新宿 『スワンレイクパブエド修蔵 新宿店』

今宵夕食にやって来たのは新宿にあるクラフトビールが楽しめるお店「スワンレイクパブエド修蔵」。スワンレイクビールというのは新潟県阿賀野市にある瓢湖屋敷の杜ブルワリーが作るビールで、ブルワリーの近くに白鳥が飛来する湖があるから「スワンレイクビール」と名付けたんだとか。さらに修蔵というのは初代社長の名前だそうです。
e0208058_07350996.jpg

ビアパブみたいな感じを想像していたら、お店の雰囲気は和風の居酒屋さんみたいな感じで落ち着きます。まずはもちろんビールからですが、スワンレイクビールは8種類ほど。あとゲストビールもあります。僕は「越乃米こしひかり仕込み(Ⅿ@740円)」奥さんは「ホワイトスワンヴァイツェン(Ⅿ@740円)」をチョイス。ビールは基本、S250ml、Ⅿ320ml、L500mlのサイズから選べます。
e0208058_07450187.jpg

まずはお通しが運ばれてきますが、これがけっこう立派なもの。茄子の煮びたし、ワカメの酢の物、ヨモギ豆腐?に新潟県産の白米です。どれも味付けもよく、料理が届くまでのビールのアテにちょうどいいです。
e0208058_08133984.jpg
すぐに飲み干してしまったので、2杯目のビールは「こぼれスワン(550円)」これは、木の桝にシャンパングラスを入れ、そこにあふれるようにビールを注ぐもので、イメージとしては、日本酒をグラスで頼んだ時みたいな感じでしょうか。ビールでやるのは初めてです。
e0208058_08194255.jpg

e0208058_08202771.jpg

最初の料理は「阿賀野市産本日の畑サラダ(780円)」
色とりどりの野菜に器もキレイ。思った以上に量もあります。これに味噌のドレッシングをかけるのですが、それがまた旨い!野菜と共にシイタケなどのキノコもたっぷりで美味しいです。
e0208058_08214004.jpg

e0208058_08215128.jpg

2品目はお肉から「純白のビアンカのロース焼(980円)」
純白のビアンカというのは新潟のブランド豚でヤスダヨーグルトの乳清(ホエイ)を与えて育てた豚のこと。ハニーマスタードソースが添えられていて、それを付けて食べても美味しいですが、脂身が甘いので、塩だけ付けて食べても脂の甘みが際立って美味しいです。付け合わせの野菜もたっぷりで、肉の後ろには炙ったキャベツがあり、炙ることで甘さが出てます。
e0208058_08290664.jpg
e0208058_08292074.jpg
e0208058_08293292.jpg

ここでお酒を日本酒に切り替えます。ビールだけではなくて日本酒もかなりの種類置いてます。これは阿賀野のお酒「白龍 低温貯蔵の純米大吟醸(900円)」水のようにスッと飲めちゃいます。
e0208058_08330365.jpg
3品目「大アサリのヤスダヨーグルト発酵バター蒸し(780円)」
アサリ自体は千葉県産とのことですが、かなり大ぶりのアサリでバターの風味とコクがしっかり。スープがめちゃめちゃ美味しい!因みに先ほども出てきたヤスダヨーグルトというのは新潟にある乳製品の会社です。
e0208058_08372924.jpg

e0208058_08374212.jpg

4品目「紅ズワイガニのクリームコロッケ(780円)」
サクッとした衣にたっぷりのトマトソースがかかっています。食べるといい音と共にカニの風味が入って来る。中のベシャメルソースとトマトソースのコクが相まって美味しい!
e0208058_08384266.jpg

e0208058_08385292.jpg

ビールメインのお店という先入観があったので、料理はそれなりかなと思っていたのですが、味・量とも予想以上でいい意味で想定外でした。奥さんも料理が美味しかったと言ってました。ビールや日本酒は言うまでもなく美味しいですし、お勧めのお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




【住所】東京都渋谷区代々木2丁目13−8





by 07takeshi | 2018-09-15 19:00 | 新宿区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る