熱海 『星野リゾート界熱海(その②ディナー編)』

夕方18時からはお楽しみの夕食です。別館はオーベルジュなので、ご飯を食べるのがメインといっても過言ではありません。レストランに行くと、窓際の席に案内されます。だんだん陽が沈んでいくと、窓の外は不思議なくらい青い色に染まっていきます。
e0208058_06514087.jpg
いただくのは「海のフレンチスタンダードコース」。海の近くなので、海の幸をふんだんに使ったコースになりますが、決まったメニューではなく、その日の仕入れによって内容は変わるようです。まずはドリンクですが、僕は、魚介に合いそうな海水仕立てのフランスのビール「モルブラッツ」。奥さんはシードルで乾杯します🍻
e0208058_08365612.jpg
まずは1品目「コチのカルパッチョ」
軽くコブ締めしたコチの身に燻製した肝がのっています。軽くエシャロットのソースがかかっていて、食べてみると思いのほかしっかりした弾力があって、噛むほどに昆布の旨味が出てきます。
e0208058_08411842.jpg

e0208058_08412746.jpg
2品目「サザエのリゾット」
柔らかいサザエに軽く炙った香ばしいヤングコーンのシャキッとした歯応えがいいアクセントに。パルミジャーノの濃厚な味がお米を包み込んでしっかりしながらも、優しい味。
e0208058_08442166.jpg

e0208058_08444646.jpg

3品目「7年ヴィンテージの大蛤のグリル」
そのままグリルすると、パカッと貝が開いて、旨みの汁が逃げてしまうので、開かないように蝶番を切ってグリルしているんだそう。おそらく炭火で焼いているんでしょう。すごく香ばしいです。貝を開けると見たこともないような大きな身は、噛むと中からたっぷりの旨味のエキスがジュワッと溢れてきます。大きいけどこれは一口で食べないといけません。軽く塩を振っていただくのですが、素材がいいと余計な味付けはいらないんですねぇ。
e0208058_08524662.jpg

e0208058_08525849.jpg

e0208058_08531076.jpg
4品目「魚のビスク」
5種類以上の魚の身だけでなく頭や内臓などもすりつぶしてそれをスープ仕立てにしているので、口に入れると驚くほど濃厚な味。例えていうなら濃厚な魚介つけ麺のスープをさらに濃くして、旨みと複雑さを増した感じ。食べた後もしばらく鼻に香りが残ります。フレンチなんだけど、和っぽい雰囲気もあります。
e0208058_09083449.jpg

e0208058_09091383.jpg
5品目「レンコ鯛のグリル」
グリルしたレンコ鯛に白ワイン・エシャロット・バターで作るブールブランソースがかかっています。フワフワな身に皮目はパリッとして、さっぱりしたソースがよく合います。
e0208058_09114019.jpg

e0208058_09122823.jpg

ここからはデザート。まずは「フルーツのスープ仕立て」
口に入れた瞬間、見た目のイメージと味のギャップにびっくり。クローブやブラックペッパーなどのスパイスが効いてエキゾチックな味です。

e0208058_09195773.jpg

デザート2品目は「アイスケーキ サクランボのコンポート添え」
アイスケーキは濃厚な味でアーモンドやナッツの歯応えがいい。サクランボのコンポートと合わせると酸味も加わってより美味しく感じられます。
e0208058_09201904.jpg

e0208058_09220633.jpg
最後は焼き菓子カヌレとゼリーにカフェも付きます。
e0208058_09250079.jpg

どの料理も一品一品が丁寧に作られてとても美味しかったです。地のものを使っているので、その土地ならではの味も楽しめますし、鮮度もいいので、ホントに美味しかったです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



by 07takeshi | 2018-07-03 18:00 | 温泉 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧