかりあるけど、しっとり柔らかで赤身の旨みが濃厚です。ソース共々赤ワインに合いますね~
e0208058_16164054.jpg
お店の雰囲気やお酒や料理の内容を考えると、リーズナブルでコスパがいいと思います。駅からは、ちょっと歩きますが、それでも遠いというほどでもないので、ちょっと誰かを連れて食事をする時などにはいいお店ではないでしょうか。

よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区荻窪5丁目10−21



by 07takeshi | 2017-09-02 19:00 | 杉並区(荻窪) | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『ビストロ サンティマン』

今日は地元阿佐ヶ谷の新しくできたお店に行きます。そのお店は「ビストロ サンティマン」。阿佐ヶ谷駅からはだいぶ離れた日大二高通り沿いにあり、以前「鉄板や ひろ」というお店があった場所になります。ネットでもまだあまり情報がないお店ですが、阿佐ヶ谷の飲み仲間の方から美味しいという評判を聞いてやってきました。
e0208058_20205489.jpg
土曜の晩の店内は19時半に来た頃は半分くらいの入りでしたが、20時には満席になっていました。やっぱりいいお店は口コミで評判が広がるみたいですね。ちょっと連れの到着が遅れていたので、先に入って「ハイネケン瓶(700円)」を飲みながら待ちます。
e0208058_20210141.jpg
ビールを飲み干した頃、連れが到着し、お酒はフランスの白ワインから「ル タン デ ジタン ブラン(650円)」
ワインのボトルにはどれも味のコメントが書いてあるので選びやすいです。
e0208058_20211454.jpg
自家製のパンは、モチモチであったか。オリーブオイルとバルサミコ酢を付けていただきます。
e0208058_20212132.jpg
フード一品目は健康的にサラダから「季節野菜のフルーツサラダ(1000円)」
野菜と共に、イチジク、イチゴ、グレープフルーツ、ぶどう、オレンジとたっぷりのフルーツが入っています。フルーツは甘いけど、酸味のあるドレッシングと相まって、甘じょっぱくて美味しい!
e0208058_20212864.jpg
e0208058_20452884.jpg
フード2品目は「フライドポテト トリュフ風味(680円)」
見た目は普通のポテトフライですが、ふわっとトリュフの香りがいい!絶妙な塩加減でつまむ手が止まらない かっぱえびせん状態であっという間になくなってしまいました…
e0208058_20484813.jpg
ここで2杯目のワイン「ブルゴーニュ ピノノワール(850円)」ミディアムボディで飲みやすいけど、香りしっかりなワインでした。
e0208058_20492942.jpg
フード3品目「ペルー産 焼きホワイトアスパラ(1200円)」
ちょっとネギっぽい見た目のホワイトアスパラは、皮はちょっと歯応えがって、中はとっても柔らか。レモンの香りが爽やかで酸味のあるソースが秀逸でこれも美味しい!
e0208058_20545039.jpg
e0208058_20545848.jpg
e0208058_20550519.jpg
次のワインは「ボルドースペリュール エモーション(850円)」
e0208058_21002861.jpg
フード四品目はメインから「千葉県産 八千代ビーフ200g(2100円)」
赤身の旨みがしっかりで、ほんのり甘い玉葱をすりおろして作るシャリアピンソースとも相性が良く、200gあるのでボリュームもばっちり。
e0208058_21334309.jpg
いろんな方からいいよと聞いていましたが、来たらやっぱり良かったです。内容を考えると値段もリーズナブルだと思いますし、不便な立地でもお客さんが集まるのも納得のいいお店でした。

よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区 本天沼1‐3‐4




by 07takeshi | 2017-06-03 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『ラ メゾン クルティーヌ』

今日はホワイトデイのお祝いで、前から行きたいと思っていた阿佐ヶ谷にあるフレンチ「ラ メゾン クルティーヌ」に行ってきました。
e0208058_07585930.jpg
本日いただくのは「ディナーAコース(5700円)」。これは前菜二品にメイン、デザートのセットです。プリフィックスのようにいくつかあるメニューから選べるので、二人でそれぞれ違うものを頼むことにします。まずはグラスのシャンパーニュ(1300円)で乾杯!
e0208058_09094904.jpg
まずはアミューズで「小さな琥珀色のコンソメスープ」
普通のコンソメと違ってすごく濃い琥珀色。45キロの材料を4リットルになるまで煮詰めるんだそう。見た目はシンプルなんですが、すごく手間隙かけて作っているので、香りも味も普通のコンソメとは違い複雑で芳醇です。
e0208058_13065899.jpg
コースの前菜①「ミネラルに富む伏流水で育つ三陸の大粒真牡蠣に同郷の若布のジュレを添えて」
ジュレはほんのり甘く牡蠣の中の水を使っているので、牡蠣との相性もばっちり。甘さの後に牡蠣のほろ苦さと旨みの波が押し寄せる。
e0208058_13071808.jpg
e0208058_13073395.jpg
e0208058_13074268.jpg
連れが頼んだのは「スコットランド産 半野生サーモンの48時間柑橘マリネ カリフラワーとのマリネ」
一口もらいましたが、ソースのさくっとした歯応えにサーモンの熟成した旨みがしっかり。
e0208058_08020772.jpg
前菜②「美食家のブーダンノワール」
二種類の食べ比べで、①世界一のブーダンノワールの作り手と言われる方のレシピで作ったもの?と、②ここのシェフのブーダンノワールの食べ比べということなんだと思いますが、①はサクッとした食感でスパイシーな味。②はほんのり暖かく味が濃厚です。
e0208058_18272107.jpg
e0208058_18273031.jpg
連れの前菜②「究極の大根のスープ」
八ヶ岳大根を使っているんだそう。イメージとしては濃厚なポタージュスープみたいだけど大根の香りと食感があります。
e0208058_18290688.jpg
e0208058_18291497.jpg
メインは「アッシ・パルマンティエ(熟成肉、鹿、猪、じゃがいものピュレ)」
これは伝わりやすい表現で言うと、ジャガイモのミートグラタンみたいな感じでしょうか。ピュレには鴨の脂が使われてコクがあり、お肉は全く臭みもなく味が一つにまとまっています。
e0208058_18323725.jpg
e0208058_18330222.jpg
連れのメインは「的鯛の低温ブレゼ アワビの肝のブールブラン」
マトウダイの身は蒸し焼きされているのでホロリと崩れる柔らかさ。アサリ出汁が効いた泡のソースも秀逸で、春らしい爽やかな味に仕上がっています。
e0208058_18332816.jpg
デザートは「ソルベ2種」
ライスソルベとりんごのソルベ。ライス?って感じですが、胡椒が効いてスパイシーなんだけど甘さもあって不思議な感覚だけどおいしい。りんごのソルベは、りんご本来の味が濃くておいしい。
e0208058_08581159.jpg
連れは「モワルーショコラ ソルベカカオ」
これはすごいチョコ感。チョコの味が濃厚です。
e0208058_08593347.jpg
e0208058_08593981.jpg
食後のコーヒーも味と香りがしっかりで美味しかったです。
e0208058_09004404.jpg
このお店は前から来たいと思っていたので、たくさん待った分、自ずと期待値も高くなっていたのですが、期待通りのお店の雰囲気、味で大満足でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷南3丁目37−10


ラ メゾン クルティーヌフレンチ / 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6


by 07takeshi | 2017-03-12 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

人形町 『イレール人形町』

今日は友人たちとの食事会です。初めて降り立つ街「人形町」にあるフレンチバル「イレール人形町」へやってきました。
e0208058_19104021.jpg

e0208058_19105754.jpg

まずはみんな揃ったところで乾杯!相変わらずみんなバラバラのお酒です。ちなみに僕は「生ビール(800
円)」
e0208058_191417.jpg

フードのメニューはこんな感じ。
e0208058_19164626.jpg

オードブルが少々時間がかかりそうとのことなので、まずは「自家製パン(250円)」。パンはライ麦、プレーン、フォカッチャの3種類。ライ麦とプレーンは外はカリッと中はもっちり。フォカッチャはペッパーが効いてお酒のアテにもなりそう。
e0208058_19321454.jpg

ここで「本日のオードブル3種盛り(2500円×2)」が登場!左から鶏のガランティーヌ、エビとカブの冷菜、フォアグラのロッシーニ風。(※名前は正確ではないかもしれません)
ガランティーヌはシンプルな味にケッパーの風味がよくマッチしています。冷製は、エビがしっとり肉厚で旨みが濃いです。フォアグラのロッシーニ風はとってもクリーミーで滑らかな舌触り。コクもしっかりある中のほんのり甘味がいい。
e0208058_1945190.jpg

e0208058_19451651.jpg

e0208058_19453244.jpg

「トロトロ豚バラ肉の白ワイン煮(1.5人前@3000円)」
透明っぽいさらさらなスープを想像していたら、カレーのようなしっかりとろみのある濃厚そうなスープ仕立て。風味もちょっとスパイシーさがあり、豚は名前のとおりトロトロで、洋風の角煮みたいな感じでしょうか。
e0208058_1949246.jpg

「バヴェットステーキ(2000円)&鴨胸肉のロースト(2800円)」
二つの品はワンプレートで登場。左がバヴェットステーキで右が鴨肉です。バヴェっとはいわゆるハラミで、柔らかいけど、適度に弾力があって安定の美味しさ。鴨のローストは、表面にハチミツとコリアンダーシードがたっぷり。皮目はパリッとしながらも中はミディアムレアでしっとり。僕はパクチー苦手なんですけど、コリアンダーシードは全然大丈夫でした。
e0208058_19553318.jpg

締めは名前からして魅力的な「フォアグラ丼(1200円)」
表面は綺麗に焼き目がついてサクッと。中はトロリととろけるようなクリーム感で、バルサミコ酢でしょうかちょっと酸味のあるタレと相性抜群です。
e0208058_2021286.jpg

どの料理も付け合せまで美味しくて、盛りつけも綺麗で、フレンチらしく繊細な印象でした。いい意味で、堅苦しくないけど、ちょっとかしこまって食べるにふさわしい料理だと思います。美味しかったです。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中央区日本橋人形町2-22-2

by 07takeshi | 2016-10-15 18:00 | 中央区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『山猫軒』

阿佐ヶ谷では結構有名なお店で、ずいぶん前から一度行きたいなと思いつつも、なかなか行く機会がなかったお店「山猫軒」。今日初めて行くことができました。お店は阿佐ヶ谷駅からほど近い場所にありながらも、ちょっとわかりにくい場所にある「ラピュタ阿佐ヶ谷」という、小さい映画館や劇場などがある複合ビルの3F、4Fにあります。
e0208058_4554859.jpg

建物の入口にメニューが置いてあります。基本的にコースメニューになっていて、おそらく前菜や主菜は日によって変わるのではないかと思われます。
e0208058_458394.jpg

通常は外にある階段を昇りますが、建物内にはエレベーターもあり、3階がレストランの入口になります。
e0208058_4595650.jpg

中に入ると、3階、4階の2フロアに分かれていて、まず目に入ってくるのが、中央付近にある階段。どちらのフロアにも座席はありますが、4階から案内しているようでした。
e0208058_56397.jpg

e0208058_561817.jpg

一番乗りだったので、4階の一番奥のテーブル席に案内され、二人ともメニューは前菜二品+主菜+デザート+食後のドリンクの「Bコース(3900円)」をチョイス。ちなみに前菜一品のAコースは3100円、いろいろ出てくるフルコースは5500円です。ドリンクはビールと白ワインを頼みます。
ビールは「生(ハートランド@700円)」もありますが、ベルギーの「オルヴァル修道院ビール(900円)」にしました。柑橘系の華やかな風味がありながらも、ドライできりっとした味のビール。
e0208058_5191399.jpg

ワインはグラスでも注文でき、だいたい700円~900円くらいでした。
e0208058_5204467.jpg

e0208058_5205494.jpg

まずは前菜一品目、「富士山サーモンの燻製 緑レンズ豆のサラダ添え」
たっぷりの野菜で彩りが綺麗。サーモンは燻製が強すぎず程よいスモーキー感で旨みが凝縮されています。下にたっぷり敷き詰められた緑レンズ豆は、さっぱりのドレッシングと合いますね。
e0208058_52557100.jpg

e0208058_5261235.jpg

連れの一品目は「かぼちゃの冷たいポタージュスープ フロマージュブランと自家製コンソメゼリー沿え」
夏らしく爽やかな一品。少しもらいましたが、かぼちゃの甘味が際立って、ちょっと粒子感のある口当たりで美味しかったです。
e0208058_5291334.jpg

パンはバケットと丸いパン。特に丸いパンは、外がさっくり中がフワッとですごく美味しい!これはおかわりできませんでしたが、バケットはおかわりできます。
e0208058_5311420.jpg

前菜二品目、「五島列島サザエの壺焼きとブラウンマッシュルームのエスカルゴ風」
イガイガがしっかりのサザエ。おそらく潮の流れが速いところのサザエなんでしょう。食べやすいように一口大にカットされていて、食べるととても柔らかいけど、しっかり弾力もありバターソースとの相性も抜群。マッシュルームもコクが深い!ソースはバケットにつけても絶品です。
e0208058_5352725.jpg

e0208058_535398.jpg

e0208058_5355564.jpg

連れの前菜二品目は、「カモのフォアグラとハーブ豚のテリーヌカンパーニュ イチジクのチャツネ添え」
トロトロクリーミーで、口に入れると最初に豚の味が来て、その後フォアグラのコクが追いかけてくる感じ。
e0208058_539573.jpg

メインは、「霧島高原豚ロースの網焼き 黒オリーブのソース」
霧島高原豚は見た目通りとってもジューシー。脂身が甘くて美味しい!やや塩味しっかりの味付けなので、ワインが進みます。
e0208058_5424787.jpg

e0208058_543973.jpg

連れは魚から「神奈川県鴨居スズキのポワレ サルサベルデ(あさりとパセリのソース)」
まさに皮はパリパリで、身はふっくら。淡白だけど旨味しっかりのスズキの身は、綺麗な翡翠色のソースと絡めると抜群の相性です。
e0208058_546745.jpg

デザートは「バニラ風味のクリームブリュレ 黄桃のソルベ添え」
パリッとした表面を割ると、中はトロトロ。表面の香ばしさとクリームの甘味に、酸味のあるソルベがマッチ。
e0208058_550254.jpg

連れは「イチジク・プルーン・梨のコンポート バニラアイス添え」
それぞれが思いのほか大ぶりで食べ応えしっかり。甘味が強すぎず果物の味がきちんと残ってます。
e0208058_5523189.jpg

食後はエスプレッソでさっぱりと。とっても美味しかったです。
e0208058_5532036.jpg

見た目以上にボリュームもありましたし、この雰囲気と、料理の内容ですからかなりCP高いと思います。人気なのがよく分かるいいお店でした。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都杉並区 阿佐谷北2丁目12−21


by 07takeshi | 2016-09-04 18:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

船橋 『フレンチバル セレナ』 oishii

今日は仕事の関係で千葉方面に来たので船橋で食事をすることに。いったお店は人気のフレンチバル「セレナ」。京成船橋駅から細い路地を入ったところにお店はありますが、フランス国旗が目印です。
e0208058_18542799.jpg

お店は全20数席くらいでしょうか、カウンター席に腰かけまずは「生ビール(550円)」
e0208058_18595554.jpg

メニューは400円台くらいからメインの高いものでも1500円くらいとリーズナブル。東京よりも2~3割くらい安い印象です。1品目「北海蛸のタルタル(630円)」
北海タコはとっても柔らか、アンチョビが香るマヨネーズのソースが和えられてお酒のあてにもちょうどいいですね。あと、タコの吸盤のこりっとした触感がとってもいい。
e0208058_1981396.jpg

二品目「旬野菜のヴァプール(680円)」
ヴァプールとは蒸気で蒸した料理のこと。カボチャ・カブ・キャベツ・ブロッコリー・ピーマンなど具だくさんで、野菜のみなんですがボリュームたっぷり。トマトを効かせたチーズソースが野菜によくい合いますね。蒸し加減がいいので野菜の甘さが際立っています。
e0208058_1914192.jpg

e0208058_19141498.jpg

三品目「鴨フォアグラのポワレ(1080円)」
外はカリッ、中はトロトロ。なんだか大阪のたこ焼きの紹介みたいになってしまいましたが、まさにその文字通りの触感。味が濃厚でこれもワインがすすみますねー
e0208058_19181447.jpg

e0208058_19182379.jpg

e0208058_19183528.jpg

7時半ごろお店に入ることには、半分くらいの客の入りでしたが、9時頃お店を出ることには、ほぼ満席になっていました。やっぱりいいお店は繁盛するんですね。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 千葉県船橋市本町1丁目13-23


by 07takeshi | 2016-05-25 19:30 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

銀座 『オザミ・デ・ヴァン本店』 oishii

ホワイトデーの前日の今日は銀座でディナーです。ちょっと特別な日なので、お気に入りのお店に行くことにします。お気に入りといってもめったに行くことはく、今日も何年ぶりかの訪問です。そのお店は人気のビストロ「オザミ・デ・ヴァン」。
e0208058_126017.jpg

日曜夜の店内は満席で賑わっています。とはいえ客層がいいので、騒がしいという感じではないのがさすが銀座ですね。2人掛けのテーブル席に案内されメニューを見ます。メニューは、前菜やメインを選ぶプリフィックスコースやアラカルトもありますが、今日は前菜1種、メイン、デザートの「プリフィックスコース(3980円)」にします。因みに、温前菜・冷前菜・メイン・デザートのコースは5000円です。
e0208058_12242922.jpg

まずはドリンクですが、今日はビールではなくシャンパンをいただきます。「ドラピエ(1380円)」。すっきり辛口でほんのり甘い余韻が残ります。
e0208058_1323540.jpg

料理がくる前にパンが運ばれてきますが、温めてあってふっくら。美味しいので食べすぎないよう注意ですね。
e0208058_134252.jpg

ここで料理。僕が選んだのは温前菜から、ここのスペシャリテといってもいい一品「フォアグラとトウモロコシのホットケーキ トリュフソース(+200円)」
綺麗に焼き目が付いてとっても美味しそう。甘いホットケーキの生地に濃厚なフォアグラがたっぷり。そこにちょっと酸味のあるトリュフのソースが絶妙にマッチ。ここでしか食べられない特別な一品です。
e0208058_1433410.jpg

e0208058_1434332.jpg

e0208058_1310512.jpg

こちらは連れが頼んだ「グラティネしたホンビノスと春キャベツのクラムチャウダー」。すこし食べさせてもらいましたが、見た目はすごく濃厚そうなんですが、食べてみると意外とあっさり。具だくさんで食べ応えありました。
e0208058_13121144.jpg

e0208058_13122550.jpg

ここで白ワインに切り替えます。メニューを見ると山梨の好きなワイナリー、グレイスワインのワインがあったのでそれを頼みます。「樽甲州(1000円)」。これは市販されているのではなく、オザミ用に作ったワインでラベルのデザインも特別仕様です。すっきり辛口で飲みやすいワインでした。
e0208058_1320151.jpg

e0208058_13201697.jpg

e0208058_13211025.jpg

ここでメインが登場。僕のは「ニュージーランド産 骨付き仔羊のロースト パセリ風味」
中はちょっとレアな赤さがキレイです。食べてみるとかなり肉厚な身はとっても柔らか。やや甘さのあるソースとの相性もよく、美味しいです。
e0208058_144935.jpg

こちらは連れのメイン「本日の魚料理」。何の魚だったかは失念してしまいました・・・ 白身魚に赤ワインのソースというのが意外な組み合わせでしたが、合いますね。新しい発見でした。
e0208058_1339569.jpg

e0208058_13391718.jpg

デザートは「クリームブリュレ」
トロトロクリーミーでなめらか。とても上品な甘さです。
e0208058_13411290.jpg

e0208058_13413452.jpg

こちらは連れの「シャーベットの盛り合わせ」。レモンとカシスとマンゴーで、色の組み合わせがキレイですよね。
e0208058_13522599.jpg

久しぶりに来ましたが、やっぱりここはいいですね。また何かの折には是非来ようと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中央区銀座2-5-6


by 07takeshi | 2016-03-13 20:00 | 中央区 | Comments(0)

銀座 『Le Bonze(ル ボーズ)』

今日は地元の関西から身内が来たので、ちょっと豪華に銀座でディナー。行ったお店は昭和通り沿いのビル3階にあるフレンチのお店「ルボーズ」。
e0208058_21474837.jpg

店内は、20席ないくらいと割とこじんまりしていますが、大きな窓からは外の景色が広がって、開放感があるので、割と広く感じます。テーブル席に案内され、まずはドリンクを頼むのですが、今日はいきなりボトルでワインにします。ジュテームというワインで、フルボディなどっしりした飲み口の赤ワインでした。
e0208058_2204643.jpg

最初にパンとバターが提供されます。何気ない一品なんですが、美味しいです。
e0208058_2242576.jpg

料理一品目は、ヘルシーなものから「大地のサラダ(1410円)」
カブやアスパラ、カリフラワー、ミニキャベツやレタスなどいろんな野菜がいただけます。酸味控えめなドレッシングが主張しすぎず、主役の野菜の味を引き立てています。こういうシンプルな料理って、家で作りたくなるけど絶対真似できないんですよねぇ。
e0208058_2291766.jpg

二品目は妙に惹かれたメニュー「ルボーズ特製フレンチフライ(540円)」
ジャンクフード定番のポテトフライがどういう感じになるのでしょうか。出てきたそれは、フェンネル・セージ・タイム・ローズマリーなどいろんなハーブが香る上品な味わいながら、しっかり塩味も効いたワインが進む一品で、つまむ手が止まりません。
e0208058_22134356.jpg

三品目「真鯛白子のムニエル トマトとケッパーのソース(1950円)」
表面はパリッと香ばしい焦げ目が付いているけど、中はトロトロクリーミー。濃厚な旨味なんですが、意外とあっさりで食べやすい味。
e0208058_22172844.jpg

e0208058_22173869.jpg

四品目、メインは「ニュージーランド産 骨付き仔羊のロースト(2490円)」
食べてみると、めちゃめちゃ柔らかい!がっつり肉厚なんですが、ハーブの香りが爽やかで、赤身の旨味がしっかり。見た目にはボリュームありすぎかなと思ったけど、脂があっさりで重くないので、ぺろりと食べられました。肉質もいいし、調理の仕方も絶妙なんでしょうね。
e0208058_22224716.jpg

e0208058_2222579.jpg

e0208058_2223543.jpg

最後はエスプレッソで締めます。
e0208058_22242666.jpg

料理自体は上品な仕上がりで、とても美味しいのですが、お店の雰囲気は肩肘張らない気さくな雰囲気もあり、こんなお店が普段使いできれば素敵だなぁと思えるいいお店でした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都中央区銀座4-10-1


by 07takeshi | 2015-11-17 19:30 | 中央区 | Comments(0)

西荻窪 『organ(オルガン)』

週末の今日は会社の同僚と、前から行ってみたかったお店に行きます。それは西荻窪にあるビストロ 「オルガン」。過去二度ほど行こうとしたことがあるのですが、人気店のため入ることができず、本日は念願かなって初訪問です。お店は西荻窪駅から5~6分くらい歩いたところにあるので、少し駅からは離れています。
e0208058_18551266.jpg

店内はアンティーク調で、女子が好みそうな ちょっと自宅感があるお洒落な雰囲気です。テーブル席に案内され、さっそくお酒を注文します。普段ならビールとなるところですが、今日は最初からワインにします。ワインはもちろんボトルもあるのですが、グラスが、赤・白・スパークリングと合わせて10種類以上あるので、まずはグラスの泡系から、「シードル」。ちなみにグラスはだいたい700円から900円くらいだったと思うので、なかなかリーズナブルです。
e0208058_193153100.jpg

料理一品目は 「鶏レバーのパテ(600円)」
レバーの苦みや重さが非常に軽やかで、柚子の風味が効いて爽やかな味です。これならレバーが苦手な方でも食べられそうです。
e0208058_5205957.jpg

e0208058_19394048.jpg

2杯目のワイン 「ヴァンヌーボー」
e0208058_19511470.jpg

料理二品目 「自家製ハムとポーチドエッグ、ルッコラのサラダ(950円)」
どっさりのルッコラの上にたっぷりのハム。ハムも薄っぺらいのじゃなくて結構厚みがあり、更に今日はハツまで入っていて、とっても肉肉しい仕上がり。食べごたえはあるんですけど、ドレッシングがさっぱりなので、とっても食べやすく、モリモリ食べられます。
e0208058_5232196.jpg

e0208058_5233884.jpg

e0208058_5235733.jpg

ワインがどんどんなくなるので、次はボトルにします。これも自然派のワインで、ちょっと癖のある香りが心地よく、程よくどっしり感もあり美味しいワインでした。たしか4000円台だったと思います。
e0208058_20265298.jpg

料理三品目は、ここでの定番メニュー 「炙りサバとジャガイモの一皿(1100円)」
一見とてもミスマッチな組み合わせなんですが、これが合うんです。特にサバの火の通し加減が絶妙で、表面は香ばしいけど、中はしっとり。なんというか うまく言えないんですけど、サバだけでも美味しいのですが、ジャガイモと一緒に食べると更に美味しくなるんです。
e0208058_5243598.jpg

e0208058_5245260.jpg

メインは「山形県産 三元豚の香草ロースト(1850円)」
厚さ3センチくらいありそうなボリューミーな一品。これも火の通し加減がバッチリで、中まで火が入っているのに、香草がほんのり香り ジューシーさが残るとっても柔らかな仕上がり。味付けは塩胡椒とシンプルなんですが、それで十分。肉の旨味が熟成されています。
e0208058_525446.jpg

e0208058_5252925.jpg

e0208058_21123765.jpg

結構食べて飲んで二人で12000円弱くらい。感覚的に1万円台後半くらいかなと思っていたので、内容を考えるとリーズナブルだと思います。今日は食べられなかったメニューもいっぱいあるので、ぜひまた来たいお店です。予約がとりにくいのも分かるいいお店でした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ

【住所】 東京都杉並区西荻南2-19-12




organワインバー / 西荻窪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2014-05-30 20:00 | 杉並区(西荻窪) | Comments(0)

甲府 『サドヤ レストラン レアル・ドール』

ゴールデンウィークはの後半は、今年一発目の山梨ワイン旅に行きます。いつものように、鈍行に揺られること約2時間半、甲府に到着し向かうのは、甲府のワイナリー「サドヤ」。過去に何度か来たことがありますが、昨年レストランがリニューアルされたので、どんな感じになったのかなということでやってきました。
e0208058_815015.jpg

e0208058_821721.jpg

11時半のオープンと同時に入店。新しい店内は綺麗で、高級な雰囲気が漂っています。
e0208058_84880.jpg

e0208058_841812.jpg

ランチは、1240円と2060円の2種類(平日限定)に、プチコース(2880円)やフルコース(4120円)などがあり、土日は予約制となっているようです。GW中は、1240円のランチは休みということで、2060円のおすすめランチを注文。それと最初のお酒は、「サドヤスパークリング(白@600円)」。
e0208058_814662.jpg

まずはサラダが運ばれてきます。レタス・水菜・セロリ・ニンジンなどのシーザーサラダなんですが、生ハムが入って、ちょっと大人な仕上がりです。
e0208058_8151446.jpg

続いてスープはミネストローネ。具沢山で酸味が控えめなトマトベースなので、食べやすい味。
e0208058_8182441.jpg

パンに続いて、メインの料理 「メカジキのチーズパン粉焼き」が登場。しっかりした歯ごたえがあって、白身なので淡泊なんですが、トマトベースのソースとの相性抜群。チーズの風味も効いて、ワインもすすみます。
e0208058_8194789.jpg

e0208058_8195964.jpg

e0208058_832727.jpg

残ったソースはパンにつけていただきました。
e0208058_8242432.jpg

スパークリングの後は、赤ワインを一杯飲んで、締めの一杯は「シャトーブリヤン1997(赤@1500円)」
これはお気に入りのワイン。16年熟成で深みのある味なんですけど、なんといっても独特の香りが癖になってしまいます。樽の香りというか、木の渋い香りというか、万人受けするいい匂いではないんですが、なぜか好きなんです。
e0208058_8273922.jpg

最後はコーヒーが出てきます。
e0208058_8282995.jpg

きちんとしたレストランなので、とても雰囲気がよく、料理もワインに合うものが用意されているので、サドヤのワインを楽しむには最適なお店だと思います。ただちょっと残念なのは、以前はあったカフェがなくなって、レストランだけになってしまったこと。カフェは予約なしでふらっと立ち寄ることができて、使い勝手が良かったのですが。また復活してくれないかなぁ・・

サドヤを後にして向かったのは、甲府駅前に今年の春オープンした商業施設、「甲州夢小路」。これは古民家を移築したりして昔の街並みを再現したもの。フードやアクセサリーなどいろんなお店がありますが、ここにもワインのお店があります。
e0208058_927990.jpg

基本、お土産なんかを買って帰るお店なんですが、一杯150円で有料試飲ができます。
e0208058_9295332.jpg

ここでも4杯も飲んでしまいました・・
e0208058_930364.jpg

続いては、駅の反対側にある山梨の情報を発信する施設「やまなしプラザ」へ。1階にカフェスペースがあり、そこで食事をしたり、ワインを飲んだりできます。
e0208058_9333957.jpg

e0208058_933529.jpg

e0208058_9341245.jpg

e0208058_935736.jpg

ここでは、地元のワイン3種がいただける「甲州ワイナリーめぐり(1200円)」と、おつまみから「鮑の肝煮(380円)」を注文。今日のワインはこの3種。
e0208058_9364569.jpg

e0208058_9365633.jpg

e0208058_9374279.jpg

e0208058_9375272.jpg

思った以上に盛りがよく、すでに結構酔っぱらっていたので、全部飲み干せませんでした。フードのメニューも豊富なので、今度は1軒目で来てみたいですね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【サドヤ】 甲府市北口3-3-24


【甲州夢小路】 甲府市丸の内1-1−25


【やまなしプラザ】 甲府市丸の内1丁目6-1

by 07takeshi | 2014-05-02 11:30 | 山梨県 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧