タグ:洋食 ( 364 ) タグの人気記事

 

高円寺 『acca(アッカ)』 oishii

久しぶりの更新ですが、今日は高円寺にやってきました。今日行くのはパル商店街を抜けたところにあるイタリアンバル「アッカ」。前から来ようと思っていたのですが、いつも結構賑わっているため、なんとなく一人では入りづらく未訪問のままでした。今日は連れと一緒なので、初めて入店します。
e0208058_08162529.jpg
e0208058_08432451.jpg
土曜20時頃の店内はほぼ満席で、人気のほどが伺えます。入り口付近のカウンター席に案内され、まずはドリンク。ビールにしようと思ったのですがスパークリングがあったので「ロータリ タレントの白とロゼ(各800円)」
これはシャンパーニュ製法で作られたイタリアのスパークリングワイン。白はさっぱりしながらも柑橘系の香り、ロゼは程よい辛口で甘い香りです。
e0208058_08165443.jpg
一杯目をすぐに飲みほし2杯目は「ヴィノ ロザート(600円)」これもほんのり甘いフレーバーなイタリアワイン。
e0208058_08484171.jpg
フード一品目は「ハーブたっぷり自家製ソーセージ(700円)」
その名のとおり食べると口の中にハーブの香りが広がって、それからスパイスが効いてきます。ワインに合うなぁ。
e0208058_08485006.jpg
e0208058_08485553.jpg
2品目「20種彩り野菜のサラダ(1000円)」
オクラ、カブ、黄色ニンジン、プチトマト、ブロッコリー、ズッキーニ、パプリカ、レタス…… 数え切れないくらいたくさんの種類で美味しいけどとってもヘルシーです。
e0208058_08490247.jpg
3品目「海老とエリンギのアーリオオーリオ(700円)」
エビは小エビかと思ったら結構立派なエビです。オリーブオイルの香りにニンニクも効いて、プリプリのエリンギとカリッと香ばしいエビのバランスがいい。
e0208058_08490900.jpg
e0208058_08491682.jpg
締めの一品は「たっぷり野菜とゴルゴンゾーラのグラタン(800円)」
もう暖かくなってくるとなかなか食べられなくなるグラタンですが、好きなので、あるとつい頼んでしまいます。グツグツいいながら運ばれてきたグラタンは、ゴルゴンゾーラのクセのある香りがアクセントになっています。香りとコク、野菜もたっぷりでヘルシーなのにすごく旨い!
e0208058_15424603.jpg
e0208058_15425620.jpg
グラタンはそのままでも十分美味しいですが、バケットにのっけても美味し!
e0208058_15430406.jpg
お会計も二人で8000円くらいとリーズナブル。お店もカジュアルな雰囲気ながら、お洒落な雰囲気もあるのでデートに使うもよし。カウンターメインなので一人で来てもよしのいいお店でした。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします



【住所】東京都杉並区高円寺南2丁目50−10




by 07takeshi | 2017-04-15 20:00 | 杉並区(高円寺) | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『ラ メゾン クルティーヌ』

今日はホワイトデイのお祝いで、前から行きたいと思っていた阿佐ヶ谷にあるフレンチ「ラ メゾン クルティーヌ」に行ってきました。
e0208058_07585930.jpg
本日いただくのは「ディナーAコース(5700円)」。これは前菜二品にメイン、デザートのセットです。プリフィックスのようにいくつかあるメニューから選べるので、二人でそれぞれ違うものを頼むことにします。まずはグラスのシャンパーニュ(1300円)で乾杯!
e0208058_09094904.jpg
まずはアミューズで「小さな琥珀色のコンソメスープ」
普通のコンソメと違ってすごく濃い琥珀色。45キロの材料を4リットルになるまで煮詰めるんだそう。見た目はシンプルなんですが、すごく手間隙かけて作っているので、香りも味も普通のコンソメとは違い複雑で芳醇です。
e0208058_13065899.jpg
コースの前菜①「ミネラルに富む伏流水で育つ三陸の大粒真牡蠣に同郷の若布のジュレを添えて」
ジュレはほんのり甘く牡蠣の中の水を使っているので、牡蠣との相性もばっちり。甘さの後に牡蠣のほろ苦さと旨みの波が押し寄せる。
e0208058_13071808.jpg
e0208058_13073395.jpg
e0208058_13074268.jpg
連れが頼んだのは「スコットランド産 半野生サーモンの48時間柑橘マリネ カリフラワーとのマリネ」
一口もらいましたが、さくっとした歯応えもあり熟成した旨みがしっかり。
e0208058_08020772.jpg
前菜②「美食家のブーダンノワール」
二種類の食べ比べで、①世界一のブーダンノワールの作り手と言われる方のレシピで作ったもの?と、②ここのシェフのブーダンノワールの食べ比べということなんだと思いますが、①はサクッとした食感でスパイシーな味。②はほんのり暖かく味が濃厚です。
e0208058_18272107.jpg
e0208058_18273031.jpg
連れの前菜②「究極の大根のスープ」
八ヶ岳大根を使っているんだそう。イメージとしては濃厚なポタージュスープみたいだけど大根の香りと食感があります。
e0208058_18290688.jpg
e0208058_18291497.jpg
メインは「アッシ・パルマンティエ(熟成肉、鹿、猪、じゃがいものピュレ)」
これは伝わりやすい表現で言うと、ジャガイモのミートグラタンみたいな感じでしょうか。ピュレには鴨の脂が使われてコクがあり、お肉は全く臭みもなく味が一つにまとまっています。
e0208058_18323725.jpg
e0208058_18330222.jpg
連れのメインは「的鯛の低温ブレゼ アワビの肝のブールブラン」
マトウダイの身は蒸し焼きされているのでホロリと崩れる柔らかさ。アサリ出汁が効いた泡のソースも秀逸で、春らしい爽やかな味に仕上がっています。
e0208058_18332816.jpg
デザートは「ソルベ2種」
ライスソルベとりんごのソルベ。ライス?って感じですが、胡椒が効いてスパイシーなんだけど甘さもあって不思議な感覚だけどおいしい。りんごのソルベは、りんご本来の味が濃くておいしい。
e0208058_08581159.jpg
連れは「モワルーショコラ ソルベカカオ」
これはすごいチョコ感。チョコの味が濃厚です。
e0208058_08593347.jpg
e0208058_08593981.jpg
食後のコーヒーも味と香りがしっかりで美味しかったです。
e0208058_09004404.jpg
このお店は前から来たいと思っていたので、たくさん待った分、自ずと期待値も高くなっていたのですが、期待通りのお店の雰囲気、味で大満足でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都杉並区阿佐谷南3丁目37−10



<p><a href="https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13131845/?tb_id=tabelog_ea0e721c5de9223f9037fbbfb0d873cfe9cd71e2">ラ メゾン クルティーヌ</a> (<a href="https://tabelog.com/rstLst/RC021101/">フレンチ</a> / <a href="https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/R205/rstLst/">阿佐ケ谷駅</a>、<a href="https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/R9561/rstLst/">南阿佐ケ谷駅</a>)
<br />夜総合点<span style="color: #FFD700;">★★★</span><span style="color: #A9A9A9;">☆☆</span> 3.7
</p>


by 07takeshi | 2017-03-12 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

新大阪「赤白(こうはく)」 oishii

ちょっと用事があって大阪に行って来ました。一泊二日とあまり時間もなかったので、あまりお店巡りはできませんでしたが、大阪の玄関口、新大阪のグルメを堪能しました。到着してすぐに行ったお店は「赤白」。これで「こうはく」と読みます。大阪に何店舗かある洋風のおでんや串焼きをアテにワインなどを楽しむちょっと洒落たお店です。以前梅田にある店舗の前を通ったことがあるのですが、その時はすごく混んでました。新大阪にもお店があるとのことなので、金曜の午後1時くらいに行ったらすいてました。新大阪店はすいてるんでしょうか。
e0208058_10363140.jpg
まずはビールではなくグラスのシャンパン「ルイ ドール ブリュット」シャンパンながら550 円ととってもリーズナブル。上品な味です。
e0208058_14595502.jpg
料理一品目は「大根ポルチーニ茸クリームソースがけ(180円)」
大根にたっぷりかけられたポルチーニソースは、薄い褐色でポルチーニの香りが豊か。そのお陰でビールではなくシャンパンに合う❗
e0208058_15000568.jpg
e0208058_15000840.jpg
2品目は「フォアグラ入りラビィオリ トリュフ風味のクリームソース(380円)」
これもクリームソースですが、さっきと香りが違います。大ぶりなものが一つで、もちもちでトゥルンとしたラビィオリはソースが濃厚でトリュフの香りがほんのり。
e0208058_15000668.jpg
e0208058_15000833.jpg
ここでグラスの白ワイン、リースリングを使った「ローゼン(630円)」に。グラスワインは、白赤とも12種類づつありました。
e0208058_15001428.jpg
ここからは串系にいきます。まずは「鶏ももウズラ玉子(2本@320円)」
鶏肉は柔らかいけど程よく弾力もあってほんのり甘みとコクのあるディアブルソースがあう。
e0208058_15125615.jpg
e0208058_15130023.jpg
次は「鶏ももマッシュルーム(2本@360円)」
これは柑橘の酸味が効いてる。その後トマトのコクと甘味がやってくる感じ。
e0208058_15154195.jpg
e0208058_15154413.jpg
「子羊ももカブ(2本@390円)」
羊肉はしっとりとした柔らかいけど弾力があり、アンチョビクリームソースが濃厚で、赤ペッパーが味のアクセントになっています。
e0208058_21390099.jpg
e0208058_21391014.jpg
締めの一品は「赤ワインとトマトのモツ煮(460円)」
和の食材だけど洋風のデミグラスっぽい赤ワインのソースが合う。森下にある「山利喜」のもつ煮を思い出しました。
e0208058_21451418.jpg
どの料理も創意工夫がしてあって、ありそうで他では食べられないおいしい料理でした。しかも雰囲気も良くてリーズナブルなので、人気が出ないわけないですね。東京にあったらちょこちょこ来たいいいお店でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】大阪市淀川区西中島5丁目16−1 アルデ新大阪





by 07takeshi | 2017-03-10 13:00 | 首都圏以外 | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『CAPIO(カピオ)』

今日は、昨年の12月に新しくできたイタリアン「カピオ」に行ってきました。旧中杉通り沿いにあるのですが、最近この道を通らなくなっていたので、新しいお店ができたことに全然気がつきませんでした。ちょっとレトロなレンガ造りの建物にあるお店は、ポップな可愛らしい看板が目印です。
e0208058_16584265.jpg
店内は奥に細長く、入口入ってすぐに4人テーブルが2卓とその奥にカウンター席が8席となっています。19時に入店しましたが、8割方は埋まっていて、すでに人気店の様相を呈しています。まずは「生ビール(550円)」と「スプマンテ(580円)」で乾杯!
e0208058_16585116.jpg
続いてフード。ドリンクもそうですがフードもリーズナブルで、前菜は500円くらいから、メインでも1000円台のものが多く、高いものでも2000円くらいです。フード一品目は早く出そうなものから「マグロの卵のクロスティーニ(550円)」
クロスティーニとは、薄切りのパンの上にちょっとしたフードを載せた料理のこと。マグロの卵ってこれまであまり食べた記憶がないですが、サクッとしたパンに卵のコクがいい相性で爽やかな味。
e0208058_17001022.jpg
2品目「マグロの白子のセモリナフリット(650円)」
白ゴマ?が散りばめられた衣に中の白子は、結構弾力あるけど中はトロリと柔らかく味が濃厚。
e0208058_17243848.jpg
e0208058_17244834.jpg
3品目「パンテレッリア産ケイパーのパンテスコスパゲティ(1100円)」(写真は一人分を取り分けたもの)
ケイパーを使ったトマトソースがパンテスコなんでしょうか。トマトソースだからもっと赤いのかと思ったら穏やかな色合い。トマト感はそんなに強くないけど、いろんなものの旨みがしっかり効いて美味しい!
e0208058_17351745.jpg
e0208058_17352411.jpg
e0208058_17353009.jpg
ここでドリンクは白ワインに切り替えます。
e0208058_17363633.jpg
続いての料理は三重県直送、神経締めの魚から「ホウボウのアクアパッツァ(1600円)」
運ばれてきたアクアパッツァは、美味しそうでかっこいい!なんかホウボウって飛行機みたいですよね。とてもフォトジェニックな見た目ですが、もちろん味も本格的。思いのほか大きくて、身もたっぷり付いているし魚介の出汁が出たソースも絶品!これは旨いですね~
e0208058_17463226.jpg
e0208058_17464620.jpg
以上の料理と、二人でお酒を計4杯くらい飲んで8000円でお釣りがくるくらいでした。家からも近いので、これからも通ってしまいそうないいお店でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北2丁目36−1




by 07takeshi | 2017-03-04 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

銀座 『俺のイタリアン』

今日は友人たちとの食事会。前回の「俺のだし」に続き今回も「俺の」シリーズのお店に行きます。今日行くのは「俺のイタリアン」。ずいぶん前に「俺のフレンチ」と共に一世を風靡した感がありますが、今回初めて行きます。土曜の19時に予約の上行ったのですが、いまだに行列ができていてびっくりでした。
e0208058_08173368.jpg
入口は狭いのですが、お店に入ると中は結構広く100席以上はありそうな感じです。
e0208058_08213702.jpg
みんな揃ったところで乾杯!
e0208058_08222928.jpg
僕がいただいたのは「俺の泡(980円)」。なみなみと注いでくれるので、先に口をつけないとこぼさずに飲めません。
e0208058_08223537.jpg
メニューはこんな感じ
e0208058_08302068.jpg
e0208058_08303333.jpg
その日のオススメはモニターの画面に表示されます。
e0208058_08314810.jpg
フード一品目は「殻付きウニのコンソメジュレ添え(3個@980円+追加ウニ380円)」
出てきたそれは、とてもフォトジェニックな見た目。トロトロなムースの中にはプリっとしたエビも入って食感のアクセントになっており、トマトの酸味とウニのコクがあります。
e0208058_08420118.jpg
e0208058_08420834.jpg
二品目「ルッコラのサラダ(650円)」
山盛りのルッコラの上にスライスしたパルミジャーノとクルミがのっています。ほろ苦くて大人味。
e0208058_08464591.jpg
三品目はピザから「ハーフ&ハーフ(880円)」
4種チーズのピザとマルゲリータのハーフ&ハーフ。1000円切る値段ながら大きさもしっかりあります。生地は薄めなので、軽やかにぺろりと食べられます。
e0208058_09025649.jpg
e0208058_09030365.jpg
ここでドリンクを「白州ハイボール(ダブル@980円)」。因みにシングルだと780円なので、ダブルの方が断然お得だと思います。まあシングル780円でも安いんですけどね。
e0208058_09064354.jpg
続いての料理はここのスペシャリテ「牛・フォアグラ・トリュフのミルフィーユ(1380円)」
下から牛肩ロース、ポテト、フォアグラと積み重なり頂上にトリュフがちょこんと載っています。フォアグラはとっても柔らかく旨みが濃厚!牛肩ロースもホロリと崩れる柔らかさで赤身の旨みがありますね。トリュフは小さいながら強い香りで存在感があります。
e0208058_09121967.jpg
五品目「アワビのリゾット 肝のソース(1180円)」
コリっとした歯応えかと思ったら、アワビがすごく柔らかい!チーズのコクと肝ソースのほろ苦い感じが良くマッチしています。
e0208058_09184821.jpg
六品目「オッソブーコ(1380円)」
名前を聞いてもよく分からないかと思いますが、これは牛すね肉のトマト煮のこと。柔らかく煮込まれたすね肉が思いのほかボリューミーでトマト感全開です。
e0208058_09244319.jpg
七品目「ポテトアンチョビ(380円)」
さっきのトマト煮で結構お腹いっぱいになってたんですが、ポテトフライは別腹ですね。あっさり完食しました。
e0208058_09260712.jpg
結構食って飲んで一人5000円いかないくらいなので、やっぱりコスパは高いですね。ずっと人気があるのも分かる気がしました。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】東京都中央区銀座1-8-19キラリト




by 07takeshi | 2017-02-25 19:00 | 中央区 | Comments(0)  

阿佐ヶ谷 『ガッターロ』

今日のディナーは珍しく阿佐ヶ谷の南方面へ。前から気になっていたお店なんですが、なかなか機会がなくて行けていなかったイタリアン「ガッタ-ロ」に行きます。阿佐ヶ谷駅を南下し、5分くらい歩いたところを右に入ると、飲食店が並んでいる通りがあり、そこの一角にあります。
e0208058_18395367.jpg
e0208058_18400015.jpg
土曜の晩の行く直前での予約だったため、テーブル席は満席で、カウンター席に案内されます。カウンターの前には可愛らしい服を着せられたワインボトルが並んでいます。
e0208058_18400967.jpg
まずは「生ビール(600円)」と「キールロワイヤル(800円)」で乾杯!
e0208058_18401588.jpg
最初に自家製フォカッチャとグリッシーニが出てきます。フォカッチャはしっとりして旨い!
e0208058_18455588.jpg
店内はほぼ満席で、調理は一人で行っているので、料理が出てくるまでは少々時間がかかります。先ほどのグリッシーニをアテに、ワインを飲んで優雅に待つことにしましょう。というわけで白ワイン「ガットビアンコ(600円)」猫のジャケットが可愛らしいですね。
e0208058_18502799.jpg
フード1品目は「焼き野菜盛り合わせ(1250円)」
パプリカ、カボチャ、ズッキーニなど緑黄色野菜がいっぱいで、味付けはおそらく塩とオリーブオイルのみとシンプルだからこそ、素材の味が活きています。
e0208058_18503594.jpg
ここで2杯目のワイン「グラヴィーナ(720円)」
e0208058_18504484.jpg
フード2品目は「真鱈白子とズワイガニのグラタン(1680円)」
綺麗に焦げ目がついて見るからに美味しそうですが、食べてみると…めちゃめちゃ旨い! 濃厚なホワイトソースに蟹の香りと白子も濃厚な旨味で、結構量はありましたがすぐに食べ切ってしまいました。
e0208058_18510016.jpg
e0208058_18511851.jpg
e0208058_18512675.jpg
ワイン3杯目「モンティビアンコ(690円)」
e0208058_22340235.jpg
メインの料理は「蝦夷鹿の内もものグリル 赤ワインソース(2700円)」
鮮やかな赤が目を引きます。噛むとしっかりした弾力があり、グリルした香ばしさがあり赤身の旨みが濃い!野性味溢れる味だけど、繊細な感じもあり赤ワインソースが肉の香りと味を引き立てています。
e0208058_22343062.jpg
e0208058_22343959.jpg
このお店も地元の人からいいよとお勧めされていたので、前から来てみたかったんですが、とてもいいお店でした。今日は食べられませんでしたが、パスタも美味しいらしいので、次来た時はぜひパスタを食べたいと思います。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします



【住所】東京都杉並区阿佐谷南3丁目4−22





by 07takeshi | 2017-02-18 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)  

浅草橋 『ワインショップ&ダイナー FUJIMARU』 oishii

大阪にある都市型ワイナリー「フジマル醸造所」。これの東京にあるレストランが浅草橋にあると聞いて、ワイナリー廻り好きとしては、前から行きたいと思っていたところ、本日やっと行くことができました。因みに東京には門仲に醸造所があるようです。
e0208058_22415153.jpg
JR総武線の浅草橋駅から南下し、神田川を超えてすぐに左折し、川沿いの道を行くと服屋さんがあるのですが、そこの中を通り抜けるとエレベーターと階段があるので昇った2階になります。非常に分かりづらく、初めて行く方はもれなく迷うと思います。
e0208058_22430132.jpg
e0208058_22433764.jpg
この看板が目印です。これがなかったら多分入れませんでした。だって見た目は普通に服屋なんですもん。
e0208058_22431024.jpg
店内はカウンター席8席、4人掛けテーブル×3といった構成です。一人だったのでカウンター席に案内されます。
e0208058_22471103.jpg
e0208058_22471773.jpg
まずは1杯目「生樽 白2016(650円)」。果実味溢れる香りだけど、シャープな酸味があります。
e0208058_22503956.jpg
フードメニューは13時から17時まではメインぽいものはなくて、軽めなものになっています。一人だったのでどうしようかなと思っていたところ、ちょうどいいメニューがありました。それは「浅草橋おつまみセット(1200円)」。ちょっとずつ色々のっているのでお一人様には強い味方。暫くしてでてきたセットには、名物の「ウフマヨ」、「肉の土田 山形牛のメンチカツ」、「キャロットラペ」、「パーラー江古田のパン」など、いろいろあるので飽きませんし、ワインのアテにとってもいい。
e0208058_21534021.jpg
ウフマヨはトロ~り柔らかい玉子にマヨネーズのソースがよく合います。
e0208058_21541478.jpg
e0208058_21542296.jpg
メンチカツは、しっかりザクッとした歯ごたえの衣に中は肉汁が溢れてジューシー!
e0208058_21535760.jpg
e0208058_21540556.jpg
キャロットらペは、しっかりした人参の食感があり、ほんのり甘味と酸味がきいて旨い!
e0208058_21592364.jpg
2杯目のワインは「生樽 赤メルロー(700円)」いい意味で軽い飲み口。フレッシュで優しい味。
e0208058_22013526.jpg
ラストのワインは「清澄白河フジマル醸造所テーブルトップ デラウェア(800円)」。デラウェアらしい甘い香りだけど、甘ったるくなくすっきりさもある。
e0208058_22041027.jpg
隣にはワインセラーがあるので、中を見せてもらい、比較的リーズナブルなワインを二本買って帰りました。
e0208058_22064696.jpg
e0208058_22065329.jpg
ワインも料理も美味しかったですし、場所が分かりづらいのも、隠れ家感があってよかったです。夜は予約しないと入れないことも多いみたいですが、それも納得のいいお店でした。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都中央区東日本橋2丁目27−19







by 07takeshi | 2017-02-17 13:00 | 中央区 | Comments(0)  

有楽町 『レバンテ』

今日は銀座で打合せ。夕方に終わったので、そのまま近くで食事をすることにします。今日行ったのはカキフライが美味しいと評判のレストラン「レバンテ」。東京国際フォーラムの建物内にあるレストランです。
e0208058_14023366.jpg
e0208058_14023960.jpg
店内はテーブル席のみで、テーブルは2人~10人掛けくらいまでいろいろあって、キャパはけっこうあります。
e0208058_14025722.jpg
まずは「生ビール(中@730円)」
e0208058_14064327.jpg
それともちろん「カキフライ(4個@1500円)」
しばらく待って出てきたカキフライはちょっと小ぶりながら端正な見た目。
e0208058_14065206.jpg
それでは早速いただきます。レモンを絞り、タルタルソースをたっぷり付けてかぶりつくと、サクッといい歯ごたえのあとにジュワッと牡蠣のエキスが溢れてきます。
e0208058_14065808.jpg
カキフライは二個一になっているので、身がギュッとつまっています。
e0208058_14070990.jpg
まだ食べられそうなので、もう一品いきます。「カキとキノコのソテー(1880円)」
でてきたそれは賑やかな見た目。主役のカキに、シメジ・マッシュルーム・シイタケなどのキノコ。それにニンジン・ポテト・ブロッコリーなど彩りも豊かです。
e0208058_14231065.jpg
e0208058_14231755.jpg
牡蠣は7個も入っていて、薄皮でコーティングされているので、しっかりした弾力があって旨みが閉じ込められています。洋風のソースも牡蠣の味の邪魔をせずに引き立てています。いろんな食材が入っているので、お酒を飲みつつちょこちょこつまめるので飽きずに食べられて、アテにちょうどよかったです。
e0208058_14232450.jpg
2杯目は「ハウスワイン(白@570円)」さっぱりして飲みやすかったです。
e0208058_14233008.jpg
値段はそこそこしますが、評判通り牡蠣は美味しかったです。牡蠣の季節ももうすぐ終わってしまうので、また食べに来たいです。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします




【住所】東京都千代田区丸の内3丁目5−1





by 07takeshi | 2017-02-14 18:00 | 千代田区 | Comments(0)  

大手町 『アマン東京 ザ・ラウンジ』

今日はバレンタインのお祝いでちょっと優雅に「アマン東京」にてお酒と食事を楽しみます。ホテルは大手町タワーというビルの中に入っているので、初めて行くとちょっと分かりづらいです。
e0208058_14455701.jpg

e0208058_17244603.jpg
ロビーは33階にあるのですが、天井が高くすごく開放感があります。
e0208058_17280887.jpg

e0208058_17283270.jpg

今日ラウンジでいただくのは、「ザ・ブラックバー カクテルフリーフロー&アペタイザー(6900円)」
e0208058_14435570.jpg

e0208058_17325325.jpg

これは黒にちなんだお酒と軽い食事がいただけるプランです。まずは「ブラックベリークーラー」で乾杯! 甘さの中にほんのりベリーの酸味と香りがいい。
e0208058_17443412.jpg

フードは3段の黒の箱で運ばれてきます。
e0208058_17493047.jpg

それと、「ブラックガーリックトースト、黒胡麻グリッシーニ」。サクサクで旨いです。
e0208058_17513213.jpg

三段重の中身は、奥から「竹炭豆菓子」「セルヴェルドカミュとノアレザン」「黒オリーブのマリネ」。二つ目のが ちょっと分かりづらいと思いますが、セルヴェルドカミュとはディップソースのことでノアレザンとは胡桃とレーズンが入ったパンのこと。
e0208058_13361091.jpg

e0208058_14442381.jpg

「生ハムとプラックペッパー」「チーズとドライブラックフルーツ」
e0208058_13373402.jpg

「パテ ド カンパーニュとバイオレットマスタード」「クラブケーキと黒トマト」
e0208058_13421294.jpg

こんなに黒い食べ物づくしの食事は初めてです。ちょっと量は少ないかなと思ったのですが、お酒メインだったので、僕らにはこれで十分でした。
お酒二杯目は「アマン ブラックエスプレッソマティーニ」すごいコーヒー感!ちょっと甘いので飲みやすいです。
e0208058_13520215.jpg

「ブラックマンハッタン」甘い香りながら、飲むとしっかりアルコール感があります。
e0208058_13553235.jpg

「キールノワール」ワインで割ったカクテルなので、ほぼワインな雰囲気です。
e0208058_14362634.jpg

「ブラックベルベット」黒ビールの酸味とコクがあり、さっぱり。
e0208058_14381924.jpg

「ブラックレイン」香草酒ベースのカクテル。香草酒ってそんなに好きではないんですが、意外と美味しい。
e0208058_14414156.jpg

連れは最後に紅茶を飲んでました。
e0208058_14451609.jpg

ちょっと敷居の高いホテルなので最初は少し緊張しましたが、窓際の席だったこともあって、落ち着いていて雰囲気もよかったです。バーカウンターでは外国の方がかっこよくお酒を飲んでいたのが印象的でした。高級なホテルなので気軽にという訳にはいきませんが、いつかここに泊まりに来てみたいです。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ



【住所】東京都千代田区大手町1−5−6 大手町タワー





by 07takeshi | 2017-02-12 19:00 | 千代田区 | Comments(0)  

新宿 『カレー草枕』 oishii

休日の今日は新宿へ。午前中三丁目の方で用事があったため、その後は近くの美味しいカレー屋さん「草枕」へ行きます。だいぶ以前、移転前の店舗時代に行って以来なので、何年ぶりでしょうか。人気があるお店なので、オープン直後の11:35頃に行ったらタッチの差で、座れませんでした。結構広いお店なのに満席で、想像以上の人気です。
e0208058_20261926.jpg
e0208058_20280512.jpg
待っている間にメニューを渡してくれるので、あらかじめオーダーしておきます。
e0208058_20281377.jpg
僕が注文したのは、「海老とプチトマト(950円)」でご飯は普通(250g)、辛さは3にしました。15分ほど待って座席に案内されたらすぐにカレーが運ばれてきました。
e0208058_20290917.jpg
e0208058_20300106.jpg
エビは結構大ぶりなものが、5尾くらい入っています。
e0208058_20301241.jpg
早速いただいてみると、スパイスの香りが芳醇で、口の中にスパイスの香りと辛さの余韻が残ります。2が一般的な辛口で、おすすめの3辛にしたので、結構辛い!でも嫌な辛さではなくて、美味しいけど辛い!っていう感じでどんどん食べたくなる辛さと味。
e0208058_20331604.jpg
連れは「なすチキン(850円)」のご飯少なめ(150g@-50円)の1辛。ちょっともらいましたが、辛味はほとんどないけど、スパイスの風味はしっかり効いているので、思った以上に物足りなさは感じません。
e0208058_20400009.jpg
e0208058_20400864.jpg
いわゆる日本のカレーでもないし、インドカレーでもないし、他ではなかなか食べられないカレーかなと思います。でも系統としては阿佐ヶ谷と西荻にある「スプーン」に似てるかも。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都新宿区新宿2丁目4−9






by 07takeshi | 2017-02-12 11:30 | 新宿区 | Comments(0)