<   2018年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サントリー白州蒸留所

e0208058_08222007.jpg

山梨2日目は小淵沢にある「白州蒸留所」へ行きます。ここも過去何度か行っていますが、中でいろいろ試飲できるので、ウイスキー好きにはたまらない施設です。甲府からだと鈍行で45分くらいで小淵沢に到着。久しぶりに来たら駅が改修されて綺麗になってました。

e0208058_08232219.jpg
ここからは休日に運航している蒸留所の巡回バスに乗り、15分くらいで蒸留所に到着します。ちなみに蒸留所見学には事前の予約が必要なので要注意です。まずは受付をして、首からぶら下げるゲストカードをもらってから中に入ります。
e0208058_08255037.jpg

蒸留所は山の中にあるので、敷地は広大で緑豊かなので、散策するだけでも楽しめます。なので意外と家族連れなんかも多かったりします。
e0208058_08272524.jpg
e0208058_08280422.jpg
入口から木々の間の小道を進むこと約5分で、レストランやショップなどの建物にやってきます。滞在予定時間は約2時間とあまりのんびりもできないので、すぐに有料試飲バーに行きます。まだ11時半くらいだったので比較的すいていましたが、前日などは朝から混みあっていたようです。連休だと混雑具合が読めないですね。
e0208058_06290933.jpg

e0208058_06285283.jpg
以前は対面カウンターの前に3席ほど座席があったのですが、今回行ったらなくなってました。いつもそこで飲んでいたので残念です… とりあえず気を取り直し、最初に頼むのは蒸留所でしか飲めない構成原酒から「白州12年(シェリー@300円)」「同(スモーキー@300円)」「同(ホワイトオーク@300円)」の3種。因みに飲み方はストレートで量はハーフショット(15ml)になります。
e0208058_08030620.jpg

一人だったので、壁際の立ち飲みカウンターに陣取ります。年数は変わらないのに、色合いが全然違うのが分かるかと思います。これは樽の種類によるものです。上のボトルと並べる順番を変えてしまいましたが、左からホワイトオーク、シェリー、スモーキーです。ホワイトオークは一般的によく使われる樽材で、香ばしいようなほんのり甘い香りがします。シェリー樽は木の種類ではなくて、シェリー酒を仕込んだ後の樽のこと。色も比較的濃くて甘い香りが印象的です。スモーキーも木の種類ではなく、ピートを強めに炊いたピート香が強いタイプの原酒のことで、かなりクセがありますが、僕はこのスモーキータイプが大好きです。
e0208058_08035688.jpg
続いては「山崎構成原酒12年(ミズナラ@900円)」「山崎シングルモルト(ノンエイジ@100円)「白州シングルモルト(ノンエイジ@100円)」
e0208058_08194238.jpg
ここからはテーブル席で座っていただきます。これも上のボトルと順番変えちゃいましたが、左から白州・山崎・ミズナラの順です。ノンエイジの白州と山崎はリーズナブルながら、バランスの取れた味わい。飲み比べると白州の方がスモーキー感があって個人的には好みです。山崎はほんのり甘い香りで飲みやすく一般的にはこちらが好まれるのかなと思います。ミズナラは日本原産の樽で希少なものなので高いと思われます。あとは木目の関係で漏れやすく量が減るのでとも聞いたことがあります。個人的な印象はクセがなくすっきりで飲みやすく、いい日本酒みたいな感じかなと。ただミズナラのウイスキーは買うと高いのでそういう意味では飲みやすくありませんが…
e0208058_08201330.jpg

続いては「白州18年(600円)」
e0208058_08350071.jpg

「響17年(300円)」
e0208058_08354030.jpg

「響構成原酒17年(スモーキー@500円)」
e0208058_08363078.jpg

左から「響17年」「白州18年」「響スモーキー」の順です。
基本的な話ですが、シングルモルトというのは一つの蒸留所で作ったウイスキーを瓶詰したもので、ブレンデッドというのは複数の蒸留所で作ったウイスキーをブレンドしたものです。山崎と白州はシングルモルトウイスキーですが、響はブレンデッドウイスキーで、山崎・白州と知多(グレーンウイスキー)をブレンドしています。これも飲み比べると分かりましたが、響は味の深みもあるのですが、味や香りのバランスがとてもいいです。白州も18年になると、味や香りにぐっと深みが出ますね。響スモーキーは個人的に大好きな感じ。熟成したベーコンのような香りがとってもいいです。
e0208058_08373739.jpg
締めは「響構成原酒17年(シェリー@500円)」と「ボウモア18年(500円)」
e0208058_08490015.jpg
響のシェリーは濃い琥珀色が美しい。上品な甘い香りが味に奥行きを感じさせます。ボウモアは僕の好きなスモーキーなスコッチウイスキー。アイラ島というところに蒸留所があるのですが、潮風とピートが強く効いたスモーキーな香りががっつりです。
e0208058_08491416.jpg
最後は併設のショップで一人一本限定のノンエイジの白州(300ml@1440円)を買ってかえりました。過去に何度も来てますが、何度来ても楽しいので、ウイスキー好きな方にはお勧めのスポットです。
e0208058_08545060.jpg

よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】山梨県北杜市白州町鳥原2913−1




by 07takeshi | 2018-04-30 11:30 | 山梨県 | Comments(0)

甲府 『麺´s冨士山(ふじやま)』

夜は甲府に泊まるのですが、昼間の酒が抜けきっていないため、お酒抜きで食事だけすることにします。やって来たのは駅ビルのセレオのレストラン街にある吉田うどんのお店「冨士山」。
e0208058_19453685.jpg
メニューはこんな感じ。迷ったときは左上がおすすめの法則に従って、店名にもなっている「冨士山うどん(810円)」を注文します。
e0208058_19544799.jpg
しばらくして運ばれてきたのがこちら。富士山に見立てているのでしょうか。ちくわの天ぷらが山型になっています。具材はその他、肉、揚げ、生キャベツ、ワカメ、味玉、ニンジンなど具だくさん。
e0208058_19593951.jpg
麺は吉田うどんらしく、かなり太いですが、本場のようながっしりした固さはなく、程よい弾力で吉田うどんが初めての方でも馴染みやすいかと思います。
e0208058_20050869.jpg
スープはカツオ出汁っぽいオーソドックスな感じですが、面白いのがテーブルに味噌ダレが置いてあるところ。途中溶かし入れるとがらりと味が変わります。
e0208058_20093977.jpg
うどんに味玉って珍しいですが、きちんと半熟でいい仕上がりです。
e0208058_20112974.jpg
駅ビルにあるので立地も便利ですし、一品物もそれなりに種類があるので、飲みにも使えそうで使い勝手はいいと思います。甲府だとほうとうの小作とか奥藤などが人気ですが、吉田うどんもなかなかいいですよ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】甲府市丸の内1丁目1−8 1−95F セレオ甲府5F





by 07takeshi | 2018-04-29 19:00 | 山梨県 | Comments(0)

勝沼ぶどう郷ワイナリー巡り2018

今年のGWは、1年ぶりに勝沼ぶどう郷でワイナリー巡りをします。過去に何度も行っており、ルートも結構パターン化しているので、今回は行ったことがないワイナリーも行こうと思います。自宅から中央線でまずは高尾まで行き、そこで甲府行きの各停に乗り換え、だいたい2時間半くらいで「勝沼ぶどう郷」駅に到着します。巡回バスも出ているようですが、本数が少ないので駅前からはタクシーに乗ります。まず向かうのは「丸藤葡萄酒」。タクシーでは1500円くらいでした。ここは過去に来たことがないので初訪問のワイナリーです。
e0208058_08224625.jpg


e0208058_08230652.jpg

古い建物を改築したのでしょうか。綺麗なんですが歴史を感じさせる母屋の中に売店や試飲のカウンターがあります。このワイナリーでは昨年くらいから試飲は有料になったみたいです。とはいえ、気兼ねなく飲めるので僕はどちらかというと有料試飲の方がいいです。とりあえず初めてなので、基本コースを頼むことにします。これは500円で5種類のワインが飲めるものです。
e0208058_08265782.jpg
e0208058_08282890.jpg
中でも飲めるのですが、テラス席があるのでそこでいただくことにします。いい景色を見ながら、優雅にワインを飲む。いい休暇です。
e0208058_08293218.jpg
2軒目はここから近くにある「フジッコワイナリー」を目指します。あの佃煮のフジッコですね。距離にして徒歩7~8分といったところでしょうか。
e0208058_08305750.jpg
e0208058_08310707.jpg
建物に入るとすぐに階段があり、上ったところで受付をします。そうするとグラスかカップを渡してくれるので、あとは手酌で飲む方式です。
e0208058_08324404.jpg
e0208058_08325548.jpg
あとフジッコらしいのが、ナタデココのデザートも置いてありました。
e0208058_08333958.jpg
e0208058_08335177.jpg
このワイン、美味しかったです。ボトルの色も綺麗ですね。
e0208058_08341227.jpg
3軒目は、さらに5~6分くらい歩いたところにある「まるき葡萄酒」。ここは明治24年創業で、現存する日本最古のワイナリーと言われています。
e0208058_08360396.jpg
中に入るとカウンターがあり、飲みたいワインを伝えて飲ませてもらう対面方式です。この日の無料試飲は7種類でした。
e0208058_08401088.jpg

e0208058_08382995.jpg
まずは甲州の白を2種類飲ませてもらいます。
e0208058_08395170.jpg
続いてロゼ。
e0208058_08410219.jpg
最後に赤を飲ませてもらいました。ワインは重いので、ここではおつまみの「燻製たくあん(540円)」を購入しました。
e0208058_08421773.jpg
続いてやって来たのは「くらむぼんワイン」。来るのを楽しみにしていたワイナリーなのですが、10分くらい歩いて12時半くらいに到着したところ…
e0208058_08431446.jpg
まさかの昼休憩中でした。休憩が終わるまで50分くらいあるので、あきらめます… 残念
e0208058_08440889.jpg
気を取り直し、シャトーメルシャンに向かおうと交差点に差し掛かったところ、別のワイナリーがあるのでそこに入ることにします。それは「ホンジョーワイン」。以前 前を通ったことはあるのですが、なんとなく入りづらくてスルーしましたが、今日は入ってみることにします。中はこじんまりとしていて、事務所のような雰囲気です。クラムボンからは3~4分くらいです。
e0208058_08470210.jpg

e0208058_08471902.jpg
e0208058_08473217.jpg
ここでは赤と白を1種類づつ飲ませてもらったのですが、甲斐ノワールの赤が、土臭くて好みの味と香りだったので、1本買って帰りました。山梨で赤というと、マスカットベリーAという品種のものが多くて、これは味は辛口なんですが、香りが甘くて個人的にはあまり好みではないので、甲斐ノワール良かったです。
e0208058_08483932.jpg
その後はシャトーメルシャンに向かうのですが、通り道に「蒼龍葡萄酒」があるので立ち寄ることにします。ここは前に来たことがありますが、カウンターでカップを受け取ると、あとは手酌で飲む方式です。ホンジョーからは5分くらいです。
e0208058_08524298.jpg

e0208058_08525877.jpg

e0208058_08541159.jpg
蒼龍から2~3分くらい歩いてやって来たのは毎度の「シャトーメルシャン」。メジャーなワイナリーなので、さすがに賑わっています。店内や外の日陰の席はだいたい埋まってました。
e0208058_08561753.jpg

e0208058_08563602.jpg
ここは有料試飲です。ワイン自体は赤白ロゼ泡など20種類くらいあります。カウンターでお金を払ってその場で受け取ります。単品でも頼めますが、セット物も充実しているのでセットをいただきます。「シャトーメルシャン限定品セット(700円)」これはここでしか飲めないワインのセットです。因みに量は通常の1杯(バイザグラス@100ml)かテイスティング(30ml)か選べますが、セット物はテイスティングの量になります。
e0208058_08571278.jpg

e0208058_08584068.jpg

シャトーメルシャンは試飲会場がカフェのようになってて、広いし景色もいいので初心者の方にもおすすめのワイナリーです。

e0208058_10303165.jpg
次はここからちょっと歩いたグレイスワインを目指します。川沿いの道を歩いて行くと、前回来たときに立ち寄ったマグヴィスワイナリーもありますが、今回はスルーします。
e0208058_10345081.jpg
e0208058_10350501.jpg
そしてグレイスワインに到着。20分くらい歩いたでしょうか。ツタで覆われた重厚な建物が目印です。
e0208058_10361632.jpg
入口を入り階段を上がった2階で試飲ができます。
e0208058_10380844.jpg
これまで3回くらい来ていますが、昨年来たときはカウンターで注文し、その場でワイナリーの方と会話しながら飲めたのですが、今回は一部のワインを除いて、カードを購入し(1500円)自販機でワインを注ぐような方式に変わっていました。なんというかちょっと味気ない感じというか、事務的になってしまって残念です。そのせいか、ワイン自体はすごく人気はあるはずですが、試飲会場にはいつもより人が少ないような気がしました。
e0208058_10401735.jpg
e0208058_10403029.jpg
e0208058_10411194.jpg
とりあえず、ちょっともやもやしながらも、ここからは駅を目指して歩きます。10分くらい歩いたころ、ワイナリーを発見したので入ってみることに。そこは「マルサン葡萄酒」。ここも初めて来るワイナリーです。
e0208058_11163429.jpg
中に入るとこじんまりとしたカウンター席があって、アットホームな雰囲気です。ここではお母さんがいろいろ勧めてくれるので、4杯ほど飲ませていただきました。なかでも一番左のロゼが複雑な味わいですっきり辛口で美味しかったので、買って帰りたかったのですが、荷物が重くて疲れていたので断念しました。
e0208058_11183425.jpg

e0208058_11223869.jpg
こんなにたくさんの種類のブドウを使っているんです。20種類もあります。
e0208058_11225586.jpg
そろそろ歩き出さないと、予定の電車に乗れなくなるのでワイナリーを後にします。ちょっと和んだ気持ちになれてよかったです。ここから早歩きで30分くらいかかったでしょうか。やっとこさ勝沼ぶどう郷駅に到着します。乗り過ごすと1時間くらい待たなきゃいけないので必死に歩きました。最初だけタクシー使いましたがその後はずっと歩きだったのでトータル9kmくらい歩きました。今夜はよく眠れそうです。


因みに今回辿ったコースは以下のとおり8つのワイナリーでした。頑張れば10くらいは全然いけますよ。
17.丸藤 → .18.フジッコ → 16.まるき → 13岩崎(ホンジョ―)→ 10.蒼龍 → 9.シャトーメルシャン → 5.中央葡萄酒(グレイス)→ 25.マルサン(地図は駅で配布されている甲州市役所産業振興課発行のものです)
e0208058_07382070.jpg

以前の記事 → 2015.5  2017.5



よかったら下のバナーをクリックお願いします






by 07takeshi | 2018-04-29 12:00 | 山梨県 | Comments(0)

代々木上原 『エンボカ東京』

今日は友人達との食事会です。今宵会場となったのは、代々木上原にあるピザが美味しいイタリアン「エンボカ東京」。友人が予約してくれたお店です。代々木上原からは徒歩5分くらいだと思うのですが、場所が分かりづらいので、気を付けないと通り過ぎてしまうので要注意です。
e0208058_16153602.jpg
e0208058_16154857.jpg
お店は一戸建てで店内はレトロで味のある雰囲気です。4人掛けのテーブル席に案内され、4名揃ったところで乾杯!僕が頼んだのはベルギー産の生ビールから「ダークビール(850円)」。瓶じゃなくてベルギーのビールが2種(ホワイト・ダーク)、ドラフトで飲めます。
e0208058_13241270.jpg

e0208058_13241977.jpg


フード1品目はすぐに出るものから「佐島タコのテリーヌ(1600円)」
佐島というのは横須賀にある海沿いの街。タコの旨味が凝縮されていてタコの味が濃い!ほんのりスモーキーさもあって煮凝りのようなゼリー状の部分もいい味です。
e0208058_13250717.jpg

e0208058_13251499.jpg

2品目は野菜系から「温野菜盛り合わせ(3500円)」
けっこうインパクトのある値段ですが、出てきたのを見て納得。すごい量の野菜です。数えたら25種類くらいありました。かなりの量なんですが、野菜であっさりしているので、パクパク食べられます。カボチャやカリフラワーのような普通ものもありますが、見たこともないような野菜もあったりして面白い。ピンチョスみたいで食べやすいです。
e0208058_13254380.jpg

e0208058_13255020.jpg

e0208058_13255755.jpg

次はピザを頼むのですが、20種類くらいあってハーフ&ハーフにもできるみたいなので、4人で1種類ずつ好きなものを選んで、2枚頼むことにします。まず1枚目は「マルゲリータ&ふきのとう(2100円)」
不思議な組み合わせになってしまいましたが、4人中3名が和のメニューを選んだのでこうなりました。
e0208058_13263738.jpg

まずは「ふきのとう」。アンチョビソース・モツァレラにふきのとうがのっていて、食べるとまさに和!ふきのとうのほろ苦さがきちんとあって、大人味で美味しいです。
e0208058_13264412.jpg

定番のマルゲリータもトマトソースも美味しいですが、特に生地が美味しいです。シンプルだからこそ、そういう基本的な部分の美味しさが際立ちます。
e0208058_13265930.jpg


2枚目のピザは和風から「青のり&ちりめん山椒(2400円)」
e0208058_13274054.jpg

まずは「青のり」から。これは青のりとモツァレラという組み合わせ。食べた瞬間すごい青のりの香りが広がって、その後にチーズのコクがやってきます。意外な組み合わせですが美味しいです。
e0208058_13274827.jpg

続いては僕が選んだ「ちりめん山椒」。これは京都の有名店「やよい」のちりめん山椒と九条ネギを散らしています。これもちりめん山椒の味がすごく感じられて、そこに九条ネギの香りも合わさって、京都のもの同士だから相性いいですね。でもきちんとピザなんです。
e0208058_13275443.jpg

変わったピザも多かったのですが、生地自体がとにかく美味しいので、定番のものはもちろん、和のものもホントに美味しいピザでした。人気なのも納得の良店でした。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都渋谷区元代々木町16−16



エンボカ東京ピザ / 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2018-04-22 18:00 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)

池袋 『アガリコ餃子楼』

今日は会社帰りに池袋で一人飲みです。やって来たのは池袋の西口側にあるアガリコ餃子楼。本店は北千住で、あとは新橋や千葉にも店舗があるようです。因みにエスニック料理のアガリコは兄弟がやられているんだとか。
e0208058_08575356.jpg

e0208058_09000807.jpg
店内はカウンターメインで細長く、奥にはテーブル席もあるようです。このお店は店名のように餃子がメインだと思いますが、その他のメニューも豊富です。とりあえず餃子を頼むつもりなので、まずはビールといきたいところですが、シャンドンが500円で飲めるので、まずは「シャンドン ブリュット(500円)」を注文!なみなみと注いでくれます。このあと2杯くらい飲みました。
e0208058_09063590.jpg



e0208058_09064556.jpg
それともちろん餃子。餃子は10種類くらいあって、定番の焼きや水以外にも野菜のベジ餃子や変わり種のパクチージェノベーゼ餃子などもありますが、まずは「手づくり餃子(350円)」今回のは若干焼きが甘いようにも感じましたが、味はジューシーで美味しかったです。タレも味噌だれで面白い。
e0208058_09175529.jpg

e0208058_09181078.jpg
2品目は「四川風よだれ鶏(450円)」
程よいピリ辛で、シャキシャキのネギとしっとり柔らかい鶏肉がいい相性。さっぱりしたシャンドンともよく合います。
e0208058_09215928.jpg



e0208058_09220939.jpg
3品目「トリュフ焼売(500円)」
食べると口の中から鼻にトリュフの香りがフワッと抜けていきます。こちらも中の餡がジューシーで旨い!
e0208058_09245682.jpg



e0208058_09250741.jpg
ここでお酒を白ワインに切り替えますオリジナルのワンカップワイン「亜ガリコブラン(500円)」中身は国産のワインで、程よい辛口で飲みやすく、料理にあうワインでした。
e0208058_09280281.jpg
最後の一品は1個から頼める「丸ごとエビ餃子(160円)」
海老が丸ごと1匹入って、食べるとプリプリの歯応え。ピリ辛のソースと相性がいいですね~
e0208058_09314452.jpg
500円程度のリーズナブルなメニューが多いので、一人で来てもいろいろ楽しめるのがいいですね。個人的にはシャンドンが500円で飲めるのがすごく気に入りました。店員さんも気さくな接客で居心地いいですし、また来たいと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都豊島区池袋2丁目19−9



by 07takeshi | 2018-04-20 19:00 | 豊島区・北区 | Comments(0)

中野 『PEP(ペップ)』

今日は中野で一人飲みです。先日ネットで見つけた気になるお店にやってきました。そのお店はブロードウェイ近くの路地裏にあるビストロ「PEP」。普段使いできるカジュアルな雰囲気のお店です。お店は以前、中華屋さんだったのでしょう。上に看板がそのまま残っています。
e0208058_20101695.jpg
店内は赤を基調としたフランスの下町のビストロっぽい雰囲気(行ったことはありませんが…)でいい感じですね。早い時間だったので、まだ先客はなく、カウンター席に腰かけます。
e0208058_20163160.jpg
とりあえずビールを頼みますが、面白いことにコップサイズ(200円)もあります。コップを見せてもらいましたが、ホントに普通のコップくらいの大きさでちょっと少ないので、「ジョッキ(500円)」にします。
e0208058_20194742.jpg

フード1品目は「和牛タルタル(Sサイズ@580円)」
ニンニクの風味が効いたソースの味がいい。柔らかいけど適度な歯応えもあってクセになりそうです。
e0208058_20294781.jpg

ここで2杯目は「コップ白(250円)」
安いながらなみなみと注いでくれます。すっきり程よい辛口で飲みやすいワインでした。
e0208058_20341039.jpg
フード2品目はお勧めされた「骨髄のオーブン焼き(300円)」
見た目からして面白い。骨の上にハンバーグみたいなのが載っています。スプーンですくってみると、中はコンビーフみたいな感じで、肉の旨味が凝縮されていて美味しい!もちろん骨の中にも入っています。
e0208058_20354570.jpg


e0208058_20413955.jpg
食べ終わった後はこんな感じ。向こうが見えます。
e0208058_20423917.jpg
次は「コップ赤(250円)」こちらも程よい重さもあり、甘くなく飲みやすいです。
e0208058_20442783.jpg
フード3品目「すり身魚のクネル 濃厚オマールソース(S@450円)」
クネルとは肉や魚をすりつぶして、蒸したり茹でたりする料理。ふわっと柔らかい食感のクネルにオマール海老の風味がすごい。めっちゃ旨いです。
e0208058_20481033.jpg

e0208058_20483935.jpg
次のお酒は「本日の泡(500円)」
e0208058_20584780.jpg
締めの一品は汁ものから「オニオングラタンスープ(450円)」
寒い季節ではないですが、やっぱり温かい汁ものは美味しいですよね~ 食べると玉葱の甘みがガツンときます。焦げたチーズの香りも食欲を掻き立て、スパークリングにも合いますが、白ワインにはもっと合うと思います。
e0208058_21042332.jpg

e0208058_21051440.jpg

1階はカウンター席ですが、2階はテーブル席のようなので、一人で来てもいいですが、複数人でもよさげです。メニューも多くはSサイズがあるから、一人で来ても色々食べられるのがいいです。中野で気軽にフランスの風を感じたいときは是非どうぞ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京中野区中野5-55-7




by 07takeshi | 2018-04-17 18:00 | 中野区 | Comments(0)

荻窪 『orq.(オーク)』

今日は荻窪で奥さんとディナーです。やって来たのは1年ほど前にオープンしたお店「オーク」。ネットで見つけたお店で、ネット上ではランチの情報が多いのですが、ディナーもよさげだったので、行ってみることにします。場所は荻窪駅南口から出てすぐのところで、ちょうどコメダ珈琲の向かいの建物の2階になります。
e0208058_09191580.jpg

入口からしてそうなんですが、店内もとても綺麗でお洒落な雰囲気で、土曜晩の店内は満席です。すでに人気なんですね。あらかじめ予約していたので窓際のソファ席に案内されます。まずは「生ビール(500円)」と「レモンサワー(600円)」で乾杯!グラスはお店のロゴ入りです。で、面白いのがこのレモンサワー。国内産のノーワックスのレモンを丸ごと1個使い、上にはレモンのエスプーマ(泡)が載っていて美味しいし、インパクトもあります。

e0208058_09222344.jpg


料理1品目「クレソンとネギ ザーサイのサラダ(580円)」
クレソンとネギがシャキシャキ!ザーサイとの組み合わせが意外ですが、合いますね。ドレッシングが味控えめなので、野菜の旨さが際立ちます。
e0208058_23593609.jpg


2品目は「カプレーゼ(500円)」
まさにインスタ映えという言葉がぴったりだと思います。カラフルなカラートマトにモツァレラの白とバジルの緑が映えます。これもバジルのソースが美味しい!
e0208058_00001284.jpg


e0208058_00003690.jpg


ここでお酒2杯目ドイツのリースリングの白ワイン(650円)
e0208058_09230114.jpg

こちらは奥さんの2杯目「ラ・フランスのモヒート(600円)」ミントもたっぷり入ってます。
e0208058_09231258.jpg
3品目「有機ニンジン丸ごと1本豚肉巻き(680円)」
丸ごと1本のニンジンに豚肉を巻いた、見た目は豪快な料理。食べるとびっくりするくらいニンジンが柔らかい!ニンジンの甘みに豚肉の脂がよくマッチしています。
e0208058_00010987.jpg


4品目「豚肉とレンズ豆の煮込み(800円)」
たまたまかもしれませんが、メニューの写真のイメージと違い、かなり量が多いといういい意味の裏切り。真ん中のレンズ豆のところにも肉がぎっしり詰まっていました。口に入れると肉はトロトロ。味付けは塩でシンプルながら、レンズ豆と豚の旨味が出た煮汁もとっても美味しい!
e0208058_00011425.jpg


e0208058_00044198.jpg

事前情報も少なく、始めてくるお店でしたが、とっても良かったです。料理も今日食べたもの以外にもいろいろ食べたいものがあったので、また来たいと思います。因みにランチも評判いいみたいです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区荻窪5丁目29−10




by 07takeshi | 2018-04-14 20:00 | 杉並区(荻窪) | Comments(0)

新宿 『丸鶏るいすけ』

今日は地元大阪の友人達との飲み会です。やって来たのは新宿にある「丸鶏るいすけ」。鶏の丸鶏の素揚げが名物の人気のお店です。場所は新宿の西口側の高層ビル群から渡ったお墓とか公園のある辺りで、この付近は結構いいお店があります。
e0208058_06334181.jpg
金曜晩の店内は大盛況で、満席です。僕も2~3週間前に3名で予約を入れたのですが、テーブル席はとれず、カウンターのコーナー部の席になりました。二人は早く着いたので、時間前でしたが待たずに「生ビール(580円)」で乾杯します!
e0208058_21402920.jpg

お通しはこちら。鶏もも肉?とザーサイを和えたものでした。
e0208058_21410393.jpg

程なくしてもう一人も合流し、まずは野菜系から「梅香るグリーンサラダ(680円)」
たくさんの種類の野菜に梅ドレッシングでさっぱり。このお店は鳥がウリなのですが、思いのほか野菜も美味しい!
e0208058_21412182.jpg


ここでお酒をワインに切り替えます。グラスもありますがメニューを見て気になったものがあったのでそれにします。「ミュゼドゥヴァン松本平ブラッククイーン(3500円@ボトル)」これは長野のワインで、ブラッククイーンというのは外国産のブドウかと思いがちですが、実は日本で作られた赤ワイン用のブドウです。ちょっと濃い目の色合いで、以前山梨のワイナリーでこのブドウのワインを飲んだことがあって、美味しかったので今日も飲んでみることにします。しっかりボリュームがあって美味しい!鶏料理メインだから白の方がいいのかなぁとも思いましたが、意外と鶏にも合いました。
e0208058_07241020.jpg
料理2品目「砂肝とこころのかご焼き(600円)」
砂肝とハツ(心臓)をかごに入れて炭火で炙っていくのですが、ちょうど僕の目の前に焼き場があったので焼いているところがよく見えました。砂肝って焼鳥だと結構硬いイメージですが、ここのはとても柔らくて美味しい。硬いのはちょっと苦手なのでよかったです。ハツもプリプリの歯応えがいい感じです。
e0208058_21415905.jpg


料理3品目「炙り鶏皮ポン酢(540円)」
炙ってあるのでとっても香ばしい。嫌なグニュっとした食感はなくて、表面は一瞬サクッと、中はジューシーでほんのり甘みもあります。
e0208058_21421209.jpg


e0208058_21424187.jpg

料理4品目「鶏ハラミの辛ポン酢(420円)」
希少部位の鶏ハラミを鬼おろしでさっぱりといただきます。上に載っているのは辛いソースなので、これを付けるとパンチのある味になります。
e0208058_21430890.jpg


e0208058_21432369.jpg


料理5品目はここに来たら必食、名物の「鶏の丸揚げ〈半〉(980円)」
これは手でつかんでいただきます。サクッと心地いい食感の後に鶏の旨味がしっかりきます。骨付きだったり骨なしだったり、いろんな部位が楽しめるのもいいですね。カレー塩とかオリーブオイルも添えられていますが、そのままでも十分旨い!
e0208058_21433925.jpg


料理6品目「フライドポテト明太マヨ添え(470円)」
安定の旨さですが、ちょっとしっとりした感じだったのが残念でした。サクッと仕上がっていればなぁ…
e0208058_21435518.jpg

締めは炭水化物から友人達は「12種のちりめん茶漬け(440円)」添えられているのはお茶ではなく、鶏ガラスープです。
e0208058_21440824.jpg

僕が頼んだのは「昔懐かしいチキンラーメン(480円)」
これはラーメン自体はホントにチキンラーメンなんですが、スープはこのお店で作っている鶏ガラスープをかけています。なので、スープの旨味が濃い!美味しいんですけどやっぱりチキンラーメンの味になりますね。
e0208058_21442525.jpg


e0208058_21443834.jpg


最後に鶏スープを出してくれますが、これが相当旨いです。単品で頼みたいくらいです。
e0208058_08260162.jpg
以上、お腹いっぱい食べてそれなりに飲んで、一人4000円いかないくらいとリーズナブル。料理も美味しかったですし、店員さんも愛想よく元気でいいお店でした。人気なのが分かりますね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都新宿区西新宿7丁目14−6



by 07takeshi | 2018-04-13 19:00 | 新宿区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『山猫軒』

今日は阿佐ヶ谷でディナーです。やって来たのはラピュタ阿佐ヶ谷にあるフレンチ「山猫軒」。久しぶりの訪問なので楽しみです。お店は建物の3・4階にあり、4階のテーブル席に案内されます。
e0208058_07223927.jpg
まずはドリンク。ちょっと贅沢にシャンパンをいただきます。フルボトルだとちょっと多いですが、ハーフボトルもあるので安心です。「ブリューノ パイアール(ハーフボトル@3950円)」きめ細かい泡に、柑橘系を思わせる爽やかなフレーバーがいいですね。
e0208058_07385613.jpg


e0208058_07400053.jpg

ここは基本的にコースでの注文になります。コースは、A(3100円@オードブル+主菜+デザート)、B(3900円@オードブル+前菜+主菜+デザート)、C(5500円@オードブル(冷)+オードブル(温)+魚料理+肉料理+デザート)とありますが、Bをチョイス。オードブルの前に、まずはオリーブが運ばれてくるので、それをつまみながらシャンパンをいただきます。
e0208058_12475669.jpg


しばらくして前菜が運ばれてきました。今日の内容は「①新玉ネギのブラマンジェ ウニ添え」「②宇和島産マダイのカルパッチョ」「③フルーツトマトとモツァレラのカプレーゼ」 ①は滑らかな食感で、玉葱の甘みだけでもすごいのに、そこにウニの甘みも加わって甘みと旨みの相乗効果があります。②は上に載った細切り野菜のシャキシャキの食感の後に、鯛の旨味が入ってきます。③はフルーツトマトのは甘さもさることながら、とっても瑞々しい。定番の組み合わせだけに、モツァレラとの相性も抜群ですね。
e0208058_23352532.jpg



e0208058_23353275.jpg



e0208058_12490183.jpg


前菜は「五島列島産サザエの壺焼きとブラウンマッシュルームのエスカルゴ」
サザエはプリプリの食感で濃厚なパセリバターのソースとよく合います。マッシュルームも自体のコクとソースのコクが相まって、単品の料理でもいいくらいの美味しさです。
e0208058_12494298.jpg



e0208058_12494913.jpg


こちらは奥さんが頼んだ「フレッシュフォアグラのプリン仕立て」一見デザートのように見えますが、これも美味しそうでそそられますね~
e0208058_12501597.jpg


主菜は「バヴェットステーキ 赤ワインのソース」
ハラミ特有の弾力のある食感に旨みがしっかりで、たっぷりかかった赤ワインのソースも旨し!
e0208058_12504103.jpg


e0208058_12504802.jpg


こちらは奥さんが頼んだ「岩手県ハーブ豚の網焼き マスタードソース」。一切もらいましたが、脂身が甘くてジューシーなお肉でした。
e0208058_12510739.jpg



デザートは「ガトーショコラ バニラアイス添え」
ほろ苦く大人味。甘すぎないのがいいですね。
e0208058_12512851.jpg

こちらは奥さんが頼んだ「イチゴのミルフィーユ ピスタチオのアイス添え」
e0208058_12514123.jpg

比較的リーズナブルながら、きちんとしたフレンチがいただけるいいお店です。駅からも近いですし、建物のやお店の雰囲気も味があるので、お勧めのお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都杉並区阿佐谷北2丁目12−21


レストラン 山猫軒フレンチ / 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2018-04-08 18:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

中野 『オルガニコ』

今日は中野でお買い物。その後は最近お気に入りの中野レンガ坂で食事をすることにします。やって来たのは、以前一人で来たことのある「オルガニコ」。BALのような気軽に料理やお酒、特にワインが楽しめるお店です。場所はレンガ坂入ってすぐの左側にあるビルの2階になります。
e0208058_23311378.jpg
店内に入りテーブル席に案内され、まずはスパークリングワイン「コドーニュ ブリュット(700円)」と紅茶のリキュール「ティフィンのソーダ割り(600円)」で乾杯!
e0208058_23313255.jpg

お通しは「ケイクサレ」。チーズとベーコンでお酒にも合って美味しい!
e0208058_23315187.jpg

1品目「大人のポテトサラダ(480円)」
胡椒がピリッと効いてスパイシーで大人味。ベーコンもごろりと入っています。

e0208058_23334816.jpg


e0208058_23340546.jpg

お酒2杯目は南アフリカの赤ワイン「フェアヒルズ(600円)」程よい渋みと重みで好みのワインでした。
e0208058_23342534.jpg

2品目「牡蠣のソテー(580円)」
身はプリっとしてやわらか、バター醤油の甘辛いソースの味がいいですね。
e0208058_23343805.jpg

3品目「ホワイトアスパラのソテー(780円)」
アスパラだけじゃなく、目玉焼きやベーコンも付いていて、賑やかな感じ。
e0208058_23522588.jpg

目玉焼きはちょうどいい半熟加減で、崩すと黄身がトロ~リ。
e0208058_23524184.jpg

ベーコンはしっかり厚みもあり大ぶりなもの。食べ応えあります。
e0208058_23525132.jpg

ホワイトアスパラはシャキシャキしながらも柔らかくジューシーです。
e0208058_23530072.jpg

3杯目はイタリアの白ワイン「ファランギーナ(600円)」。さっぱりで飲みやすかったです。
e0208058_23533405.jpg

4品目「自家製ソーセージ(780円)」
これも気になったメニューです。ナイフで切って口に運ぶと、中の肉が柔らかくて香りが豊か!普通のソーセージみたいな感じを想像していたら、食感からして全然違う。ちゃんと自家製感があって美味しいソーセージでした。
e0208058_23534760.jpg
今日で2回目の訪問でしたが、価格もリーズナブルですし料理も美味しいので、とっても良かったです。それに、きれいなお店なので女性も入りやすいと思います。奥さんも今度、友人との食事会で使うと言ってました。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都中野区中野3丁目34−24 千野ビル2F




Organicooバル・バール / 中野駅新中野駅東高円寺駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


by 07takeshi | 2018-04-03 20:00 | 中野区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る