人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

阿佐ヶ谷 『かえる食堂』

阿佐谷北4丁目の路地裏に昨年の11月にひっそりとオープンした食堂があります。それは管理栄養士さんが営む土日の朝から昼(7:30~14:00)のみ営業の定食屋さんです。基本的に日替わりメニューのような感じで、僕が食べたのは「朝ごはんセット(800円)」朝ごはんセットといいながらも昼にも食べられます。体によさそうないろんなおかず、具だくさんの味噌汁に白ご飯のセットにデザートも付きます。美味しく食べても罪悪感のない食事はいいですね~
e0208058_18490366.jpg

e0208058_18491393.jpg



e0208058_18492986.jpg
よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北4-25-6-101



by 07takeshi | 2018-02-25 12:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『Lupi32(ルーピトレンタドゥエ)』

今日のディナーはちょっと久しぶりにピザが美味しいイタリアン「Lupi32」にやってきました。評判がよくてイメージも定着してきたので、以前同じ場所に有名な中華屋さん「希須林小澤」があったという記憶も薄れつつありますね。
e0208058_08241466.jpg
これまで2~3度来たことがありますが、今日は初めて2階に案内されます。1階はライブ感のあるカウンター席ですが、2階は落ち着いたテーブル席で4人掛けが4卓と、奥にはもう少し大人数のテーブル席があるようでした。まずは「生ビール(ハートランド@700円)」で乾杯します。
e0208058_08270889.jpg
料理1品目は小皿メニューから「生シラスのマリネ(500円)」
トロリととろける食感で、ほろ苦さもありややしっかりめな塩加減がお酒のアテにちょうどいい。
e0208058_08290866.jpg

e0208058_08291734.jpg
ここで飲み物を白ワイン「サルタレッリ クラシコ(600円)」
リーズナブルながら、しっかり飲み応えもあるワインでした。
e0208058_08324581.jpg


料理2品目は「ランプレドット(1500円)」
これは熊本県産の赤牛のモツとちりめんキャベツ、白いんげん豆の煮込み料理。プリッとした弾力のあるモツにペッパーも効いて塩加減が絶妙でインゲンの旨味も出た汁も美味しい!
e0208058_08443403.jpg
続いては赤ワイン「キャンティ コッリ セネージ(800円)」
程よい重さとベリーっぽい果実味もあって美味しい!
e0208058_08494675.jpg
ここで主役のピザが登場!店名にもなっている「ルーピ(2400円)」
トマトソースベースで燻製のモツァレラ・プローヴォラにサルシッチャ、ンドゥイヤ、卵、グラナパダーノ、バジル、黒コショウのピザ。聞き慣れない食材も多いですが、サルシッチャは腸詰、ンドゥイヤはペースト状の辛いサラミでグラナパダーノは硬いチーズのこと。いろんなものが載って豪華なピザです。
e0208058_09100285.jpg

この状態から、お店の方が半熟卵をつぶして切り分けてくれます。
e0208058_09104046.jpg

e0208058_18151663.jpg
具材それぞれがきちんと一体となってますし、何よりもベースとなる生地が美味しい!表面はサクッと中はもっちりで、噛むほどに甘みも感じてきます。多分この生地ならトマトソース塗っただけのピザでも相当旨いと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都杉並区阿佐谷南3丁目32−1




Lupi32ピザ / 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2018-02-24 18:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

小田原 『OHASHI』 oishii

箱根からの帰りは小田原で途中下車し、小田原城を見学した後に近場でランチにします。
e0208058_07521825.jpg

やって来たのは小田原駅から程近い場所にある海鮮居酒屋「OHASHI(オハシ)」。小田原駅東口側を出て太い道沿いのビルの2階にあります。(※写真はお店を出たときに撮ったので支度中になっています)
e0208058_08095416.jpg
お店に入ったときは奥の掘りごたつ席は満席だったので、手前のテーブル席に案内されます。ランチで海鮮メニューをいただくつもりですが、休日なのでやっぱりこれ「生ビール(ランチ価格@320円)」。ランチではビールだけでなく、チューハイやホッピー、ワインなどいろんなお酒が安くなっているのが飲んべには嬉しいところです。例えばレモンサワーなどは270円です。
e0208058_08185473.jpg
ランチで注文するのは僕は日替わり定食から「海鮮ミックスフライ定食(850円)」
日替わりは他にも、カキフライ・ブリ照り・金目の干物・唐揚げなどがありました。価格は変わりますがその他、丼物なんかもあります。ビールを飲みながら待っているとミックスフライ定食が登場!フライだけじゃなく刺身も付いてこの値段ですからお得です。フライはアジフライ、白身フライにカキフライが2個という内容。
e0208058_08350252.jpg
たっぷり添えられたタルタルソースはちょっとピンクがかっています。柴漬けでも入っているんでしょうか。それにしても海鮮フライはビールに合いますね~ 既にここに来る前に小田原城前で1本ビール飲んでいるので、ここでは1杯にしときました。
e0208058_08354846.jpg
こちらは奥さんが頼んだ「海鮮丼(1400円)」
刺身が10数枚のって、イクラも付いているのでなかなかお得な内容です。
e0208058_09063982.jpg



e0208058_09082560.jpg
比較的リーズナブルな価格ながら価格以上に満足度もあり、更にお酒も安く昼飲みを推奨している感じも個人的には好きです。近くにあったらちょこちょこ来たいと思えるお店でした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】小田原市栄町2-8-38 中戸川ビル2F




by 07takeshi | 2018-02-21 12:00 | 神奈川県 | Comments(0)

箱根湯本 『マイユクール祥月』

かまぼこの里を後にしてやって来たのは箱根湯本。過去に何度か来ていますが今日行くのは箱根湯本から10分くらい歩いたところにある「マイユクール祥月」。ちょっと変わった名前ですがマイユクールというのは「心と心の結び目」という意味なんだそう。ホテルの直前の道路はかなり急な勾配になっているので、歩いて行くと結構疲れます。
e0208058_22032992.jpg
1階のホールを入るとこんな感じ。ホテル自体は全38室と大規模ではありませんし、1階の一部は駐車場にもなっているのでロビー周りは割とこじんまりした造りになっています。
e0208058_23185003.jpg
全体の造りとしてはこんな感じです。
e0208058_08512818.jpg

今宵泊まるお部屋はツインのミディアムルーム。32㎡あるのでかなりゆったりしています。1泊2日2食付き2名で宿泊で、一人16950円のプランです。チェックインは15時、チェックアウトは11時なので朝はゆっくりできるのがいいですね。
e0208058_23331856.jpg

e0208058_23333212.jpg


洗面所はユニットバスタイプではありますが、かなり広く大きな浴槽もあります。でも温泉があるので、ここは使いませんでした。温泉は確か朝は5時くらいから夜は1時くらいまで入ることができたと思います。
e0208058_23340561.jpg


e0208058_23355090.jpg

あと、サービスとしてお部屋には手作りのお菓子やゼリーが置いてあったり…
e0208058_23373296.jpg

アメニティグッズが4種類から選べて、宿泊者ごとに1つもらえたりして、女性に人気なのがうかがえる内容です。
e0208058_23403549.jpg

温泉は2階にあり男女が日ごとに入れ替わります。初日は男湯が手前側でした。
e0208058_08551407.jpg

脱衣所も含め、内湯、露天ともホテルの規模よりも広く作ってあるのでゆったり使えます。あとは、この宿は女性のお客さんが多いので、時間帯問わず男湯は割とすいていました。内湯はこんな感じ。
e0208058_08571332.jpg
露天はこんな感じです。ホテル自体がちょっと小高い場所にあり、目の前に建物等目線を遮るものがないので、けっこう開放感があります。
e0208058_08581732.jpg

e0208058_08583197.jpg

e0208058_09021560.jpg
脱衣所には冷たい水とルイボスティーが置いてあるのも嬉しい気遣いですね。
e0208058_09033429.jpg

その後は近隣を散策したり、部屋でゴロゴロしながら過ごします。旅先で何もしないでくつろぐというのは贅沢でいいですよね。夕食はチェックインの際に時間の確認があります。2部制になっていて、1回目が17時半から、2回目が19時45分からとなります。お腹を空かせるために僕らは2回目を選びました。夕食は2階のレストランでいただきます。
e0208058_09162285.jpg


e0208058_09180676.jpg
食事は「和食」「洋食」「和洋折衷」から選べますが(宿の予約時に選んでおきます)僕らは和洋折衷をチョイス。因みに本日のメニューはこんな感じです。
e0208058_09202081.jpg

まずは食前酒と名物の黒稲荷寿司が運ばれてきます。ホテルの玄関脇にお稲荷様が祀ってあるのですが、それに因んでいるそうです。
e0208058_09213325.jpg
次に前菜盛り合わせが運ばれてきます(2人前)。ちょっとずつ色々あって、どれも見た目にとっても可愛らしく、男性の僕でも楽しくなってしまいますね。
e0208058_09240080.jpg
前菜のメニューはこちら。どれも手が込んでいて見た目だけではなく味もきちんと美味しい。一品一品は少量なのですが、食べてくと意外に腹も膨れますし、いろんな種類を楽しめて満足度も上がります。
e0208058_09203615.jpg
つづいてはお造りで「ブリと白魚」
ブリはプリッと弾力がある。白魚には金箔が付いていて豪華な雰囲気。身はとっても甘いです。
e0208058_13020269.jpg
e0208058_13091927.jpg
メニューには載っていませんが、手作り豆腐も出てきます。滑らかな食感で甘いです。
e0208058_13105301.jpg

続いて運ばれてきたのは「美肌のスープ」
グリーンピースと玉葱のポタージュにパイナップルのエキュメが載ったもの。エキュメって本来は煮詰めたアクや泡を取り除くことを指すようですが、ここでは泡のことだと思われます。とっても熱々で提供されたのも良かったですし、濃厚で美味しかったです。
e0208058_09301114.jpg

e0208058_09302239.jpg
次は煮物で「若竹煮」
味が強いわけではないのですが、出汁がしっかり効いているので旨みが濃くて美味しい。若竹だからとっても柔らかいです。
e0208058_13134243.jpg
次は洋皿から「トマトフリカッセ ドゥ ポール」
フリカッセとはフランスの煮込み料理のこと。箸で切れるくらい柔らかく、洋風角煮のような感じでしょうか。
e0208058_13160854.jpg

e0208058_13162776.jpg
食事から「筍ご飯」
お出汁が効いて美味しい!なめこが入った赤だしもいい。赤だし好きなんです。
e0208058_13281597.jpg

e0208058_13293547.jpg

最後はデザート。まずはコーヒーと…
e0208058_13323184.jpg

デザートはワゴンから好きなものを選べます。しかも好きなものを全部でもいいそうです。
e0208058_13334035.jpg


e0208058_13342404.jpg

僕は「柚子蜜パンナコッタ」「ジャスミン茶のクリームブリュレ」「抹茶マカロン」「イチゴ」の4品、奥さんは「オレンジのババロア」「レモンムースケーキ」「イチゴ」をチョイス。お腹いっぱいでしたが、美味しかったので難なく完食しました。
e0208058_13352686.jpg
最後にはアイスをテイクアウトできるサービスまであって、盛りだくさんでした。
e0208058_01300765.jpg


e0208058_01302330.jpg

いやあ~ それにしてもお腹いっぱいです。どの料理も見た目もさることながら、味もきちんと美味しくて評価が高いのも納得の内容でした。この日はこの後、軽く温泉に入ってからすぐに寝てしまいました💤

翌朝は早起きして、さっそくお風呂に入りにいきます。入れ替わりなので昨日とは違う方のお風呂になります。基本的に造りはほぼ一緒ですが、奥の方のお風呂はジャグジー風呂があったり、庭園部分が広いので、開放感がより感じられます。
e0208058_01262829.jpg

e0208058_01265278.jpg

e0208058_01271207.jpg

e0208058_01272826.jpg
お風呂の後は朝食です。朝食も夕食と同じ会場でバイキング形式です。いろんな種類のものがあってついつい取りすぎてしまいますね~ 干物のワゴンサービスまでありました。
e0208058_01332448.jpg

e0208058_01341320.jpg

e0208058_01343431.jpg

e0208058_01350171.jpg
職人さんがその場で揚げている、揚げたての天ぷらもあります。
e0208058_01355086.jpg

e0208058_01362751.jpg
これが干物のワゴンサービス。目の前で炙ってくれます。干物は小田原産の干物だそうです。
e0208058_01364444.jpg

e0208058_01365624.jpg
いろいろ食べて、朝からお腹いっぱいです。チェックアウトは11時なので、食後は部屋でゴロゴロしてからお風呂に入っても、まだゆっくりできる時間があってのんびりできます。従業員の方の接客も丁寧でしたし、全体的に満足度の高いホテルでした。決して安くはありませんが、特に女性にはお勧めできる宿でした。

箱根からの帰りは小田原に寄って小田原城見学とランチをします。
e0208058_01430430.jpg
この日はあいにくの曇り模様だったので、天守閣からの眺望も今一つでした。
e0208058_01440934.jpg

お城に来たら恒例のこれ!
e0208058_01434934.jpg
ランチ編に続く…


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】神奈川県足柄下郡箱根町湯本468









ほっとフォトコンテスト





by 07takeshi | 2018-02-20 15:00 | 温泉 | Comments(0)

小田原 風祭 『鈴廣かまぼこの里』

今日は休暇を取って箱根に行きます。箱根には過去何回か来ていますが、今回は約3年ぶりなのでかなり久しぶりにのような気がします。新宿からロマンスカーに乗って出発❕
e0208058_20385677.jpg

予約した座席は展望席の最前列…
e0208058_20395537.jpg

…ではなく最後尾。予約開始と同時にネットで申し込んだのですが、最前列の席は確保できませんでした… その代わりに最後尾の展望席。景色が後ろ向きに流れていくのが最初は違和感でしたが、すぐに慣れてきますし、なにより開放感があるので最後尾の席も悪くありません。朝からワインなんぞを飲みつつ休暇を堪能します。
e0208058_20423211.jpg



今日はいきなり箱根まで行くのではなく小田原駅で下車し、箱根登山鉄道の各停に乗り換えます。まずやって来たのは「風祭」駅。あまり馴染みのない駅だと思いますが、ここにはカマボコで有名な「鈴廣」の大きな施設があり、買い物したり、食べたり、蒲鉾作りを体験したりできるんです。小田原駅から2つ目の風祭駅の目の前にあるのでアクセスも抜群です。
e0208058_06255735.jpg

中に入るとかなり広い!中心側は販売コーナーになっていて、周りがイートインできるようなお店になっています。
e0208058_06261675.jpg

こんなものもあります。子供は欲しがりそうですね。
e0208058_06262865.jpg

予定では「かまぼこバー」というかまぼこを食べながらお酒が飲めるカウンターで軽く食事をしようと思っていたのですが、機械の不具合とのことで臨時休業でした。残念。なので、同じくその場ですぐ食べられて、ビールも飲める「すず天」にて、その日の「すり身揚げ(420円)」と生ビールの「箱根ピルス(小@450円)」をいただくことにします。
e0208058_06291760.jpg

この日のすり身揚げは大葉が挟んであって、香りがすごい。ちょっと大人な雰囲気の蒲鉾なので、ビールがすすみますね~ 左側は奥さんが頼んだ「ホットコーヒー(300円)」しっかり苦みもあって美味しいコーヒーでした。
e0208058_06293794.jpg

その後はかまぼこ博物館などを見学してから「キゥイのジェラート」をいただきます。蒲鉾だけじゃなくて、甘いものもいただくことができますし、別棟にはきちんとしたレストランもあります。
e0208058_06321951.jpg
この後は再び箱根登山鉄道に乗って箱根を目指します。ここからだと15分くらいでしょうか、すぐに着きます。
箱根編に続く…



よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】神奈川県小田原市風祭245



by 07takeshi | 2018-02-20 12:00 | 神奈川県 | Comments(0)

新橋 『俺のやきとり』

今日は友人達との食事会。今日の会場は「俺の」シリーズの焼鳥版「俺のやきとり銀座9丁目」。最近ではいろんな「俺の」があるんですねぇ。場所でいうと新橋からすぐのところになります。
e0208058_16110416.jpg

日曜晩の店内は人でいっぱいで満席です。相変わらず俺のシリーズはどこも混んでますね。あらかじめ予約しているので待たずに入ります。入口付近にはグランドピアノが置いてあり、一日に4度20分間ジャズやクラシックの生演奏が行われます。テーブル席に腰かけ、4人揃ったところで乾杯します。1杯目は「俺の泡 スパークリング白(680円)」を注文します。他に「俺のシャンパン(1200円)」なんかもありますが、高いのでスパークリングにしときました。
e0208058_16271200.jpg

1品目は「たっぷりしらすサラダ(780円)」
その名のとおりしらすがたっぷりで、しかもしらすが大きい!イメージしてたシラスの2~3倍くらいの大きさです。醤油ベースのドレッシングでさっぱりといただきます。
e0208058_16290053.jpg

2品目「こぼれもろこしさつま揚げ(380円)」
中にはたっぷりのトウモロコシが入っているので甘い!さつま揚げとコーンって意外な組み合わせで新鮮な感覚です。
e0208058_16321824.jpg

ここからは焼鳥。まずは「つくね塩(2本460円)」
ふわっと柔らかく軟骨のコリコリした食感がいいアクセントに。
e0208058_16355344.jpg

ここで生演奏が始まりました。この日はフルート奏者が2名とピアノが1名での演奏でした。
e0208058_16364972.jpg


ここでお酒2杯目白ワイン「アルコベッロ(380円)」安いですけど程よい辛口で飲みやすい。
e0208058_16384901.jpg

「ももタレ(4本@480円)」岩手の都鶏を使っていて、柔らかくて美味しい!
e0208058_16413245.jpg


「ねぎま塩(4本@480円)」こちらは塩なのでさっぱり。ネギのシャキシャキした食感もいいですね。
e0208058_16442778.jpg


たまらずライスを発注し、焼鳥丼に。間違いない美味しさです。
e0208058_16451035.jpg



「レバータレ(4本@480円)」鮮度がいいのかとろりと柔らかい。レバーと甘辛いタレの相性がいいですね。
e0208058_16482266.jpg

ここからは産地は分かりませんが、国内産鶏の焼鳥。まずは「ハツ塩(4本@480円)」ハツらしいプリッとした弾力があります。
e0208058_16513958.jpg

「ササミ塩(4本@480円)」ササミは塩だとちょっと淡白すぎるかな。タレとかの方がよかったかもしれません。値段の割にボリュームあります。
e0208058_16562917.jpg

「せせり塩(4本@480円)」せせりは首周りの肉ですが、程よく弾力もあって脂ものっていて旨い!個人的に好きな部位なのであるとよく頼みます。
e0208058_16573053.jpg

「うずら串(4本@560円)」小さいころから好きでしたが、大人になっても食べても、うずらの卵は安定の旨さですね。
e0208058_17023873.jpg
焼鳥は基本3本単位でしたが、言えば4本にしてくれました。だいたいは1本あたり120円なので、立地や内容を考えたらとてもリーズナブルだと思います。会計も一人当たり3000円台くらいでしたから、その辺の大衆居酒屋と同じくらいの値段ですからね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都港区 新橋1丁目5−6 銀座第三誠和ビル地下1階




by 07takeshi | 2018-02-18 18:00 | 渋谷・目黒・品川・港区 | Comments(0)

中野 『手延べ餃子バー ウィングビレッジ』


週末の今日は仕事帰りに中野で飲みます。やって来たのは中野駅を南下し五差路近くのビルの地下1階にある餃子バー「ウィングビレッジ」初めて来るお店ですが、どんな感じなのか想像がつかないので楽しみです。

e0208058_15261699.jpg

まずは生ビール「キリン一番搾りプレミアム(600円)」バーなのにプレミアムが600円と安いです。普通の一番搾りよりもフルーティさがあり華やかな味です。
e0208058_15295219.jpg
チャージが500円かかりますが、お通しはきちんとした食べ応えのあるものが出てきます。この日は「ザーサイ胡麻油・白と黒のキクラゲ・砂肝」の3種。ビールに合うので、餃子が出てくるまではこれでしのぎます。
e0208058_15330825.jpg

餃子はとりあえず定番ぽい「水餃子(550円)」と「焼き餃子(550円)」を頼みます。注文が入ってから茹でたり焼いたりするので提供までは15分ほどかかります。まずは水餃子が運ばれてきました。底が丸くて見た目が面白い。自家製の皮は厚みがあってモチモチの触感。中の餡は粗く叩いた挽肉なので、肉肉しい歯応えがあって美味しい。ビールがすすみますね~
e0208058_15355524.jpg

e0208058_15360636.jpg

e0208058_15363072.jpg

続いて「焼き餃子」水とは同じ皮なんですが、水より伸ばしているのでこちらはパリッとした食感が印象的。かなり大ぶりなので食べ応えあります。ほんとはもっと食べようかと思っていたのですが、餃子2種で結構お腹が膨れました。
e0208058_15391148.jpg

e0208058_15392464.jpg
餃子バーというだけあって、餃子は想像以上にこだわっていて、なかなか他では味わえない餃子でした。今日は定番の餃子をいただきましたがマルゲリータ餃子など変わり種があったり、よだれ鶏とか大根餅とか気になる食事メニューも色々ありました。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都中野区 中野2丁目28−1




by 07takeshi | 2018-02-16 19:00 | 中野区 | Comments(0)

丸の内フォーシーズンズホテル 『MOTIF』 oishii

今日は一足早くバレンタインのお祝いで丸の内にあるフォーシンズンズホテルにやってきました。初めて来たのですがパシフィックセンチュリープレイスというビルの中にあって、住所的には丸の内なんですが、場所でいうと八重洲側に出て有楽町方面に進んだところにあるので、感覚的には八重洲という感じです。
e0208058_22513255.jpg



e0208058_22523906.jpg


お店は建物の7階にあり、ゴージャスでゆったりとした造りになっています。
e0208058_22535406.jpg


案内されたのは窓際のソファ席。ちょうど線路挟んだ向こうにはトキアがあって、東京駅の夜景がとってもきれいです。あと、在来線や新幹線などの電車が通るので電車好きな方にもたまらないんじゃないでしょうか。
e0208058_22543919.jpg
さて、本日いただくのは「シャンパーニュを含むお飲み物のフリーフロー90分間 本日のアンティパスト+お魚とお肉の暖かいお料理盛り合わせ(7000円)」。まずはシャンパーニュ「ポメリー」で乾杯!
e0208058_23004453.jpg
まずは前菜の盛り合わせが運ばれてきます。カルパッチョ・ハム・茗荷と玉葱のピクルス・シイタケのマリネや素揚げゴボウに甘いタレを絡めたものなどです。和の食材を使ったものが多いのが意外でしたが、どれもお酒にあって美味しかったです。
e0208058_23015874.jpg
フード2品目は「巨大北寄貝のリゾット」
出てきたときにはあまりの大きさにびっくり!幅が10センチくらいあります。泡で覆われているので、中は何だろうとスプーンですくってみると、大きな身とリゾットがお目見えします。クリームに北寄貝の出汁がすごく効いていてめっちゃ旨い!
e0208058_23035065.jpg

e0208058_23042101.jpg
続いては肉料理から「ビーフのグリル」
どこの部位かは分かりませんが、強火で短時間で火を入れているのでしょう。外は香ばしいけど中はレアでとっても柔らか。赤身の旨味がとってもしっかりしています。
e0208058_23043578.jpg




e0208058_08044731.jpg

シャンパンを3杯くらい飲んだ後は「自家製サングリア」。フルーツの香りが豊かでリッチな味です。
e0208058_08262829.jpg
コースのフードは終了しましたが、もうちょっと食べたい感じだったので「トリュフポテト(1800円)」を追加発注。運ばれてきたのは思いのほか盛りがよく、フワッとトリュフの香りが漂っています。添えられているのはケチャップとトリュフマヨネーズ。ポテトはそのまま食べても十分美味しいですが、トリュフマヨをつけると更に旨さが増します。てんこ盛りでしたけど、ペロッと完食しました。
e0208058_08274824.jpg

e0208058_08294857.jpg

締めのお酒は「キールロワイヤル」 ベースのシャンパンが美味しいので、ふくよかな味でカシスのコクも。
e0208058_08333858.jpg
高級ホテルらしい、上品でゆったりとした空間がいいですし、店員さんもくだけすぎないフレンドリーな接客で感じも良かったです。料理やお酒はもとよりトータルで満足度の高いお店でした。特別な日に使うのにいいと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都千代田区丸の内1丁目11−1 パシフィックセンチュリープレイス




by 07takeshi | 2018-02-12 19:00 | 千代田区 | Comments(0)

中野 『魚の四文屋』

今日は比較的早い時間に中野にやってきました。1人で飲むのにちょうどいいお店ないかな~と思い、中野駅北側サンモール脇の通りを歩いていると、見つけたお店が「魚の四文屋」。四文屋は中央線沿線でよく見かける焼鳥とか焼きとんのお店ですが、それ以外の形態のお店もあり、ここは魚のお店です。ふらっと入って飲めるようなお店なので、1人飲みにはちょうどいいです。
e0208058_09055947.jpg

まずはとりあえず「生ビール(500円)」
e0208058_09083461.jpg

料理1品目「白子ポン酢(650円)」
器があまり大きくないので量が少なく見えますが、引っ張り出すと、結構量はありました。適度に弾力あるけど、噛むと中から濃厚クリーミーな旨味の汁が溢れてきます。
e0208058_09071152.jpg


e0208058_09072585.jpg

「刺身3点盛り(1000円)」
3主の魚が4切れずつ載って、しっかりした量があります。何の魚か説明はなかったのですが、おそらく、生ダコ・本マグロ・シマアジだと思われます。生ダコは茹でと違ってすごく柔らかで滑らか。旨みも茹でより濃いです。本マグロは赤身本来の旨味がしっかりしています。シマアジはトロリとした食感でさっぱりながら白身の旨味もきちんとあります。
e0208058_09095261.jpg

ここでお酒を日本酒に。富山のお酒「立山(500円)」リーズナブルながら辛口で飲みやすい。
e0208058_09155595.jpg


料理3品目は「カキフライ(500円)」
出てきたのを見てちょっとびっくり。丸っこいのではなく平たくて大きいので、一見すると魚のフライのよう。平たいけど身の味はしっかりしてザクっと歯応えのある衣に負けてない。
e0208058_09162252.jpg

e0208058_09163423.jpg
4品目「ポテトサラダ(300円)」
ほぼクリーミーで少しジャガイモの形が残っています。基本的に定番系のポテトサラダなんですが、エビが入っているのが魚のお店らしくていいですね。
e0208058_13532608.jpg
最後は「シジミ汁(100円)」
100円という価格ながらシジミもたっぷり入っていて、シジミの出汁も効いた汁もなみなみで、かなりお得感あります。
e0208058_13571499.jpg

e0208058_13572756.jpg
これくらいで締めますが、カウンター席もあり、比較的安い値段のメニューも多いので一人飲みにもちょうどいいですし、テーブル席もあるので気の使わない面子での飲み会などにもいいのではないでしょうか。使いやすいお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都中野区中野5丁目56−15




by 07takeshi | 2018-02-10 18:00 | 中野区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『バラそば屋』

今日はちょっと久しぶりにラーメンを食べます。肥満防止のためあまり糖質を食べないようにしているので、最近ではラーメンを食べることも少なくなっていますが、今日は多少お酒が入ったこともあって、駅前にできた「バラそば屋」に行きます。
e0208058_08240182.jpg


店内は右手がテーブル席、左手がカウンター席となっていて、座席数は20くらいでしょうか。店内入ってすぐの左側に券売機があるので、そこでチケットを買い、カウンター席に腰かけます。因みにこれが店外にあるメニュー。座席には追加のメニューのみ置いてあります。
e0208058_08285264.jpg
この店は店名にもあるように、バラ肉の載ったラーメンが名物で、一番の定番はおそらく「バラそば塩(780円)」だと思いますが、実は以前中野店で塩のバラそばを食べたことがあるので(記事はこちら)、今日は寒い冬にぴったりな「濃厚味噌ラーメン(800円)」を注文します。
e0208058_14144404.jpg

しばらくして運ばれてきた味噌ラーメンには、バラ肉もたっぷり載っています。まずはスープをいただくと、しっかりした味噌の風味があってスープ自体はさらりとしていますが味は濃厚です。ネギもちょっと大きめに刻まれていて、スープと一緒に食べるとシャキシャキの食感がいい感じです。
e0208058_08354149.jpg
麺は扁平でちょっと太さのある縮れ麺。歯応えもあってスープにもよく絡むので、特に味噌にはよく合う気がします。
e0208058_08400875.jpg
オープン以来そんなに混みあっていない印象なんですが、食べたらきちんと美味しかったので、できればこのまこのまま頑張ってほしいお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北2丁目13




by 07takeshi | 2018-02-06 19:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る