人気ブログランキング |

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi

カテゴリ:文京・台東・荒川区( 34 )

水道橋 『かつ吉』

今日は珍しく奥さんと同じ日に休暇がとれたので、昼から出かけます。まずランチに向かったのは水道橋にある有名なとんかつ屋さん「かつ吉」。トンカツ好きの中では有名な、創業して50年以上にもなる老舗のトンカツ屋さんです。場所は水道橋を東京ドーム側に出た辺りの、駅からすぐの地下にあります。
e0208058_21585345.jpg
平日お昼時の店内は満席で、ちょっと待ちました。来たタイミングも12時10分くらいだったので、ちょうど一番混んでる時間帯にきてしまいました。店内は民芸調で、落ち着いた雰囲気です。15分ほど待って席に案内されますが、座席も広くてとてもゆったりしています。
e0208058_22011682.jpg
面白いのが、テーブルの上に置かれたメニューがすごく大きくて、例えて言うなら「びっくりドンキー」のメニューみたいな感じです。
e0208058_22021206.jpg
ランチメニューなどは少しリーズナブルでしたが、せっかくなのでレギュラーメニューから、僕は「銘柄豚ロースかつ定食(150g@2300円)」、奥さんは「銘柄豚ひれかつ定食(120g@2200円)」を注文します。銘柄豚というのは、特に産地を決めずに、その時のいいものを選んでいるようです。ちなみに今日のはどこのかは聞き忘れてしまいました。あとg数は「120g」「150g」「180g」の3つから選べます。それと「瓶ビール(大瓶@700円くらい?)」も発注。仕事中のサラリーマンを横目に見ながら飲むビールは格別です。
e0208058_22105695.jpg

e0208058_22110806.jpg
料理が出てくるまでは、しばらく時間がかかりそうなので、一品料理でも頼もうかなと考えていると、野沢菜とかキムチなどの漬物が運ばれてきたので、それをアテにビールを飲みながらのんびり待ちます。これはお替わり自由みたいです。
e0208058_22134863.jpg
それと千切りキャベツも。テーブルにはソースと醤油ドレッシングが備え付けられておりますが、その他にも言えば3種のドレッシングももらえます。
e0208058_22151818.jpg

e0208058_22152946.jpg
せっかくなので「梅じそマヨネーズ」をもらいます。甘酢っぱくて美味しかったです。
e0208058_22162925.jpg
e0208058_22163780.jpg
これらを飲み食いしてたので、全然待たされている感じはなく、20分ほどしてとんかつが運ばれてきましたが、意外と早く感じました。これはロースかつ定食。
e0208058_22182913.jpg
ご飯は、白米か青じそご飯が選べたので、青じそをチョイス。お味噌汁はナメコの入った赤だしです。主役のとんかつは断面を見ると、すごい厚さで脂身も美味しそうですね~。
e0208058_22214524.jpg
このとんかつは、ぜったい塩が合うはずなので、まずは備え付けの岩塩を付けていただきます。
e0208058_22235324.jpg
岩塩を付けてからかぶりつくと、すごく分厚いのにスッと噛み切れる柔らかさ。そして脂身の甘さが来ます。岩塩の塩っ気が脂の甘さを引き出しますね。めっちゃ美味しいです!
e0208058_22253606.jpg
ちなみにこちらは奥さんのひれかつ。豚なのにまるでウシかのような赤さがあります。ちょっともらいましたけど、赤身の旨味がすごかったです。
e0208058_22271117.jpg
食後は梅昆布茶でさっぱり。ビールを飲んだせいもありますが、お腹いっぱいです。定食としては安い値段ではないですが、雰囲気共々全体的に満足度は高く、また来たいと思いました。とんかつもよかったけど、エビかつとかも美味しそうなんですよね~


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都文京区本郷1丁目4−1



by 07takeshi | 2017-12-07 12:30 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)
所用があり今日は浅草へやってきました。用事自体は19時からなので、その前に食事にします。この後の用事のためお酒は飲めないので、ちょっとガッツリめに食べようと、やってきたのは「天健」。かき揚げ丼が有名な天ぷらのお店です。場所で言うと、TXの浅草駅の近くで、ホッピー通りとかのあたりになります。
e0208058_11304651.jpg

店内はカウンター8席、小上がりに4人テーブル×3卓と、そんなに大きいお店ではありません。カウンター席に腰掛けメニューを見ます。メニューは大きく分けて定食か丼になっていて、それぞれかき揚げ・天ぷら・野菜などがあります。注文するのは「かき揚げ丼(2200円)」と別注の「味噌汁(200円)」。注文が入るとご主人がかき揚げを整形しながら揚げていきます。そして揚がったものを、もう一人に渡し、そこで盛り付けつゆをかけて完成!写真を見ると分かりますが、全く閉まりきらないフタをのせ、味噌汁とともに提供されます。
e0208058_11452156.jpg

e0208058_11475756.jpg

まずは味噌汁から。たっぷりの豆腐とナメコの赤だしで、別注も納得の具沢山です。そして、メインのかき揚げ丼は、サイコロ状で大ぶりにカットされたイカとエビがゴロゴロ入っています。脚色じゃなくてほんとにゴロゴロ入っているので、食べながらも贅沢な気分になります。タレはやや辛めでかき揚げ・白ご飯との相性が良くて、ガツガツと食べてしまいます。締めて2400円とちょっぴり贅沢ではありますが、満足度は高く、おすすめの逸品です。


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】  東京都台東区浅草2丁目4−1


by 07takeshi | 2016-08-31 18:00 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)

南千住 『尾花』 oishii

土用の丑の日は過ぎましたが、毎日暑すぎてバテ気味なので、スタミナをつけようと鰻を食べに行きます。今日行くのは超有名店の南千住にある「尾花」。前々から行きたいなと思いつつも、南千住という場所が東京の西側に住んでる者からすると、すごく遠く感じていたということと、このお店は予約ができないため、わざわざ行って入れなかったらイヤだなぁという思いがあったためです。今日は一緒に行こうという人がいたため、行ってみることにしました。南千住駅からは徒歩数分くらい。もっと遠いと思ってたのですが、思いのほか駅から近くて嬉しい誤算です。お店に到着したのは平日の午後4時15分頃でしたが、待ちはなくすぐに入ることができました。店内は4分の3くらいの客の入りで、30分後くらいには満席になっていました。
e0208058_13172668.jpg
e0208058_13191023.jpg
e0208058_13204119.jpg

メニューはこんな感じ。基本的に食べ物の注文は最初のみのようなので、あらかじめ何を頼むか考えておいたほうがいいと思います。
e0208058_13294800.jpg
e0208058_13310789.jpg

とりあえず「瓶ビール(大瓶@850円)」と食べ物は「うな重」、「白焼き」、「うざく」、「う巻」を注文。うな重と白焼きは出来上がりまで時間がかかるので、それまではうざくやう巻とビールで待ちます。まず最初にすぐ運ばれてきたのは「うざく(1900円)」。割と小ぶりな鰻の身が5切れなので感覚的には「少なっ」って感じですが、食べてみるとふわっとした柔らかい食感に強すぎない程よい酸味の酢が効いてとっても旨い!
e0208058_13452504.jpg

e0208058_13455432.jpg

それからしばらくして「う巻(2400円)」が運ばれてきました。こちらは大ぶりなものが二切れ。中の鰻は身がそのまま入っているのではなく、そぼろ状になったものがたっぷり入っています。食べてみると、だしが効いて甘さ加減はほんのりでいい。鰻はしっかりした味で存在感があります。これも美味しいですね~
e0208058_13505508.jpg
e0208058_13513992.jpg
ビールを何本か飲み干したところで「白焼き(4300円)」が運ばれてきました。美しい白い身に脂の照りがいい。これはわさび醤油でいただきます。ふわとろな食感でとろけますね。
e0208058_13552404.jpg
e0208058_13554216.jpg
それから程なくして、メインの「うな重(5300円)」と「肝吸い(400円)」が登場!ワクワクしながらふたを開けるとフワッと鰻の香りとともに、照り照りの美しい褐色の鰻がお目見えします。
e0208058_13584237.jpg
e0208058_13591880.jpg
箸を入れるとスっと入る柔らかさ。ご飯といっしょに身をすくい上げて口に入れるとホロホロと崩れていきます。タレが香り味とも強すぎずちょうどいい塩梅で、これは美味しいですね~。
e0208058_14020620.jpg
値段はそれなりにしますが、それを考えても十分満足できる美味しさでした。値段的にも場所的にも頻繁に来られるお店ではないですが、美味しいうなぎを食べに行きたい時には、またきたいと思います。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】東京都荒川区南千住5丁目33−1



尾花うなぎ / 南千住駅三ノ輪橋駅三ノ輪駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6


by 07takeshi | 2016-08-09 16:15 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)
e0208058_1923131.jpg

今日は先週に引き続き蛍を観に行きます。今日いったのは「ホテル椿山荘東京」。ご存知有名な高級ホテルです。電車で言うと最寄りが難しいのですが、江戸川橋とか早稲田のあたりになりますかね。僕は東西線の早稲田駅から歩いて行ったので、裏側の冠木門から入りました。
e0208058_19131514.jpg

門をくぐると趣のある庭園のようになっています。
e0208058_19172556.jpg

しばらく歩くと幽翠池にやってきます。池には錦鯉がゆったりと泳いでいます。さすが椿山荘の鯉だけあってどことなくエレガントです。これがエサやりのできる池の鯉だったら、人影を見ただけで我先にと群がってきますからね。
e0208058_19224860.jpg

e0208058_19225792.jpg

因みに敷地はこんな感じ。庭園が広くて贅沢ですね~
e0208058_19274333.jpg

ちょっと小高い場所にあるのが三重塔
e0208058_19295868.jpg

そろそろ暗くなってきたので、ホタルを見ようと「ほたる沢」の方に行ってみると、朝の中央線ばりに人がいて、そこにとどまる事すらできませんでした…  これはまだそんなに混んでない時間帯にビオトープで撮った写真。今となってはとても貴重な一枚でした。
e0208058_19411293.jpg

その後はディナーです。あらかじめ予約している「ロビーラウンジ ル・ジャルダン」に行きます。
e0208058_19585885.jpg

e0208058_19595046.jpg

今日いただくのは「【蛍の夕べ限定プラン】 シャンパン含むフリーフロー+3段オードブル+ローストビーフ」。これは一休で申し込めるプランで一人5500円ですが、シャンパンが何杯も飲めて、食事までついてるんですからかなりお得ですよね。ということで、早速シャンパンをいただきます。因みにシャンパンは「マム」。昨年までF1のシャンパンファイトでも使用されていたシャンパンです。
e0208058_20224890.jpg

e0208058_2023334.jpg

因みに今日のメニューはこんな感じです。
e0208058_2024876.jpg

すぐに1杯目を飲み干し、2杯目を頼んだころに、三段オードブルが到着!アフターヌーンティーみたいな優雅な雰囲気ですねー。因みに写真のフードは2人分です。
e0208058_2031640.jpg

1段目は、「アメーラトマトのブルスケッタ」、「カラフルベジタブルサラダ」、「ブロシュートハムとメロン」
e0208058_2035728.jpg

2段目は、「カニクリーム入りアボカドとモッツァレラのカプレーゼ」、「千鮎のエスカベッシュ」、「イタリアンライスコロッケ」
e0208058_20384844.jpg

3段目は、「フォアグラとフレンチトーストのミルフィユ」、「バニアの香るポテトとローストポークのサンドウィッチ」、「プチブーシェにつめたアボカドとエビのタルタル」、「スモークサーモンとクリームチーズのフィールドグリーン」
e0208058_20411558.jpg

一品一品は小ぶりなんですが、種類が多いのでお酒のアテにちょうどいいですし、意外と腹も膨れてきます。さらにこのあと運ばれてきたローストビーフがこれ!
e0208058_2044484.jpg

e0208058_20441895.jpg

ローストビーフというから、もっと薄いものが出てくるのかと思っていたら、ステーキのような分厚さでびっくり。これを岩塩・西洋わさび・ガーリック醤油でいただきます。食べてみると分厚いのにとっても柔らか。ローストビーフを食べながらシャンパンを飲むなんて、なんて贅沢なんでしょうか。
e0208058_2050351.jpg

e0208058_20502782.jpg

その後は蛍オリジナルカクテルの「蛍月夜」や定番カクテルの「サイドカー」なども頂き、すっかり酔ってしまいました…
e0208058_20541569.jpg

e0208058_20543028.jpg

椿山荘の優雅な雰囲気の中、お腹いっぱい食べて、高級なお酒をいっぱい飲んで、すっかり満足なディナーでした。ちょっと人が多すぎて、庭園で蛍をあまり見られなかったのは少し残念でしたが、椿山荘を満喫できて良かったです。庭園にあったお蕎麦屋さんも雰囲気良さそうだったので、また来てみたいですね。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都文京区 関口2丁目10−8


by 07takeshi | 2016-06-18 19:00 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)
気が付けば、早くも2月の終わりになりましたが、今日は友人達との食事会。本日のお店は能登の食材がいただけるお店「能登美」。数年前に本店の方には一度行ったことがあるのですが、今日伺うのは別館の方です。
e0208058_7284444.jpg

5名揃ったところで「生ビール(480円)」で乾杯!
e0208058_7295092.jpg

まずはお酒のアテにちょうどいい「タコのから揚げ(580円)」
醤油味の下味が付いているのでそのままでいけます。ビールとの相性は言うまでもありませんね。
e0208058_7321914.jpg

二品目は、お店おすすめの「里芋の旨揚(480円)」
ねっとりしてホクホク。これも下味がついているのでそのままで。ポテトフライだとちょっと体に良くない印象ですが、里芋だとなんだかヘルシーに思えますよね。
e0208058_7343635.jpg

三品目は今日の目玉の一つ、「おまかせ刺身5点盛り(1980円?)」
大人数で行くとこういう量の多いものが頼めるからいいですよね。見た目にも迫力あります。お魚は、サザエ・しめ鯖・カンパチ?・カワハギ(肝付き)、ノドグロ。高級魚のノドグロまであるのが嬉しいですね。富山の方言で「新鮮な」ということを「きときと」というらしいのですが、まさにきときとで弾力と旨味もしっかりです。
e0208058_842226.jpg

途中お酒を日本酒に切り替えたので、それに合いそうな珍味から「輪島産アワビの肝の粕漬け(680円)」
これは期間限定の珍しい一品。トロッとした食感なのかと思いきや、プリプリした歯応えがあり、ほろ苦くほんのり甘い。日本酒がすすみますね~
e0208058_7494353.jpg

珍味系からもう一品「チーズの自家製たまり醤油漬け(400円)」
チーズの濃厚な味に、和の醤油の香りとコクが重なってこれも日本酒に合いますが、ワインのアテにもよさそうです。
e0208058_753923.jpg

「がんどなめろう(680円)」
「がんど」とはブリに成長する前の状態のもので、ブリの若魚です。そのがんどの身を叩いたものに自家製合わせ味噌を混ぜていただきます。味噌の味と風味が濃厚だけど、がんどの身の旨味もしっかり主張しています。
e0208058_8122175.jpg

「ガスえびのから揚げ(580円)」
一匹一匹は小ぶりなんですが、カラリト揚がってサクッとした軽い口当たりに、エビ味噌の風味がしっかりします。
e0208058_8151783.jpg

ここで本日のメイン「天然ブリしゃぶ(一人前1580円×2)」
出てきたそれは、大きなお皿にたっぷりの野菜とたっぷり敷き詰められたブリの身が見た目にインパクト抜群!
e0208058_820052.jpg

e0208058_820955.jpg

まずは沸騰したお出汁に野菜を入れ、煮立ったら準備完了。そこにブリを1~2往復しゃぶしゃぶさせたらポン酢に付けていただきます。刺身でいただける新鮮な身なのでそれで十分。表面はさっぱり、中はしっとりしていて、味と食感のコントラストが楽しめます。
e0208058_8225945.jpg

e0208058_8231183.jpg

締めの一品は、ご飯ものから「ぬかサバ握り飯(250円)」
ホクホクの白米に濃厚な糠サバが合いますねー。お腹いっぱいでしたけどぺろりと食べられました。
e0208058_830016.jpg

評判通り、能登の魚介が堪能で来て満足です。ブリしゃぶは、前回も食べたのですが、やっぱりここに来たら外せない一品です。北陸新幹線が開通したとはいえ、富山まで行くのは大変なので、気軽に能登の食材がいただけるいいお店だと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都文京区本郷1-4-1 

by 07takeshi | 2016-02-28 18:30 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)
休肝日の今日は会社帰りに乗換駅の日暮里で食事をとります。以前食べて鶏白湯ラーメンが美味しかったお店「ぶらり」。日暮里駅から程近い場所にあるのですが、路地を入ったところにあるので、ちょっと隠れ家のような感じなお店です。
e0208058_8371853.jpg

名物は「鶏白湯ラーメン」ですが、あっさり塩ベースの「鶏そば」や「つけめん」なんかもあります。今日は久しぶりに来たので、定番の「鶏白湯ラーメン(800円)」を注文。平日7時半頃でしたが、すいていたため5分くらいで運ばれてきました。
e0208058_846237.jpg

特徴はなんといってもそのスープ。トロリとして濃厚、口いっぱいに鶏の甘さが広がります。鶏を凝縮させるとこんな味なんだなぁというのが感じられます。
e0208058_8535481.jpg

麺はややウェーブの入った太麺。濃厚スープがよく絡み、モチッとした食感で食べ応えありますね。
e0208058_8551196.jpg

チャーシューは鶏。厚みがあってスープとの相性もばっちりです。
e0208058_8563366.jpg

メンマの代わりに入っているのは「山クラゲ」。コリコリの食感が心地よくて、いいアクセントになっています。
e0208058_858927.jpg

とっても濃厚なんですが、なぜかヘルシーさが感じられる、美味しいラーメンでした。あっさりの鶏そばも気になるところなので、また近いうちに来たいです。



よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都荒川区東日暮里5-52-5


by 07takeshi | 2015-06-09 20:00 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)
今日は定期的にやっている友人たちとの食事会。本日 会場となったお店は御徒町駅から程近い場所にある洋食屋さん「キッチンさくらい」。ビルの6・7階にあるのですが、新しくてお洒落なビルに入っています。
e0208058_2265179.jpg

e0208058_227757.jpg

エレベーターを降りると、もうそこがお店になっています。早めに予約していたからか、階段を上がった7階の個室に案内されました。まずはみんなが揃ったところで乾杯します。ビールに「ヒューガルデン(850円)」があったので、それを頼みます。
e0208058_22113374.jpg

そしてさっそく食べ物を注文。今日は4名で来ているので、いろいろ頼めます。1、2人とかだと2、3品くらいしか頼めないので、食べたいものをどんどん頼めるのは、とっても楽しいですよね。
まずは前菜メニューから「お魚と香味野菜のマリネ(1000円)」
シャキッとしたセロリなどの香味野菜に白身魚がいい塩梅な酸味加減で仕上がっています。さっぱりしてスタートにちょうどいい一品。
e0208058_2224699.jpg

それとサラダメニューから「アンディーブのサラダ(1200円)」
アンディーブのほろ苦さが美味しくて、大人味なサラダです。
e0208058_2232869.jpg

ここからは定番の洋食メニューを頼みます。まずは「カニクリームコロッケ(1800円)」
薄いキツネ色で美しい仕上がり。さくっと軽い口当たりの衣に中は、ズワイ蟹がたっぷり入ったクリームが贅沢。
e0208058_22412831.jpg

e0208058_22414080.jpg

e0208058_22414960.jpg

「ビーフシチュー(2400円)」
コク深いデミグラスソースがたっぷりで、お肉はフォークを入れるとホロリと崩れる柔らかさ。これも贅沢な感じを味わえる一品です。
e0208058_2246023.jpg

e0208058_22461344.jpg

「ビーフオムライス(1300円)」
オムライスはソースがトマトソースがデミグラスソースか選べます。好みでいうとホントはデミソースなんですが、他にデミグラスソース系の料理を頼んでいたので、トマトソースを選択。出てきたオムライスはソースが別添えで、ツルッときめ細かくとっても美しいビジュアル。さすがプロの仕事ですね。スプーンで割ってみると、卵は厚めで、中はその名のとおりケチャップ味のチキンライスではなく、デミソースで味付けしているのでしょうか。ビーフとマッシュルームが入ったビーフライス。トマトソースも酸味が強くないので、味がまろやかで美味しいです。
e0208058_235157.jpg

e0208058_2351257.jpg

e0208058_2354641.jpg

「特製デミグラスソースのハンバーグ(1250円)」
ふっくらな感じではなく肉がギュッと詰まったしっかりした仕上がりで、たっぷりかかったデミグラスソースとの相性も抜群です。
e0208058_23135688.jpg

e0208058_2314515.jpg

「メンチカツ(1050円)」
カニコロよりも粗めなパン粉の衣なので、ザクッとした食感が気持ちいいですね。玉ネギの甘みが感じられるタネはハンバーグとは違った食感で、口の中でホロリと崩れます。
e0208058_2327246.jpg

e0208058_23273668.jpg

e0208058_23274783.jpg

締めの一品はメニューの写真を見て、どうしても食べたくなった品、「エビフライサンド(2000円)」
名古屋の喫茶店、「コンパル」で食べた海老フライサンドを思い出すビジュアル。エビフライが3本も入ってインパクトある断面で、おいしいのが見ただけで分かります。味付けもマヨネーズ感が強いのかと思ったら、ポテトサラダの味が効いた割とさっぱりとした仕上がりで、その分エビフライの味がたっています。エビはプリッとしっかりした弾力で、主役のエビフライ自体が美味しいので、当然ながらエビフライサンドとしても旨い!
e0208058_23455068.jpg

e0208058_2346018.jpg

いろいろ食べたのでお腹いっぱいです。美味しいのはもちろんですが、好きなものがたくさん食べられてとっても満足な夕食でした。

よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都台東区上野3丁目27−3


by 07takeshi | 2015-04-11 19:00 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)
最近どうも今更ながら夏バテというか、スタミナ切れな感じ。こういう時は、やっぱり鰻!ということで、会社帰りに西日暮里にある「うな鐵 将」に行ってきました。西日暮里の駅前すぐのところにあります。
e0208058_6224879.jpg

e0208058_6225889.jpg

とりあえず「生中(580円)」を頼み、一品目はすぐに出てきそうな「骨せんべい(380円)」
これは、ウナギの骨を乾燥させ、カラッと揚げたもの。ポリポリした歯応えで塩味がしっかり効いているので、ビールのアテにちょうどいい感じ。
e0208058_6315989.jpg

それと、やはりうな鐵といえば鰻の串焼きということで、「串焼き5本セット(1380円)」を頼みます。焼き場では、職人さんがパタパタと団扇で煽ぎながら炭火で鰻を焼いています。しばらくして運ばれてきたのがこちら。右から、短冊、くりから、キモ、ひれニラ、かぶと。「短冊」は身の部分で一番ウナギっぽい。「くりから」は確か腹の身だったと思うのですが、脂がのってジューシー。シンプルに塩味なので身の旨味がしっかり感じられます。「キモ」はその名の通り肝でほろ苦くプリッとした食感。「ひれニラ」はトロトロの柔らかいヒレに、青臭いニラの風味が絶妙にマッチ。「カブト」は、頭の部分。見た目はちょっとグロテスクですが、独特の苦みが日本酒に合います。
e0208058_77970.jpg

串の途中でビールから日本酒に。「高清水(540円)」
e0208058_79092.jpg

最後は「白焼き」でも食べようかと思っていたのですが、隣の席のおじさんが食べていた「特上のうな重(3800円)」がとっても美味しそうだったので、勢いに任せて同じものを注文したら、売り切れでした・・・
でも特上を頼んだ手前、後に引けなくなり 男らしく その次に高い「うな重(松@3400円)」を注文します。
e0208058_7195596.jpg

待つことしばし、運ばれてきたうな重は、さすが松だけあってご飯が見えないほど身がたっぷり。折り重なっている身は大きいのが3切れも。1尾半分ものっているのでしょうか?
e0208058_727318.jpg

e0208058_7274097.jpg

さっそくいただいてみると、関東風な身は、フワッとして口の中でトロトロと溶けていきます。タレも程よい甘辛さでご飯も旨い!
e0208058_7332819.jpg

締めにがっつりうな重を食ったので、お腹パンパンです。いろんなウナギのバリエーションが楽しめるので、食べものは軽めでお酒メインでもいいですし、うな重とか食べて食事メインでもいいですし、また、テーブル席意外にカウンター席もあるのでお一人様も大丈夫な使い勝手のいいお店だと思います。特にウナギの串焼きはお勧めなので、食べたことがない方は是非どうぞ。美味しいですよ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】 東京都荒川区西日暮里5-21-4


by 07takeshi | 2014-09-22 19:00 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)
e0208058_835691.jpg

今日は地元阿佐ヶ谷の飲み屋さんの店主や、その常連さんなど約20人で、屋形船を借り切ってクルージングをします。会場となったのは、浅草橋にある「野田屋」の屋形船。浅草橋駅から数分ほど歩いた神田川沿いから出航となります。本日乗るのは定員30名の屋形船で一人10800円のコースです。
e0208058_8355535.jpg

船内は座敷で、カラオケなども完備されています。
e0208058_8395763.jpg

e0208058_84089.jpg

出航したところで 乾杯!楽しい宴の始まりです。
e0208058_851448.jpg

因みにお酒はビール、日本酒、焼酎など飲み放題で、料理は刺身の船盛りや天ぷら、サーモンサラダ、アサリの串焼きetc...が出てきます。一部写真は撮れてないですが、天ぷらはエビ・キス・アナゴ・メゴチに野菜などいろいろ出てきました。
e0208058_8584493.jpg

e0208058_8585364.jpg

e0208058_8591096.jpg

e0208058_8592328.jpg

e0208058_90742.jpg

e0208058_901911.jpg

船は浅草橋を出航後、隅田川を南下し佃のリバーシティ、レインボーブリッジなどを経由し、お台場まで行くと、しばらく停泊してくれます。そして停泊中は屋上に上がることができるので、360°の海を満喫!これは船ならではの魅力ですよね。この日はちょっと風が強かったのですが、気持ちよかったです。
e0208058_98865.jpg

e0208058_9114050.jpg

e0208058_9115741.jpg

e0208058_9124338.jpg

e0208058_9163366.jpg

e0208058_9172733.jpg

e0208058_917506.jpg

e0208058_9175993.jpg

その後、アサヒビール本社(通称ウ〇コビル)を経由し、最後はスカイツリーでしばらく停泊し、浅草橋に戻ります。
e0208058_9313991.jpg

e0208058_9315348.jpg

e0208058_932516.jpg

周遊コースは本来2時間半なのですが、平日のためか3時間にしてくれていたのでゆっくりできて、最後はカラオケ大会になったりして、盛り上がりました。値段はそれなりにかかりますが、他ではなかなか体験できないことなので、一度体験してみるのもいいんじゃないでしょうか。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ
by 07takeshi | 2014-08-04 18:30 | 文京・台東・荒川区 | Comments(2)

日暮里 『日高屋』

最近密かにハマっている食べ物があります。それは日高屋の「トマトサンラータンメン(570円)」。日高屋といえば、みなさんご存知かと思いますが、リーズナブルな中華のチェーン店です。最近残業をした時は、家の近所まで帰ってきてから食べると時間が遅くなってしまうので、乗換駅である日暮里の日高屋によく行くんです。日高屋って、安くてボリュームがあって野菜も食べられるけど、味はまあ普通かなという印象だったんですが、ある日何気なく食べた「トマトサンラータンメン」が妙に美味しくて、最近よく食べています。
e0208058_23405578.jpg

570円という値段ながら、具はブロッコリー、ニンジン、白菜、キャベツ、玉ネギ、キクラゲ、プチトマトに豚肉ととっても具だくさん。更に、卵でとじてあったりなんかします。トマトベースのスープは酸味控えめで、きちんとトマトの旨味がありますし、単品で食べても結構ボリュームがあるので、僕なんかはこれだけでお腹いっぱいになっちゃいます。
e0208058_23454394.jpg

e0208058_23455413.jpg

美味しいとはいえ、値段が値段なので、本格中華な美味しさというわけではないのですが、日高屋のメニューの中では圧倒的に美味しいと思います。(あくまでも僕の主観ですが…) 期間限定らしいので、日高屋に行かれた際にはぜひ食べてみてください。


よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ
by 07takeshi | 2014-05-29 22:00 | 文京・台東・荒川区 | Comments(0)