人気ブログランキング |

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi

<   2018年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

土曜日の晩は、奥さんと西荻窪にやって来ました。以前はちょこちょこ来ていましたが最近はあまり来ていなかったので、久々に降り立った気がします。目的のお店は「チクロ」。吉祥寺にある人気店「パノラマキッチン」の系列のお店です。元々お蕎麦屋さんだったところを改装したお店は和のテイストを残したお洒落な外観ですが、看板がないので最初は通り過ぎてしまいました。
e0208058_23423646.jpg
最初の一杯はスパークリングからイタリアの「アルカニア プロセッコ」軽やかな辛口で飲みやすい一杯でした。
e0208058_10494565.jpg

テーブルには一人に一袋グリッシーニが置いてるので、食事が出てくるまではこれをポリポリつまみます。ほんのり塩味があるのでお酒によく合います。

e0208058_10513289.jpg
最初の一皿は「北イタリア ピエモンテのポテトサラダ(600円)」
すごいクリーミーで滑らか。食感としてはマッシュポテトとヴィシソワーズの間くらいな感じ。ちょっと酸味があって美味しいです。
e0208058_10573711.jpg

2杯目は白ワイン「コティディアーナ ビアンコ」イタリア ピエモンテのワインで軽い口当たりですっきり。
e0208058_11070250.jpg
料理2品目は「北海道産白子のインパナート(1000円)」
インパナートとはパン粉を付けて火を通す料理で、フライのようにも見えますが揚げ物ではないようです。この料理ではパン粉ではなくグリッシーニを砕いて衣にしているとのこと。運ばれてきた瞬間から美味しい香りがフワッと。カリッとした衣に中はトロトロクリーミーで味が濃厚です。
e0208058_11213483.jpg

e0208058_11215157.jpg
次のワインも白から「チャルラ」。イタリアのワインですがブドウはリースリングで、先ほどのものよりもやや重みがある感じです。
e0208058_11324756.jpg
料理3品目「自家製パンチェッタのカルボナーラ(1200円)」
写真は1人前のように見えますが、実はこれ1人前を2つに取り分けてもらったものです。意外とさっぱりしながらも味は濃厚でクリーミー加減がちょうどいい。ベーコンではなくちゃんとパンチェッタを使っているのも嬉しいところです。僕はカルボナーラ好きなので、カルボナーラにはちょっとうるさいのですが、ここのはホントに美味しい。
e0208058_12022491.jpg

e0208058_12024036.jpg

e0208058_12153383.jpg
最後は肉料理なので、ここで赤ワインに切り替えます。「ランゲ ネッビオーロ」ちょっとクセのある香りがよくて好みのワインでした。
e0208058_12190938.jpg

最後の料理は「豚肉のバルサミコ煮込み(1800円)」
一見、塊肉のように見えますが、実はそうではなくて1㎝くらいの厚みの肉をくるくるっと巻いたもの。ナイフを入れると驚くほど柔らかく、酸味とコクがしっかりしたバルサミコソースが良く絡んで美味しくて、ボリュームもある一品です。
e0208058_12223666.jpg

e0208058_12224994.jpg

このお店は吉祥にあるパノラマキッチンの系列店ですが、ここも吉祥寺のお店同様、料理はどれも美味しかったですし、若い男性の店員さん達も丁寧な接客で、居心地のいいお店でした。女性客が多いのも納得ですね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区西荻南2丁目22−6


CICLOイタリアン / 西荻窪駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6


by 07takeshi | 2018-01-27 19:00 | 杉並区(西荻窪) | Comments(0)

中野 『オルガニコ』

週末の今日は中野で一人飲みです。中野で最近注目されているエリア「レンガ坂」のお店に行きます。やって来たのは「オルガニコ」。レンガ坂入ってすぐの左側のビルの2階にあるワインバルです。
e0208058_08173403.jpg

e0208058_08174453.jpg
お店は中に入ると意外と広く30席くらいありそうで、まだオープンして4か月くらいとのことで、新しく綺麗です。カウンター席もあるので、僕はカウンター席に案内されます。
e0208058_08193071.jpg
まずは「生ビール(ハートランド@580円)」
e0208058_08221559.jpg
フードはタパス、いわゆる軽いおつまみのメニューが多く、一人飲みにはいいラインナップです。あと、本日の肉料理やパスタなどもあり、しっかりめのメニューもあります。タパスはだいたい400円~800円くらいで、500~600円くらいのものが多い印象です。すぐにお通しが運ばれてきました。「ケイクサレ」ケイクサレとは甘くない塩ケーキという感じでしょうか。ここのはチーズとベーコンで、表面はサクッと中はフワフワでビールによく合います。
e0208058_08343985.jpg

フード1品目は「前菜の盛り合わせ」。盛り合わせは「3種(980円)」と「5種(1280円)」がありますが3種盛りを注文。しばらくして運ばれてきたのがこちら。キノコのマリネ・キャロットラペ・鶏レバームースの3品。キノコのマリネは結構酸味が効いてるけど、それがキノコの旨味と合わさってちょうどいい塩梅。キャロットラペは素材の味を活かしつつ酸味控えめでほんのり甘みがいい感じ。鶏レバームースは滑らかな舌触りでレバーのほろ苦さがいいです。
e0208058_08354027.jpg

お酒は2杯目スパークリング「コドーニュ ブリュット(700円))」柑橘系の香りで爽やかな一杯。
e0208058_08485435.jpg

2品目「自家製ベーコンのステーキ(780円)」
ナイフを入れるとびっくりするくらい柔らかい。表面はカリッとしているのですが、中はまるで角煮のよう。厚みも1センチくらいあってベーコンとしてはかなり厚切りなので、食べ応えもあり香ばしく塩っ気もあるのでお酒がすすみます。
e0208058_08421605.jpg


e0208058_08422868.jpg
ここで白ワイン。何を頼んだか忘れてしまいました… ワインはグラスで赤白が5種類ずつくらいとロゼがあります。値段は600~900円くらいで、700円くらいのものが多いです。
e0208058_08554183.jpg


フード最後は本日の生ハムメニューから「パンチェッタ(400円)」
注文が入るとスライサーで切りたてのものを出してくれます。リーズナブルな価格ながら大きなものが6切れくらいあり、結構ボリュームありました。脂身が甘くて美味しい。
e0208058_09015146.jpg
お店の方は若い方が3名でしたが、料理も美味しかったですし接客も丁寧で良かったです。駅からもすぐの立地で使い勝手の良いお店だと思います。個人的にもよかったのでまた行こうと思います。



よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】 東京都中野区中野3-34-24 千野ビル2F







第2回プラチナブロガーコンテスト



by 07takeshi | 2018-01-26 18:00 | 中野区 | Comments(0)

築地 『ふく竹本店』

今日は友人達との食事会。いつも持ち回りでお店を決めているのですが、今回は僕の番だったので、前から行きたいと思っていたお店に行きます。そのお店は「ふく竹」。福岡の明太子メーカー「かねふく」が運営する九州料理のお店です。実はこれまでも何度か来ようと思ったことはあるのですが、予約が取れなくて来られなかったんです。今回1か月くらい前にダメもとで電話をしたところ予約がとれたので、念願かなって初訪問です。因みにこれが今日いただいた前から食べたかった明太もつ鍋です。
e0208058_15363010.jpg
お店は地下1階にあるので、思いのほか目立たなくて、うっかりすると通り過ぎてしまいそうになります。
e0208058_15383435.jpg
案内されたのは4名の個室です。これならゆったりとくつろげそうです。
e0208058_15432180.jpg
まずは生ビールで乾杯!生ビールは3種類あって「一番搾り(580円)」「一番搾りプレミアム(680円)」「よなよなエール(780円)」。一番搾りも好きなのですが、よなよなの生が飲めるのでよなよなエールにしました。
e0208058_15503512.jpg

e0208058_15504746.jpg

お通しは明太ポテトサラダ。クリーミーな舌触りで明太の味が効いています。
e0208058_15553582.jpg
まず頼むのはお目当ての「明太もつ鍋(1人前2200円×3人前)」
しばらくして運ばれてきたのがこちら。思わず「お~」って声が出るほどフォトジェニックな見た目。上に載っている明太がインパクトありますね。明太が腹ごとなのかと思っていたら、腹の形に成形して盛り付けられています。実際その方が崩しやすくて食べやすいです。
e0208058_15573600.jpg

e0208058_15575055.jpg
しばらくはそのまま煮込み、野菜に火が通った頃に、明太子を崩してスープに混ぜていきます。
e0208058_16121641.jpg

混ぜ終わると完成!早速いただきます!
e0208058_16124597.jpg
まずは汁をすするとすごい明太感!これでもかっていうくらい明太の風味と味がします。これは他では食べられないですね~ 野菜は明太風味の汁を吸っているのでしっかり明太の旨味が。モツもプリプリで脂がジュワッとして美味しい!明太鍋はピリ辛や激辛などもありましたが、ノーマルでも結構辛く僕にはちょうどいい辛さ加減でした。
e0208058_16154119.jpg


e0208058_16155411.jpg

そして鍋の後にはもちろんおじやにします。「おじやセット(380円×2人前)」
おじやはお店の方が作ってくれます。普通のおじやは卵でとじますが、ここのは卵を入れずご飯とチーズで作ります。なので出来上がりはちょっと洋な雰囲気でリゾットのようです。チーズと明太めっちゃ合います。
e0208058_16285321.jpg


e0208058_16302376.jpg


その他一品料理もいくつか頼みます。まずは「明太だし巻き卵(1000円)」
メニューの写真より若干明太が少なく見えますが、味はきちんと美味しいです。
e0208058_16203092.jpg

e0208058_16203910.jpg
「明太子の天ぷら(1200円)」
サクッとした衣に中はレアな明太子がぎっしり。これは酒のつまみにいいですね。
e0208058_16221164.jpg

e0208058_16222199.jpg

「かねふく明太4種盛り(1200円)」
これはノーマル明太、くんせい、旨ダレかけ、カラスミ風の4種盛り。
e0208058_16411419.jpg

どれも美味しいんですけど、明太を食べてると、やっぱりこれがほしくなりますよね。最強の相性です。
e0208058_16421864.jpg
けっこういっぱい食べたので、もうお腹いっぱいです。個室なのでしばし休憩してからお店を出ましたが、明太鍋見た目のインパクトだけじゃなくて、味も明太がもつ鍋のスープによく馴染んですごく美味しかったです。鍋が温かいだけじゃなくて、カプサイシン効果もあってか体がポカポカになりました。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都中央区築地4丁目2−7



by 07takeshi | 2018-01-20 19:00 | 中央区 | Comments(0)

銀座 『君嶋屋』

今日は昼から銀座にやってきました。用事が終わったのが4時頃だったのですが、ちょっと飲みたい気分だったので、やって来たのは「君嶋屋」。酒屋さんの中で飲む、いわゆる「角打ち」というやつですね。以前一度来たことがあるのですが、じっくり腰を据えて飲むというのではなく、1杯だけ飲んで帰るとか、気軽に利用できるので便利です。場所でいうと外堀通りを東京駅側に向かった高速道路の下のところになります。
e0208058_17031083.jpg

お店に入ると右側が商品棚になっていてお酒が並んでおり、左側にレジカウンターと立ち飲み用のスペースがあります。
e0208058_17113325.jpg



e0208058_17181327.jpg
カウンターの上にはいろいろなお酒のメニューが書いてあるので、それを見て注文します。まず一杯目はスパークリングから「ピエールルノーパパン Lブリュット(600円)」。柑橘系な香りで爽やかな泡。
e0208058_17265284.jpg

お酒だけ飲むのもあれなんで、つまみに「チーズの味噌漬け(300円)」を頼みます。
e0208058_17351564.jpg

ちなみにフードメニューはこちら。軽くつまめるものがいくつかあります。
e0208058_17361909.jpg

2杯目は秩父の兎田ワイナリー「秩父ルージュ2017(600円)」
ミディアムボディで比較的軽やかだけど、程よい渋みもあります。
e0208058_17394452.jpg

3杯目は日本酒から「八海山 越後で候(500円)」
冬季限定のしぼりたて原酒。ほんのり甘い香りが美味しいです。
e0208058_17465957.jpg

けっこう酔ってきたのでこの辺りで締めます。気軽にいいお酒が飲めるので、ちょこっと立ち寄るのにお勧めです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都中央区銀座1丁目2−1




by 07takeshi | 2018-01-20 16:00 | 中央区 | Comments(0)
今日は会社の同僚達と吉祥寺で食事をします。やって来たのは「たるたるホルモン」。有名な焼肉屋「肉山」系列のホルモン焼きのお店です。名前からの印象だと、おじさんがいっぱいいそうな感じですが、店内は小綺麗で煙たくもなく、カップルなど女性が多い印象です。カウンター席がメインですが、テーブル席が2卓あり、あらかじめ4名で予約してあるのでテーブル席に案内されます。
e0208058_22595654.jpg

e0208058_23530599.jpg

漫画家さんとかもよく来られるのでしょうか。壁にはキャラクターの絵が描いてあります。最近の漫画には疎いのでなんの絵かはよく分からないのですが…
e0208058_20430158.jpg

まずは「生ビール(500円)」このお店は一部例外はありますが、ドリンクもフードも1品500円なんです。なので以降の値段は500円以外のもののみ記載します。
e0208058_20340636.jpg

まだ全員揃ってないので、まずは軽めなものをつまんで待つことに。「キュウリ」味噌付きとはいえちょっと高いなぁと思っていたら、けっこうなボリュームでした…
e0208058_20364067.jpg

「キャベツキムチ」一見、白菜のようにも見えますが、食べると白菜よりもしっかりしたシャキッとした食感でなんか新鮮な感覚です。
e0208058_20413650.jpg

ここで全員集合し、焼肉の開始です。まずは左から「Wホルモン」「ハラミ」「ミノ」
e0208058_20461383.jpg

それと「つくね」
e0208058_20465508.jpg

さっそく焼いていきます。ホルモンは脂がトロトロで美味しい!ハラミは柔らかいけど弾力もあって旨みがしっかり。ミノはプリプリの歯応えが最高です。
e0208058_20472588.jpg

e0208058_20490882.jpg



e0208058_21105135.jpg

e0208058_21111327.jpg

ここでお酒を肉に合うものに。「ジンと肉」いわゆるジントニックなんですが、ペッパーがまぶしてあって肉に合うんです。
e0208058_21164888.jpg

続いて左は何だか分かりませんが右は多分「リードヴォー」。因みにリードヴォーは胸腺でふわっとプリッとして脂がジュワっととろけます。
e0208058_21380353.jpg

e0208058_21414995.jpg

続いては多分「カンガルー」と「ハツ」。カンガルー食べるの!ってちょっとびっくりでしたが、食べてみると意外と美味しい。身の味が濃くて、噛んでる間ずっと味が続く感じ。ハツは馬刺しみたいにしっとり柔らかい。
e0208058_21520144.jpg

e0208058_21565166.jpg

「タン」。この辺りから味の感想が曖昧です。写真以外に結構飲んでいたので、だいぶ酔ってしまいました。
e0208058_21581198.jpg

e0208058_21584745.jpg

これは、ホルモンぽいのが何だか不明です。右は「エゾ鹿ソーセージ」ですね。
e0208058_22025560.jpg

e0208058_22035352.jpg

これは「肉山の赤身?」かな…
e0208058_22052505.jpg

これは多分「ラムのバラ肉」かな。
e0208058_22060271.jpg

締めは「スぺ玉ごはん」。500円だとちょっと割高なような気もしますが、酔っていてもなんとなく美味しい記憶があるので、いい卵なんだと思います。
e0208058_22085327.jpg


e0208058_22092352.jpg

e0208058_22101875.jpg

男3人女1人で腹一杯食って飲んで1人あたり5000円くらいだったと思います。内容を考えるとかなりコスパいいです。今日は同僚が予約してくれましたが、人気店なので予約は忘れずに。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目33−9




by 07takeshi | 2018-01-19 22:02 | 吉祥寺 | Comments(0)

池袋 『もるとや』

「みつぼ」ではそんなに飲まなかったので、そのまま2軒目に行きます。以前池袋の酒屋でウイスキーを購入したときに、そのお店で聞いたバー「もるとや」に行きます。池袋駅東口側の中池袋公園の近くにあります。
e0208058_15040440.jpg

e0208058_15061373.jpg
店内はカウンター5席にテーブル席が2卓くらいあるのかな。割とこじんまりしたバーです。まだ早い時間だったので先客は一人とすいていました。まずはカウンター席に腰かけ、何を飲むか考えますが、店名からしてもやはりモルトを飲むべきでしょう。バックバーには珍しいウイスキーがいろいろ並んでいます。どういうものがあるのかよく分からないので、味の好みを伝えてお勧めを出してもらうことにします。最初に頼むのは、冒頭に書いた酒屋「エイコーン」でボトリングしたこのお店のオリジナルボトル。軽やかなスモーキーフレーバーで美味しい。
e0208058_16003973.jpg

2杯目もスモーキーなタイプからボトラーズ、クーパーズチョイスの「ラガンミル2009」
スモーキーな香りもありますが、ほんのり甘い香りと味もあって飲みやすい。
e0208058_16273487.jpg

3杯目もボトラーズものから「クラシックオブアイラ」
アルコール度数58度あって、しっかりしたピート香もあり力強い一杯。それだけ書くと飲みにくいお酒のように思われてしまうかもしれませんが、飲み口は意外とまろやかで飲んだ後に喉がカァっと熱くなる感じ。
e0208058_16181525.jpg
以上3杯で締めて、お会計は4800円くらい。都心のバーで、珍しいモルトを飲んでいるので、金額としては妥当な感じか、ちょっと安いくらいだと思います。池袋は時々来るので、また今度来たいと思うバーです。モルト好きな方には特にお勧めです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都豊島区東池袋1丁目8−6 第二佐々木ビル1F




by 07takeshi | 2018-01-15 19:00 | 豊島区 | Comments(0)
今日はちょっと早い時間に池袋に行けたので、いつも混んでるお店に行くことにします。やって来たのはやきとんの「みつぼ」。ゴリゴリの大衆酒場で池袋でもかなりの有名店だと思います。お店は16時半オープンなのですが、16時40分くらいに来たところ、20名くらい座れるカウンター席はほぼ満席で、複数人の客が案内されるテーブル席も、17時くらいには満席になっていました。人のことは言えませんが、みんな何をやってる人なんだろうと思ってしまいます… 客層は年配の男性が多いですが、若い人もチラホラいます。ただし女子率は5%くらいで、カウンターに限っては0%です。まさに、ザ・おやじの飲み屋さんという風情です。
e0208058_20375646.jpg

僕は一人で行ったのでカウンター席に案内されます。カウンター席はかなりギュウギュウで隣との間隔が狭い!まあ慣れればたいしたことはないので、徐々に馴染んできます。席に座る際にドリンクを尋ねられるので、まずは「生ビール(450円)」
e0208058_20434770.jpg
食べ物のメニューはテーブルの上にも置いてありますが、壁に所狭しと短冊メニューが貼られているので、そっちの方が見やすいです。
e0208058_20455956.jpg
やきとんは1本ずつ頼むこともできますが、めんどくさかったのでお任せの「5本セット(420円)」を頼みます。焼き上がるまではしばらく時間がかかるので、すぐに出そうなものも頼みます。まずは「エシャロット(200円)」。シャキシャキの触感でちょっと辛みがあって、それに味噌を付けることでまろやかになります。
e0208058_20531974.jpg

e0208058_20534478.jpg

2品目「サバの南蛮漬け(250円)」
酢加減は強くないので、ちょっと甘みがあってコクがしっかり。値段も安いしちょっとつまむのにちょうどいい。
e0208058_20592848.jpg
ここでやきとん盛り合わせの登場。1本90円で5本入って420円なので、30円お得になっています。僕はやきとんはあまり詳しくないので、食べてもこの5本の内訳がよく分からなかったのですが、かろうじてレバーだけは分かりました。でもメニューにつぶしたてと書いてあるように、鮮度のいいものを使ってるのが分かるプリプリの弾力で美味しい!
e0208058_21260433.jpg

もうちょっと食べたい感じでもあったのですが、隣りがけっこう煙草を吸う方で、至近距離なのでちょっと辛くなってきたので出ることに。もちろんタバコを吸っていいお店なので全く問題ないですし、他にも吸ってる方は結構いたと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都豊島区南池袋2丁目16−1



by 07takeshi | 2018-01-15 17:00 | 豊島区 | Comments(0)

志木 『志木苑』

今日は会社の同僚と東武東上線沿線で焼肉を食べます。やって来たのは志木駅から5分くらいのところにある「志木苑」。このお店は同僚に選んでもらったお店ですが、ネットで調べてみると、いろいろインパクトがあるお店なので、来るのを楽しみにしていました。まずは外観ですが、すでにここからインパクト大です。
e0208058_08531584.jpg

お店の前は段ボールが山積みになっていて、知らなかったら絶対入らないような店構えで、これで営業中とは思えないですよね。どこから入るのか悩んでしまいますが、段ボール脇の扉から入ります。
e0208058_08545298.jpg

そして中に入ると更なる衝撃映像が…
この店大丈夫かと思いながら奥に進むと…
e0208058_08553786.jpg

広い座敷が現れます。食べるところは普通なんだとホッとし腰かけます。座敷ですが、掘りごたつ形式になっているので楽に座れます。
e0208058_09015391.jpg

それでは生。ビールではなく「麦とホップ(320円)」で乾杯!
e0208058_09063658.jpg
お肉は先に頼んでおかないと時間がかかるとのことで、予約の際に頼んでおいてもらいました。まずは「上タン塩(980円)」
店構えからは想像できない上質なお肉。厚みもあり、プリッとしたタンの弾力もありますが、とっても柔らかく美味しい!
e0208058_09092123.jpg

e0208058_09160448.jpg

こちらは「焼き野菜(480円)」
キャベツ、玉ねぎ、ネギ、シイタケで量もたっぷりです。
e0208058_09181014.jpg

肉2品目「上ハラミ(1200円)」
程よいサシも入って綺麗な見た目。分厚いのに柔らかくて味が濃いです。
e0208058_09393136.jpg
肉3品目「ザブトン(2100円)」
焼肉好きな方なら名前は知っているかと思いますが、ザブトンというのは肩ロースの首に近い方の部分。部位の形がザブトンに似ていることからこの名前が付いたそうで、少ししか取れない希少部位です。すごい霜降り加減で、分厚いのに柔らかく、脂が甘いです!
e0208058_14511362.jpg
肉4品目「サーロイン(3000円)」
食べる前から美味しいのが分かる見事な脂のサシ加減。がっつり厚切りなので、焼くと大きなサイコロステーキみたいになりますが、これも柔らかく、脂の甘さもさることながら、赤身の旨味もあってめっちゃ旨い!さすがサーロイン。
e0208058_14563375.jpg
肉5品目は赤身系から「上ロース(580円)」
脂身はほとんどないので、こちらは赤身の旨味がしっかりしています。
e0208058_15030567.jpg



e0208058_15172892.jpg
最後のお肉は「ホルモン(530円)」
部位としてはシマチョウとかコブクロあたりでしょうか。脂があってとろけるような食感です。
e0208058_15182241.jpg

お酒は途中サワーなどを飲んで締めの一杯は「グラスワイン(300円)」
300円ながらなみなみと注がれています。それに味も悪くなかったです。
e0208058_15331003.jpg

以上で一人あたりお酒を4杯づつくらい飲んで、締めて一人4500円くらい。肉質や量を考えるとすごくコスパはいいと思います。今日は結構高い肉を頼んだので、普通の肉を頼めば食って飲んで1人3000円くらいでいけると思います。冒頭で紹介したように、怪しい外観ながら今日も満席でした。地元では有名なお店なんでしょうね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】埼玉県志木市本町5-23-9



by 07takeshi | 2018-01-12 19:00 | 千葉県・埼玉県 | Comments(0)

高円寺 『ホエール』

今日は高円寺で外食です。今日やって来たのは大一市場内にあるレストラン「ホエール」。色々な国の料理が楽しめるバルのような感じのお店です。実は大一市場には以前来たことがあるのですが、どこの店も結構混んでいて、一人では入りづらくて怖気づいて帰った記憶があります。市場内は高円寺なので若い人が多く、アジアのフードコートにでも来たようなワイワイした感じです。
e0208058_18223986.jpg

e0208058_18230337.jpg


e0208058_09232650.jpg

僕が先に着いたので、一人で先に始めます。このお店はビールの種類も多いのですが、スコットランドのパンクIPAのドラフトが飲めるのでそれを頼みます。サイズはS(700円)、Ⅿ(900円)、L(1100円)と選べますが、Ⅿをチョイス。クラフトビールらしいフルーティな香りで飲みやすいです。
e0208058_18331459.jpg
最初にお通しが出てきます。鶏むね肉にソースをかけたものですが、醤油ベースのアジアっぽい味のソースが美味しいです。お通しですがきちんとした一品。
e0208058_18353898.jpg
まずは軽くつまもうと「オーストリア風ポテトサラダ(350円)」
普通のポテサラのようなものをイメージしていたので、出てきたのを見てビックリ。細切りのシャキシャキポテトにヴィネガーが効いてさっぱりな味です。
e0208058_08523738.jpg
ここでドリンクを白ワインに切り替えます。「ハウスワイン(500円)」
ワインはグラス、デキャンタ、ボトルから選べて、グラスだと500円~700円くらい、ボトルでも2800円~3500円くらいとリーズナブルです。
e0208058_08574728.jpg
ここで奥さんも合流し、「イワシのクミンソテー(550円)」
寒い時期の脂がのって丸々太った丸ごとのイワシにふわっとクミンの香り。身はふっくらで柔らかく、食べた瞬間はイワシの香りと味だけど、後からクミンの香りと味が追いかけてきます。
e0208058_09034915.jpg
ワイン2杯目は赤からカリフォルニアの「ランチ32(700円)」ちょっと土っぽさがあり程よい重さで好みの味でした。
e0208058_09074369.jpg

フード2品目「鮭のフィッシュアンドチップス(650円)」
普通はフィッシュアンドチップスといえばタラとか白身魚が多いですが、鮭なので身の味がしっかり感じられ、タルタルソースが美味しい。付け合わせのポテトもサクサクでつまむ手が止まらなくなります。
e0208058_09134001.jpg

e0208058_09140100.jpg
このお店はジンの種類が多く数種類のジンから選べるジントニックがあるので「エギュベルのジントニック(600円)」
e0208058_09165346.jpg
締めの一品は「鶏肉とオリーブ塩レモン風味のタジン(1000円)」
これはモロッコ料理になるようですが、カレーのようなスパイシーさがあって、レモンの酸味と苦みも効いて爽やかな味。特にスープが美味しいので、今回は頼まなかったのですが、別注の「クスクス(200円)」入れてもいいと思います。
e0208058_09210231.jpg
e0208058_09211197.jpg
普段は阿佐ヶ谷で飲むことが多いのですが、阿佐ヶ谷と高円寺って1駅しか違わないのに、客層とか雰囲気が全然違うのが面白い。さらに大一市場はフードコートのような造りになっているので、いい意味で雑多な感じが楽しくて、更にリーズナブルなお店も多いので気軽に楽しめていいところです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区高円寺北3丁目22−8第一市場内





by 07takeshi | 2018-01-06 19:00 | 杉並区(高円寺) | Comments(0)
今日は地元阿佐ヶ谷で焼肉を食べます。以前行ってよかったお店「焼肉ゴールド」へ行きます。寒いですが最初はやっぱり「生ビール(490円)」。プレモルの香るエールなので、フルーティですっきり。
e0208058_22270154.jpg

まずは「もやしナムル(300円)」もうちょっと量があると嬉しいかな…
e0208058_22295987.jpg
ここからは肉!まずは「タン先(650円)」
普通のタンよりも赤身の肉に近いような感じで、タン特有の弾力もありますが、赤身のような柔らかさもあります。
e0208058_23205355.jpg

e0208058_23212303.jpg

続いては「とろハラミ(750円)」
かなり厚みがあるけどとっても柔らか。ハラミは安定の旨さですね。
e0208058_23230715.jpg
肉3品目は「上カルビ(950円)」
きちんとサシも入って柔らかく、脂が甘くて美味しい!ライスにのっけて焼肉丼にしたかったですけど、こらえました。
e0208058_23240162.jpg
ここからはホルモンで、「マルチョウ(650円)」
前回来たときに奥さんが気に入ったメニュー。焼くとくるりと丸くなって、とってもジューシー。付けダレの味もよくて、甘くてとろけます。
e0208058_23302581.jpg
e0208058_23303689.jpg
それともう一品「シマチョウ(650円)」
これも甘くてとろけますが、こちらの方が弾力がしっかりしているので、食べ応えもあります。
e0208058_23323903.jpg

締めに炭水化物でも食べようと思ったのですが、奥さんがお腹いっぱいとのことで、軽めに「センマイ刺し(650円)」
コリコリの食感がきもちいい。味はとても淡白なので酢味噌を付けるとちょうどいいバランスです。
e0208058_23341233.jpg
焼肉というと結構高くつくイメージですが、ここはリーズナブルなので普通の居酒屋に行くくらいの値段でした。なので、ふっと思い立ち、気軽に焼き肉を食べたいときに重宝するようなお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北1丁目34−5






by 07takeshi | 2018-01-04 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)