カテゴリ:千葉県・埼玉県( 42 )

朝霞台 『玄六』

今日は仕事で埼玉の朝霞にやってきました。ということでそのままランチをすることにします。携帯で調べて評判のいいラーメン屋さんに行ってきました。やってきたのは「玄六」。朝霞台駅から徒歩数分の所にあるお店です。お店は小屋のような雰囲気です。
e0208058_21134530.jpg
中に入ると券売機があり、そこで一番定番っぽい「醤油そば(700円)」と「味玉(100円)」のチケットを買い、店員さんに渡します。席は厨房前にカウンター席が3席と、対面の4人掛け席でトータル7席とこじんまりしています。しばらく待ってラーメンが運ばれてきました。綺麗に盛り付けられた端正な見た目。不思議なもんで見た目が綺麗なラーメンはだいたい美味しいんです。やっぱりきちんと仕事をしているということなんでしょう。なので、まだ食べる前ですが、おいいしいことを確信しました。
e0208058_21173238.jpg
まずはスープを一口。飲んだ瞬間ふわっと貝の風味が入ってきます。動物系のスープにハマグリの出汁を合わせているようで、琥珀色で透き通った見た目通りの端麗な味わいです。
e0208058_21201930.jpg
麺は自家製麺だそう。中細のストレート麺で、つるんとのど越しがいいけど、スープも適度に絡みます。そんなに主張は強くないけどスープになじみやすい麺です。
e0208058_21234833.jpg
チャーシューは大ぶりなものが1枚。運ばれてきたときは中がほんのりピンク色で、見た目に美しい。しっとりした食感で上品な味です。
e0208058_21264024.jpg
味玉はやや硬めの半熟で、ラーメンにはこれくらいがちょうどいいですね。あまり半熟すぎると黄身がスープに溶け出ちゃいますからね。
e0208058_21282987.jpg
あと、面白いのが卓上に置かれた刻みわさび。少しスープに混ぜるとがらりと雰囲気が変わり、一瞬和のテイストを感じますが、あとからスープの出汁の甘みが感じられるようになります。これは面白い。
e0208058_21305435.jpg
e0208058_21310733.jpg
全体として完成度が高く、一つ一つ丁寧に作られているのが分かるラーメンでした。値段も比較的リーズナブルですし、近くにあったら通いたいお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】 埼玉県朝霞市東弁財1-3-10




by 07takeshi | 2018-06-08 12:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

川越散策

e0208058_17110199.jpg


e0208058_08434813.jpg
今日は仕事で川越にやってきました。なかなか来る機会もないので、午後は休暇を取って観光をすることにします。今日歩くのは西武新宿線の本川越駅を北上し、時の鐘や駄菓子屋横丁まで行き、最後は東武東上線の川越駅まで歩くという行程です。酒飲みにとって川越といえば「COEDOビール」。ということでまずやって来たのはコエドのドラフトがいただけるお店「エレバート」。歴史を感じさせる重厚感のある建物です。
e0208058_17125679.jpg


e0208058_17130770.jpg


e0208058_17272742.jpg
店内は2階席もあるのですが、窓際の席がいっぱいだったので、1階のカウンター席に腰かけます。コエドビールは6種類もあります。
e0208058_17254534.jpg
一杯目はちょっと珍しい「紅赤(800円)」をいただきます。ほんのりフルーティさもありながら、しっかりしたコクもあります。
e0208058_17270125.jpg
それとビールに合いそうな食べ物から「武州豚ウインナー3種盛り(880円)」
けっこういい値段しますが、食べるとパキっといい音でとってもジューシー。ビールに合いますね~
e0208058_17361072.jpg
ビールがすすみすぎるので、ビールをお替りします。2杯目は「白(800円)」こちらはとってもフルーティで軽い飲み口。これならビール苦手な方でも飲めそうな感じです。
e0208058_17414281.jpg
続いてお店を出て歩くこと5分。やって来たのは「中市本店」。本業は乾物屋さんですが店先で売られているおかかたっぷりの焼きおにぎりが名物のお店です。
e0208058_13453492.jpg



e0208058_13463931.jpg


e0208058_13465479.jpg
売ってるのはその名も「猫まんま焼きおにぎり(220円)」
平日ですが5人くらい並んでいました。おかかはカツオかイワシか選べます。イワシ節って珍しいからイワシにしようとも思ったのですが、手堅くカツオにしときました。外はサクッと香ばしく、おかかがこれでもかっていうほどのっているので、風味がすごく豊かです。
e0208058_13545286.jpg



e0208058_13571134.jpg
その後は観光名所の「時の鐘」に行きます。蔵造りの通りを進み、鐘撞き通りに入ってすぐのところにあります。
e0208058_16552915.jpg


e0208058_16470228.jpg
この辺りはおそらく風致地区なんでしょう。スタバもこんな感じで落ち着いた雰囲気です。
e0208058_16544055.jpg
その後は再び中央通りに戻り近くのお店「MioCasalo(ミオカザロ)」へ。ここでは店頭でソーセージを焼いています。中にはイートインスペースもあるので、コエドビール(伽羅@500円)とオリジナルスパイシードック(650円)を注文し、中でいただくことにします。ウインナーはパンからはみ出るほど超ロング。噛むとパキっといい音がします。上に載っているのは刻みたての青唐辛子で、香りもたってピリッといい塩梅の辛みがあります。パンもハードなタイプなので、歯応えがよくてウインナーと相性抜群です。
e0208058_17095832.jpg


e0208058_17101413.jpg


e0208058_17102677.jpg


e0208058_17395001.jpg
その後は駄菓子屋横丁に行き、駄菓子屋さんに入ると、昔懐かしい駄菓子がいっぱいで、思わずいっぱい買ってしまいました…
e0208058_17422200.jpg



e0208058_17431309.jpg
最後に立ち寄るのは本川越駅近くの川越市の産業観光館「小江戸 蔵里」。お土産屋・レストラン・酒処がある施設で、酒処では有料試飲ができるのでちょっと飲んでいくこといします。今日はビールばっかり飲んでいたので、最後は日本酒ですね。
e0208058_17541063.jpg


e0208058_17544006.jpg
ここでは500円でメダルを4枚買い、それを機械に入れてスイッチを押すと1杯分のお酒が出てくる仕組みです。なんか新潟で行った「ぽんしゅ館」を思い出しました。ちょこちょこ色々飲めるので、こういうところは楽しくていいですね。
e0208058_18030600.jpg



e0208058_18035095.jpg



e0208058_18044812.jpg



e0208058_18053324.jpg
ここまで3~4時間くらい滞在。あまり遅くなると帰りの電車が混みそうなので、そろそろ帰ることにします。風情のある街並みに、美味しいお酒や食べ物もあって楽しかったです。今日は平日でしたからそこまで混雑はしていなかったですけど、休日などはすごそうです。



よかったら下のバナーをクリックお願いします


【時の鐘】 埼玉県 川越市幸町15−7



by 07takeshi | 2018-05-11 12:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

志木 『ニューわんちゃん』

今年の1月に会社の同僚と、志木の怪しいけど美味しい焼肉屋さんに行きましたが、今日はその第2弾で同じく志木の焼肉屋に行きます。今日も予約をしてもらったのですが、今日やって来たのは「ニューわんちゃん」。名前からして独特の雰囲気ですよね。でも地元では有名な美味しいお店のようです。お店は駅北口を出てすぐのビルの地下一階にあります。
e0208058_17593034.jpg


お店に到着し、まずはとりあえずの「生ビール(500円)」
e0208058_18010975.jpg
ちなみにメニューはこんな感じ。安いです。
e0208058_18014917.jpg
料理まずは連れが頼んだ1品目「Aセット(1300円)」
これは、ビールに肉盛り合わせ、枝豆に野菜のセットでお得です。肉の種類はよく分かりませんでしたが、リーズナブルながらプリプリの食感で美味しい!
e0208058_18151637.jpg

e0208058_18152639.jpg

e0208058_18165294.jpg
2品目はつい食べたくなってしまう「モツ煮込み(350円)」
こんなにちゃんとしてるのに350円ですからね。モツもトロトロで柔らかく煮汁の味が染みてる!
e0208058_18182789.jpg

e0208058_18183758.jpg

続いてのお肉も もはやなんだか分かりませんが、これも美味しい!
e0208058_18194635.jpg

e0208058_18195552.jpg
ここでヘルシー系から「わんちゃんサラダ(700円)」
量もたっぷりでドレッシングが美味しい。
e0208058_18212770.jpg
続いては「シロ(650円)」と「ハツ?(650円)」
これもプリプリで美味しい!途中「ち~ずふぉんでゅ(780円)」を追加発注。これはカマンベールを丸ごと1個 焼き網に載せ、肉を付けて食べるのですが、チーズのコクが肉の旨味に加わってめっちゃ旨い!
e0208058_18264551.jpg

e0208058_18265864.jpg

e0208058_18271099.jpg


最後は「バーニャカウダ(750円)」
焼肉屋なのに ちょいちょいイタリアンなメニューがあります。これもソースを網で熱して食べるので、アツアツで旨い!
e0208058_18294926.jpg
志木ってなかなか来ることがない街ですが、風変わりなお店がいろいろあって面白いです。今度はどんなお店に行こうかな。

よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】埼玉県新座市東北2丁目39−8 地下1階 永代ビル




by 07takeshi | 2018-03-26 18:30 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

志木 『志木苑』

今日は会社の同僚と東武東上線沿線で焼肉を食べます。やって来たのは志木駅から5分くらいのところにある「志木苑」。このお店は同僚に選んでもらったお店ですが、ネットで調べてみると、いろいろインパクトがあるお店なので、来るのを楽しみにしていました。まずは外観ですが、すでにここからインパクト大です。
e0208058_08531584.jpg

お店の前は段ボールが山積みになっていて、知らなかったら絶対入らないような店構えで、これで営業中とは思えないですよね。どこから入るのか悩んでしまいますが、段ボール脇の扉から入ります。
e0208058_08545298.jpg

そして中に入ると更なる衝撃映像が…
この店大丈夫かと思いながら奥に進むと…
e0208058_08553786.jpg

広い座敷が現れます。食べるところは普通なんだとホッとし腰かけます。座敷ですが、掘りごたつ形式になっているので楽に座れます。
e0208058_09015391.jpg

それでは生。ビールではなく「麦とホップ(320円)」で乾杯!
e0208058_09063658.jpg
お肉は先に頼んでおかないと時間がかかるとのことで、予約の際に頼んでおいてもらいました。まずは「上タン塩(980円)」
店構えからは想像できない上質なお肉。厚みもあり、プリッとしたタンの弾力もありますが、とっても柔らかく美味しい!
e0208058_09092123.jpg

e0208058_09160448.jpg

こちらは「焼き野菜(480円)」
キャベツ、玉ねぎ、ネギ、シイタケで量もたっぷりです。
e0208058_09181014.jpg

肉2品目「上ハラミ(1200円)」
程よいサシも入って綺麗な見た目。分厚いのに柔らかくて味が濃いです。
e0208058_09393136.jpg
肉3品目「ザブトン(2100円)」
焼肉好きな方なら名前は知っているかと思いますが、ザブトンというのは肩ロースの首に近い方の部分。部位の形がザブトンに似ていることからこの名前が付いたそうで、少ししか取れない希少部位です。すごい霜降り加減で、分厚いのに柔らかく、脂が甘いです!
e0208058_14511362.jpg
肉4品目「サーロイン(3000円)」
食べる前から美味しいのが分かる見事な脂のサシ加減。がっつり厚切りなので、焼くと大きなサイコロステーキみたいになりますが、これも柔らかく、脂の甘さもさることながら、赤身の旨味もあってめっちゃ旨い!さすがサーロイン。
e0208058_14563375.jpg
肉5品目は赤身系から「上ロース(580円)」
脂身はほとんどないので、こちらは赤身の旨味がしっかりしています。
e0208058_15030567.jpg



e0208058_15172892.jpg
最後のお肉は「ホルモン(530円)」
部位としてはシマチョウとかコブクロあたりでしょうか。脂があってとろけるような食感です。
e0208058_15182241.jpg

お酒は途中サワーなどを飲んで締めの一杯は「グラスワイン(300円)」
300円ながらなみなみと注がれています。それに味も悪くなかったです。
e0208058_15331003.jpg

以上で一人あたりお酒を4杯づつくらい飲んで、締めて一人4500円くらい。肉質や量を考えるとすごくコスパはいいと思います。今日は結構高い肉を頼んだので、普通の肉を頼めば食って飲んで1人3000円くらいでいけると思います。冒頭で紹介したように、怪しい外観ながら今日も満席でした。地元では有名なお店なんでしょうね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】埼玉県志木市本町5-23-9



by 07takeshi | 2018-01-12 19:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

さいたま新都心 『カレー食堂 心』

イチローズモルトを堪能した後は、レストラン街でご飯を食べます。最初は「むぎとオリーブ」でラーメンを食べようと思ったのですが、夜は居酒屋のようになっているらしく、まだ17時くらいだったので、席は空いているように見えたのですが、全部予約が入っているとのことで断られてしまい、どうしようかなと歩いていたら、スープカレーのお店を発見したので、そこで食べることに。そのお店は「心」。久しぶりのスープカレーです。
e0208058_13072598.jpg
以前はよく北海道に行っていたので、行けばだいたいスープカレーを食べていたのですが、ここ数年は北海道に行っていないので、スープカレーも久しぶりです。ここ「心」は札幌に本店があるので、本場な味が期待できそうです。で、メニューはこんな感じ。
e0208058_14152748.jpg
スープカレーの定番メニューといえば、骨付きチキンが入ったカレーですが、今日はがっつり食べたいというよりもヘルシーなものを欲していたので、「1日分野菜のスープカレー(1200円)」を頼みます。注文の際には①辛さ、②ご飯の種類と量を選びますが、辛さは大辛の一歩手前の「9」、ご飯は「玄米」にして、並盛りの200gにしました。ちなみにご飯は大盛280gまでは追加料金がかかりません。まだ早い時間だったので、そんなに待つこともなく、カレーが運ばれてきました。
e0208058_14242610.jpg

e0208058_14251688.jpg
まさに野菜がてんこ盛りで、とってもヘルシーそうですね~。野菜は、ナス・キャベツ・トマト・オクラ・レンコン・ヤングコーン・ピーマン・カボチャ・ジャガイモ・枝豆・インゲン・ブロッコリー、ニンジンなど数えきれないくらいです。辛さは9辛でしたが、まだまだいけそうな感じでした。さらりとしたスープはきちんとスパイスの風味と旨みもあって、野菜とも相性がよくて美味しかったです。美味しいスープカレーを食べると、また北海道に行きたくなっちゃいますね~


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】さいたま市中央区新都心10番



by 07takeshi | 2017-09-29 18:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

さいたま新都心 『バー チェアリー(出張店舗)』

今日は時間休をとってさいたまスーパーアリーナのけやき広場にやってきました。なぜかというと「さいたまグルメ大国」というイベントがあるから。お目当ては食べ物ではなくてウイスキー。実は、たまに行く秩父にあるイチローズモルトがたくさんあるバー「チェアリー」が出張でやってきているんです。わざわざ秩父まで行かなくていいのですから、これは行くしかないですよね。
e0208058_09180783.jpg

e0208058_09281399.jpg

e0208058_09282773.jpg

こんなテントでの販売なんですが、高価なイチローズモルトが20種類以上あって、相変わらず圧巻の品ぞろえです。最初に飲むのはホワイトラベルのイチローズモルトのハイボール(700円)
e0208058_09205065.jpg
2杯目は「IPAカスクフィニッシュ(1600円)」
これはビールのIPA樽で熟成させたもの。アルコール度数57.5度もありますが、口当たりはそんなにガツンとはこなくて、ほんのり甘い香りがあります。
e0208058_09293340.jpg
e0208058_09275117.jpg
3杯目は「モルト&グレーン 東武百貨店向け(1500円)」
アルコール度数55度。これはブレンデッドだけどシングルカスクという変わり種。一度ブレンドした後に再度樽で熟成するのでシングルカスクになるというわけです。これも度数の割に角が取れて意外とすっきりで飲みやすい。でもしっかりボリューム感もあります。
e0208058_09364814.jpg
すきっ腹で飲んでいたため、結構酔いも回ってきたので、これくらいで締めます。屋外でこんなウイスキーが飲めるなんて、素敵なイベントでした。また来年もあれば来たいと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




by 07takeshi | 2017-09-29 17:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

上福岡 『讃岐うどん條辺』

少し前に行って美味しかったうどん屋さん「條辺」に再度行く機会があったので行ってきました。前回は冷たい「ひやかけ」を食べましたが、今日は基本の「かけうどん(2玉@450円)」に「あなご天(130円)」をトッピングしました。
e0208058_20592308.jpg
うどんは受け取った瞬間からふわっとお出汁のいい香りが漂ってきます。本場さながらのいりこだしなので、色は薄いように見えますが、香りはとてもしっかりです。まずはうどんを食べる前に汁をすすってみると、豊かなイリコの出汁の香りが鼻の中を抜けていきます。これは美味しい!
e0208058_21135703.jpg
続いてうどんをいただきます。冷の時はしっかりしたコシでしたが、温かいうどんはもちっとした触感につるっとしたのど越しで、全然感じが変わりますね。
e0208058_21291782.jpg
あなご天は、130円ながら大振りで食べ応えあります。
e0208058_21295605.jpg

e0208058_21301499.jpg
温かいうどんだと冷よりも麺が汁を吸うせいか、前回と同じ二玉でしたが今日の方がお腹いっぱいになりました。これで580円ですから、かなりコスパは高いです。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

【住所】埼玉県ふじみ野市上福岡1丁目7−9




by 07takeshi | 2017-08-18 12:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

上福岡 『讃岐うどん條辺』

e0208058_16574403.jpg
今日は仕事で埼玉のふじみ野市にやってきました。東武東上線「上福岡」駅の近くに、うどんマニアや野球マニアの中では有名な讃岐うどんのお店があります。その店は「讃岐うどん條辺」。実はこの條辺さんという方は、昔、巨人のピッチャーだったんです。2001・2002年には当時の長嶋監督の下で中継ぎとして活躍しましたが、肩を痛めてしまい、その後は若くして現役を引退することになります。引退後は香川県のうどん屋さんで修業し、2008年4月に「讃岐うどん條辺」をオープンしたとのこと。なぜ上福岡なんだろうと思ったら、奥様の実家の近くのようです。
e0208058_16323099.jpg
メニューはこちら。セルフスタイルのお店なので安いです。特筆すべきは1玉→2玉にした時の差額が50円という安さ。これは2玉いっちゃいますよね。
e0208058_16324421.jpg
店内はいると右側が厨房になっていて、まずはお盆とサイドメニュー用の取り皿をとり、そのままカウンター上でお盆をスライドさせながら、カウンターに並ぶ天ぷらなどお好みのトッピング具材をとり、最後にレジのところでうどんの注文・精算をし、うどんを受け取ります。
e0208058_16343067.jpg
e0208058_16405468.jpg
トッピングは「かぼちゃ天(110円)」にし、注文するのは「しょうゆうどん(2玉@520円)」
最初は基本の「かけうどん」にしようかと思ったのですが、この日はめちゃめちゃ暑かったので、冷たい「しょうゆうどん」にしました。
e0208058_16453476.jpg
e0208058_16473475.jpg
まずはスダチを絞り、うどんを醤油と絡めるように混ぜます。
e0208058_16482845.jpg
されでは一口。冷水で締めたうどんは強いコシがあり、ムチムチした触感。武蔵野うどんのようながっしりした硬い感じではなく、弾力がしっかりある感じ。このコシは冷たいうどんならではですね。出汁しょうゆもしょっぱくなく、ちょうどいいバランスで、うどんの味や香りを損なうことなく引き立てています。
e0208058_16492443.jpg
かぼちゃ天は、かなり分厚く揚げたてではありませんが、衣もサクッといい歯応え。
e0208058_16532694.jpg
元プロ野球選手のお店ということで、どんなもんだろうと思っていましたが、いやあこれはほんとに美味しい讃岐うどんでした。去年、本場の香川でうどんを食べましたが、ここのうどんは本場のうどんにも勝るとも劣らない、美味しいうどんです。休日などは、行列することもあるようですが、それも納得のいいお店でした。また近くに来たら、お邪魔しようと思います。

よかったら下のバナーをクリックお願いします

【住所】埼玉県ふじみ野市上福岡1丁目7−9



by 07takeshi | 2017-07-24 12:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

イチローズモルト♠

1日の今日は、秩父にあるバーチェアリーでは恒例のイチローズモルトの日。前回は10月に行ったので、およそ半年ぶりくらいの訪問です。ここはバーとしては早く17時オープンので、ほぼオープンと同時に入店します。その日のうちに東京まで帰らなきゃいけないですから早く飲んで早く帰路につくつもりです。
e0208058_23174647.jpg
店内はカウンター席が10席くらいでしょうか。バックバーにはお目当てのイチローズモルトはもちろん、その他にも珍しいウイスキーがいろいろあります。
e0208058_23173990.jpg
まずは1杯目「イチローズモルト ダブルシングルモルト」
これは世界でも500本限定のレアなイチローズモルト。アルコール度数が62度もありますが、意外と飲み口はまろやか。喉を通る時にカアっと熱くなります。
e0208058_23195714.jpg
2杯目「イチローズモルト&グレーン#5765」
これも希少な一本。兵庫県にある「バー芦屋日記」の31周年記念ボトル。ブレンデッドなのにシングルカスクなんです。モルトとグレーンをブレンドしてから樽で寝かせたものをボトリングしているんだそう。ほのかに甘い香りもあって飲みやすいけど、これも54度あります。
e0208058_23455541.jpg
3杯目「イチローズモルト秩父2010Fino for 秩父ウイスキー祭り2017)」
これは秩父ウイスキー祭り用に選んだ樽のもの。アルコール度数は59.2度。独特の香りが強くて、鼻にツンとくる感じがいいですね。
e0208058_08164938.jpg
4杯目「イチローズモルト秩父ポートパイプ」
これはバーボン樽で寝かせた後、ポートワインの樽に移し替え更に熟成させたもの。アルコール度数は61度。ちょっと癖のあるスモーキーな香りが好みでした。
e0208058_08180908.jpg
今日飲んだイチローズモルトたち。壮観ですね~ こんな品揃えのバー、なかなかないですからね。
e0208058_08231437.jpg
締めの一杯はイチローズモルトではなく「レダイグ2008 カーンモア セレブレーション オブ ザ カスク」
アルコール度数は59.3度。ベーコンのような熟成された燻製臭がとってもいい。アルコール度数高め&スモーキーでパンチがあるけど、まろやかな飲み口です。
e0208058_08302652.jpg
正確な値段は覚えていませんが、これだけ飲んで1万円でお釣りがきました。東京からだとレッドアローで約80分と来るのはちょっと遠いですが、わざわざくる価値のあるバーです。


かったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】 埼玉県秩父市宮側町8-4




by 07takeshi | 2017-03-01 17:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

秩父 『秩父そばの会』

今日は1日なので秩父のバーチェアリーではイチローズモルトの日なんです。バーに行く前にちょっと腹ごしらえのため「道の駅ちちぶ」にやってきました。ここの立ち食いそば屋さんが美味しいという噂なので、どんなものかと思い食べに来ました。西武秩父駅からだと徒歩で10分くらいでしょうか、ちょっと離れています。
e0208058_14121965.jpg
入口を入ると右側にレストランがあり左側に売店や立ち食いそばのカウンターがあります。蕎麦を食べに来たので、売店には目もくれず、蕎麦屋を目指します。
e0208058_14163100.jpg
メニューはこんな感じ
e0208058_14212387.jpg
寒い時期なので温かいそばに惹かれましたが、ここは蕎麦の味が一番よく分かる冷たい「もりそば(500円)」をいただきます。まずはカウンター脇の券売機でチケットを買い、カウンターで渡します。
e0208058_14165822.jpg
数分待って呼ばれて受け取りに行きます。
e0208058_14365402.jpg

お店の雰囲気からは想像できませんが、細やかな美しい蕎麦です。
e0208058_14370282.jpg
食べてみると細くて繊細ながら、もちっとした弾力と程よいコシがあり、粒々はそばの実でしょうか。めんつゆは普通な感じですが、蕎麦が美味しいです。量も結構あって、500円という値段はかなりコスパがいいと思います。
e0208058_14372129.jpg
カウンターにはちゃんとそば湯が備え付けられています。
e0208058_14373614.jpg

よかったら下のバナーのクリックをお願いします


【住所】埼玉県秩父市大宮4625






by 07takeshi | 2017-03-01 16:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る