人気ブログランキング |

タグ:バー ( 66 ) タグの人気記事

芦屋 『バー芦屋日記』

兵庫県の神戸の隣にある高級住宅地「芦屋」。関西の方は誰もが知っている地名ですが、関東でも高級住宅地と認知されているのでしょうか?今日は芦屋に泊まったので、前から来たかった「バー芦屋日記」にやってきました。お店は阪神電鉄芦谷駅から程近いところにあるビルの4階にあります。
e0208058_19440626.jpg

e0208058_19441749.jpg

僕がこのバーの存在を知ったのは、以前ときどき行っていた秩父にあるイチローズモルトが充実した「バーチェアリー」で、バー芦屋日記のボトルを飲んだことでした。それ以来気になっていたのですが、今回初めて訪問することができました。ビルにはエレベーターはないので階段で4階まで上がり、ドアを開けると思いのほか広い空間になっています。外が見えるカウンター席が8席と、ボックス席は20人くらい座れそうです。2名だったのでカウンター席に案内されまず1杯目はビール。
e0208058_19583982.jpg

食事はまだだったので、軽くフードもいただきます。「フルーツトマト」
e0208058_20125191.jpg

「イベリコ豚の生サラミ」
e0208058_20140043.jpg

「チーズ盛り合わせ」
e0208058_20142200.jpg

「蓮根フライ」
e0208058_20143483.jpg

このバーはイチローズモルトをはじめモルトがすごく充実しているということなので、2杯目以降はモルトを飲みます。
まずはピートの効いたのが好みということで勧めてくれたのが「イチローズモルト ピーテッド2018」
僕が好きな薫製のような香りが豊かで口に含むとフワッと鼻に抜けていきます。
e0208058_20475323.jpg

2杯目「イチローズモルト 羽生ファイナルビンテージ10年」
今はもうなき羽生蒸留所で最後に蒸留した貴重なボトル。ほんのりフルーティさやバニラっぽい甘い香りと深い余韻が残ります。
e0208058_20533630.jpg

3杯目はイチローズモルトではなく、クラシックオブアイラというボトラーズ物からスモーキーなモルトの「ラガブーリン」
個人的に好きなピートが効いたタイプ。度数は分かりませんでしたが、おそらく50度以上あると思います。パンチのある味わいです。
e0208058_21505274.jpg

e0208058_21510639.jpg

最後にもう一杯イチローズモルトを飲みます。珍しいものをいくつか出してもらい、その中から選びます。どれにするか悩ましいのですが…
e0208058_07063900.jpg

選んだのは好きなピートの効いたこれ。強いピート臭が心地よく、ふくよかな旨みもしっかりあります。
e0208058_07103278.jpg

身内と2人で行って、色々珍しいものを飲んだので、一人当たり1万円超えちゃいましたが、イチローズモルトの品揃えは圧巻でしたね。最近ではすごい人気で、珍しいものはなかなか手に入らないので、高いのも納得です。もちろんイチローズモルトだけではなく、他のモルトも色々ありますし、カクテルも美味しそうでした。あと、フードだとカレーが美味しいようなんですが、あまりがっつり食べるとお酒が飲めなくなってしまうので、今日は食べませんでした。でもバーのカレーって美味しそうですよね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




【住所】 兵庫県芦屋市公光町9−3 izaビル4F





by 07takeshi | 2019-05-13 18:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

小淵沢 『白州蒸留所2019』

山梨旅2日目は、白州蒸留所に行きます。ここも僕にとっては山梨旅での定番コースで、過去に何度も来ていますが、実は工場見学はしたことがなく、いつもバーで飲んでいるだけですが、それだけでも楽しいので何度も来てしまいます。

e0208058_07370770.jpg

宿泊した甲府からは鈍行で40分くらいで最寄り駅の小淵沢に到着します。
e0208058_07373559.jpg

ここからは、休日に運航している蒸留所までの送迎バスに乗って10分くらいで白州蒸留所に到着します。
e0208058_07374723.jpg

ゴールデンウィークの蒸留所は多くの人で賑わっています。なぜか子供連れの家族が多いのが不思議です。僕はバーで飲みたいだけなので、さっそくお目当ての「バー白州」へ。まだ朝の10時半頃ですが、すでに飲んでる人もいます。
e0208058_07393981.jpg

昨年よりも更に座れる席が減って、4人掛けの丸テーブルが2個だけとなり、あとは立ち飲み用のテーブルだけになりました。一人だったので、さすがに4人テーブルを使うのも気が引けたので、壁際のカウンターに陣取ることにします。
e0208058_07435999.jpg

まずは構成原酒から飲もうと思ったのですが、なんと、なくなっていました。代わりにできていたのがこれらのものです。昨今のジャパニーズウイスキーブームでどこも原酒が不足してるんですねぇ。
e0208058_07404626.jpg

最初に飲むのは上から3つ。「響 ブレンダーズチョイス(400円)」「山崎 スパニッシュオーク(300円)」「山崎 モンティージャワインカスク(300円)」因みにここではストレートのハーフショット(15ml)のみの提供になります。3種とも香りがしっかりですが、特にモンティージャワインカスクが印象的で、焦げたカラメルのような甘苦い香りでした。
e0208058_07395910.jpg

e0208058_07401522.jpg

次は「山崎リフィルシェリーカスク(300円)」「山崎ピーテッドモルト(300円)」「白州グレーンウイスキー・ライ(200円)」
シェリーはザ・シェリーという甘い香りで、ピーテッドは対局的なスモーキーで心地よいヨード臭。ライは爽やかな甘い香りながら、4年と若いのでガツンとくるパンチのある味わいも。
e0208058_07442311.jpg

続いては響を飲み比べ。「ノンエイジ(200円)」「21年(600円)」
ノンエイジもバランスがとれて美味しいのですが、飲み比べると21年は味も香りも深みが違います。21年なんてめったに飲めないので。じっくり味わいました。
e0208058_07443799.jpg

次は山崎を飲み比べ。「12年(200円)」「18年(600円)」
12年は完成された深みのある味わいです。ほんのり甘く比較的飲みやすいかと思いますが、18年は例えていうならいい日本酒みたいで、しっかりした香りと熟成された旨みもあるのですが、スーッと飲めるカドがとれた優しい味わいです。
e0208058_07445200.jpg

最後は「白州ノンエイジ(100円)」「碧(200円)」
白州はリーズナブルながらしっかり香りと味わいもありコスパのいい一杯。碧は初めて飲みますが、世界の5大ウイスキーをブレンドしたとなっているので、日本・アメリカ・カナダ・スコットランド・アイルランドのウイスキーをブレンドしているようです。シングルモルトとは違ったバランスの良さで飲みやすく仕上がっています。
e0208058_07450566.jpg

今日飲んだウイスキーがこちら。ハーフショットとはいえ12杯なので結構酔っぱらってしまいました。
e0208058_07451751.jpg

バーを出た後は酔い醒ましも兼ねてバードサンクチュアリを散策します。以前はもっと鬱蒼としていましたが、ちょっとすっきりしましたかね。
e0208058_07453348.jpg

e0208058_07454332.jpg

今回初めて知ったのですが、ウイスキー博物館の上は展望台になっていて景色が綺麗です。
e0208058_07455595.jpg

東京からも比較的近く、ウイスキーだけじゃなく、レストランもあったり、工場見学もできるので色々楽しめますよ。もちろん僕みたいにウイスキー好きな方なら飲むだけでもすごく楽しいと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




【住所】山梨県北杜市白州町鳥原2913−1




サントリー白州蒸溜所バー・お酒(その他) / 北杜市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by 07takeshi | 2019-04-28 10:30 | 山梨県 | Comments(0)

東京 『東京ステーションホテル バーオーク』

まだ時間も20時半くらいで、すぐに帰るのももったいないので、東京駅の上にある東京ステーションホテルのバーに行くことにします。初めてだとホテルにどこから入るのかも迷うところですが、東京駅の丸の内南口辺りから入ることができます。バーはホテルの2階にあるのですが中がまったく見えない重厚なドアなので、初めてじゃなくても開けるときはちょっと緊張します。
e0208058_08144410.jpg


e0208058_08143594.jpg

日曜晩の店内は7割くらいの客の入りです。カウンターかテーブルか選べたので、カウンター席に座ることにします。カウンターだとバーテンダーと会話もできますし、忙しそうな時でもお酒を作る様がよく見えるので飽きません。バックバーにはたくさんのウイスキーが並んでおり、隣りの窓からは丸の内の夜景が見えます。
e0208058_08191862.jpg

普段はウイスキーを飲むことが多いですが、今日はカクテルを飲むことにします。まず一杯目は「ジャックローズ(1380円)」リンゴのブランデー、カルヴァドスをベースにザクロのリキュールを加えるこのカクテルは、赤色が綺麗で酸味とほんのり甘味があって、さっぱりしています。ここのはちょっとオレンジ色っぽい仕上がりですね。
e0208058_08245750.jpg

こちらは奥さんが頼んだ「ラスティネイル(1380円)」これはウイスキーベースでドランブイという香草っぽいリキュールを混ぜるので独特の香りがありますが、はまるとクセになる一杯です。
e0208058_08341125.jpg

チャームは燻製そら豆と自家製のピクルス。そら豆は燻製香が豊かで美味しい。ピクルスは酸味控えめで野菜の味がちゃんとします。
e0208058_08354641.jpg

2杯目は「ブルーマルガリータ(1190円)」普通のマルガリータだと面白くないので、色が綺麗なブルーにしてもらいました。青のリキュールを加えるので普通のマルガリータよりは甘い仕上がりになります。
e0208058_08400816.jpg

こちらは奥さんが頼んだマスカットのリキュール等を使ったカクテル(1190円)。甘いのかと思ったら香りは甘いけど、味は思いのほか甘さは少なくさっぱりした味で美味しい。
e0208058_08413016.jpg

チャージはかからずサービス料が10%かかります。二人で来て計4杯飲んで約6000円でしたので、立地やお店の雰囲気、クオリティ等を考えるとリーズナブルだと思います。また東京駅で飲む機会があれば来ようと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都千代田区丸の内1丁目9−1





by 07takeshi | 2019-03-17 20:30 | 千代田区 | Comments(0)

ハイアットセントリック銀座 『NAMIKI667』

e0208058_21291095.jpg
今日はバレンタインということで奥さんに銀座でご馳走になります。少し早くやってきて、夕食の前に軽く飲みます。まずやって来たのは昨年できた新しいホテル「ハイアットセントリック」にあるバー「ナミキ667」。並木通り沿いにあるのでナミキだと思うのですが、667はなんだろう?バー&ラウンジは3階にあります。お店自体は11時~24時まで開いているのですが、17時から19時はハッピーアワーになっていて、一部のお酒が600円(別途サービス料15%と消費税あり)でいただけます。
e0208058_21285984.jpg

ハッピーアワーのメニューはこんな感じ。
e0208058_21310993.jpg

僕はビールから「サントリー東京クラフトペールエール」、奥さんはジンの六を使った「ロクサクラフィズ」、それと軽くつまむものから「ホームメイドスパイスナッツ(800円)」を注文。ビールはクラフトビールらしいフルーティで軽い口当たりながら、しっかり飲み応えもあります。サクラのフィズはまさに桜餅みたいな風味と味で面白い。あまり酒っぽくないのですいすい飲めます。スパイスのナッツは香りが豊かで美味しい。量もたっぷりあります。
e0208058_21361627.jpg

e0208058_21362867.jpg
2杯目はグラスの赤ワイン。メルローだったかな。程よく重さもあり、飲みやすいワインでした。
e0208058_21394618.jpg

18時からは食事のお店を予約しているのでこれくらいで締めます。お昼からやっているので、ランチやカフェ使いでもいいですし、夕方にやってきてハッピーアワーを楽しむもよし、カウンターもあるので夜にきてしっぽり飲むもよしで、いろんなシーンに使える感じです。ホテルのバーですが、堅苦しい雰囲気はないので気軽に利用できるのもいいですね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都中央区銀座6-6-7





by 07takeshi | 2019-02-14 17:00 | 中央区 | Comments(0)

銀座 『Bar S(バーエス)』

銀座でお買い物をした後は、ちょっと早いですが17時過ぎにバーに行きます。やって来たのは資生堂パーラー銀座本店内にある「バーエス」。実は17時~19時はハッピーアワーで一部のドリンクやフードが一律800円でいただけるんです。
e0208058_23275276.jpg

バーは最上階の11階にあるのですが、エレベーターのボタンがお洒落です。
e0208058_23285733.jpg

エレベーターを降りると暗くて落ち着いた空間が広がっています。
e0208058_23294327.jpg


お店の中は中心にU字型のカウンターがあって、周りにテーブル席があります。僕らは二人だったのでテーブル席に案内されます。
e0208058_23445535.jpg

天井は天窓になっていて、そこには何というんでしょうか、花のような飾りがぶら下がっています。
e0208058_23452319.jpg

ハッピーアワーのメニューはこんな感じ。
e0208058_23474330.jpg

1杯目は僕は「スパークリングワイン」、奥さんは「シードル」で乾杯🍻 まだ17時過ぎですが、冬なので外はすでに暗闇で、すっかりバータイムな雰囲気です。
e0208058_23492942.jpg

2杯目はショートカクテルから「バンブー」 おそらく僕は初めて飲むカクテルですが、シェリー、ドライベルモットに少しオレンジビターズを加えて作ります。食前酒っぽいさっぱりしたカクテル。
e0208058_23494155.jpg

奥さんの2杯目はノンアルコールカクテル「ダミーデイジー」 これはラズベリーシロップにライムジュースで作るカクテル。飲んでないので味は分かりませんが、色が綺麗ですね。
e0208058_00092544.jpg

3杯目は本日のウイスキーから「ラフロイグ」よく飲むウイスキーなので、安定の旨さです。
e0208058_00151819.jpg

奥さん3杯目は「ノンアルコールモスコミュール」 見た目は完全にモスコミュールです。
e0208058_00163245.jpg

ハッピーアワーはチャージもかからなく、税込みの値段なので明朗会計で4800円。銀座の格式高いバーで6杯飲んでこの値段ですから、かなりお値打ちです。お試しで雰囲気を味わったり、気軽に利用できるのがハッピーアワーの素晴らしさですね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都中央区銀座8丁目8−3 東京銀座資生堂ビル





by 07takeshi | 2018-12-07 17:00 | 中央区 | Comments(0)

表参道 『ウイスキーライブラリー』

今日はちょっとしたお祝いで、奥さんにウイスキーのお店に連れてきてもらいました。やって来たのは表参道にある その名も「ウイスキーライブラリー」。約1000種類の品揃えを誇るお店です。表参道なんて普段なかなか来ることはないので、5年ぶりくらいです。お目当てのお店はサンタキアラ教会の2階という面白い立地です。
e0208058_15013815.jpg

トンネルのようなエントランスをくぐり、敷地に入るとすぐ右手に階段があるので、それを登ったところがお店です。
e0208058_15025984.jpg

e0208058_15031510.jpg

これが入口。重厚感がありますね。
e0208058_15032698.jpg

中に入ると、奥に長く細長い形状。壁にはずらりとウイスキーが並んでいて、圧巻の品揃えでテンションも上がります。
e0208058_15050040.jpg

ソファー席に案内され。注文をするのですが、ウイスキーの種類が多すぎてなかなか選べません。文字ばっかりのメニューなのに、100ページくらいあるんです。因みにウイスキー以外にも、ビールやワイン、カクテルなどもあります。
e0208058_15082374.jpg

1杯目はピートの効いたアイラのものから「キルホーマン オリジナルカスクストレングス クォーターカスク(1900円)」
これはアルコールが約57度とパンチのある酒感にスモーキーな香りも豊潤。比較的若い原酒を使用しているようですが、小さいクォーターカスクで寝かせているので熟成が早く、意外とまろやかな口当たりです。
e0208058_15185518.jpg

食事はまだなので、フードも頼みます。このお店ではウイスキーに合いそうな燻製のメニューが色々あります。その中から1品目は「燻製オイスターのオイル漬け(1200円)」。バーのフードなので量は少々少なめですが、燻製臭がしっかりで、ウイスキーに合う。特にウイスキーもモーキータイプを飲んでいるので、なおさらよく合います。
e0208058_18565438.jpg

e0208058_18571800.jpg

続いて2品目「さつま若しゃものロースト燻製栗 卵黄のカラスミ添え(1480円)」
シャモなので、しっかりした歯応えかと思ったら以外にも柔らかい。これも燻製の香りがあるのでウイスキーに合います。基本ウイスキーって食べ物とはあまり合わないのですが、燻製ものとは相性いいですね。
e0208058_19075294.jpg

e0208058_19080561.jpg

ウイスキー2杯目は定番のハイランドパークからちょっといい18年(1700円)」ハイランドパークはオークニー諸島にあるスコットランド最北端の蒸留所で割とメジャーなシングルモルトです。標準的なのは12年ですが、ちょっと贅沢に18年を飲みます。シェリー樽の甘い香りに、熟成がすすんだ深い味わいです。
e0208058_19282463.jpg

もう一品フードから「ウイスキー香るサーモンクリームのパスタ(1700円)」
出てきたそれは、意外にもたっぷりな量。パスタと共に出されるのがウイスキー。それもボウモアの12年とのこと。これだけでも結構値段すると考えたら、コスパがいいメニューといえます。最初はそのまま食べてみると、まろやかなで濃厚なクリームが美味しい。
e0208058_19333194.jpg

e0208058_19334403.jpg
ここでウイスキーをかけます。食べてみるとがらりと印象が変わって、ボウモアの香りが加わって大人な味になります。一口目はちょっと酒感が強いかなと感たのですが、食べ進めるうちに馴染んでくるのか、旨みと香りが深くなります。
e0208058_19363826.jpg

3杯目は好きなスモーキータイプに戻って「ラガヴーリン ダブルマチュアード1999(2100円)」
ラガヴーリン自体はスモーキータイプのウイスキーで、標準的には16年ですが、それよりもちょっと強い焦げたようなピート臭がいい心地です。
e0208058_19494896.jpg

最後はガツンとパンチのあるものから「オクトモア08.1(2700円)」
オクトモアはスモーキーなウイスキーを作るアイラの中でも突出したピート香の高さを誇るウイスキー。ウイスキーのスモーキーさの尺度となるのはフェノール値という値で、スモーキーウイスキーの代表格のラフロイグで50くらいなのに、これは160くらいあるそうです。オクトモアは過去には280くらいの数値のものもあったようですが、もうここまで来るとなにがなんだか分からないくらいです。でもオクトモアのすごいところは、これだけ振り切れてると、飲みづらくなりそうなんですが、ただピートが強いだけじゃなくて、中に甘い香りがあったり、全体的にはバランスがとれているんです。ちなみにアルコール度数もパンチがあって、59.3度です。
e0208058_21414466.jpg

けっこう度数の高いお酒ばかり飲んだので、かなり酔ってきたのでこの辺りで締めます。とにかく品揃えがすごすぎるので、ウイスキー好きな方なら、すごく楽しめると思います。メニュー見てるだけでも楽しいですからね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




【住所】東京都港区南青山5丁目5−24 南青山サンタキアラ教会




TOKYO Whisky Libraryバー / 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


by 07takeshi | 2018-10-23 18:00 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)

新宿 『BAR&DINING JAYCO 新宿』

今日は新宿で夕食です。飛び込みで入った1件目のお店はスツールが高くて落ち着かなかったため、ちょっと早めに切り上げ2軒目に向かいます。やって来たのは新宿3丁目の更に奥の5丁目にある野菜料理が美味しいダイニングバー「ジャイコ」。お店は地下1階にあるので、行き慣れてないとちょっと迷うかもしれません。
e0208058_14505089.jpg

まずはドリンクですが、このお店は食べ物だけじゃなくて、飲み物も野菜を使ったものなどがあり、ちょっと変わったカクテルがいろいろあります。僕が頼んだのは「ジャパニーズモヒート(995円)」。普通はのモヒートはミントを使って作りますが、これは日本らしく青紫蘇を使ったモヒートです。一方奥さんが頼んだのは「ローズマリー風味のソルティドック(795円)」飲み慣れたモヒートもミントが青紫蘇になると香りがまったく違うので、なんとなく和な雰囲気もあり新鮮な気分です。
e0208058_15292549.jpg


フードは「夏限定 フルーツピクルス(895円)」
見た目に色鮮やかで美味しそう。食べてみると、すっぱいので見た目と味のギャップに一瞬びっくりしますが、甘すぎないのでお酒に合うようになっていますし、果物なので夏らしい爽やかさもあります。
e0208058_18423160.jpg


e0208058_18424473.jpg

フード2品目は「チンゲン菜ときたあかりポテトのニョッキグラタン(1395円)」
チンゲン菜のシャキシャキっとした食感がとてもよく、ブルーチーズが入っているので、香りも濃厚でモチモチのニョッキによく合います。それに、意外とボリュームもありますね。
e0208058_18503122.jpg


e0208058_18504346.jpg

2杯目は僕はウイスキーから、「余市(895円)」と奥さんは「トマトのお酒(595円)」
ウイスキーはいつも飲んでいるので、安定の旨さで落ち着きますし、ウイスキーを飲むと、バーで飲んでる感がしていい気分。
e0208058_20011921.jpg

ちょっと喧騒から離れた場所にあるので、落ち着いた雰囲気でしたし、料理やお酒もヘルシーな感じのものがあって面白かったです。お店も綺麗でしたし、メニューも女性好みのものが多かったので、女性のお客さんか多かったのも納得です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします




【住所】東京都新宿区 新宿5-11-13 博雅ビルB1





by 07takeshi | 2018-08-17 20:00 | 新宿区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『酒ノみつや』

休日の夕方は前から気になっていたお店に行きます。やって来たのは阿佐ヶ谷の商店街パールセンターにある酒屋さん「みつや」。なぜ酒屋なのかというと「角打ち」ができるから。因みに角打ちというのは酒屋さんの中で飲むことを言います。
e0208058_20525579.jpg

お酒はレジの後ろに短冊メニューがあるので、基本的にそこから頼みます。まずは生ビールを飲むのですがハワイのビール「ビッグウェーブ(500円)」を注文。あとはベルビュークリークなどもありました。レジ前でビールを受け取り、細い通路を抜け、奥に進みます。
e0208058_21074414.jpg

そうすると目の前が公園になっている、意外と景色のいいスペースがあります。ビールは、ハワイのビールだから軽い感じかと思ったら、意外としっかりした飲み口で、でもごくごく飲めて美味しいです。
e0208058_21220366.jpg

e0208058_21221558.jpg

2杯目は白ワイン。個人的によく知っていて、ワイナリーにも行ったことがある、甲府にあるサドヤの「モンシェルバン(350円)」冷えてるからすっきりで旨い!
e0208058_21290009.jpg

こちらには何度かお酒を買いに来たことはあり、前から気になっていたのですが、なかなか来る機会がなく、今日初めて来られて良かったです。日によっては出張のお寿司屋さんなども来ているようで、ちょっと気になりました。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都杉並区阿佐谷南1丁目13−17





by 07takeshi | 2018-08-10 15:00 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

サントリー白州蒸留所

e0208058_08222007.jpg

山梨2日目は小淵沢にある「白州蒸留所」へ行きます。ここも過去何度か行っていますが、中でいろいろ試飲できるので、ウイスキー好きにはたまらない施設です。甲府からだと鈍行で45分くらいで小淵沢に到着。久しぶりに来たら駅が改修されて綺麗になってました。

e0208058_08232219.jpg
ここからは休日に運航している蒸留所の巡回バスに乗り、15分くらいで蒸留所に到着します。ちなみに蒸留所見学には事前の予約が必要なので要注意です。まずは受付をして、首からぶら下げるゲストカードをもらってから中に入ります。
e0208058_08255037.jpg

蒸留所は山の中にあるので、敷地は広大で緑豊かなので、散策するだけでも楽しめます。なので意外と家族連れなんかも多かったりします。
e0208058_08272524.jpg
e0208058_08280422.jpg
入口から木々の間の小道を進むこと約5分で、レストランやショップなどの建物にやってきます。滞在予定時間は約2時間とあまりのんびりもできないので、すぐに有料試飲バーに行きます。まだ11時半くらいだったので比較的すいていましたが、前日などは朝から混みあっていたようです。連休だと混雑具合が読めないですね。
e0208058_06290933.jpg

e0208058_06285283.jpg
以前は対面カウンターの前に3席ほど座席があったのですが、今回行ったらなくなってました。いつもそこで飲んでいたので残念です… とりあえず気を取り直し、最初に頼むのは蒸留所でしか飲めない構成原酒から「白州12年(シェリー@300円)」「同(スモーキー@300円)」「同(ホワイトオーク@300円)」の3種。因みに飲み方はストレートで量はハーフショット(15ml)になります。
e0208058_08030620.jpg

一人だったので、壁際の立ち飲みカウンターに陣取ります。年数は変わらないのに、色合いが全然違うのが分かるかと思います。これは樽の種類によるものです。上のボトルと並べる順番を変えてしまいましたが、左からホワイトオーク、シェリー、スモーキーです。ホワイトオークは一般的によく使われる樽材で、香ばしいようなほんのり甘い香りがします。シェリー樽は木の種類ではなくて、シェリー酒を仕込んだ後の樽のこと。色も比較的濃くて甘い香りが印象的です。スモーキーも木の種類ではなく、ピートを強めに炊いたピート香が強いタイプの原酒のことで、かなりクセがありますが、僕はこのスモーキータイプが大好きです。
e0208058_08035688.jpg
続いては「山崎構成原酒12年(ミズナラ@900円)」「山崎シングルモルト(ノンエイジ@100円)「白州シングルモルト(ノンエイジ@100円)」
e0208058_08194238.jpg
ここからはテーブル席で座っていただきます。これも上のボトルと順番変えちゃいましたが、左から白州・山崎・ミズナラの順です。ノンエイジの白州と山崎はリーズナブルながら、バランスの取れた味わい。飲み比べると白州の方がスモーキー感があって個人的には好みです。山崎はほんのり甘い香りで飲みやすく一般的にはこちらが好まれるのかなと思います。ミズナラは日本原産の樽で希少なものなので高いと思われます。あとは木目の関係で漏れやすく量が減るのでとも聞いたことがあります。個人的な印象はクセがなくすっきりで飲みやすく、いい日本酒みたいな感じかなと。ただミズナラのウイスキーは買うと高いのでそういう意味では飲みやすくありませんが…
e0208058_08201330.jpg

続いては「白州18年(600円)」
e0208058_08350071.jpg

「響17年(300円)」
e0208058_08354030.jpg

「響構成原酒17年(スモーキー@500円)」
e0208058_08363078.jpg

左から「響17年」「白州18年」「響スモーキー」の順です。
基本的な話ですが、シングルモルトというのは一つの蒸留所で作ったウイスキーを瓶詰したもので、ブレンデッドというのは複数の蒸留所で作ったウイスキーをブレンドしたものです。山崎と白州はシングルモルトウイスキーですが、響はブレンデッドウイスキーで、山崎・白州と知多(グレーンウイスキー)をブレンドしています。これも飲み比べると分かりましたが、響は味の深みもあるのですが、味や香りのバランスがとてもいいです。白州も18年になると、味や香りにぐっと深みが出ますね。響スモーキーは個人的に大好きな感じ。熟成したベーコンのような香りがとってもいいです。
e0208058_08373739.jpg
締めは「響構成原酒17年(シェリー@500円)」と「ボウモア18年(500円)」
e0208058_08490015.jpg
響のシェリーは濃い琥珀色が美しい。上品な甘い香りが味に奥行きを感じさせます。ボウモアは僕の好きなスモーキーなスコッチウイスキー。アイラ島というところに蒸留所があるのですが、潮風とピートが強く効いたスモーキーな香りががっつりです。
e0208058_08491416.jpg
最後は併設のショップで一人一本限定のノンエイジの白州(300ml@1440円)を買ってかえりました。過去に何度も来てますが、何度来ても楽しいので、ウイスキー好きな方にはお勧めのスポットです。
e0208058_08545060.jpg

よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】山梨県北杜市白州町鳥原2913−1




by 07takeshi | 2018-04-30 11:30 | 山梨県 | Comments(0)

銀座 『君嶋屋』

今日は昼から銀座にやってきました。用事が終わったのが4時頃だったのですが、ちょっと飲みたい気分だったので、やって来たのは「君嶋屋」。酒屋さんの中で飲む、いわゆる「角打ち」というやつですね。以前一度来たことがあるのですが、じっくり腰を据えて飲むというのではなく、1杯だけ飲んで帰るとか、気軽に利用できるので便利です。場所でいうと外堀通りを東京駅側に向かった高速道路の下のところになります。
e0208058_17031083.jpg

お店に入ると右側が商品棚になっていてお酒が並んでおり、左側にレジカウンターと立ち飲み用のスペースがあります。
e0208058_17113325.jpg



e0208058_17181327.jpg
カウンターの上にはいろいろなお酒のメニューが書いてあるので、それを見て注文します。まず一杯目はスパークリングから「ピエールルノーパパン Lブリュット(600円)」。柑橘系な香りで爽やかな泡。
e0208058_17265284.jpg

お酒だけ飲むのもあれなんで、つまみに「チーズの味噌漬け(300円)」を頼みます。
e0208058_17351564.jpg

ちなみにフードメニューはこちら。軽くつまめるものがいくつかあります。
e0208058_17361909.jpg

2杯目は秩父の兎田ワイナリー「秩父ルージュ2017(600円)」
ミディアムボディで比較的軽やかだけど、程よい渋みもあります。
e0208058_17394452.jpg

3杯目は日本酒から「八海山 越後で候(500円)」
冬季限定のしぼりたて原酒。ほんのり甘い香りが美味しいです。
e0208058_17465957.jpg

けっこう酔ってきたのでこの辺りで締めます。気軽にいいお酒が飲めるので、ちょこっと立ち寄るのにお勧めです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都中央区銀座1丁目2−1




by 07takeshi | 2018-01-20 16:00 | 中央区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る