人気ブログランキング |

<   2017年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

新大阪 『赤白(こうはく)』

旅の最終日は新幹線に乗る前に新大阪でランチにします。やって来たのは駅ビル、アルデ新大阪の2階にあるフレンチおでんのお店「赤白」。以前一度来たことがあるのですが、その時の印象が良かったので、またやってきました。
e0208058_18430674.jpg
お店は結構狭くコの字型のカウンターになっています。二人で並んで座り、お昼ですが休日なのでお酒もいただきます。このお店はフレンチおでんをいただきながら、シャンパンやワインを楽しむというコンセプトなので、最初の一杯はシャンパンから「ルイ ドール ブリュット(550円)」。シャンパンなのにこの値段が驚きです!
e0208058_15321086.jpg
1品目はおそらく一番人気のメニュー「大根のポルチーニソース(180円)」
コンソメで煮込んだとっても柔らかい大根にポルチーニ濃厚な風味のソースがたっぷり。コンソメで煮ているので洋風のポルチーニソースとよく合います。
e0208058_15515088.jpg

e0208058_15520613.jpg
ここでお酒は2杯目。イタリアの赤ワイン「イムリ(580円)」
e0208058_16041445.jpg

2品目「赤ワインとトマトのモツ煮(460円)」
モツはトロトロでピリッと胡椒の風味が効いたデミソースが濃厚でコク深い味。
e0208058_15585673.jpg
3品目「丸ごとトマト ジェノベーゼソース(280円)」
トマトを丸ごとコンソメスープで煮て、そこにバジルの効いたジェノベーゼソースがたっぷり。熱しているのでトマトの旨味がより強くなって甘さも出ていて、そこにコクのあるジェノベーゼソースがぴったりです。
e0208058_16124005.jpg
e0208058_16130282.jpg
4品目「生白子とズワイガニのこんがりバター焼き ビスクソース(650円)」
白子は香ばしくて中はトロトロ。カニは一口でトゥルンといただくと甘いです。
e0208058_16233932.jpg

e0208058_16235646.jpg
次のワインはアメリカの白から「スリー シーヴス(620円)」写真はピンボケになってしまいました…
e0208058_16294213.jpg
続いては串焼きメニューから「鶏ももペコロス レムラードソース(2本@380円)」
レムラードソースとはタルタルの元祖といわれるもの。鶏肉は焼き目が香ばしくてソースが濃厚で旨い!
e0208058_16394901.jpg
「もち豚ロース ちいたけ 赤ワインリンゴポン酢(2本@350円)」
ちいたけというのは小さいシイタケでそういう品種なんだそう。こちらはポン酢でさっぱりとした感じでいただけます。
e0208058_16424532.jpg
まだ食べられそうでしたが、この後は新幹線の中でビールを飲みながら551蓬莱のシュウマイを食べるつもりなので、この辺りで締めます。駅ナカで気軽にお酒飲んで美味しいものが食べられる使い勝手のいいお店です。

ちなみにこれが蓬莱のシュウマイ。お肉たっぷりで美味しいです。
e0208058_19285687.jpg


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】大阪市淀川区西中島5丁目16−1アルデ新大阪2F




by 07takeshi | 2017-12-31 12:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

神戸三宮 『バー ル・サロン』

にしむら珈琲店を出た後はバーに行きます。やって来たのは神戸を代表するバー「ル・サロン」。にしむら珈琲店本店よりさらに上っていくので、駅からは結構離れています。お店はビルの2階にあるので、うっかりすると通り過ぎてしまいそうになります。
e0208058_17124024.jpg
店内は柔らかい照明が心地よく温かい雰囲気で、オーセンティックなバーにありがちな重い空気感はありません。この日は21時頃に伺いましたが、10数席くらいあるかなり長いカウンター席は満席で、最初はソファ席に案内されました。最初に頼むのはフルーツを使ったカクテル、僕は「温州みかん」、奥さんは「イチゴ」を使ったカクテルを注文しました。カクテルが届いたころに、カウンター席のお客さんが一組帰ったのでカウンター席に案内されます。これが「温州みかんのカクテル」。みかんの味を生かしつつも、ザクロや貴腐ワインなども入って奥深い味に仕上がっています。
e0208058_17284927.jpg

こちらが奥さんの「イチゴのカクテル」。まず見た目が美しい!特にショートカクテルの場合は、その見た目も美味しさを感じる重要な要素だと思うので、このカクテルは第一印象からして素晴らしい。一口もらいましたが、すごいイチゴ感!イチゴの甘さはあるんですけど、甘ったるくなくキリっと締まった印象。グラスの淵についているのはナッツを砕いたもの。飲むとそのナッツのとイチゴとのバランスもいい。
e0208058_17355547.jpg
お通しは「ラ・フランスとクリームチーズ」。盛り付けも美しく、カクテルの味の邪魔をしません。
e0208058_17460824.jpg
2杯目は「キングスバレイ」。きれいな緑色が暗い背景に映えますね。こう見えてウイスキーベースなので、けっこう強めですが、まろやかな味に仕上がって美味しい!
e0208058_17520624.jpg
奥さんはバックバーで目についた珍しいお酒、マッカランのアンバーリキュール。もう終売で多分手に入らないこのお酒はメープルフレーバー。これを使ったカクテルがこれ。淡い橙色でこれも美しい。飲むとしっかりメープルの香りがします。
e0208058_17573499.jpg
二人で2杯づつ計4杯飲んでお会計は9000円くらい。安いとは言えませんが、お酒の味、お店の空間、バーテンダーの気遣い等、トータルで非常に満足度が高いので感覚的には高いとは感じませんでした。また、神戸に来たら立ち寄りたいバーです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】兵庫県神戸市中央区中山手通2丁目14−13



バー ル・サロンバー / 三宮駅(神戸市営)神戸三宮駅(阪急)三ノ宮駅(JR)
夜総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2017-12-29 21:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

神戸三宮 『欧風料理もん』

神戸での夕食は、神戸の身内と共に三宮の美味しい洋食屋さん「欧風料理もん」に行きます。ここは神戸では有名なお店で昭和11年創業の老舗の洋食屋さんです。
e0208058_15355086.jpg


1階はカウンター席とテーブル席で2階はボックス席になっているようです。僕らは1階のテーブル席に案内されますが、建物自体がとってもレトロで老舗の風格がありますね。
e0208058_15363774.jpg


メニューもこんな感じでかわいらしいデザインです。
e0208058_17521072.jpg


まずは「瓶ビール(大瓶@700円)」で乾杯!
e0208058_17562138.jpg

1品目はここでの大定番メニュー「ビーフカツレツ(2400円)」
最近でこそ関東でもよく食べられるようになった牛カツですが、関西は元々「牛」文化があり、カレーや肉じゃがなどもほとんどの家庭では牛を使っており、ビフカツも昔からよく食べられていました。なので、関西の洋食屋さんではビフカツを出すお店は多く、ここ「もん」でも名物料理となっています。外はサクッと中のお肉はレアで赤身の旨味が濃くて、そこに濃厚なデミグラスソースが絶妙にマッチしています。
e0208058_18281185.jpg



e0208058_18291853.jpg

2品目は「カキバター焼き(1850円)」
薄く衣をつけてバターでソテーしているので、表面はカリッと感もありバターの旨味もしっかり纏っており、食べると最初にタルタルソースとバターのコクがきて、その後カキの旨味がジュワっと溢れてきます。めっちゃ美味しいです。
e0208058_07322363.jpg

e0208058_07323969.jpg



3品目「マカロニグラタン(エビ@1350円)」
グラタンはチキン・エビ・ビーフから選べるのですが、ちょっと珍しいビーフにも惹かれつつ、一番定番のエビをチョイス。濃厚なホワイトソースにぷりぷりのエビ・マカロニと混ざり合って旨い!表面のパン粉とチーズもサクッとしていい食感です。
e0208058_07372658.jpg



e0208058_07375910.jpg

ここで飲み物をワインに切り替えます。ハーフボトルのロゼワイン(2000円)香りはほんのり甘いけど、きりっとした味で料理に合うワインでした。
e0208058_08335151.jpg

まだ食べられそうだったので、もう一品。その名も「名物とんかつ(1650円)」
これは1.5口大くらいのヒレカツでとっても柔らか。カツなんですが重さもなく、パクパク食べられます。
e0208058_08353051.jpg



e0208058_08423930.jpg
もう一品くらい食べたかったのですが、腹九分目くらいになったので、この辺りで締めます。お店の雰囲気もいい意味で老舗ならではの重厚感があり、食べ物もどれも歴史を感じさせる味で美味しかったです。神戸は洋食屋さんが多いので、来られる際にはぜひ食べてみることをお勧めします。

食後はコーヒーを飲みに「神戸にしむら珈琲店 中山手本店」へ行きます。にしむら珈琲店は神戸を中心に関西で10店舗ほど展開する創業70年くらいになるこちらも老舗のコーヒー屋さんです。三宮の駅前辺りにも店舗はありますが、本店は一棟丸々店舗になっていて風格があります。
e0208058_08555786.jpg



e0208058_08561592.jpg

e0208058_08563880.jpg
こちらは「ブレンドコーヒー(550円)」
e0208058_08591811.jpg
で、こちらが僕が頼んだ「ストロングコーヒー(650円)」
e0208058_08595010.jpg
最近では気軽にドリップのコーヒーがいただけるようになったので、喫茶店でコーヒーを飲むこともほとんどなくなりましたが、たまには贅沢していただくのもいいですね。コーヒーはもちろんですが、落ち着いた空間でゆったりするのもいいですよね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】神戸市中央区北長狭通2丁目12−12



by 07takeshi | 2017-12-29 19:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

神戸(南京町~ハーバーランド)

旅2日目は名古屋から神戸に移動します。名古屋駅から新神戸駅までは新幹線で約1時間なのですぐに到着します。まずは三宮のホテルに荷物を預け、昼食をとりに神戸の中華街「南京町」に行きます。南京町は横浜中華街ほど大規模ではありませんが、関西では有名な中華街です。
e0208058_10373843.jpg

トイレもこんな立派な建物ですが、中は意外とこじんまりでした。
e0208058_10392842.jpg


年末ということもあってだいぶ混みあっており、豚まんの「老祥記」など人気店は長蛇の列だったので、とりあえずそこまで列が長くない店で買い食いをします。それにしても色々お店があってなかなか決められませんが、まず最初にいただくのは北京ダック。「華鳳」という北京ダックが名物のお店のもので、店頭ではその場で鳥をさばいて一個づつ包んでいます。
e0208058_11370062.jpg

こちらが「北京ダック(400円)」具もたっぷりで甘辛いタレがすごく美味しい。
e0208058_11432100.jpg

続いては天津を食べようと「皇蘭」にて「焼き小籠包(2個@300円)」と「焼き肉まん(220円)」をいただきます。
e0208058_08581503.jpg


e0208058_08583498.jpg

まずは焼き小籠包。あっつあつなので、まずはお箸でてっぺんに穴をあけ、少し冷ましてからいただくと、とってもジューシーで皮がモチモチです。
e0208058_09121094.jpg

続いて焼き肉まん。初めて食べますが、表面はサクッと香ばしく、中はふわっとちょっと甘さがある皮にしっとり餡がよく合います。
e0208058_09125278.jpg

e0208058_09130421.jpg


次は「神戸コロッケ」。少々並びがありましたが並んでみたら10分くらいで買えました。因みにこの建物は安藤忠雄が設計したんだとか。
e0208058_09310606.jpg

メニューはこんな感じ。この中から「海老と帆立のカツ(297円)」と「黒毛和牛のビーフコロッケ(194円)」を注文。混んでいても、注文が入ってから揚げていくので7~8分くらい待ちますが、あっつあつがいただけます。
e0208058_11414281.jpg

これがビーフコロッケ。サックサクで挽肉もたっぷり入ってコクがあります。
e0208058_12542797.jpg

こちらはエビと帆立のカツ。たっぷりのタルタルソースがかかっていて、エビもプリプリです。
e0208058_12560978.jpg

e0208058_12572383.jpg
この後はハーバーランドへ。神戸は横浜に似ているとよく言われますが、港町でお洒落な雰囲気なところが似てますよね。
e0208058_13014092.jpg

e0208058_13054188.jpg
しばらく散策した後に「観音屋」のチーズケーキを食べに行きます。神戸では有名なお店で、甘いチーズケーキではなくてデンマーク産のチーズがのったチーズケーキのお店です。最近では新大阪駅にも持ち帰り用のお店があるので、僕もたまに買って帰ります。
e0208058_13095483.jpg
デンマークチーズケーキは1個350円で飲み物とセットにするとちょっとお得になり、コーヒーとのセットだと700円ですが、僕はビールが飲みたかったので、単品でチーズケーキとビール(600円?)を頼みます。ホントは生ビールもあるようですが、本日は切らしているとのことで、瓶ビールにしました。チーズケーキはほんのり甘いスポンジケーキの上にデンマーク産の生チーズをのっけてオーブンで焼いたもの。甘じょっぱい味で美味しい。他では食べられないチーズケーキです。
e0208058_13381727.jpg

e0208058_13551865.jpg

e0208058_13562269.jpg
その後は三宮へ戻り、ホテルにチェックイン。夜は洋食屋さんの「欧風料理もん」で食事をしてからバー「ル サロン」にてお酒をいただきましたが、それは別記事で紹介します。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【南京町】神戸市中央区栄通



by 07takeshi | 2017-12-29 12:00 | 旅行記 | Comments(0)

名古屋 錦 『アルビオン』

カモシヤで美味しい味噌おでんを食べた後は、ホテルの近くにあるバー「アルビオン」に行きます。オーセンティックなバーで座席数10席くらいとバーとしてはちょうどいい大きさです。
e0208058_17381037.jpg


e0208058_17562927.jpg
ここで面白いのがお通しでコンソメスープが出てくるところ。寒い時期にはあったまっていいですね。それではお酒の注文ですが、初めてくるバーなので、カクテルを頼みます。僕の一杯目は「ヴァンベール」緑色が暗い店内で綺麗に映えますね。
e0208058_17523946.jpg

こちらは奥さんが頼んだカクテル。名前は失念してしまいましたがモミジの葉を浮かせてあってフォトジェニックな一杯。
e0208058_17540295.jpg

僕の二杯目は「ジャックローズ」
グレナデンシロップではなく生のザクロを使っているので、フレッシュ感、味や香りが全然違う!
e0208058_17553934.jpg

これは珍しいイチローズモルトの「ザ・カード」
1985年に蒸留し、2014年にボトリングしたものなので約30年物。買ったら100万くらいするんじゃないですかね。興味あったけどさすがに飲めませんでした。
e0208058_18000824.jpg

二人で行って、フレッシュフルーツを使ったカクテルなど3杯飲んで5000円くらい。場所と内容を考えたら妥当な金額だと思います。カクテルも美味しかったですし、珍しいモルトなどもあるようなので、栄付近でオーセンティックなバーに行きたいときはお勧めの一軒です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】名古屋市中区錦3-19-3



by 07takeshi | 2017-12-28 21:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

名古屋 栄 『おでん&ワイン カモシヤ』

名古屋での夕食は味噌おでんのお店「カモシヤ」へ行きます。以前一人で名古屋を訪れたときに、ふらっと立ち寄ろうとしたのですが、いっぱいで入れなかったこともある人気のお店です。ここは味噌おでんとワインのマリアージュを愉しむというコンセプトで、おでん屋っていうとおじさんが行くお店のようですが、おしゃれな雰囲気があるので、女性客でも入りやすいお店です。
e0208058_09020064.jpg
店内はカウンターが6席とテーブル席が20席ないくらいでしょうか、そんなに大きなお店ではありませんが満席にもかかわらずひっきりなしに客がやってきます。年末ということもあるのかもしれませんが、人気のお店なんですね。僕らはあらかじめ予約していたので、カウンター席に案内され、僕は「スパークリングワイン(600円?)」と奥さんは「カモシヤハイボール(450円)」で乾杯!
e0208058_09485166.jpg
案内されたのが一番端のカウンター席だったので、すぐ横に鉄鍋があっていろんな具材が煮込まれているのが見える特等席です!
e0208058_09512085.jpg
おでんに行く前にとりあえず「ポテトサラダ(380円)」クリーミーだけどゴロっと形が残ったポテトが入って優しい味付け。
e0208058_10044396.jpg
ここで飲み物を赤ワインに切り替えます。珍しいルーマニアの赤ワイン(600円)程よい重さのワインでした。
e0208058_10121543.jpg
ここからは味噌おでん「大根(250円)」「豆腐(90円)」「玉子(150円)」の味噌が染みてそうな定番の具からいきます。ここのおでんの煮汁は、八丁味噌とシジミと牛のミックス出汁になっています。どれも出汁の旨味を吸って旨い!味噌おでんって一見味が濃そうに見えますが、見た目ほど濃くはなく、お酒と合わせるのにちょうどいい塩梅です。
e0208058_10190414.jpg



e0208058_10273537.jpg

e0208058_10284535.jpg

e0208058_10292783.jpg
続いては「スジ煮(480円)」と「ガーリックトースト(200円)」スジ煮にガーリックトースト、赤ワインを合わせるって森下の「山利喜」を思い出しますがすごく合うんですよ。
e0208058_10412532.jpg

e0208058_10423941.jpg

e0208058_10462180.jpg
続いては「もち巾着(200円×2)」「じゃがいも(250円)」
もち巾着はボリュームあって揚げも餅も出汁をふんだんに吸っているので煮汁がジュワっと溢れてきて旨い!じゃがいももシジミの旨味が効いた出汁が染みてる。
e0208058_10502135.jpg


e0208058_10505038.jpg



e0208058_10520593.jpg


「揚げ麩(250円)」外はカリッと中はしっとりで、ちょっとカマボコのような感じもあります。
e0208058_10552000.jpg
締めは炭水化物から「名古屋ハヤシ(780円)」ハヤシソースをご飯と混ぜててっぺんに卵黄を載せています。見た目には大阪の自由軒のカレーみたい。お米がちょっと固めのアルデンテでいい食感。ソースは挽肉の旨味がでて美味しい。途中からは卵黄を崩していただくとまろやかでコクが出ます。
e0208058_10593390.jpg



e0208058_10595401.jpg
僕はもともと味噌カツとか味噌煮込みうどんとか名古屋飯が好きなんですが、味噌おでんも期待に漏れずとっても美味しくて、好きな味でした。味噌って日本の食材ですがワイン、特に赤ワインにもよく合うのでお酒のアテにも最高です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】名古屋市 中区 錦3-16-8 森万ビル1F



by 07takeshi | 2017-12-28 19:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

名古屋 錦『ヨコイ』

ホテルに荷物を預け、ランチにやって来たのはあんかけスパのお店「ヨコイ」。以前東京の六本木にもあったのですが、いつの間にかなくなってしまっていたので、今や関東では食べることはできません。
e0208058_00534182.jpg
お昼の12時20分ごろやってきましたが、店内は満席で7~8人ほど待ちがありました。東京だったら並ばないけど、わざわざ名古屋まで来ているので並ぶことにします。でも意外と回転が速くて10分くらいで席に案内されました。注文するのは一番人気のあんかけスパでは定番メニューの「ミラカン(950円)」。あんかけスパって独特の言い回しがあって、ウインナー・ハム・ベーコンの肉系メニューは「ミラネーズ」、「玉ネギ・ピーマン・トマト・マッシュルームなどの野菜系のメニューが「カントリー」といい、それを両方合わせた肉+野菜のメニューがミラカンというわけです。これはヨコイだけではなく、他のあんかけスパ屋さんでもこの言い方をしているところが多いと思います。
まずはポテサラとコールスローの盛り合わせが運ばれてきます。量はそんなに多くありませんが、これが結構いけます。
e0208058_01003468.jpg
7~8分ほど待ってミラカンが運ばれてきました。たっぷりのハムやウインナーの脇には濃い橙色のあんかけソースがたっぷりあります。この餡を絡めながら麺をフォークに巻いていき、ぱくりと頬張ると、思いのほか胡椒が効いたスパイシーな味。もうちょっと子供向けのマイルドな味付けかと思いがちですが、なかなかパンチの効いた味で美味しい!それに肉や野菜の具材もたっぷりで、最後の方は、具が余ってきてしまうほどです。
e0208058_01015955.jpg

e0208058_01042999.jpg



e0208058_01052458.jpg
デフォルトでも結構量は多く、男性でも割とお腹いっぱいになると思います。なんというか洗練された味ではないのですが、クセになりそうな味で、近くに欲しいお店です。六本木のお店がなくなってしまったので、今や東京では食べられないですが、六本木とかじゃなくて普段通勤ルートで通る新宿とかに出してくれればいいのになぁと思ってしまいます。また復活しないかなぁ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】愛知県名古屋市中区錦3-14-25



by 07takeshi | 2017-12-28 13:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

名古屋(犬山城)

年末は帰省がてら、ちょっと旅行しながら帰ることにします。まず立ち寄るのは名古屋。あんかけスパの「ヨコイ」で昼食をとった後、向かったのは「犬山城」。元々の天守が現存している12城の中の一つで国宝になっているお城です。名古屋駅から名鉄線に乗って30分くらいで犬山遊園駅に到着し、そこからは徒歩10分くらいでしょうか。まずはお城の方へは行かず、すぐ脇を流れている木曽川を渡り対岸からお城を観ます。犬山城は川沿いの小高い丘の上にあるので、ちょっと歩きますが対岸から見るのが一番きれいに見えると思います。
e0208058_18283668.jpg

e0208058_00503968.jpg

e0208058_18291715.jpg
木曽川を渡るライン大橋からの陽も綺麗です。
e0208058_16185613.jpg


ひとしきりお城を鑑賞した後は、再び橋を渡りお城へ行きます。すぐ脇には三光稲荷神社があり、京都の伏見稲荷のように鳥居が連続して立っています。
e0208058_18350617.jpg

e0208058_18353583.jpg


ここは縁結びの神社なんでしょうか。ハート形の絵馬がたくさん飾ってありました。
e0208058_18365607.jpg


そして犬山城の天守閣に到着。近くで見ると意外と小ぶりなお城です。
e0208058_18412327.jpg
天守閣は登れるので、中に入って上に昇るのですが、昔の天守のままなのでとにかく階段がきつい。すごい急な勾配の階段なんですが、昔の方は着物で上り下りしたんですかね。4階までなんですがかなり怖かったです。上まで登ると外の回廊に出ることができるのですが、ここが手すりが低くて怖い!僕は高いとこ苦手なので結構怖かったです。でも川沿いの天守からの景色はとにかく絶景なので、ぜひ登ってみることをお勧めします。
e0208058_18470646.jpg



e0208058_18472261.jpg


お城から出たところで恒例のお城とビール!
e0208058_18480738.jpg


帰りは犬山駅まで歩きます。距離はこちらの方が遠くなりますが、道中は城下町っぽくなっていてお店も立ち並んでいたりするので、こちらを歩く方が楽しいですね。
e0208058_19075790.jpg


この後名古屋に戻りホテルにチェックイン。今宵の宿は錦三丁目、通称錦三にある今年の秋にできたばかりのホテル「ビスタ名古屋」
e0208058_19213333.jpg


さすが新しいので、外観はもちろんですが、フロントなど共用部分もとっても綺麗。
e0208058_19222890.jpg



泊まるお部屋は1泊朝食付のスーペリアツイン(6830円@1人)普通のビジネスホテルですが、風呂、洗面台、トイレが独立しており、使いやすいです。
e0208058_19262458.jpg



e0208058_19263892.jpg



e0208058_19265002.jpg



e0208058_19291318.jpg


翌朝の朝食はバイキング方式です。おかずの種類も割と多かったですし、手羽先や味噌カツなど名古屋ならではのものもあったりして、なかなか充実した内容でした。個人的にはカレーがあったのも良かったです。
e0208058_00402505.jpg


e0208058_00404782.jpg
e0208058_00420742.jpg



二日目は朝から神戸へ向かいます…


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【ビスタ名古屋】愛知県名古屋市中区錦3丁目3番15号


by 07takeshi | 2017-12-28 12:00 | 旅行記 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『鶴に橘』


e0208058_07542072.jpg
今日は今年最後の阿佐ヶ谷飲み。やって来たのは約1か月ぶりの馴染みの和食屋「鶴に橘」。今年の締めにふさわしいお店ですからね。二人だったのでカウンター席に腰かけ、まずはビールで乾杯!最初に出てきたのは「コシナガマグロ」。あまり聞き慣れないマグロですが、尻びれの後方がほっそりして長いことから、この名前が付いたんだそう。寒い今が旬なので、脂がのってねっとり絡みつく触感。卵黄の醤油はとろみがあるので、マグロの身にしっかり絡みついてマイルドな味に。
e0208058_07540047.jpg
ここでお酒は日本酒に。冒頭写真の三重のお酒「作(ザク)純米大吟醸」フレッシュな香りが良くて、飲むとほんのりフルーティだけど適度なボリューム感もあって、飲みやすいけど飲み応えもあります。

二品目は「サワラの西京焼き」
香りと味の強さがちょうどよくて、身もほろりと柔らかい。西京漬けって食材が硬くなったりして食感が良くないこともありますが、ここのは西京味噌の風味はきちんと移っているけど、食感もよく日本酒のアテにも最高です。
e0208058_08020724.jpg
3品目「しめさばとカラスミ」
しめさばは口に入れると香ばしい香りが広がります。通常食べるしめさばは、なんというか身がギュッと詰まったような割としっかりした食感なイメージですが、これはしっとり柔らかく、酸味も控えめなので別の食べ物みたいで上品な仕上がりです。自家製のカラスミも、ねっとり柔らかく、味が濃くて美味しい!大根と合わせてもいいし、日本酒には鉄板ですね。
e0208058_08030586.jpg

e0208058_08031638.jpg



e0208058_08032889.jpg
4品目は椀物。「大根とクジラの炊いたん」
関東ではあまり馴染みのない言い方かもしれませんが「炊いたん」って京料理ではよく使う言い方で、平たく言うと「煮物」ってことになると思います。クジラって最近ではすっかり高級食材になってしまったので、ほとんど食べる機会もなく、昔の印象では硬い肉っていうイメージですが、これはとっても柔らかく、旨みもたっぷり。大根も出汁とクジラの味がしみ込んで美味しい!
e0208058_08145620.jpg
締めの一品は「鴨出汁ラーメン」
ラーメンというのが意表を突かれました。締めの蕎麦は時々出てくる印象ですが、ラーメンは初めてのような気がします。ほぼ麺とスープのみというシンプルな一品ですが、鴨の脂の旨味が効いたスープはとっても香りが良くて、パンチがあるけど上品な味。麺にさらりと絡みついて旨い。スープまで完食しました。
e0208058_08171281.jpg



e0208058_08172287.jpg
この内容で、二人で食べて飲んで1万円でおつりがきますから、コスパもかなりいいです。頻度としては以前ほど来られなくなってしまいましたが、何度来ても新たな感動があって、いいお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北2丁目4−7










by 07takeshi | 2017-12-27 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

代々木 『だり半』

クリスマスイブの今日は毎年恒例で寿司を食べに行きます。去年・一昨年と2年連続で築地の「すし大」に行ったので、今年は別のお店に行くことにします。やって来たのは代々木の駅からすぐのところにある「だり半」。ちょっと変わった名前ですが、調べてみるとお寿司屋さんの用語で「だり」は4を意味し、このお店は「だり半」なので、4500円くらいで楽しめるということなんだとか。クリスマスですし屋なので、そんなに混んでないかと思っていたのですが、お店に到着すると満席で、予約はしていたのですが、10分くらい前に着いたので、前の方が出ていくまでちょっと待って、5分遅れ位で席に案内されました。
e0208058_08562962.jpg
店内は細長い作りですが、カウンター席にテーブル席も多数あり、かなり大人数入りそうですが、あまり人通りがある立地でもないのに満席なのはすごいですね。二人なのでカウンター席に案内され、「生ビール(580円)」と奥さんは「バレンシアオレンジサワー(600円)」で乾杯!サワーはオレンジがゴロゴロ入って贅沢な感じでいい!
e0208058_17341897.jpg
メニューを見ると、お寿司屋さんというよりも、お寿司も食べられる海鮮居酒屋っていう感じですね。肉系のメニューは全然ないですが、海鮮もお寿司以外に、刺身・焼き物・煮物・揚げ物などいろいろあります。僕らはお寿司を食べにきているので、注文するのは「プレミアム特選握り盛り(2480円)」を二人前と、出てくるまで時間がかかりそうだったので「ナマコ酢(580円)」も。まずはナマコ酢が運ばれてきます。コリコリした食感で酸っぱいのが合いますね。実物のあの見た目ためからは想像できませんが、美味しいです。
e0208058_09105094.jpg
それと握り盛りについてくるサラダ。味は普通ですが、トマトも入ってちゃんとしています。
e0208058_09120576.jpg
ここでお酒を日本酒に。静岡のお酒「初亀 かすみ酒(830円)」ちょっと濁っていて、すっきりなお酒。
e0208058_09132129.jpg



e0208058_09154617.jpg
ここで握りが登場!一堂に会しているので豪華な絵面です。上段左から、大トロ・ブリ・サヨリ・北寄貝、下段左から、カツオ藁焼き・ボタンエビ・ウニ、一番下が大アナゴで巻物がトロタク巻。
e0208058_09170743.jpg
どれから食べるか悩ましいですが、まずはサヨリから。白身特有のさっぱりした美味しさです。
e0208058_09481403.jpg
続いて「ブリ」。こちらは赤身のコクがある感じ。
e0208058_09512636.jpg
「カツオ藁焼き」ちゃんと藁の炎で炙ってあるので、とっても香ばしい!
e0208058_09535574.jpg
「ホッキ貝」コリコリの歯応えが気持ちよくて、貝の旨味がしっかり。
e0208058_09571251.jpg
「大トロ」脂が甘くてとろけますね~
e0208058_09573865.jpg
「大アナゴ」とっても香ばしくて、ふわっととろける柔らかさ。
e0208058_09580793.jpg
「ボタンエビ」かなり大振りなボタンエビ。ねっとり舌に絡みつく触感で甘い!
e0208058_09584472.jpg
「ウニ」とろける柔らかさでほんのり苦みの後に甘さが来ます。
e0208058_09594583.jpg
「トロタク」海苔の香りが良くて、クリーミーなマグロにこりこりの沢庵の触感のアクセントがいい。
e0208058_10013825.jpg
これでセットは終了。もう少し食べたいので3貫ほど追加発注します。左から「ツブ貝(250円)」「イクラ(300円)」「白魚(100円)」
ツブ貝はコリッコリの歯応え、白魚は中はとろりとしていてほんのり苦みがいい。
e0208058_10022803.jpg
大好きなイクラはプチッと弾けて旨みの汁が溢れてきます。
e0208058_10054155.jpg
最後はセットについているお椀で海苔の味噌汁。五臓六腑に染み渡りますね~
e0208058_10064183.jpg
食べて飲んで二人で締めて一万円くらいと、ちょっとダリ半を超えてしまいましたが、いいネタのお寿司を食べたことを考えると全体的にコスパはいいと思います。多分平日でも混んでいると思うので、行かれる際には予約を忘れずに。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20-11


by 07takeshi | 2017-12-24 19:00 | 渋谷・目黒・品川・港区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る