人気ブログランキング |

カテゴリ:温泉( 27 )

熱海 『星野リゾート界熱海(その③)』

ディナーの後はいったん部屋に戻り、21時からは本館にオープンする梅酒サロンに行きます。ここは21;00~21:30の間、好きなだけ梅酒を楽しむことができます。梅酒は抹茶の梅酒とか山崎の梅酒など色々ありますが、3種類ほどいただくことにします。
e0208058_18232591.jpg

e0208058_18230096.jpg

e0208058_18205925.jpg
ゆっくり飲んでいると、次のイベントのお誘いがかかります。それは「熱海芸妓の舞」。芸妓さんなんて、こんな機会じゃないと見られないので、もちろん行ってみることにします。同じく本館の中の大広間で21:30~22:00の間に開催されます。
e0208058_18403991.jpg
まずは芸妓さんの舞を観ます。観るのはもちろん初めてなので、貴重な体験でした。最後は2組が前に出て、投扇興も行われました。やってみようかなとも思ったのですが、前に出るのが恥ずかしかったのでやめときました。
e0208058_19412635.jpg


e0208058_19415484.jpg


その後は部屋に戻り、温泉に入ってから就寝💤

翌朝は早く起きて、朝一から温泉に入ります。その後は8時半から朝食です。朝食も夕食と同じレストランにていただきます。夜は青い色の空が綺麗でしたが、朝は爽やかな光が入ってきて気持ちいいです。まず最初に搾りたてのオレンジジュースから始まりますが、まるでみかんをそのまま食べているかのようです。
e0208058_20102802.jpg

それからサラダが運ばれてきます。オリーブオイルと塩コショウだけで食べるのですが、新鮮な野菜は素材の味が感じられ、シャキシャキの食感も心地いいです。
e0208058_21190237.jpg

e0208058_21191820.jpg

パンもきちんと温められていてサクサクで美味しいです。特にクロワッサンがフワサクですごく美味しかったです。
e0208058_21243092.jpg
続いては「クラムチャウダーカプチーノ仕立て」
見た目は泡なので、何だろうと思ったらクラムチャウダーなんだそう。朝食用ということで、クリーミーで濃厚な感じではなく、さらりとした仕上がりで、軽い感じでいただけます。もちろんアサリの身もたっぷり入っています。これは美味しい!
e0208058_21305492.jpg

e0208058_21312559.jpg
続いては朝食の定番「スクランブルエッグとベーコン」
トロトロ卵にカリカリのベーコン。スクランブルエッグは生クリームのコクが効いて美味しい。そのまま食べても美味しいですが、やっぱりパンにのっけて食べちゃいますよねぇ。
e0208058_06043844.jpg


e0208058_06060041.jpg

e0208058_06070362.jpg
最後はデザートのマンゴープリン。果肉もたっぷり入ってクリーミーで濃厚です。
e0208058_06085006.jpg

e0208058_06090148.jpg
そんなに量は多くないようにも見えますが、食べると結構満腹になります。朝から優雅な朝食で大満足です。チェックアウトは12時とゆっくりなので、その後は部屋に戻ってくつろいだり、温泉に入ったりして昼間でのんびり過ごしました。朝10時のチェックアウトだと、なんだかせわしなくなってしまうので、遅めのチェックアウトは助かりますね。1泊2日と短い旅でしたが、星野リゾートを堪能で来て良かったです。今度はリゾナーレに行ってみたいなぁ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




by 07takeshi | 2018-07-04 11:00 | 温泉 | Comments(0)

熱海 『星野リゾート界熱海(その②ディナー編)』

夕方18時からはお楽しみの夕食です。別館はオーベルジュなので、ご飯を食べるのがメインといっても過言ではありません。レストランに行くと、窓際の席に案内されます。だんだん陽が沈んでいくと、窓の外は不思議なくらい青い色に染まっていきます。
e0208058_06514087.jpg
いただくのは「海のフレンチスタンダードコース」。海の近くなので、海の幸をふんだんに使ったコースになりますが、決まったメニューではなく、その日の仕入れによって内容は変わるようです。まずはドリンクですが、僕は、魚介に合いそうな海水仕立てのフランスのビール「モルブラッツ」。奥さんはシードルで乾杯します🍻
e0208058_08365612.jpg
まずは1品目「コチのカルパッチョ」
軽くコブ締めしたコチの身に燻製した肝がのっています。軽くエシャロットのソースがかかっていて、食べてみると思いのほかしっかりした弾力があって、噛むほどに昆布の旨味が出てきます。
e0208058_08411842.jpg

e0208058_08412746.jpg
2品目「サザエのリゾット」
柔らかいサザエに軽く炙った香ばしいヤングコーンのシャキッとした歯応えがいいアクセントに。パルミジャーノの濃厚な味がお米を包み込んでしっかりしながらも、優しい味。
e0208058_08442166.jpg

e0208058_08444646.jpg

3品目「7年ヴィンテージの大蛤のグリル」
そのままグリルすると、パカッと貝が開いて、旨みの汁が逃げてしまうので、開かないように蝶番を切ってグリルしているんだそう。おそらく炭火で焼いているんでしょう。すごく香ばしいです。貝を開けると見たこともないような大きな身は、噛むと中からたっぷりの旨味のエキスがジュワッと溢れてきます。大きいけどこれは一口で食べないといけません。軽く塩を振っていただくのですが、素材がいいと余計な味付けはいらないんですねぇ。
e0208058_08524662.jpg

e0208058_08525849.jpg

e0208058_08531076.jpg
4品目「魚のビスク」
5種類以上の魚の身だけでなく頭や内臓などもすりつぶしてそれをスープ仕立てにしているので、口に入れると驚くほど濃厚な味。例えていうなら濃厚な魚介つけ麺のスープをさらに濃くして、旨みと複雑さを増した感じ。食べた後もしばらく鼻に香りが残ります。フレンチなんだけど、和っぽい雰囲気もあります。
e0208058_09083449.jpg

e0208058_09091383.jpg
5品目「レンコ鯛のグリル」
グリルしたレンコ鯛に白ワイン・エシャロット・バターで作るブールブランソースがかかっています。フワフワな身に皮目はパリッとして、さっぱりしたソースがよく合います。
e0208058_09114019.jpg

e0208058_09122823.jpg

ここからはデザート。まずは「フルーツのスープ仕立て」
口に入れた瞬間、見た目のイメージと味のギャップにびっくり。クローブやブラックペッパーなどのスパイスが効いてエキゾチックな味です。

e0208058_09195773.jpg

デザート2品目は「アイスケーキ サクランボのコンポート添え」
アイスケーキは濃厚な味でアーモンドやナッツの歯応えがいい。サクランボのコンポートと合わせると酸味も加わってより美味しく感じられます。
e0208058_09201904.jpg

e0208058_09220633.jpg
最後は焼き菓子カヌレとゼリーにカフェも付きます。
e0208058_09250079.jpg

どの料理も一品一品が丁寧に作られてとても美味しかったです。地のものを使っているので、その土地ならではの味も楽しめますし、鮮度もいいので、ホントに美味しかったです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



by 07takeshi | 2018-07-03 18:00 | 温泉 | Comments(0)

熱海 『星野リゾート界熱海(その①)』

e0208058_22375256.jpg

ちょっと早い夏休みをとって熱海に行ってきました。今年の夏は他には旅行に行く予定もないので、ちょっと贅沢にいいところに泊まります。そんな今宵の宿は「星野リゾート界熱海」。初の星野リゾートなので楽しみです。熱海駅からはちょっと離れているので、タクシーに乗りますが、ちょうど1000円くらいの距離です。因みに星野リゾート界熱海は、和風の本館と洋風の別館がありますが、今回は別館に宿泊します。タクシーで行き先を告げる際には本館と別館では場所が違うので要注意です。別館のエントランスはこんな感じ。
e0208058_23073084.jpg

別館の建物は明治時代に建てられた洋館を移築したんだそう。とても趣のある建物で登録有形文化財にも指定されているそうです。
e0208058_23080083.jpg

e0208058_23184913.jpg

チェックインの手続きは、入ってすぐ右手にあるサロンで行います。調度品も含め、細部に至るまで手の込んだ造りになっていて、重厚感があります。
e0208058_23210477.jpg

チェックインの前にウェルカムドリンクとして桃のノンアルコールカクテルがふるまわれます。桃のすごい果実感があって、そこにシュワっと炭酸が効いてさっぱりで旨い!
e0208058_21413146.jpg

サロンの脇にはテラスがあって、そこから外に出ると…
e0208058_23222044.jpg

ちょっとした庭になっていて、ここからは海が見えて絶景です。ちょっとここでコーヒーでも飲んでいきたいところですが、部屋に案内されるのでまた後程
e0208058_23232059.jpg

さらにサロンの脇の小部屋には、コーヒーやハーブティーなどの飲み物が置いてあり、好きな時に飲むことができます。
e0208058_06033870.jpg

その後はお部屋に案内されます。部屋の中に入り、ドアを開けると、窓からは海が目の前に見えてすごい開放感!実際には海との間には道路が通っているのですが、部屋がちょっと小高いところにあるのですぐ近くにあるように見えます。また、お部屋は40㎡あるのでゆったりしています。やや古さは否めませんが、清掃等が行き届いているので、特に気にはなりません。というか、むしろレトロな感じの方が合う気がします。
e0208058_22072327.jpg

e0208058_22080018.jpg

e0208058_05553936.jpg



水回りはこんな感じ。風呂トイレ洗面が一体になったタイプですが、かなり広いです。ドアを開けた瞬間思わず「広っ!」って言ってしまったほどです。
e0208058_22362970.jpg

e0208058_22381413.jpg

e0208058_22372915.jpg

その後は楽しみにしていた温泉に入りにいきます。星野リゾート界熱海は山の斜面みたいなところに建っていて、一番上に本館があり、一番下には別館があります。そして、その中間くらいに2つの温泉と湯がり処があります。
e0208058_06142026.jpg

別館からだと結構険しい階段を登っていくので、年配の方はちょっと辛いかもしれません。
e0208058_23071323.jpg
チェックイン直後は比較的温泉ってすいているので、さっそく温泉向かうと大きな誤算が… なんと温泉は写真撮影禁止でした… とても残念ですがルールなので仕方がありません。景色もよくていい温泉だっただけに残念です。なので温泉の雰囲気は、公式HPをご参照ください → こちら

風呂上り後は湯上り処「青海テラス」にてくつろぎます。ここも高台にあるので景色が綺麗で、座り心地のいい椅子が置いてあるのでのんびりするのにちょうどいい場所です。
e0208058_22375256.jpg

e0208058_23005743.jpg

e0208058_23044679.jpg

テラスには常時レモン水と麦茶が置いてあるのでいつでも飲めます。
e0208058_06175420.jpg


また、今の季節の夕方にはスパークリングワインと梅のかき氷がサービスで出してもらえるので、もちろんいただきます。
e0208058_23130385.jpg

e0208058_23115453.jpg

e0208058_23110911.jpg

テラスをさらに上に昇ると、本館に到着します。
e0208058_21594109.jpg

e0208058_22001577.jpg

因みに本館のエントランスはこんな感じです。
e0208058_22004073.jpg

本館のロビー2階にはトラベルライブラリーというスペースがあって、旅にまつわる本が置いてあったり、あとドリンクが備え付けられてあるので、ここでくつろぐこともできます。
e0208058_06110564.jpg

e0208058_06112515.jpg

e0208058_06115457.jpg

その②に続く


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】静岡県熱海市伊豆山750−6




by 07takeshi | 2018-07-03 15:00 | 温泉 | Comments(0)

箱根湯本 『マイユクール祥月』

かまぼこの里を後にしてやって来たのは箱根湯本。過去に何度か来ていますが今日行くのは箱根湯本から10分くらい歩いたところにある「マイユクール祥月」。ちょっと変わった名前ですがマイユクールというのは「心と心の結び目」という意味なんだそう。ホテルの直前の道路はかなり急な勾配になっているので、歩いて行くと結構疲れます。
e0208058_22032992.jpg
1階のホールを入るとこんな感じ。ホテル自体は全38室と大規模ではありませんし、1階の一部は駐車場にもなっているのでロビー周りは割とこじんまりした造りになっています。
e0208058_23185003.jpg
全体の造りとしてはこんな感じです。
e0208058_08512818.jpg

今宵泊まるお部屋はツインのミディアムルーム。32㎡あるのでかなりゆったりしています。1泊2日2食付き2名で宿泊で、一人16950円のプランです。チェックインは15時、チェックアウトは11時なので朝はゆっくりできるのがいいですね。
e0208058_23331856.jpg

e0208058_23333212.jpg


洗面所はユニットバスタイプではありますが、かなり広く大きな浴槽もあります。でも温泉があるので、ここは使いませんでした。温泉は確か朝は5時くらいから夜は1時くらいまで入ることができたと思います。
e0208058_23340561.jpg


e0208058_23355090.jpg

あと、サービスとしてお部屋には手作りのお菓子やゼリーが置いてあったり…
e0208058_23373296.jpg

アメニティグッズが4種類から選べて、宿泊者ごとに1つもらえたりして、女性に人気なのがうかがえる内容です。
e0208058_23403549.jpg

温泉は2階にあり男女が日ごとに入れ替わります。初日は男湯が手前側でした。
e0208058_08551407.jpg

脱衣所も含め、内湯、露天ともホテルの規模よりも広く作ってあるのでゆったり使えます。あとは、この宿は女性のお客さんが多いので、時間帯問わず男湯は割とすいていました。内湯はこんな感じ。
e0208058_08571332.jpg
露天はこんな感じです。ホテル自体がちょっと小高い場所にあり、目の前に建物等目線を遮るものがないので、けっこう開放感があります。
e0208058_08581732.jpg

e0208058_08583197.jpg

e0208058_09021560.jpg
脱衣所には冷たい水とルイボスティーが置いてあるのも嬉しい気遣いですね。
e0208058_09033429.jpg

その後は近隣を散策したり、部屋でゴロゴロしながら過ごします。旅先で何もしないでくつろぐというのは贅沢でいいですよね。夕食はチェックインの際に時間の確認があります。2部制になっていて、1回目が17時半から、2回目が19時45分からとなります。お腹を空かせるために僕らは2回目を選びました。夕食は2階のレストランでいただきます。
e0208058_09162285.jpg


e0208058_09180676.jpg
食事は「和食」「洋食」「和洋折衷」から選べますが(宿の予約時に選んでおきます)僕らは和洋折衷をチョイス。因みに本日のメニューはこんな感じです。
e0208058_09202081.jpg

まずは食前酒と名物の黒稲荷寿司が運ばれてきます。ホテルの玄関脇にお稲荷様が祀ってあるのですが、それに因んでいるそうです。
e0208058_09213325.jpg
次に前菜盛り合わせが運ばれてきます(2人前)。ちょっとずつ色々あって、どれも見た目にとっても可愛らしく、男性の僕でも楽しくなってしまいますね。
e0208058_09240080.jpg
前菜のメニューはこちら。どれも手が込んでいて見た目だけではなく味もきちんと美味しい。一品一品は少量なのですが、食べてくと意外に腹も膨れますし、いろんな種類を楽しめて満足度も上がります。
e0208058_09203615.jpg
つづいてはお造りで「ブリと白魚」
ブリはプリッと弾力がある。白魚には金箔が付いていて豪華な雰囲気。身はとっても甘いです。
e0208058_13020269.jpg
e0208058_13091927.jpg
メニューには載っていませんが、手作り豆腐も出てきます。滑らかな食感で甘いです。
e0208058_13105301.jpg

続いて運ばれてきたのは「美肌のスープ」
グリーンピースと玉葱のポタージュにパイナップルのエキュメが載ったもの。エキュメって本来は煮詰めたアクや泡を取り除くことを指すようですが、ここでは泡のことだと思われます。とっても熱々で提供されたのも良かったですし、濃厚で美味しかったです。
e0208058_09301114.jpg

e0208058_09302239.jpg
次は煮物で「若竹煮」
味が強いわけではないのですが、出汁がしっかり効いているので旨みが濃くて美味しい。若竹だからとっても柔らかいです。
e0208058_13134243.jpg
次は洋皿から「トマトフリカッセ ドゥ ポール」
フリカッセとはフランスの煮込み料理のこと。箸で切れるくらい柔らかく、洋風角煮のような感じでしょうか。
e0208058_13160854.jpg

e0208058_13162776.jpg
食事から「筍ご飯」
お出汁が効いて美味しい!なめこが入った赤だしもいい。赤だし好きなんです。
e0208058_13281597.jpg

e0208058_13293547.jpg

最後はデザート。まずはコーヒーと…
e0208058_13323184.jpg

デザートはワゴンから好きなものを選べます。しかも好きなものを全部でもいいそうです。
e0208058_13334035.jpg


e0208058_13342404.jpg

僕は「柚子蜜パンナコッタ」「ジャスミン茶のクリームブリュレ」「抹茶マカロン」「イチゴ」の4品、奥さんは「オレンジのババロア」「レモンムースケーキ」「イチゴ」をチョイス。お腹いっぱいでしたが、美味しかったので難なく完食しました。
e0208058_13352686.jpg
最後にはアイスをテイクアウトできるサービスまであって、盛りだくさんでした。
e0208058_01300765.jpg


e0208058_01302330.jpg

いやあ~ それにしてもお腹いっぱいです。どの料理も見た目もさることながら、味もきちんと美味しくて評価が高いのも納得の内容でした。この日はこの後、軽く温泉に入ってからすぐに寝てしまいました💤

翌朝は早起きして、さっそくお風呂に入りにいきます。入れ替わりなので昨日とは違う方のお風呂になります。基本的に造りはほぼ一緒ですが、奥の方のお風呂はジャグジー風呂があったり、庭園部分が広いので、開放感がより感じられます。
e0208058_01262829.jpg

e0208058_01265278.jpg

e0208058_01271207.jpg

e0208058_01272826.jpg
お風呂の後は朝食です。朝食も夕食と同じ会場でバイキング形式です。いろんな種類のものがあってついつい取りすぎてしまいますね~ 干物のワゴンサービスまでありました。
e0208058_01332448.jpg

e0208058_01341320.jpg

e0208058_01343431.jpg

e0208058_01350171.jpg
職人さんがその場で揚げている、揚げたての天ぷらもあります。
e0208058_01355086.jpg

e0208058_01362751.jpg
これが干物のワゴンサービス。目の前で炙ってくれます。干物は小田原産の干物だそうです。
e0208058_01364444.jpg

e0208058_01365624.jpg
いろいろ食べて、朝からお腹いっぱいです。チェックアウトは11時なので、食後は部屋でゴロゴロしてからお風呂に入っても、まだゆっくりできる時間があってのんびりできます。従業員の方の接客も丁寧でしたし、全体的に満足度の高いホテルでした。決して安くはありませんが、特に女性にはお勧めできる宿でした。

箱根からの帰りは小田原に寄って小田原城見学とランチをします。
e0208058_01430430.jpg
この日はあいにくの曇り模様だったので、天守閣からの眺望も今一つでした。
e0208058_01440934.jpg

お城に来たら恒例のこれ!
e0208058_01434934.jpg
ランチ編に続く…


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】神奈川県足柄下郡箱根町湯本468









ほっとフォトコンテスト





by 07takeshi | 2018-02-20 15:00 | 温泉 | Comments(0)

新潟 『カーブドッチ ヴィネスタ』

食事をした後は、ちょっと散策して酔いを醒ました後、敷地内にある日帰り温泉施設の「ヴィネスパ」に行きます。通常一人1000円ですが、ペアランチを食べると2人2000円 → 1200円になるサービスがあります。
e0208058_17143378.jpg
建物に入ると正面の建物中央部分は中庭になっていたり、天井もところどころ吹き抜けになっていたりして、解放感があって明るいです。
e0208058_17160638.jpg



e0208058_17170493.jpg
温泉は、内湯がこんな感じ
e0208058_17183588.jpg
もちろん露天風呂もあります。露天は大きめなのと、小さめなのが1か所づつに、水風呂・サウナもあります。この日は天気が良かったので、最高に気持ち良かったです。
e0208058_17190444.jpg


e0208058_17192366.jpg


e0208058_17193252.jpg


e0208058_17194058.jpg
脱衣所出たすぐの売店では、定番の牛乳も売っています
e0208058_17222880.jpg
少し時間があったので、建物内の休憩処でごろっと横になって休憩します。それにしても風呂上りにごろごろするのは最高ですね!
e0208058_17240129.jpg


e0208058_17241976.jpg
書斎のようなスペースもあります
e0208058_17250411.jpg
その後は、ショップに行きワインの有料試飲をします。ほんとは買って帰りたいところですが、電車で来ているため買うと重いんですよねぇ
e0208058_18092328.jpg
試飲メニューはこのようになっており、テイスティングの値段が書いてないものは100円で、値段が書いているものは200円です。
e0208058_18095385.jpg
まずは、スパークリングの白とロゼ
e0208058_18111815.jpg

こちらは高いワインなので200円です。
e0208058_18192723.jpg
その他、何杯か飲んで最後に飲んだのがこのブランデー。40度あって、しかも熟成されてないので、かなりパンチがあります。
e0208058_18214897.jpg
その後は、カフェに行ってジェラートを食べます。
e0208058_13045527.jpg

ジェラートはシングルが310円、ダブルが390円、トリプルが440円で、7種類の味があります。
e0208058_13041465.jpg

e0208058_13042876.jpg
僕はブルーベリー風味のヨーグルトとジャージー牛乳のダブル、連れはラムレーズンとチョコ&ヴィーガンナッツのダブルにしました。味がとっても濃厚で、美味しかったです。
e0208058_13044022.jpg

e0208058_13175438.jpg
朝10時半にやってきて、15時半くらいのバスで帰るのですが、ご飯食べたり、温泉入ったり、ワイン飲んだりしてたので、あっという間でした。新潟駅からも1時間くらいなので、ちょっとフラっと観光がてら立ち寄るにもお勧めです。


【住所】新潟県新潟市西蒲区角田浜1661



by 07takeshi | 2017-08-03 15:00 | 温泉 | Comments(0)

下呂温泉 『ホテルパストール』

せっかく名古屋まで来たので、ちょっと足を伸ばして下呂温泉まで行ってきました。名古屋駅からJR特急「ワイドビューひだ」に乗って約1時間半で下呂に到着します。
e0208058_13240849.jpg
到着したのがお昼頃だったので、まずはランチにします。駅前にある老舗の温泉旅館「水明館」内のレストランで食事をします。行ったお店は「北乃寮」。ここで僕は「炙り飛騨牛弁当」、連れは「飛騨牛すき焼き丼」をいただきましたが、肉の旨味が感じられて美味しかったです。
e0208058_13242699.jpg
e0208058_13245307.jpg
e0208058_13243881.jpg
15時のチェックイン迄しばらく時間があったので、観光名所の「合掌村」に行きます。これは、白川郷などから移築した10棟の合掌造りの民家で集落を再現したものです。本物の合掌造りの家を間近で見られて見応えのある施設でした。
e0208058_13252844.jpg
e0208058_13254874.jpg
e0208058_13262515.jpg
e0208058_09133156.jpg

その後はホテルにチェックイン。今宵の宿は「ホテルパストール」。ホテルタイプだけど温泉もあります。ちなみに今日はお部屋と食事お任せで1泊2食付き2名で宿泊で、一人12000円くらいのプランです。

e0208058_13265046.jpg
e0208058_13351778.jpg

e0208058_13285594.jpg

お部屋はこちら。洋室の中に小上がりのようなコーナー和室があるタイプで45㎡もあるので、かなり広々としています。
e0208058_13272552.jpg

e0208058_13274175.jpg

ホテルは温泉街から離れた山の方にあるのでバルコニーからの景色も絶景です。
e0208058_13280239.jpg
荷物を置いた後、早速温泉に行きます。温泉は男女別で、内湯と露天がそれぞれにあります。男性用の内湯はこんな感じ。
e0208058_13324160.jpg
で、露天はこんな感じ。下呂のお湯はほぼ臭いもなく、さらりとしているのですが、肌にねっとり絡みつくような泉質で、とってもいいお湯でした。
e0208058_13283083.jpg

e0208058_13284129.jpg

夕食は館内のフレンチレストラン「ラ・ポアルドール」で和牛のハーフステーキコースでした。
e0208058_13312439.jpg

e0208058_13295379.jpg

ドリンクは別なので、ハーフボトルの赤ワインを注文し、乾杯!
e0208058_13291110.jpg

e0208058_13293901.jpg

まずは旬の小皿から。地元産「なっとく豚」のパテとカブのムース
e0208058_13300453.jpg

パンは温かく、サクサクです。
e0208058_13301722.jpg

キノコのポタージュ。味が濃厚でマッシュルームの味と風味が生きています。
e0208058_13303597.jpg

e0208058_13304645.jpg

サラダ。自家製のオニオンドレッシングが酸味控えめで美味しいです。
e0208058_13310752.jpg

メインの和牛のグリル。量は多くありませんが、柔らかくて脂の旨みがいいですね~
e0208058_13314396.jpg

e0208058_13315945.jpg

デザートは紅茶のアイスとチョコのムース
e0208058_13321123.jpg

食後はコーヒーか紅茶が選べます。コーヒーは京都小川珈琲のもので、香り高いコーヒーでした。
e0208058_13322741.jpg

宿泊プランはそんなに高いものではなかったので、もう少し簡素な食事かと思っていましたが、思った以上に豪華で食べたら思いのほかお腹も膨れて満足な夕食でした。

翌朝の朝食は別会場のレストラン「ロマラン」にていただきます。ここは別棟にあるのですが、1階にはプールがあります。
e0208058_13325671.jpg

朝食はバイキング形式です。基本的には洋のメニューが多いですが、ご飯、味噌汁に納豆などもありました。
e0208058_13333015.jpg

e0208058_13331704.jpg

ここの名物、カレーもあります。
e0208058_13334342.jpg

e0208058_13335608.jpg

e0208058_13340841.jpg

e0208058_13342127.jpg

比較的廉価なプランながら、お部屋も広かったですし、食事も2食とも内容も満足できるものでした。温泉もいいお湯でしたし、総合的な満足度は高かったです。ただ、残念なのは、平成29年3月31日をもって閉館するとのこと。いいホテルだけに残念です。

よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【住所】岐阜県下呂市森1781




by 07takeshi | 2016-12-30 16:00 | 温泉 | Comments(0)

道後温泉(道後温泉本館~道後やや)

夏頃に道後温泉に行ってきたので、その時の記事をアップします。

東京にいると、四国ってなかなかハードルが高い地域ですよね。関西までだと新幹線で気軽に行けますし、わざわざ飛行機に乗るなら、九州とか沖縄に行こうという気になってしまいがちな気がします。今回行くのは道後温泉。前から行きたいなと思いつつも、なかなか行く機会がなかったのですが、LCCに乗って行ってきました。行きは成田⇒松山、帰りは高松⇒成田で、往復2万円くらいでした。
松山空港に到着後は、バスで道後温泉に向かいます。時間にすると40分くらいで到着!ここは路面電車の駅になります。
e0208058_10212759.jpg

そこからアーケードを抜けると道後温泉本館があります。まずはこの近くでランチをし、その後さっそく道後温泉本館へ。「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになったと言われているように、形は違うけど雰囲気はよく似てますね。長い歴史が醸し出す趣というか、重厚感があります。
e0208058_16563268.jpg

e0208058_16565267.jpg

入浴は4つのメニューがありますが、せっかくなので一番高い「霊(たま)の湯3階個室(1550円)」にします。これは休憩用の個室利用(1時間20分)ができて、貸浴衣、貸タオル、お茶とお団子が付いたセットです。
e0208058_1738356.jpg

まずは入浴前に個室で休憩します。
e0208058_17391196.jpg

e0208058_17393026.jpg

ちなみに個室じゃない2階席はこんな感じ。
e0208058_17402315.jpg

入浴は2階にある「霊の湯」になります。1階にある「神の湯」よりも小ぶりですが、人も少ないのでゆったり入ることができました。お風呂からあがってしばし休憩の後、外に出ると、目の前には罠のようにこれが待ち構えています。
e0208058_17474325.jpg

e0208058_1748309.jpg

e0208058_17485114.jpg

もちろんこうなります…
e0208058_17501767.jpg

その後は今宵の宿「道後やや」に向かいます。道後温泉本館から徒歩だと5分もかからないくらいでしょうか。
e0208058_118175.jpg

右側の和風造りの低い建物がフロントや食堂で、左側の高い建物が宿泊棟になります。
e0208058_111137.jpg

e0208058_11112134.jpg

まだ新しいので、全体的にとっても綺麗。今日は一人なので、単身向けの部屋に宿泊します。ちなみに1泊朝食付きで8000円のプランです。入口に入ってまず目に入ってくるのが流し台と蛇口。
e0208058_16292748.jpg

よく見ると脇にみかんの名前が書いてあって、これは噂に聞いた、ひねればオレンジジュースが出てくという都市伝説のような蛇口のようです。さっそく蛇口をひねってみると、一瞬間があってから、オレンジジュースが出てきます。こういう演出は気分が盛り上がっていいですね。
e0208058_1632345.jpg

泊まるお部屋は13㎡とやや小ぶりながら、機能的になっています。まあちょっと狭いですけど、一人なのでこれで十分。
e0208058_16374669.jpg

e0208058_16381629.jpg

e0208058_16384423.jpg

e0208058_1639063.jpg

e0208058_16391783.jpg

ちょっとゴロゴロして休憩した後、またもや温泉に向かいます。道後温泉本館の近くにある「椿の湯」。ホテルでは入浴用にタオル貸出のサービスがあります。愛媛のタオルといえばの今治タオルがいろんな種類置いてあって、好きなものを貸してくれます。こういうサービスは嬉しいですよね。
e0208058_1759395.jpg

e0208058_1801557.jpg

e0208058_1803997.jpg

風呂上がりには、先ほどの道後麦酒館にてまたビールを飲みます。こんどは中で飲んでみました。食べ物もいろいろあるので、ランチや夕食にも使えそうです。
e0208058_1823395.jpg

e0208058_183517.jpg

夜には道後温泉本館にまた行きます。今度は庶民的な雰囲気の1階にある「神の湯(410円)」に行きます。こちらは結構大きくて銭湯のような雰囲気でした。夜の道後温泉本館は昼間より趣があって、より千と千尋の油屋感が出てますね。
e0208058_222329.jpg

e0208058_222229.jpg

この子は広場にいた猫。人慣れしてて近づいても全然逃げなかったです。
e0208058_2235721.jpg

その後はホテルに戻り就寝。翌朝はホテルで朝食なんですが、この朝食がすごい。とても1泊8000円の宿の内容ではなくとっても良かったです。
e0208058_2265489.jpg

e0208058_2271441.jpg

e0208058_2273993.jpg

e0208058_228241.jpg

e0208058_2283287.jpg

このメニューは紙に書いて渡すと、出来立てのものを出してくれるので、ウインナーとコロッケをオーダーしました。
e0208058_2211128.jpg

あと、面白いのがこの「みかんマシーン」。みかんを3個セットしてスイッチを入れると、しぼりたてのオレンジジュースが出てきます。
e0208058_22124736.jpg

e0208058_22131730.jpg

朝から盛り沢山な内容になりました。この他にも別皿でサラダをたっぷりいただきました。毎朝こんな朝食だったら健康になれそうですよね。
e0208058_22143870.jpg

チェックアウト後は、松山駅まで行き「松山城」を見に行きます。駅からでもなんとか歩けるくらいの距離なので歩いて行きました。松山城は小高い山の上にあります。
e0208058_22213645.jpg

ロープウェイもあるのですが、乗り場が松山駅からだと正反対になるので、頑張って徒歩で登りました。
登りきった上にある松山城は現存する12天守のうちの一つで、建物自体の高さはさほどでもありませんが、石垣がすごく立派で、複雑な造りになっています。
e0208058_22251294.jpg

e0208058_22253848.jpg

e0208058_22265061.jpg

天守からの眺めも最高です。
e0208058_22262935.jpg

この日は暑かったので、見学後はこうなります…
e0208058_22274372.jpg

その後は松山駅に戻り、そこから特急に乗って香川の高松を目指します・・・高松編に続く


よかったら下のバナーのクリックをお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ
by 07takeshi | 2016-10-14 12:00 | 温泉 | Comments(0)

秩父 『比与志』

週末を利用して、秩父に行ってきました。結構遠いイメージがあったのですが、レッドアローに乗ると、池袋から80分くらい、金額も1500円くらいなので、気軽に行けるんですね。朝10時半池袋発のレッドアローに乗るのですが、喉が渇いていたので、お茶を買ったつもりが あれっ…
e0208058_12542477.jpg

レッドアローは、座席がゆったりした造りになっていて、余裕をもって足を延ばせます。
e0208058_12591573.jpg

そして秩父に到着~ 西武秩父駅に隣接して仲見世通りがあり、そこにお土産屋さんとか飲食店が並んでいるので、観光客はこの辺りでご飯を食べてる方が多かったです。僕はあらかじめランチをするお店を決めていたので、仲見世通りを抜けてそのお店を目指します。そのお店はレトロな食堂「パリー食堂」。そこは別記事で紹介します。
e0208058_1346203.jpg

e0208058_13463039.jpg

食後はチェックインの15時まで、街を散策したり、旅館近くの羊山公園をぶらぶらしました。今宵泊まる宿は、「比与志」。西武秩父駅から徒歩10分くらい、羊山公園のすぐ脇にある客室数7室の小さな旅館です。
e0208058_15777.jpg

エントランスから入ると、玄関脇には槇ストーブがあり、火が焚かれています。やっぱり山間だから夜は冷えるんでしょうね。
e0208058_1523241.jpg

e0208058_15231372.jpg

これは、共用のレストルーム。
e0208058_1538438.jpg

共用の洗面所
e0208058_1544538.jpg

共用の男子トイレ
e0208058_15454611.jpg

e0208058_15455832.jpg

廊下
e0208058_1548811.jpg

因みに本日は、一人で宿泊、一泊朝食付き、8154円のプランです。宿泊するお部屋は、シャワー・トイレ付の7.5畳の和室です。
e0208058_15572341.jpg

e0208058_15574618.jpg

e0208058_15575667.jpg

全体的に内装は新しく綺麗な感じで、小物もお洒落だったりして、女性を意識しているような感じです。
e0208058_1645937.jpg

e0208058_165961.jpg

お風呂は、特に温泉の記載がなかったので、おそらく温泉ではないと思うのですが、大小二つの内湯になっていて、貸切で空いていれば入れるシステムになっています。
まずは大きい内湯
e0208058_1690100.jpg

e0208058_1691195.jpg

小さい内湯
e0208058_1610213.jpg

e0208058_16101421.jpg

チェックインしてからは、まずは二つのお風呂に入り、それからお部屋でゴロゴロし、ちょっと早めの5時半ころから食事&飲みに行きますが、それは別記事で紹介します。

翌朝は朝食から。宿自慢の朝食はこんな感じ。ちょっとずついろいろあって、ご飯がいっぱい食べられそうです。
e0208058_16281912.jpg

ご飯は、おひつで出てきます。お米は地元のブランド米「キヌヒカリ」
e0208058_16322592.jpg

e0208058_1632406.jpg

お味噌汁は、おおきなナメコが入ったナメコ汁。
e0208058_16334171.jpg

温かい手作り豆腐は、軽く塩を振っていただきますが、大豆の甘みがしっかり感じられます。
e0208058_1635658.jpg

卵黄の味噌漬けも、ご飯がすすみまくりで、これで一膳いけそうなくらいです。
e0208058_16361041.jpg

ご飯がすすむので、朝から結構がっつり食べてしまいましたが、それだけ美味しい朝食でした。食後はレストルームに移動してコーヒーをいただきます。優雅な気分になりますね。
e0208058_16385013.jpg

チェックアウトの後、向かうのは西武秩父の隣駅、「横瀬」にある日帰り温泉施設の武甲温泉。時間があったので、宿から30~40分ほど歩いていきました。
e0208058_16433544.jpg

e0208058_16434639.jpg

料金は平日が700円、土日が800円で、それで1日利用ができます。お風呂は男女別で大きな内湯と露天がありますが、朝から結構人がいたので、写真は撮れませんでした。お風呂も広いので、ゆったりできますし、無料の休憩所や食堂もあるので、時間もつぶせそうな感じです。
e0208058_1646491.jpg

e0208058_1647010.jpg

その後は横瀬駅からレッドアローに乗って帰りました。一泊と短い旅でしたが、いい気分転換になりました。
e0208058_16493435.jpg



よかったら下のバナーをクリックお願いします

関東食べ歩き ブログランキングへ


【比与志】 埼玉県秩父市野坂町2-8-34


by 07takeshi | 2015-10-23 12:00 | 温泉 | Comments(0)

千葉 岩井 『ろくや』

ちょっと早い夏休みをとり、友人たちと房総半島へ行ってきました。今はみんな別の会社で働いていますが、新入社員時代の同期です。昨年も熱海に行ったのですが、気の置けない友人たちとの旅はいいですね。今回は車で行ったので、アクアラインを通っていきますが初アクアラインです。海ほたるまでは地下トンネルですが、海ほたる以降は橋の上を通ります。一日目は台風の影響もあまりなかったので、天気も良くて夏らしい景色です。
e0208058_1736879.jpg

アクアラインを渡った木更津からは40分くらいでしょうか。今日泊まる宿「ろくや」近くの岩井海水浴場に到着します。海水浴なんていつ以来でしょうか。少なくとも15年以上ぶりくらいです。平日なので人もまばらで、青い空に青い海。とっても気持ちイイです。
e0208058_17584652.jpg

e0208058_17591058.jpg

とりあえず海の家でビールを買い、浜辺で飲みます。青空の下で飲むビールは格別ですねー
e0208058_1854728.jpg


More
by 07takeshi | 2015-07-15 10:00 | 温泉 | Comments(0)

北海道その2(登別温泉)

北海道3日目は友人たちと別行動です。僕は夜9時の便で帰るので、ほぼ1日あるのでちょっと足を延ばし、登別温泉に行ってきました。札幌からは高速バスで約1時間半。登別駅を経由し、そこからは路線バスで15分ほどで登別温泉に到着します。
e0208058_21535766.jpg

到着したのが午後1時くらいだったので、まずはランチ。来る前に色々調べてはいたんですが、どこに行くかは決めかねていました。なので、歩きながらお店を見て決めようということで、メイン通りを歩いていたのですが、ラーメン屋さんくらいしか見つからないまま、温泉街の端っこの方まで来てしまい、どうしようかなと思っていた時に、目に入ったのが滝本インという旅館。そういえばここにレストランがあったなあということで、そこに行くことにします。そのお店は「ポプラ」。喉も乾いて早くビールも飲みたかったので早速入ります。
e0208058_22263043.jpg

店内は広いし天井も高く、ゆったりした造り。これはいいですね。
e0208058_22302616.jpg

まずは「生ビール(600円)」
e0208058_2233261.jpg

ビールをグイッと飲み、メニューを見ます。
e0208058_22342485.jpg

普通にカツカレーかハンバーグでも食べようかなと思ったのですが、ちょっと郷土感を出したかったので、「エスカロップ(800円)」を注文。エスカロップとは根室発祥のB級グルメです。10分ほどで運ばれてきたのがこちら。一般的なエスカロップは、ケチャップライスやバターライスにトンカツがのったものですが、ここのはナポリタンの上にヒレカツがのっていますね。美味しいものの上に、美味しいものがのっているので美味しくないはずがありません。
e0208058_2245754.jpg

e0208058_22514249.jpg

その後は、観光名所の地獄谷へ行きます。
e0208058_22541531.jpg

e0208058_2254466.jpg

あたかも山から湯煙が上がっているようで、なかなかの迫力ですね。
e0208058_2361162.jpg

e0208058_2362398.jpg

少し歩いたところにある大湯沼も、もうもうと湯煙がたって、これも見ごたえあります。
e0208058_2395828.jpg

e0208058_2310107.jpg

ここから目指すのは、先ほどのポプラの店員さんからお勧めされた「天然足湯」。行ってみたら、川が温泉になっていて、気持ちイイ!ここはお勧めです。
e0208058_23161220.jpg

e0208058_23162674.jpg

その後は温泉街に戻り、日帰り入浴をします。巨大なホテル「第一滝本館」。
e0208058_23192791.jpg

日帰り温泉専用の入口まであります。
e0208058_23195438.jpg

値段は2000円なので、そこそこいいお値段です。
e0208058_23204053.jpg

お風呂はこんな感じ。いろんなお風呂がありますね。
e0208058_2322772.jpg

e0208058_23221987.jpg

中は撮影禁止なので、写真はありませんが、かなり広くて大浴場からは地獄谷も目の前に見えて、景色も絶景です。2000円は高いなぁと思ってましたが、納得の価格ですね。因みに中のイメージはこんな感じです。
e0208058_23251247.jpg

その後は、バスの時間まで温泉でゆっくり。やっぱり温泉は癒されますね~


よかったら下のバナーをクリックお願いします


関東食べ歩き ブログランキングへ
by 07takeshi | 2015-06-22 13:00 | 温泉 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る