人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小淵沢 『白州蒸留所2019』

山梨旅2日目は、白州蒸留所に行きます。ここも僕にとっては山梨旅での定番コースで、過去に何度も来ていますが、実は工場見学はしたことがなく、いつもバーで飲んでいるだけですが、それだけでも楽しいので何度も来てしまいます。

e0208058_07370770.jpg

宿泊した甲府からは鈍行で40分くらいで最寄り駅の小淵沢に到着します。
e0208058_07373559.jpg

ここからは、休日に運航している蒸留所までの送迎バスに乗って10分くらいで白州蒸留所に到着します。
e0208058_07374723.jpg

ゴールデンウィークの蒸留所は多くの人で賑わっています。なぜか子供連れの家族が多いのが不思議です。僕はバーで飲みたいだけなので、さっそくお目当ての「バー白州」へ。まだ朝の10時半頃ですが、すでに飲んでる人もいます。
e0208058_07393981.jpg

昨年よりも更に座れる席が減って、4人掛けの丸テーブルが2個だけとなり、あとは立ち飲み用のテーブルだけになりました。一人だったので、さすがに4人テーブルを使うのも気が引けたので、壁際のカウンターに陣取ることにします。
e0208058_07435999.jpg

まずは構成原酒から飲もうと思ったのですが、なんと、なくなっていました。代わりにできていたのがこれらのものです。昨今のジャパニーズウイスキーブームでどこも原酒が不足してるんですねぇ。
e0208058_07404626.jpg

最初に飲むのは上から3つ。「響 ブレンダーズチョイス(400円)」「山崎 スパニッシュオーク(300円)」「山崎 モンティージャワインカスク(300円)」因みにここではストレートのハーフショット(15ml)のみの提供になります。3種とも香りがしっかりですが、特にモンティージャワインカスクが印象的で、焦げたカラメルのような甘苦い香りでした。
e0208058_07395910.jpg

e0208058_07401522.jpg

次は「山崎リフィルシェリーカスク(300円)」「山崎ピーテッドモルト(300円)」「白州グレーンウイスキー・ライ(200円)」
シェリーはザ・シェリーという甘い香りで、ピーテッドは対局的なスモーキーで心地よいヨード臭。ライは爽やかな甘い香りながら、4年と若いのでガツンとくるパンチのある味わいも。
e0208058_07442311.jpg

続いては響を飲み比べ。「ノンエイジ(200円)」「21年(600円)」
ノンエイジもバランスがとれて美味しいのですが、飲み比べると21年は味も香りも深みが違います。21年なんてめったに飲めないので。じっくり味わいました。
e0208058_07443799.jpg

次は山崎を飲み比べ。「12年(200円)」「18年(600円)」
12年は完成された深みのある味わいです。ほんのり甘く比較的飲みやすいかと思いますが、18年は例えていうならいい日本酒みたいで、しっかりした香りと熟成された旨みもあるのですが、スーッと飲めるカドがとれた優しい味わいです。
e0208058_07445200.jpg

最後は「白州ノンエイジ(100円)」「碧(200円)」
白州はリーズナブルながらしっかり香りと味わいもありコスパのいい一杯。碧は初めて飲みますが、世界の5大ウイスキーをブレンドしたとなっているので、日本・アメリカ・カナダ・スコットランド・アイルランドのウイスキーをブレンドしているようです。シングルモルトとは違ったバランスの良さで飲みやすく仕上がっています。
e0208058_07450566.jpg

今日飲んだウイスキーがこちら。ハーフショットとはいえ12杯なので結構酔っぱらってしまいました。
e0208058_07451751.jpg

バーを出た後は酔い醒ましも兼ねてバードサンクチュアリを散策します。以前はもっと鬱蒼としていましたが、ちょっとすっきりしましたかね。
e0208058_07453348.jpg

e0208058_07454332.jpg

今回初めて知ったのですが、ウイスキー博物館の上は展望台になっていて景色が綺麗です。
e0208058_07455595.jpg

東京からも比較的近く、ウイスキーだけじゃなく、レストランもあったり、工場見学もできるので色々楽しめますよ。もちろん僕みたいにウイスキー好きな方なら飲むだけでもすごく楽しいと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




【住所】山梨県北杜市白州町鳥原2913−1




サントリー白州蒸溜所バー・お酒(その他) / 北杜市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2019-04-28 10:30 | 山梨県 | Comments(0)

甲府 『蓬莱軒』

夜は甲府に泊まります。甲府にもいい飲み屋さんは色々あるのですが、昼間の酒ががっつり残っているので、飲むのはやめて食事だけすることにします。食べに行くのはラーメン。ネットで評判のいいお店なんですが、駅からちょっと離れているのでこれまで行ったことがなかったお店に行きます。そのお店は「蓬莱軒」。今日は時間もあったので散歩がてら行ってみることにします。甲府中央のアーケード街からさらに10分くらいかかるので、駅から歩くと20分くらいかかるでしょうか。お店に到着すると思いのほか大きいお店でちょっとびっくり。
e0208058_11374586.jpg

e0208058_11405014.jpg

店内はテーブル席、座敷、カウンター席とありますが、一人なのでカウンター席に腰かけメニューを見ます。ラーメン類が中心ではありますが、炒飯などのご飯ものが少々と、あとは一品物が充実しており、餃子・野菜炒め・八宝菜・肉団子などもあります。ラーメンはノーマルの支那そば(750円)以外にもタンメン(950円)やワンタン麺(850円)などもありますが、「チャーシュー麺(950円)」を注文します。しばし待った後に運ばれてきたのがこちら。チャーシューがすごいボリュームです!
e0208058_12001013.jpg

まずはスープ。出汁が効いた醤油味で、すごくすっきりしていますが旨味もしっかりあります。
e0208058_12020436.jpg

麺はほぼストレートの中細麺。適度にスープも絡み つるりと喉越しがいいです。
e0208058_12031236.jpg

そしてなんといっても圧巻なのがこのチャーシュー。大きさもかなりある上に厚みがすごい。1センチくらいあるんじゃないでしょうか。しかもそれが4枚も入っています。1000円を切る価格でこのボリュームはすごいですね。多分新宿だったら1300円くらいすると思います。もも肉あたりでしょうか、脂身はあまりなくて赤身がしっかり味わえますが、適度に柔らかさもあります。
e0208058_12044990.jpg

餃子も頼もうかと思っておりましたが、やめといてよかったです。チャーシューがボリュームありすぎて、これ一杯でお腹がはちきれそうです。もちろんボリュームが売りということではなくて、スープ・麺・チャーシューとどれもきちんとしていて、全体として完成度の高いラーメンでした。山梨で麺というと、ほうとうが名物ですが、ラーメンが食べたいときにはお勧めです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




【住所】山梨県甲府市中央4丁目12−28




蓬来軒 本店ラーメン / 金手駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


by 07takeshi | 2019-04-27 18:30 | 山梨県 | Comments(0)

勝沼ぶどう郷ワイナリー巡り2019

今年のゴールデンウィークは例年のごとく、山梨へワイン&ウイスキー旅に行きます。通常ならこの時期は比較的暖かく、昼間はTシャツで歩き回れるくらいなのですが、今年は寒いのでちょっと厚着で行ってきました。10時半ごろに到着し勝沼ぶどう郷駅からはタクシーに乗り、まずは1軒目にやって来たのは「くらむぼんワイン」。昨年はちょうど昼休憩中に来てしまい、入れなかったので今年は1軒目に来ました。因みにタクシーはワイナリー近くの勝沼図書館までで1300円くらいでした。
e0208058_07541652.jpg

古民家を改装した建物内にショップがあり、有料(500円)で試飲ができます。基本的にはお金を払った後は手酌で飲む方式ですが、1杯目はスパークリングワインを出してくれるので、それは係の方が注いでくれます。
e0208058_07543872.jpg

e0208058_07565541.jpg

e0208058_07570732.jpg

e0208058_07571719.jpg

2軒目は歩いて5分くらいのところにある「イケダワイナリー」。過去に一度来たことのあるワイナリーです。ショップに入ると看板犬ちゃんが歓迎してくれます。かわいい!
e0208058_08001638.jpg

e0208058_08002774.jpg

e0208058_08003542.jpg

ここも有料(500円)での試飲で、お店の方がちょっとずつ10杯くらい飲ませてくれます。
e0208058_08013382.jpg

e0208058_08014531.jpg

3軒目は初めて来るワイナリー「大泉葡萄酒」。イケダからだと5~6分くらいでしょうか。店構えも含めちょっとマイナーなワイナリーかと思います。ここは無料試飲で対面で4~5杯ほど飲ませてもらいました。無料だからといって買わなくても大丈夫なんですが、デラウェアの白が美味しかったので1本購入します。(1300円くらいだったかな)

e0208058_08025807.jpg

e0208058_08074933.jpg

続いて5分くらい歩いたところにある「蒼龍葡萄酒」に来ましたが、運悪く団体がいたのでスルーします。ちなみにここは、係の方からカップをもらい、手酌で飲む方式です(無料)
e0208058_08095781.jpg

そこから2~3分の所にある「シャトーメルシャン」に。この日はGWの初日で天候もいまいちだったせいか、全体的にどこもすいてましたが、さすがここだけはそこそこの賑わいでした。それでもいつもの連休に比べたら人は少なかったように思います。
e0208058_08115887.jpg

ここは有料試飲で、テイスティング(30ml)かバイザグラス(100ml)か選んでキャッシュオンで注文する方式です。あと、3杯くらいのセット物も色々あるので、それを頼むのが手っ取り早いと思います。値段はテイスティングで100円~600円くらいです。僕は初めて見るロゼのセットを頼みました。(3杯で800円)。あと、フードもあるので食事もできます。
e0208058_08202303.jpg

e0208058_08203828.jpg

e0208058_08205524.jpg

続いては10数分くらい歩いて川沿いにある数年前にできた新しいワイナリー「マグヴィスワイナリー」に行きます。
e0208058_08224355.jpg

以前来たことがあるのですが、セレクトショップのように非常にお洒落で綺麗なワイナリーです。ここは有料試飲で、休日限定のスパークリングワインとおつまみのセット(850円)と白(270円)を頼みました。
e0208058_08243893.jpg

e0208058_08430861.jpg


e0208058_08432466.jpg

続いては歩いて10分くらいの「グレイスワイン」。ここはかなりメジャーなワイナリーですね。社長の娘さん(美人)はワイン醸造家でTVのセブンルールにも出ていたのを見たことがあります。もちろんワインもすごく美味しくて海外で賞もとっているみたいです。
e0208058_08502261.jpg

e0208058_08551626.jpg

ここは最近増えてきたプリペイドカード方式で、1500円でカードを買い、1000円分飲めるというもの。デポジット料の500円はワインを買うと充当してくれます。白は自販機で飲むことができ、赤は対面で注いでもらいます。
e0208058_08525785.jpg


e0208058_08532989.jpg

これは一番高いワイン「キュベ三澤」。販売用は完売してありませんが、試飲はできました。(600円)
e0208058_08542787.jpg


続いてやって来たのはグレイスワインのすぐ目の前にある「麻屋葡萄酒」。ここは基本的に手酌で自由に飲む方式です。
e0208058_08575221.jpg

e0208058_08590951.jpg

一部のワインは有料(300円)になります。個人的に好きな甲斐ノワールの赤があったので飲んでみました。土臭い香りが好きなんです。
e0208058_09003290.jpg

e0208058_09012138.jpg


続いてはここから徒歩3~4分の所にある「大和葡萄酒」。ここは面白くて暖かい季節の土日祝日にはビアガーデンをやっているので行ってみます。少し寒かったのですが、せっかくなのでビールを飲みます。ビールは本場ドイツ製法で作ったクラフトビール。
e0208058_09035525.jpg

e0208058_09070344.jpg
ビールは「ピルスナー」「ヘレス」「ヴァイツェン」「ドンケル」とありますが、ドンケルをチョイス(800円)」色も濃くてストロングタイプのビールでした。
e0208058_09071951.jpg

次が最後のワイナリーなのですが、ビールを飲んでちゃんぽんになったせいか、この辺りから記憶があやふやで、記憶にないけど途中にあるシャトレーゼで洋菓子買ったりしていました。最後にやって来たのは「原茂ワイン」。ここも以前来たことのあるワイナリーで、ワイナリーの2階が「カーサ ダ ノーマ」というカフェになっていて、ワインを飲みながら食事が楽しめます。ここでもおそらく試飲をし、お土産にハーフボトルの「原茂ルージュ(800円)」を買って、看板犬と触れ合っていたのですが、ほとんど記憶にありません…
e0208058_14462113.jpg

e0208058_14464026.jpg

今回のワイナリー巡りは以上になります。この後、勝沼ぶどう郷駅まで歩いて行ったので、トータル9kmくらい歩いたことになり、いい運動になりました。ちょっとマップの文字が小さくて見ずらいと思いますが、今回の行程は、
⑮くらむぼんワイン → ⑫イケダワイナリー → ⑪大泉葡萄酒 → ⑨シャトーメルシャン → (37)MGVSワイナリー → ⑤中央葡萄酒(グレイスワイン) → ⑥麻屋葡萄酒 → ④大和葡萄酒 → ⑳原茂ワイン の合計9か所でした。


e0208058_21524496.jpg
※このマップは駅等で配布している甲州市役所産業振興課発行のものです。






by 07takeshi | 2019-04-27 12:00 | 山梨県 | Comments(0)

三鷹 『マイカリー食堂』

都内に4店舗しかない、松屋が経営するカレー屋さん「マイカリー食堂」。三鷹駅北口から程近い場所にあり、前を通るたびに、いつも結構賑わっているなぁと思っていたお店です。あるちょっと遅い昼時に通りがかったところ、比較的すいていたので入ってみることにしました。
e0208058_06360900.jpg


まずは道路側の屋外に設置された券売機でチケットを購入します。一見メニューは多そうに見えますが、トッピングのバリエーションなので、実質上はそんなに多くない印象です。とりあえず初めてなので一押しっぽい「ロースかつカレー(510円)」のチケットを購入します。今時カツカレーがこの値段で食べられるなんて嬉しいですね。
e0208058_20391721.jpg

店内のカウンター席に腰かけチケットを店員さんに渡します。そして、しばらくして運ばれてきたのがこちら。リーズナブルながらカツは厚みもそれなりにあるしっかりしたもの。揚げたてなので熱々サクサクなのもポイント高いです。ルーは万人受けするオーソドックスな仕上がりながら、きちんとスパイシーさもあり美味しいです。まあ、元々松屋のカレーは美味しいですからね。あと、個人的にいいなと思ったのが、黒っぽい福神漬。ココイチの福神漬も好きなんですが、ここのも美味しいです。
e0208058_20461057.jpg

e0208058_20493549.jpg

それにしてもこの内容で510円ですから恐れ入ります。人気なのも頷ける、いいカレー屋さんです。わざわざ遠くから行くようなお店ではありませんが、三鷹駅付近でカレーを食べたいときには是非どうぞ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都武蔵野市中町1-6-7





by 07takeshi | 2019-04-25 18:00 | 三鷹・武蔵境 | Comments(0)

東京 『南インド料理 ダクシン 八重洲店』

今日は友人達との食事会の日。今宵の会場は東京というより京橋の方が近いかな。東京エドグランという商業施設よりほど近い場所にあるインド料理のお店「ダクシン」。友人が予約してくれたお店なので、僕は知らなかったのですが、調べてみるとネットの評判もいいお店です。
e0208058_20591759.jpg
階段を下りた地下にお店はあります。店内はそれなりに広く、60席くらいあるでしょうか。4名揃ったところで乾杯🍻。僕のはインドのビール「キングフィッシャー(690円)」日本のビールよりさっぱりしてごくごく飲めます。
e0208058_21031943.jpg

e0208058_21044984.jpg

フード1品目は「玉ネギと茹でたヒヨコ豆のサラダ(610円)」
個人的にこれ好きなんです。さっぱり酸味がありながらもスパイスが効いたドレッシングはシャキシャキの玉ネギとしっとりヒヨコ豆と相性抜群です。
e0208058_21072276.jpg

2品目はメニューにお勧めとなっていた「バンガロールチキンフレーク(1100円)」
細長く切ったチキンを揚げてソースと和えた一品。見た目真っ赤なので相当辛いのかなと思ったら、ケチャップが入っているとのことで、トマトの酸味があって、後からスパイスの辛みがじわっと効いてきます。
e0208058_21115379.jpg

続いてもお勧めの「カリフラワーマンチュリアン(900円)」
これはカリフラワーを揚げてソースと和えたもの。さっきのとソースは同じような味付けですが、こっちの方が辛みが強い気がしました。
e0208058_21135384.jpg

ここからはカレーを2種類。まずは「チェテナード キチンカリー(1350円)」と「チーズナン(750円)」
これは20種類以上のスパイスを配合した南インドのカレー。大ぶりなチキンがゴロっと入って、スパイスがすごく効いています。辛みも強く汗が出てきますが、どんどん食べたくなってしまいます。チーズナンはトロトロのチーズたっぷりで旨い!
e0208058_21170208.jpg

e0208058_21185670.jpg

e0208058_21190993.jpg

e0208058_21192086.jpg

次のカレーは「ベジタブルマサラ(1260円)」と「レモンライス(1000円)」
これはその名の通りインドの野菜カレーですね。大ぶりにカットされた野菜がゴロゴロ入り、辛さはさっきのよりは控えめですがスパイスの風味と味はしっかり。細長くてちょっとぱさっとしたライスもカレーと相性ばっちりです。ちょっとクセのある香りがかえっていいですね。
e0208058_21215670.jpg

e0208058_21220509.jpg

e0208058_21234376.jpg

最後は「チャイ(430円)」入れてくれる時の演出がいいですね。陽気な店員さんのアクションは見ていて楽しいです。
e0208058_06453321.jpg


e0208058_21261878.jpg

どの料理も美味しかったですし、立地の割には値段もあまり高くないので、使いやすいお店だと思います。すぐ近所にある有名なインドカレーのお店「ダバ インディア」などは行列していましたが、ここはそこまでではないので、比較的入りやすいかとも思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都中央区八重洲2丁目5−12




by 07takeshi | 2019-04-24 18:00 | 中央区 | Comments(0)

吉祥寺 『トニーズピザ』

今日は現場から直帰で少し早く帰れたので、食事時に行くと混んでそうなお店に行きます。行ったお店は吉祥寺にあるピザ屋「トニーズピザ」。吉祥寺にはGGなどピザ屋さんが多いのですが、ここはイタリアのピザではなくてアメリカンなピザのお店です。
e0208058_20113331.jpg

店内はテーブル席がメインでカウンター席は3~4席ほどあります。古き良きアメリカンな雰囲気で、洗練されてないけど逆にそれが落ち着きます。
e0208058_20142781.jpg

e0208058_20144133.jpg

喉が渇いていたのでまずは「生ビール(550円)」
e0208058_20192614.jpg

ピザは初めてならこれがお勧めと言われた「ミックス(肉と野菜@790円)」を注文。出てくるまではしばらく時間がかかります。ビールを飲み干し、2杯目は「グラスワイン(450円)」。グラスワインは赤と白とありますが、どちらも値段は同じです。リーズナブルながら、なみなみと注いでくれるのはありがたいですね。
e0208058_20250935.jpg

赤ワインがきて程なくしてピザが運ばれてきました。特徴的なのは、丸ではなくて1/4の形(1/8が2枚)で出てくるところ。この形で焼いているんだろうかという素朴な疑問が湧きますが、それはよく分かりませんでした。
e0208058_20270426.jpg

それにしてもすごくチーズがたっぷりです。見た目は分厚いんですが、生地自体は結構薄いので、それだけチーズがのっているということでしょう。オランダのエダムチーズ、ドイツのモツァレラチーズ、デンマークのマリボチーズをふんだんに使っているとのこと。確かに肉や野菜も載っているのですが、主役は完全にチーズで、香りも味も濃厚で、見た目以上にボリュームもあります。
e0208058_20311583.jpg

e0208058_20312410.jpg

有名店なので、どんなものかと思っておりましたが、噂に違わず美味しいピザでした。一般的にレストランで食べるピザってイタリアのピザが多い気がするので、こういうジャンクな感じがするアメリカのピザは本能的に食欲がそそられていいですね。また来ようと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6−9




トニーズピザピザ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4


by 07takeshi | 2019-04-19 18:00 | 吉祥寺 | Comments(0)

武蔵境 『鶉(うずら)』

今日は比較的早い時間から飲んでいたのですが、ほとんど何も食べずに飲んでいたので、飲み終わったあとに小腹がすいてきました。酔いが回っていることも手伝い、前から行ってみたかったけど、駅からちょっと離れているため未だ訪問していないラーメン屋さんに行きます。そのお店は「鶉」という味噌ラーメンのお店です。都立家政の有名なラーメン屋「七彩」出身の方が店主だそうです。
e0208058_21574764.jpg

注文するのは「特製味噌ラーメン(1000円)」
いわゆる全部載せですね。初めてなので色々食べたいと思いこれにしました。味玉がのって、チャーシューが増量されています。
e0208058_23151864.jpg
まずはスープから。濃厚というわけではなく、さらりとしているんですが、味噌のコクはしっかり感じられます。
e0208058_18332296.jpg
特徴的なのは扁平な麺。七彩系ではおそらくおなじみの麺ですね。表面積が広くて縮れているのでさらりとしたスープでもよく絡むんですが、スープに負けない存在感!
e0208058_18343929.jpg

チャーシューは低温調理でしょうか。ほんのり赤くて厚みもあるので食感もしっかり。赤身の旨味がしっかり感じられるチャーシューです。
e0208058_18413335.jpg

味玉は半熟でいい塩梅の仕上がりです。
e0208058_18435708.jpg

始めて来たお店でしたが、きちんと個性が感じられて美味しいラーメンでした。味噌ラーメンの美味しいお店って意外と少ないので、また来ようと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都武蔵野市境2丁目3−20






by 07takeshi | 2019-04-17 18:00 | 三鷹・武蔵境 | Comments(0)

丸の内 『アントワープセントラル』

今日は友人達との食事会。今宵会場となったのは東京駅すぐのところにあるトキアの地下1階にあるベルギービールのお店「アントワープセントラル」。前々から来たいと思っていながらも、なかなか機会がなくて初めての訪問です。
e0208058_20075601.jpg

一人遅れていたので先に3人で始めます。ヒューガルテンなどの定番もありましたが僕が選んだのは「レフ ブロンド(950円)」
フルーティな香りでごくごく飲めちゃいます。さすが専門店だけあってベルギービールがドラフトで10種類もあります。
e0208058_20124776.jpg


e0208058_20125927.jpg

フード1品目は「ホタテのカルパッチョとビーツ(1480円)」
白いホタテに紫のビーツの彩りが綺麗ですね。さっぱりといただけます。
e0208058_21184076.jpg

2品目は名物のムール貝料理。なんと調理の仕方が7種類もあるんです。「シンプルに野菜と水で」「ヒューガルデンビール煮」「プロヴァンス風」などいろいろあるんですが、無難な感じで「白ワイン煮(Pot@2400円)」にしました。シンプルなだけにムール貝の旨味が際立ちます。身自体も美味しいのですが、煮た汁がまた旨い!たまらずパンを発注し、浸して食べてしまいました。
e0208058_21352285.jpg

e0208058_21353157.jpg

e0208058_21370511.jpg

e0208058_21372467.jpg

続いてのビールは変わり種から。「パウエル クワック(1500円)」
これは専用のグラスがとっても特徴的。正直味の感想は覚えていないのですが、ブログ映えするかなぁということで飲んでみました。
e0208058_22463319.jpg

フード3品目はビールのお供といえばの「4種のソーセージ盛り合わせ シュークルート添え(1980円)」
ウインナー、ポテトと、キャベツを発酵させたシュークルートはどれもビールに鉄板でビールがすすみますよね。
e0208058_22533581.jpg


e0208058_22534606.jpg

4品目は定番の料理ですが是非食べたかった「ベルギー産フライドポテト(600円)」
日本のポテトよりも太くて短くてサクッとして中はフワッと。別注のスパイスを頼むと色んな味が楽しめます。
e0208058_23050701.jpg

5品目はベルギーの冬の定番料理「シコングラタン(1480円)」
シコンというのは日本ではアンディーブと呼ばれるホロ苦さがある野菜です。具はあとはハムが入っているようなシンプルなグラタンですが、味がしっかりしているのでこれもビールによく合います。
e0208058_23215600.jpg


e0208058_23221303.jpg

最後のビールは割と定番な「シメイホワイト(1300円)」
ベルギービールらしいフルーティな香りがありつつもアルコール8%の飲み応えもあるビールです。
e0208058_23293272.jpg

価格的にはちょっと高めかなぁという印象ですが、ドラフトで色々飲めるのもいいですし、ベルギー料理もなかなか食べられるところはないので、ビール好きな方の、ちょっとした贅沢にはいいのではないでしょうか。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都千代田区丸の内2丁目7−3TOKIA B1F






by 07takeshi | 2019-04-13 18:00 | 千代田区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『はせ川』

今日の夕食は阿佐ヶ谷で焼肉です。比較的リーズナブルながら非常に質の良いお肉がいただけるお店「はせ川」。人気店なので予約は必須で、今日も満員御礼でした。
e0208058_08510247.jpg


まずはドリンク。「生ビール(ジョッキ@580円)」「グラス(420円)」で乾杯🍻
e0208058_08511810.jpg

このお店はコース料理(3300円・4200円)がお得ですが、僕らには量が多いので、今日もアラカルトで頼みます。まずは野菜からということで「ぴり辛ネギサラダ(520円)」 キャベツの上にネギが載っているような感じかなと思っていましたが、出てきたのはネギオンリーで、そこに酸味のあるドレッシングがかかっています。ネギ好きなので、たっぷり食べられてうれしいです。
e0208058_08590667.jpg

お肉一皿目は「すき焼き風リブロース(1850円)」
見た目から美味しいのが分かる美しい脂のサシ。醤油ダレがかかっているので、さっと炙って卵にくぐらせていただきます。口に入れた瞬間に脂の甘さがきて、それから溶けていくようにとろけます。とにかく旨い!
e0208058_09233285.jpg


e0208058_09260442.jpg


e0208058_09262238.jpg

2皿目は盛り合わせメニューから「焼肉プレート200g(2300円)」
これは、ロース・ハラミ・カルビの盛り合わせ。これも綺麗にサシが入った美しいお肉。先にリブロースを食べてしまったので、インパクトは薄れてしまいましたが、ロースとハラミは脂というより肉の旨味がしっかり味わえて、カルビはやっぱり脂が美味しいですね~
e0208058_09273615.jpg

e0208058_09324356.jpg

e0208058_09325806.jpg

お酒2杯目以降は焼肉といえばの「マッコリ(グラス@480円)」
甘くてラッシーみたいな感じでごくごく飲めます。アルコール度数もビールより少し高いくらいだと思うので、軽い感じで飲めます。
e0208058_09355410.jpg

3皿目は「マルチョウ(650円)」
最近好きなマルチョウ。いわゆる小腸のことですね。シマチョウ(大腸)に比べると噛み応えはないですが、柔らかくてとろける脂が美味しい部位です。その分焼くときは炎が上がるので注意です。ここのはさらりと甘くて美味しかったです。
e0208058_09374341.jpg


e0208058_09405344.jpg


e0208058_09410686.jpg

締めは「盛岡冷麺(820円)」
けっこうお腹は膨れていましたが、さっぱりしているので、ツルツルっといただけます。安定の味ですね。
e0208058_09435461.jpg

e0208058_09440717.jpg

今日も美味しいお肉で満足な夕食でした。この値段でこのクオリティのお肉がいただけるので、人気なのも納得のいいお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷南2丁目17−6





by 07takeshi | 2019-04-10 18:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る