丸の内 『焼鶏 あきら』

今日は、昔の同僚との飲み会。
住まいが、それぞれ阿佐ヶ谷・赤羽・千葉とバラバラなので、みんなが帰りやすい場所
ということで、東京駅近辺で飲むことに。

行ったお店は、丸の内ブリックスクエア内にある焼鳥のお店、「焼鶏 あきら」
ここの焼鳥は、ちょっと変わっていて、焼肉のように自分で焼いて食べるスタイルです。
木曜の7時半頃に行きましたが、ほぼ満席でした。 人気あるんですねぇ。
e0208058_881269.jpg

店内は、入口で靴を脱いで、堀ごたつ式の座席になっています。
e0208058_892960.jpg

まずはビールで乾杯
e0208058_8344955.jpg

それから名物の、骨付き鶏もも炭火焼(980円)を頼みます。
かなり歯ごたえのある食感に、炭火の香ばしさが食欲をそそりますねー
e0208058_8143534.jpg

それともう一品、白菜サラダ(640円)
マヨネーズ&ポン酢のドレッシングに塩昆布がまぶしてあります。
塩昆布の旨みも効いて、シャキシャキの食感がいい感じです。
e0208058_8422687.jpg
e0208058_8422613.jpg

ここで、ビールがなくなったので、鶏に合いそうなチリの白ワインに切り替えます。
e0208058_1456681.jpg

焼き物は、盛り合わせ(2000円くらい?)と、盛り合わせに入ってない、
ソリ(ももの部位の一つ@580円)とアキレス(鶏のすじ肉@480円)を頼みました。
盛り合わせの種類は、カルビ、つくね、三角ナンコツ、砂肝、こころ etc...だったと思います。
因みにお肉は、佐賀県産の地鶏だそうです。
e0208058_8202821.jpg

ソリ
e0208058_8205046.jpg

アキレス
e0208058_8211635.jpg

焼くのは基本 自分たちでやるのですが、親切な店員さんが、焼き方を事細かに
いろいろ教えてくれました。
焼鳥なのに、こういうふうに自分で焼いて食べるというのは面白いですし、
焼きたてをすぐに食べられるのが、いいですね。
e0208058_8271980.jpg

ここで、白ワインがなくなったので次のお酒は、今日 解禁のボジョレーヌーボー。
縁起物なので、今日飲まないとですよね。
e0208058_8452778.jpg

次の焼き物は、キノコの盛り合わせと、豚バラ(720円)。
e0208058_847641.jpg
e0208058_847733.jpg

キノコはあっさりしているので、箸休めにちょうどいい感じです。
一方豚バラは、とってもジューシーで、これは赤ワインに合いますねー
e0208058_8485388.jpg

締めはヴェルサイユの卵ご飯(680円)
この卵も佐賀で生産されているそうで、ちょっと甘くてとろみのある九州産の醤油を
混ぜていただきます。
けっこうお腹いっぱいでしたが、美味しいので速攻完食!
一緒に付いているのは、味噌汁かと思ったら、鶏スープでした。
鶏の旨みが凝縮されていて、身体に染み渡りますねー
e0208058_8553657.jpg
e0208058_8554229.jpg

ロケーションもいいので、行きやすいですし、
活気があって店員さんも親切で、いいお店でした。
またみんなで行きたいと思います。


【住所】 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエアB1F


by 07takeshi | 2012-11-15 19:30 | 千代田区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る