タグ:和食 ( 430 ) タグの人気記事

小田原 風祭 『鈴廣かまぼこの里』

今日は休暇を取って箱根に行きます。箱根には過去何回か来ていますが、今回は約3年ぶりなのでかなり久しぶりにのような気がします。新宿からロマンスカーに乗って出発❕
e0208058_20385677.jpg

予約した座席は展望席の最前列…
e0208058_20395537.jpg

…ではなく最後尾。予約開始と同時にネットで申し込んだのですが、最前列の席は確保できませんでした… その代わりに最後尾の展望席。景色が後ろ向きに流れていくのが最初は違和感でしたが、すぐに慣れてきますし、なにより開放感があるので最後尾の席も悪くありません。朝からワインなんぞを飲みつつ休暇を堪能します。
e0208058_20423211.jpg



今日はいきなり箱根まで行くのではなく小田原駅で下車し、箱根登山鉄道の各停に乗り換えます。まずやって来たのは「風祭」駅。あまり馴染みのない駅だと思いますが、ここにはカマボコで有名な「鈴廣」の大きな施設があり、買い物したり、食べたり、蒲鉾作りを体験したりできるんです。小田原駅から2つ目の風祭駅の目の前にあるのでアクセスも抜群です。
e0208058_06255735.jpg

中に入るとかなり広い!中心側は販売コーナーになっていて、周りがイートインできるようなお店になっています。
e0208058_06261675.jpg

こんなものもあります。子供は欲しがりそうですね。
e0208058_06262865.jpg

予定では「かまぼこバー」というかまぼこを食べながらお酒が飲めるカウンターで軽く食事をしようと思っていたのですが、機械の不具合とのことで臨時休業でした。残念。なので、同じくその場ですぐ食べられて、ビールも飲める「すず天」にて、その日の「すり身揚げ(420円)」と生ビールの「箱根ピルス(小@450円)」をいただくことにします。
e0208058_06291760.jpg

この日のすり身揚げは大葉が挟んであって、香りがすごい。ちょっと大人な雰囲気の蒲鉾なので、ビールがすすみますね~ 左側は奥さんが頼んだ「ホットコーヒー(300円)」しっかり苦みもあって美味しいコーヒーでした。
e0208058_06293794.jpg

その後はかまぼこ博物館などを見学してから「キゥイのジェラート」をいただきます。蒲鉾だけじゃなくて、甘いものもいただくことができますし、別棟にはきちんとしたレストランもあります。
e0208058_06321951.jpg
この後は再び箱根登山鉄道に乗って箱根を目指します。ここからだと15分くらいでしょうか、すぐに着きます。
箱根編に続く…



よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】神奈川県小田原市風祭245



by 07takeshi | 2018-02-20 12:00 | 温泉 | Comments(0)

中野 『魚の四文屋』

今日は比較的早い時間に中野にやってきました。1人で飲むのにちょうどいいお店ないかな~と思い、中野駅北側サンモール脇の通りを歩いていると、見つけたお店が「魚の四文屋」。四文屋は中央線沿線でよく見かける焼鳥とか焼きとんのお店ですが、それ以外の形態のお店もあり、ここは魚のお店です。ふらっと入って飲めるようなお店なので、1人飲みにはちょうどいいです。
e0208058_09055947.jpg

まずはとりあえず「生ビール(500円)」
e0208058_09083461.jpg

料理1品目「白子ポン酢(650円)」
器があまり大きくないので量が少なく見えますが、引っ張り出すと、結構量はありました。適度に弾力あるけど、噛むと中から濃厚クリーミーな旨味の汁が溢れてきます。
e0208058_09071152.jpg


e0208058_09072585.jpg

「刺身3点盛り(1000円)」
3主の魚が4切れずつ載って、しっかりした量があります。何の魚か説明はなかったのですが、おそらく、生ダコ・本マグロ・シマアジだと思われます。生ダコは茹でと違ってすごく柔らかで滑らか。旨みも茹でより濃いです。本マグロは赤身本来の旨味がしっかりしています。シマアジはトロリとした食感でさっぱりながら白身の旨味もきちんとあります。
e0208058_09095261.jpg

ここでお酒を日本酒に。富山のお酒「立山(500円)」リーズナブルながら辛口で飲みやすい。
e0208058_09155595.jpg


料理3品目は「カキフライ(500円)」
出てきたのを見てちょっとびっくり。丸っこいのではなく平たくて大きいので、一見すると魚のフライのよう。平たいけど身の味はしっかりしてザクっと歯応えのある衣に負けてない。
e0208058_09162252.jpg

e0208058_09163423.jpg
4品目「ポテトサラダ(300円)」
ほぼクリーミーで少しジャガイモの形が残っています。基本的に定番系のポテトサラダなんですが、エビが入っているのが魚のお店らしくていいですね。
e0208058_13532608.jpg
最後は「シジミ汁(100円)」
100円という価格ながらシジミもたっぷり入っているので、シジミの出汁も効いた汁もなみなみで、かなりお得感あります。
e0208058_13571499.jpg

e0208058_13572756.jpg
これくらいで締めますが、カウンター席もありますし、比較的安い値段のメニューも多いので一人飲みにもちょうどいいですし、テーブル席もあるので気の使わない面子での飲み会などにもいいのではないでしょうか。使いやすいお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都中野区中野5丁目56−15




by 07takeshi | 2018-02-10 18:00 | 中野区 | Comments(0)

池袋 『うどん酒場 香川一福』

今日は地元の友人達と池袋で飲みます。今日やって来たのは本格的な讃岐うどんが食べられる居酒屋「香川一福」
e0208058_20335297.jpg
まずはビールで乾杯ですが、普通の生(スーパードライ@500円)もありますが、スプリングバレーブルワリーというクラフトビールが生で飲めるのでそれを頼むことにします。「496(ヨンキューロク@680円)」サイズはちょっと小さめですが、フルーティでクラフトビールらしい味です。

e0208058_20465926.jpg

まずはお通しが3種運ばれてきます。揚げうどんはパリパリで塩っ気があって美味しい!
e0208058_20501466.jpg
あとは、高菜とべったら漬け。ちょこちょこつまむのにちょうどよくて、全部食べてしまいました。
e0208058_20515737.jpg
料理1品目は「ぶくろのトロタク(500円)」
中落ちと刻んだタクアンを海苔で巻いて食べるというメニューで手巻き寿司みたい。パリパリの海苔にしっとりマグロ。コリコリの沢庵の食感がアクセントになって旨い!
e0208058_20564521.jpg

e0208058_20565570.jpg
2品目「本気の肉じゃが(650円)」
目を引くのが人参が丸々1本入っているところ。野菜や白滝にもきちんと味が染みてます。
e0208058_21034700.jpg


e0208058_21100471.jpg

2杯目のお酒は「だるまハイボール(2フィンガー@550円)」
最近ではハイボールといえば角が定番ですが、これはオールドを使ったハイボール。オールドのボトルがダルマみたいな形だからだるまハイボールというんだと思います。なんだか懐かしい味。
e0208058_21131489.jpg

3品目はうどん以外で香川の名物といえばこれ、「骨付き鶏モモ焼き(普通サイズ@850円)」
特大じゃなくて普通サイズを選んだので、出てきた見た目の印象はやや小ぶりながら、皮はパリッと香ばしくて、ちょっとカレーのようなスパイシーな味でお酒に合いますね~。タレが染みたキャベツも旨し。
e0208058_21091169.jpg

e0208058_21092474.jpg

4品目「川海老唐揚げ(500円)」
香川感はないですが、おつまみの定番ですよね。パリパリで安定の旨さです。
e0208058_21152098.jpg

5品目「明太だし巻き卵(580円)」
値段も安いので、明太の量は少なめですが、出汁がすごく効いてて美味しい!甘くない西の出汁巻なので、好みの味です。
e0208058_21170359.jpg

e0208058_21171777.jpg

お酒3杯目はワンカップから香川の綾菊酒造「豆狸(500円)」
見た目が可愛いですね。本格的な日本酒という感じではないのですが、すごく飲みやすいお酒です。
e0208058_21193535.jpg
締めはもちろんうどんを食べます。3名それぞれ違うものを頼みました。因みにうどんは3種類のサイズが選べます。小1玉、中1.5玉、大2玉となっており、僕は「おろしぶっかけ(小@580円)」冷にしたので食べるとすごくコシがあります。シンプルなだけにうどん自体の美味しさが分かります。
e0208058_21243726.jpg

e0208058_21250632.jpg
友人が頼んだのは「カレーうどん(小@680円)」
e0208058_21263813.jpg

e0208058_21265024.jpg

もう一人は「釜たま(中@600円)」
e0208058_21275424.jpg

e0208058_21280901.jpg
カレーも釜たまもちょっとづつもらいましたが、温かいうどんにすると、コシは少なくなりますが、その分もっちりした弾力が出ますね。うどん居酒屋というだけのことはあって、うどんは流石の美味しさですし、その他の一品ものも種類が多いので、食事だけでもいいし、飲み屋としても使える便利なお店だと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都豊島区 池袋2丁目42−1





by 07takeshi | 2018-02-04 19:00 | 豊島区・北区 | Comments(0)

築地 『ふく竹本店』

今日は友人達との食事会。いつも持ち回りでお店を決めているのですが、今回は僕の番だったので、前から行きたいと思っていたお店に行きます。そのお店は「ふく竹」。福岡の明太子メーカー「かねふく」が運営する九州料理のお店です。実はこれまでも何度か来ようと思ったことはあるのですが、予約が取れなくて来られなかったんです。今回1か月くらい前にダメもとで電話をしたところ予約がとれたので、念願かなって初訪問です。因みにこれが今日いただいた前から食べたかった明太もつ鍋です。
e0208058_15363010.jpg
お店は地下1階にあるので、思いのほか目立たなくて、うっかりすると通り過ぎてしまいそうになります。
e0208058_15383435.jpg
案内されたのは4名の個室です。これならゆったりとくつろげそうです。
e0208058_15432180.jpg
まずは生ビールで乾杯!生ビールは3種類あって「一番搾り(580円)」「一番搾りプレミアム(680円)」「よなよなエール(780円)」。一番搾りも好きなのですが、よなよなの生が飲めるのでよなよなエールにしました。
e0208058_15503512.jpg

e0208058_15504746.jpg

お通しは明太ポテトサラダ。クリーミーな舌触りで明太の味が効いています。
e0208058_15553582.jpg
まず頼むのはお目当ての「明太もつ鍋(1人前2200円×3人前)」
しばらくして運ばれてきたのがこちら。思わず「お~」って声が出るほどフォトジェニックな見た目。上に載っている明太がインパクトありますね。明太が腹ごとなのかと思っていたら、腹の形に成形して盛り付けられています。実際その方が崩しやすくて食べやすいです。
e0208058_15573600.jpg

e0208058_15575055.jpg
しばらくはそのまま煮込み、野菜に火が通った頃に、明太子を崩してスープに混ぜていきます。
e0208058_16121641.jpg

混ぜ終わると完成!早速いただきます!
e0208058_16124597.jpg
まずは汁をすするとすごい明太感!これでもかっていうくらい明太の風味と味がします。これは他では食べられないですね~ 野菜は明太風味の汁を吸っているのでしっかり明太の旨味が。モツもプリプリで脂がジュワッとして美味しい!明太鍋はピリ辛や激辛などもありましたが、ノーマルでも結構辛く僕にはちょうどいい辛さ加減でした。
e0208058_16154119.jpg


e0208058_16155411.jpg

そして鍋の後にはもちろんおじやにします。「おじやセット(380円×2人前)」
おじやはお店の方が作ってくれます。普通のおじやは卵でとじますが、ここのは卵を入れずご飯とチーズで作ります。なので出来上がりはちょっと洋な雰囲気でリゾットのようです。チーズと明太めっちゃ合います。
e0208058_16285321.jpg


e0208058_16302376.jpg


その他一品料理もいくつか頼みます。まずは「明太だし巻き卵(1000円)」
メニューの写真より若干明太が少なく見えますが、味はきちんと美味しいです。
e0208058_16203092.jpg

e0208058_16203910.jpg
「明太子の天ぷら(1200円)」
サクッとした衣に中はレアな明太子がぎっしり。これは酒のつまみにいいですね。
e0208058_16221164.jpg

e0208058_16222199.jpg

「かねふく明太4種盛り(1200円)」
これはノーマル明太、くんせい、旨ダレかけ、カラスミ風の4種盛り。
e0208058_16411419.jpg

どれも美味しいんですけど、明太を食べてると、やっぱりこれがほしくなりますよね。最強の相性です。
e0208058_16421864.jpg
けっこういっぱい食べたので、もうお腹いっぱいです。個室なのでしばし休憩してからお店を出ましたが、明太鍋見た目のインパクトだけじゃなくて、味も明太がもつ鍋のスープによく馴染んですごく美味しかったです。鍋が温かいだけじゃなくて、カプサイシン効果もあってか体がポカポカになりました。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都中央区築地4丁目2−7



by 07takeshi | 2018-01-20 19:00 | 中央区 | Comments(0)

池袋 『やきとん みつぼ』

今日はちょっと早い時間に池袋に行けたので、いつも混んでるお店に行くことにします。やって来たのはやきとんの「みつぼ」。ゴリゴリの大衆酒場で池袋でもかなりの有名店だと思います。お店は16時半オープンなのですが、16時40分くらいに来たところ、20名くらい座れるカウンター席はほぼ満席で、複数人の客が案内されるテーブル席も、17時くらいには満席になっていました。人のことは言えませんが、みんな何をやってる人なんだろうと思ってしまいます… 客層は年配の男性が多いですが、若い人もチラホラいます。ただし女子率は5%くらいで、カウンターに限っては0%です。まさに、ザ・おやじの飲み屋さんという風情です。
e0208058_20375646.jpg

僕は一人で行ったのでカウンター席に案内されます。カウンター席はかなりギュウギュウで隣との間隔が狭い!まあ慣れればたいしたことはないので、徐々に馴染んできます。席に座る際にドリンクを尋ねられるので、まずは「生ビール(450円)」
e0208058_20434770.jpg
食べ物のメニューはテーブルの上にも置いてありますが、壁に所狭しと短冊メニューが貼られているので、そっちの方が見やすいです。
e0208058_20455956.jpg
やきとんは1本ずつ頼むこともできますが、めんどくさかったのでお任せの「5本セット(420円)」を頼みます。焼き上がるまではしばらく時間がかかるので、すぐに出そうなものも頼みます。まずは「エシャロット(200円)」。シャキシャキの触感でちょっと辛みがあって、それに味噌を付けることでまろやかになります。
e0208058_20531974.jpg

e0208058_20534478.jpg

2品目「サバの南蛮漬け(250円)」
酢加減は強くないので、ちょっと甘みがあってコクがしっかり。値段も安いしちょっとつまむのにちょうどいい。
e0208058_20592848.jpg
ここでやきとん盛り合わせの登場。1本90円で5本入って420円なので、30円お得になっています。僕はやきとんはあまり詳しくないので、食べてもこの5本の内訳がよく分からなかったのですが、かろうじてレバーだけは分かりました。でもメニューにつぶしたてと書いてあるように、鮮度のいいものを使ってるのが分かるプリプリの弾力で美味しい!
e0208058_21260433.jpg

もうちょっと食べたい感じでもあったのですが、隣りがけっこう煙草を吸う方で、至近距離なのでちょっと辛くなってきたので出ることに。もちろんタバコを吸っていいお店なので全く問題ないですし、他にも吸ってる方は結構いたと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都豊島区南池袋2丁目16−1



by 07takeshi | 2018-01-15 17:00 | 豊島区・北区 | Comments(0)

名古屋 栄 『おでん&ワイン カモシヤ』

名古屋での夕食は味噌おでんのお店「カモシヤ」へ行きます。以前一人で名古屋を訪れたときに、ふらっと立ち寄ろうとしたのですが、いっぱいで入れなかったこともある人気のお店です。ここは味噌おでんとワインのマリアージュを愉しむというコンセプトで、おでん屋っていうとおじさんが行くお店のようですが、おしゃれな雰囲気があるので、女性客でも入りやすいお店です。
e0208058_09020064.jpg
店内はカウンターが6席とテーブル席が20席ないくらいでしょうか、そんなに大きなお店ではありませんが満席にもかかわらずひっきりなしに客がやってきます。年末ということもあるのかもしれませんが、人気のお店なんですね。僕らはあらかじめ予約していたので、カウンター席に案内され、僕は「スパークリングワイン(600円?)」と奥さんは「カモシヤハイボール(450円)」で乾杯!
e0208058_09485166.jpg
案内されたのが一番端のカウンター席だったので、すぐ横に鉄鍋があっていろんな具材が煮込まれているのが見える特等席です!
e0208058_09512085.jpg
おでんに行く前にとりあえず「ポテトサラダ(380円)」クリーミーだけどゴロっと形が残ったポテトが入って優しい味付け。
e0208058_10044396.jpg
ここで飲み物を赤ワインに切り替えます。珍しいルーマニアの赤ワイン(600円)程よい重さのワインでした。
e0208058_10121543.jpg
ここからは味噌おでん「大根(250円)」「豆腐(90円)」「玉子(150円)」の味噌が染みてそうな定番の具からいきます。ここのおでんの煮汁は、八丁味噌とシジミと牛のミックス出汁になっています。どれも出汁の旨味を吸って旨い!味噌おでんって一見味が濃そうに見えますが、見た目ほど濃くはなく、お酒と合わせるのにちょうどいい塩梅です。
e0208058_10190414.jpg



e0208058_10273537.jpg

e0208058_10284535.jpg

e0208058_10292783.jpg
続いては「スジ煮(480円)」と「ガーリックトースト(200円)」スジ煮にガーリックトースト、赤ワインを合わせるって森下の「山利喜」を思い出しますがすごく合うんですよ。
e0208058_10412532.jpg

e0208058_10423941.jpg

e0208058_10462180.jpg
続いては「もち巾着(200円×2)」「じゃがいも(250円)」
もち巾着はボリュームあって揚げも餅も出汁をふんだんに吸っているので煮汁がジュワっと溢れてきて旨い!じゃがいももシジミの旨味が効いた出汁が染みてる。
e0208058_10502135.jpg


e0208058_10505038.jpg



e0208058_10520593.jpg


「揚げ麩(250円)」外はカリッと中はしっとりで、ちょっとカマボコのような感じもあります。
e0208058_10552000.jpg
締めは炭水化物から「名古屋ハヤシ(780円)」ハヤシソースをご飯と混ぜててっぺんに卵黄を載せています。見た目には大阪の自由軒のカレーみたい。お米がちょっと固めのアルデンテでいい食感。ソースは挽肉の旨味がでて美味しい。途中からは卵黄を崩していただくとまろやかでコクが出ます。
e0208058_10593390.jpg



e0208058_10595401.jpg
僕はもともと味噌カツとか味噌煮込みうどんとか名古屋飯が好きなんですが、味噌おでんも期待に漏れずとっても美味しくて、好きな味でした。味噌って日本の食材ですがワイン、特に赤ワインにもよく合うのでお酒のアテにも最高です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】名古屋市 中区 錦3-16-8 森万ビル1F



by 07takeshi | 2017-12-28 19:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

阿佐ヶ谷 『鶴に橘』


e0208058_07542072.jpg
今日は今年最後の阿佐ヶ谷飲み。やって来たのは約1か月ぶりの馴染みの和食屋「鶴に橘」。今年の締めにふさわしいお店ですからね。二人だったのでカウンター席に腰かけ、まずはビールで乾杯!最初に出てきたのは「コシナガマグロ」。あまり聞き慣れないマグロですが、尻びれの後方がほっそりして長いことから、この名前が付いたんだそう。寒い今が旬なので、脂がのってねっとり絡みつく触感。卵黄の醤油はとろみがあるので、マグロの身にしっかり絡みついてマイルドな味に。
e0208058_07540047.jpg
ここでお酒は日本酒に。冒頭写真の三重のお酒「作(ザク)純米大吟醸」フレッシュな香りが良くて、飲むとほんのりフルーティだけど適度なボリューム感もあって、飲みやすいけど飲み応えもあります。

二品目は「サワラの西京焼き」
香りと味の強さがちょうどよくて、身もほろりと柔らかい。西京漬けって食材が硬くなったりして食感が良くないこともありますが、ここのは西京味噌の風味はきちんと移っているけど、食感もよく日本酒のアテにも最高です。
e0208058_08020724.jpg
3品目「しめさばとカラスミ」
しめさばは口に入れると香ばしい香りが広がります。通常食べるしめさばは、なんというか身がギュッと詰まったような割としっかりした食感なイメージですが、これはしっとり柔らかく、酸味も控えめなので別の食べ物みたいで上品な仕上がりです。自家製のカラスミも、ねっとり柔らかく、味が濃くて美味しい!大根と合わせてもいいし、日本酒には鉄板ですね。
e0208058_08030586.jpg

e0208058_08031638.jpg



e0208058_08032889.jpg
4品目は椀物。「大根とクジラの炊いたん」
関東ではあまり馴染みのない言い方かもしれませんが「炊いたん」って京料理ではよく使う言い方で、平たく言うと「煮物」ってことになると思います。クジラって最近ではすっかり高級食材になってしまったので、ほとんど食べる機会もなく、昔の印象では硬い肉っていうイメージですが、これはとっても柔らかく、旨みもたっぷり。大根も出汁とクジラの味がしみ込んで美味しい!
e0208058_08145620.jpg
締めの一品は「鴨出汁ラーメン」
ラーメンというのが意表を突かれました。締めの蕎麦は時々出てくる印象ですが、ラーメンは初めてのような気がします。ほぼ麺とスープのみというシンプルな一品ですが、鴨の脂の旨味が効いたスープはとっても香りが良くて、パンチがあるけど上品な味。麺にさらりと絡みついて旨い。スープまで完食しました。
e0208058_08171281.jpg



e0208058_08172287.jpg
この内容で、二人で食べて飲んで1万円でおつりがきますから、コスパもかなりいいです。頻度としては以前ほど来られなくなってしまいましたが、何度来ても新たな感動があって、いいお店です。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区阿佐谷北2丁目4−7










by 07takeshi | 2017-12-27 19:30 | 杉並区(阿佐ヶ谷) | Comments(0)

代々木 『だり半』

クリスマスイブの今日は毎年恒例で寿司を食べに行きます。去年・一昨年と2年連続で築地の「すし大」に行ったので、今年は別のお店に行くことにします。やって来たのは代々木の駅からすぐのところにある「だり半」。ちょっと変わった名前ですが、調べてみるとお寿司屋さんの用語で「だり」は4を意味し、このお店は「だり半」なので、4500円くらいで楽しめるということなんだとか。クリスマスですし屋なので、そんなに混んでないかと思っていたのですが、お店に到着すると満席で、予約はしていたのですが、10分くらい前に着いたので、前の方が出ていくまでちょっと待って、5分遅れ位で席に案内されました。
e0208058_08562962.jpg
店内は細長い作りですが、カウンター席にテーブル席も多数あり、かなり大人数入りそうですが、あまり人通りがある立地でもないのに満席なのはすごいですね。二人なのでカウンター席に案内され、「生ビール(580円)」と奥さんは「バレンシアオレンジサワー(600円)」で乾杯!サワーはオレンジがゴロゴロ入って贅沢な感じでいい!
e0208058_17341897.jpg
メニューを見ると、お寿司屋さんというよりも、お寿司も食べられる海鮮居酒屋っていう感じですね。肉系のメニューは全然ないですが、海鮮もお寿司以外に、刺身・焼き物・煮物・揚げ物などいろいろあります。僕らはお寿司を食べにきているので、注文するのは「プレミアム特選握り盛り(2480円)」を二人前と、出てくるまで時間がかかりそうだったので「ナマコ酢(580円)」も。まずはナマコ酢が運ばれてきます。コリコリした食感で酸っぱいのが合いますね。実物のあの見た目ためからは想像できませんが、美味しいです。
e0208058_09105094.jpg
それと握り盛りについてくるサラダ。味は普通ですが、トマトも入ってちゃんとしています。
e0208058_09120576.jpg
ここでお酒を日本酒に。静岡のお酒「初亀 かすみ酒(830円)」ちょっと濁っていて、すっきりなお酒。
e0208058_09132129.jpg



e0208058_09154617.jpg
ここで握りが登場!一堂に会しているので豪華な絵面です。上段左から、大トロ・ブリ・サヨリ・北寄貝、下段左から、カツオ藁焼き・ボタンエビ・ウニ、一番下が大アナゴで巻物がトロタク巻。
e0208058_09170743.jpg
どれから食べるか悩ましいですが、まずはサヨリから。白身特有のさっぱりした美味しさです。
e0208058_09481403.jpg
続いて「ブリ」。こちらは赤身のコクがある感じ。
e0208058_09512636.jpg
「カツオ藁焼き」ちゃんと藁の炎で炙ってあるので、とっても香ばしい!
e0208058_09535574.jpg
「ホッキ貝」コリコリの歯応えが気持ちよくて、貝の旨味がしっかり。
e0208058_09571251.jpg
「大トロ」脂が甘くてとろけますね~
e0208058_09573865.jpg
「大アナゴ」とっても香ばしくて、ふわっととろける柔らかさ。
e0208058_09580793.jpg
「ボタンエビ」かなり大振りなボタンエビ。ねっとり舌に絡みつく触感で甘い!
e0208058_09584472.jpg
「ウニ」とろける柔らかさでほんのり苦みの後に甘さが来ます。
e0208058_09594583.jpg
「トロタク」海苔の香りが良くて、クリーミーなマグロにこりこりの沢庵の触感のアクセントがいい。
e0208058_10013825.jpg
これでセットは終了。もう少し食べたいので3貫ほど追加発注します。左から「ツブ貝(250円)」「イクラ(300円)」「白魚(100円)」
ツブ貝はコリッコリの歯応え、白魚は中はとろりとしていてほんのり苦みがいい。
e0208058_10022803.jpg
大好きなイクラはプチッと弾けて旨みの汁が溢れてきます。
e0208058_10054155.jpg
最後はセットについているお椀で海苔の味噌汁。五臓六腑に染み渡りますね~
e0208058_10064183.jpg
食べて飲んで二人で締めて一万円くらいと、ちょっとダリ半を超えてしまいましたが、いいネタのお寿司を食べたことを考えると全体的にコスパはいいと思います。多分平日でも混んでいると思うので、行かれる際には予約を忘れずに。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20-11


by 07takeshi | 2017-12-24 19:00 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)

柿安 『松阪牛』

三重県に住む親戚からお歳暮が届きました。クール便で届いたのでなんだろうと思って開けてみると…
e0208058_07570521.jpg
思わず「おーーーーーー」って大きな声を出してしまいました!!
柿安本店の松阪牛リブロースすき焼き用500g。一体いくらするんでしょう!デパ地下とかですと松阪牛って100g2000~4000円くらいしているようですし、しかもリブロースなので安く見積もっても1万5000円くらいするんじゃないでしょうか。
ということで、今日のディナーはすき焼きです。いいお肉なので、きちんと食べないとということで、1本1000円する今半の割り下と、一緒に飲むお酒もエノテカでフランスの赤ワイン「クレランドル」を買ってきました。

e0208058_08384423.jpg

きちんとしたすき焼き鍋は持ってないので、ホットプレートで調理します。野菜、焼き豆腐、卵などもちょっといいものを買ってきました。
e0208058_08162067.jpg
早速いただきます。1枚1枚ビニールでくるまれていますが、それにしても大きい!厚みはそんなにありませんが、1枚づつしか焼けないくらいの大きさです。
e0208058_08213826.jpg
それでは焼いていきます。牛脂を塗ってお肉を鉄板に置くと、ジュワーっといい音!割り下をかけて、軽くほぐす様に揺らして、火が入りすぎないうちに引き上げます。卵に付けていただくと、とろける!そして脂が甘い!当たり前ですが、めっちゃ美味しいです。
e0208058_08295697.jpg

e0208058_08262660.jpg
8枚あったので4枚づつ、一人250gいただきましたが、結構あっという間に食べてしまいました。脂は多くあるように見えるのですが、いい脂なので全く重さがなく、ぺろりと食べてしまいました。うちの奥さんは小食なのですが、さすがに余裕で食べてました。いい肉は全然違いますね。肉を食べた後は、割り下で野菜等をいただきます。
e0208058_08323016.jpg
思いがけない幸運が舞い降りて、優雅な夕食になりました。松阪牛なんて食べるのは人生で数度目ですが、めちゃめちゃ美味しかったです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



by 07takeshi | 2017-12-23 18:00 | Comments(0)

水道橋 『かつ吉』

今日は珍しく奥さんと同じ日に休暇がとれたので、昼から出かけます。まずランチに向かったのは水道橋にある有名なとんかつ屋さん「かつ吉」。トンカツ好きの中では有名な、創業して50年以上にもなる老舗のトンカツ屋さんです。場所は水道橋を東京ドーム側に出た辺りの、駅からすぐの地下にあります。
e0208058_21585345.jpg
平日お昼時の店内は満席で、ちょっと待ちました。来たタイミングも12時10分くらいだったので、ちょうど一番混んでる時間帯にきてしまいました。店内は民芸調で、落ち着いた雰囲気です。15分ほど待って席に案内されますが、座席も広くてとてもゆったりしています。
e0208058_22011682.jpg
面白いのが、テーブルの上に置かれたメニューがすごく大きくて、例えて言うなら「びっくりドンキー」のメニューみたいな感じです。
e0208058_22021206.jpg
ランチメニューなどは少しリーズナブルでしたが、せっかくなのでレギュラーメニューから、僕は「銘柄豚ロースかつ定食(150g@2300円)」、奥さんは「銘柄豚ひれかつ定食(120g@2200円)」を注文します。銘柄豚というのは、特に産地を決めずに、その時のいいものを選んでいるようです。ちなみに今日のはどこのかは聞き忘れてしまいました。あとg数は「120g」「150g」「180g」の3つから選べます。それと「瓶ビール(大瓶@700円くらい?)」も発注。仕事中のサラリーマンを横目に見ながら飲むビールは格別です。
e0208058_22105695.jpg

e0208058_22110806.jpg
料理が出てくるまでは、しばらく時間がかかりそうなので、一品料理でも頼もうかなと考えていると、野沢菜とかキムチなどの漬物が運ばれてきたので、それをアテにビールを飲みながらのんびり待ちます。これはお替わり自由みたいです。
e0208058_22134863.jpg
それと千切りキャベツも。テーブルにはソースと醤油ドレッシングが備え付けられておりますが、その他にも言えば3種のドレッシングももらえます。
e0208058_22151818.jpg

e0208058_22152946.jpg
せっかくなので「梅じそマヨネーズ」をもらいます。甘酢っぱくて美味しかったです。
e0208058_22162925.jpg
e0208058_22163780.jpg
これらを飲み食いしてたので、全然待たされている感じはなく、20分ほどしてとんかつが運ばれてきましたが、意外と早く感じました。これはロースかつ定食。
e0208058_22182913.jpg
ご飯は、白米か青じそご飯が選べたので、青じそをチョイス。お味噌汁はナメコの入った赤だしです。主役のとんかつは断面を見ると、すごい厚さで脂身も美味しそうですね~。
e0208058_22214524.jpg
このとんかつは、ぜったい塩が合うはずなので、まずは備え付けの岩塩を付けていただきます。
e0208058_22235324.jpg
岩塩を付けてからかぶりつくと、すごく分厚いのにスッと噛み切れる柔らかさ。そして脂身の甘さが来ます。岩塩の塩っ気が脂の甘さを引き出しますね。めっちゃ美味しいです!
e0208058_22253606.jpg
ちなみにこちらは奥さんのひれかつ。豚なのにまるでウシかのような赤さがあります。ちょっともらいましたけど、赤身の旨味がすごかったです。
e0208058_22271117.jpg
食後は梅昆布茶でさっぱり。ビールを飲んだせいもありますが、お腹いっぱいです。定食としては安い値段ではないですが、雰囲気共々全体的に満足度は高く、また来たいと思いました。とんかつもよかったけど、エビかつとかも美味しそうなんですよね~


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都文京区本郷1丁目4−1



by 07takeshi | 2017-12-07 12:30 | 文京区・世田谷区・荒川区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧