タグ:洋食 ( 403 ) タグの人気記事

丸の内フォーシーズンズホテル 『MOTIF』 oishii

今日は一足早くバレンタインのお祝いで丸の内にあるフォーシンズンズホテルにやってきました。初めて来たのですがパシフィックセンチュリープレイスというビルの中にあって、住所的には丸の内なんですが、場所でいうと八重洲側に出て有楽町方面に進んだところにあるので、感覚的には八重洲という感じです。
e0208058_22513255.jpg



e0208058_22523906.jpg


お店は建物の7階にあり、ゴージャスでゆったりとした造りになっています。
e0208058_22535406.jpg


案内されたのは窓際のソファ席。ちょうど線路挟んだ向こうにはトキアがあって、東京駅の夜景がとってもきれいです。あと、在来線や新幹線などの電車が通るので電車好きな方にもたまらないんじゃないでしょうか。
e0208058_22543919.jpg
さて、本日いただくのは「シャンパーニュを含むお飲み物のフリーフロー90分間 本日のアンティパスト+お魚とお肉の暖かいお料理盛り合わせ(7000円)」。まずはシャンパーニュ「ポメリー」で乾杯!
e0208058_23004453.jpg
まずは前菜の盛り合わせが運ばれてきます。カルパッチョ・ハム・茗荷と玉葱のピクルス・シイタケのマリネや素揚げゴボウに甘いタレを絡めたものなどです。和の食材を使ったものが多いのが意外でしたが、どれもお酒にあって美味しかったです。
e0208058_23015874.jpg
フード2品目は「巨大北寄貝のリゾット」
出てきたときにはあまりの大きさにびっくり!幅が10センチくらいあります。泡で覆われているので、中は何だろうとスプーンですくってみると、大きな身とリゾットがお目見えします。クリームに北寄貝の出汁がすごく効いていてめっちゃ旨い!
e0208058_23035065.jpg

e0208058_23042101.jpg
続いては肉料理から「ビーフのグリル」
どこの部位かは分かりませんが、強火で短時間で火を入れているのでしょう。外は香ばしいけど中はレアでとっても柔らか。赤身の旨味がとってもしっかりしています。
e0208058_23043578.jpg




e0208058_08044731.jpg

シャンパンを3杯くらい飲んだ後は「自家製サングリア」。フルーツの香りが豊かでリッチな味です。
e0208058_08262829.jpg
コースのフードは終了しましたが、もうちょっと食べたい感じだったので「トリュフポテト(1800円)」を追加発注。運ばれてきたのは思いのほか盛りがよく、フワッとトリュフの香りが漂っています。添えられているのはケチャップとトリュフマヨネーズ。ポテトはそのまま食べても十分美味しいですが、トリュフマヨをつけると更に旨さが増します。てんこ盛りでしたけど、ペロッと完食しました。
e0208058_08274824.jpg

e0208058_08294857.jpg

締めのお酒は「キールロワイヤル」 ベースのシャンパンが美味しいので、ふくよかな味でカシスのコクも。
e0208058_08333858.jpg
高級ホテルらしい、上品でゆったりとした空間がいいですし、店員さんもくだけすぎないフレンドリーな接客で感じも良かったです。料理やお酒はもとよりトータルで満足度の高いお店でした。特別な日に使うのにいいと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都千代田区丸の内1丁目11−1 パシフィックセンチュリープレイス




by 07takeshi | 2018-02-12 19:00 | 千代田区 | Comments(0)

中野 『オルガニコ』

週末の今日は中野で一人飲みです。中野で最近注目されているエリア「レンガ坂」のお店に行きます。やって来たのは「オルガニコ」。レンガ坂入ってすぐの左側のビルの2階にあるワインバルです。
e0208058_08173403.jpg

e0208058_08174453.jpg
お店は中に入ると意外と広く30席くらいありそうで、まだオープンして4か月くらいとのことで、新しく綺麗です。カウンター席もあるので、僕はカウンター席に案内されます。
e0208058_08193071.jpg
まずは「生ビール(ハートランド@580円)」
e0208058_08221559.jpg
フードはタパス、いわゆる軽いおつまみのメニューが多く、一人飲みにはいいラインナップです。あと、本日の肉料理やパスタなどもあり、しっかりめのメニューもあります。タパスはだいたい400円~800円くらいで、500~600円くらいのものが多い印象です。すぐにお通しが運ばれてきました。「ケイクサレ」ケイクサレとは甘くない塩ケーキという感じでしょうか。ここのはチーズとベーコンで、表面はサクッと中はフワフワでビールによく合います。
e0208058_08343985.jpg

フード1品目は「前菜の盛り合わせ」。盛り合わせは「3種(980円)」と「5種(1280円)」がありますが3種盛りを注文。しばらくして運ばれてきたのがこちら。キノコのマリネ・キャロットラペ・鶏レバームースの3品。キノコのマリネは結構酸味が効いてるけど、それがキノコの旨味と合わさってちょうどいい塩梅。キャロットラペは素材の味を活かしつつ酸味控えめでほんのり甘みがいい感じ。鶏レバームースは滑らかな舌触りでレバーのほろ苦さがいいです。
e0208058_08354027.jpg

お酒は2杯目スパークリング「コドーニュ ブリュット(700円))」柑橘系の香りで爽やかな一杯。
e0208058_08485435.jpg

2品目「自家製ベーコンのステーキ(780円)」
ナイフを入れるとびっくりするくらい柔らかい。表面はカリッとしているのですが、中はまるで角煮のよう。厚みも1センチくらいあってベーコンとしてはかなり厚切りなので、食べ応えもあり香ばしく塩っ気もあるのでお酒がすすみます。
e0208058_08421605.jpg


e0208058_08422868.jpg
ここで白ワイン。何を頼んだか忘れてしまいました… ワインはグラスで赤白が5種類ずつくらいとロゼがあります。値段は600~900円くらいで、700円くらいのものが多いです。
e0208058_08554183.jpg


フード最後は本日の生ハムメニューから「パンチェッタ(400円)」
注文が入るとスライサーで切りたてのものを出してくれます。リーズナブルな価格ながら大きなものが6切れくらいあり、結構ボリュームありました。脂身が甘くて美味しい。
e0208058_09015146.jpg
お店の方は若い方が3名でしたが、料理も美味しかったですし接客も丁寧で良かったです。駅からもすぐの立地で使い勝手の良いお店だと思います。個人的にもよかったのでまた行こうと思います。



よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】 東京都中野区中野3-34-24 千野ビル2F







第2回プラチナブロガーコンテスト



by 07takeshi | 2018-01-26 18:00 | 中野区 | Comments(0)

高円寺 『ホエール』

今日は高円寺で外食です。今日やって来たのは大一市場内にあるレストラン「ホエール」。色々な国の料理が楽しめるバルのような感じのお店です。実は大一市場には以前来たことがあるのですが、どこの店も結構混んでいて、一人では入りづらくて怖気づいて帰った記憶があります。市場内は高円寺なので若い人が多く、アジアのフードコートにでも来たようなワイワイした感じです。
e0208058_18223986.jpg

e0208058_18230337.jpg


e0208058_09232650.jpg

僕が先に着いたので、一人で先に始めます。このお店はビールの種類も多いのですが、スコットランドのパンクIPAのドラフトが飲めるのでそれを頼みます。サイズはS(700円)、Ⅿ(900円)、L(1100円)と選べますが、Ⅿをチョイス。クラフトビールらしいフルーティな香りで飲みやすいです。
e0208058_18331459.jpg
最初にお通しが出てきます。鶏むね肉にソースをかけたものですが、醤油ベースのアジアっぽい味のソースが美味しいです。お通しですがきちんとした一品。
e0208058_18353898.jpg
まずは軽くつまもうと「オーストリア風ポテトサラダ(350円)」
普通のポテサラのようなものをイメージしていたので、出てきたのを見てビックリ。細切りのシャキシャキポテトにヴィネガーが効いてさっぱりな味です。
e0208058_08523738.jpg
ここでドリンクを白ワインに切り替えます。「ハウスワイン(500円)」
ワインはグラス、デキャンタ、ボトルから選べて、グラスだと500円~700円くらい、ボトルでも2800円~3500円くらいとリーズナブルです。
e0208058_08574728.jpg
ここで奥さんも合流し、「イワシのクミンソテー(550円)」
寒い時期の脂がのって丸々太った丸ごとのイワシにふわっとクミンの香り。身はふっくらで柔らかく、食べた瞬間はイワシの香りと味だけど、後からクミンの香りと味が追いかけてきます。
e0208058_09034915.jpg
ワイン2杯目は赤からカリフォルニアの「ランチ32(700円)」ちょっと土っぽさがあり程よい重さで好みの味でした。
e0208058_09074369.jpg

フード2品目「鮭のフィッシュアンドチップス(650円)」
普通はフィッシュアンドチップスといえばタラとか白身魚が多いですが、鮭なので身の味がしっかり感じられ、タルタルソースが美味しい。付け合わせのポテトもサクサクでつまむ手が止まらなくなります。
e0208058_09134001.jpg

e0208058_09140100.jpg
このお店はジンの種類が多く数種類のジンから選べるジントニックがあるので「エギュベルのジントニック(600円)」
e0208058_09165346.jpg
締めの一品は「鶏肉とオリーブ塩レモン風味のタジン(1000円)」
これはモロッコ料理になるようですが、カレーのようなスパイシーさがあって、レモンの酸味と苦みも効いて爽やかな味。特にスープが美味しいので、今回は頼まなかったのですが、別注の「クスクス(200円)」入れてもいいと思います。
e0208058_09210231.jpg
e0208058_09211197.jpg
普段は阿佐ヶ谷で飲むことが多いのですが、阿佐ヶ谷と高円寺って1駅しか違わないのに、客層とか雰囲気が全然違うのが面白い。さらに大一市場はフードコートのような造りになっているので、いい意味で雑多な感じが楽しくて、更にリーズナブルなお店も多いので気軽に楽しめていいところです。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都杉並区高円寺北3丁目22−8第一市場内





by 07takeshi | 2018-01-06 19:00 | 杉並区(高円寺) | Comments(0)

丸の内 『グリル満天星』


お正月明けの今日は奥さんの家族と新年のあいさつも兼ねて食事をします。やって来たのは丸ビルにある洋食屋さん「グリル満天星」。かなり有名な洋食屋さんで、ご存知の方は多いと思いますが、僕は今まで来たことがなかったので今日が初来店です。丸ビル自体はこれまで何度も来ていますが、今回初めてテラスがあって東京駅が眺められることを知りました。ちょうど真正面なのでとてもきれいに見えます。
e0208058_18050319.jpg

e0208058_18110611.jpg

正月3日夜の店内は満席です。予約しといてよかった。メニューにはコースとかもあるのですが、アラカルトでもいろいろあるので、各々が好きなメニューを頼むことにします。僕が頼んだのは「ワンプレートミックス(2000円)」。これはいろんなメニューの中から2品好きなものを選べるというもの。選べるメニューは、ご飯系がオムライス・カレーライス・ハヤシライス、おかずがハンバーグ・メンチカツ・ロールキャベツ・カニクリームコロッケ・エビフライです。僕は一番定番っぽくオムライスとハンバーグを選びました。
e0208058_18354083.jpg


オムライスは上にトロトロ玉子が載ったタイプでエビと貝柱が入っており、そこにデミグラスソースがかかっています。中は一晩寝かせたピラフになっていてキノコや野菜が入っています。あらかじめ馴染ませているので味がマイルドで上品な味です。
e0208058_19321597.jpg

ハンバーグはふわっと柔らかいのかと思ったら、粗めな挽肉で食感がしっかりしていて肉感のあるタイプ。ワイルドなハンバーグに上品なデミグラスソースがよく馴染みますね。
e0208058_20060315.jpg
場所柄もありリーズナブルというわけではありませんが、どれもきちんと手の込んだ洋食で美味しかったです。お店も丸ビルの中なので、アクセスも抜群ですし、安心して使えるいいお店だと思います。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】東京都千代田区丸の内2−4−1 丸ビル 5F



by 07takeshi | 2018-01-03 19:00 | 千代田区 | Comments(0)

新大阪 『赤白(こうはく)』

旅の最終日は新幹線に乗る前に新大阪でランチにします。やって来たのは駅ビル、アルデ新大阪の2階にあるフレンチおでんのお店「赤白」。以前一度来たことがあるのですが、その時の印象が良かったので、またやってきました。
e0208058_18430674.jpg
お店は結構狭くコの字型のカウンターになっています。二人で並んで座り、お昼ですが休日なのでお酒もいただきます。このお店はフレンチおでんをいただきながら、シャンパンやワインを楽しむというコンセプトなので、最初の一杯はシャンパンから「ルイ ドール ブリュット(550円)」。シャンパンなのにこの値段が驚きです!
e0208058_15321086.jpg
1品目はおそらく一番人気のメニュー「大根のポルチーニソース(180円)」
コンソメで煮込んだとっても柔らかい大根にポルチーニ濃厚な風味のソースがたっぷり。コンソメで煮ているので洋風のポルチーニソースとよく合います。
e0208058_15515088.jpg

e0208058_15520613.jpg
ここでお酒は2杯目。イタリアの赤ワイン「イムリ(580円)」
e0208058_16041445.jpg

2品目「赤ワインとトマトのモツ煮(460円)」
モツはトロトロでピリッと胡椒の風味が効いたデミソースが濃厚でコク深い味。
e0208058_15585673.jpg
3品目「丸ごとトマト ジェノベーゼソース(280円)」
トマトを丸ごとコンソメスープで煮て、そこにバジルの効いたジェノベーゼソースがたっぷり。熱しているのでトマトの旨味がより強くなって甘さも出ていて、そこにコクのあるジェノベーゼソースがぴったりです。
e0208058_16124005.jpg
e0208058_16130282.jpg
4品目「生白子とズワイガニのこんがりバター焼き ビスクソース(650円)」
白子は香ばしくて中はトロトロ。カニは一口でトゥルンといただくと甘いです。
e0208058_16233932.jpg

e0208058_16235646.jpg
次のワインはアメリカの白から「スリー シーヴス(620円)」写真はピンボケになってしまいました…
e0208058_16294213.jpg
続いては串焼きメニューから「鶏ももペコロス レムラードソース(2本@380円)」
レムラードソースとはタルタルの元祖といわれるもの。鶏肉は焼き目が香ばしくてソースが濃厚で旨い!
e0208058_16394901.jpg
「もち豚ロース ちいたけ 赤ワインリンゴポン酢(2本@350円)」
ちいたけというのは小さいシイタケでそういう品種なんだそう。こちらはポン酢でさっぱりとした感じでいただけます。
e0208058_16424532.jpg
まだ食べられそうでしたが、この後は新幹線の中でビールを飲みながら551蓬莱のシュウマイを食べるつもりなので、この辺りで締めます。駅ナカで気軽にお酒飲んで美味しいものが食べられる使い勝手のいいお店です。

ちなみにこれが蓬莱のシュウマイ。お肉たっぷりで美味しいです。
e0208058_19285687.jpg


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】大阪市淀川区西中島5丁目16−1アルデ新大阪2F




by 07takeshi | 2017-12-31 12:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

神戸三宮 『欧風料理もん』

神戸での夕食は、神戸の身内と共に三宮の美味しい洋食屋さん「欧風料理もん」に行きます。ここは神戸では有名なお店で昭和11年創業の老舗の洋食屋さんです。
e0208058_15355086.jpg


1階はカウンター席とテーブル席で2階はボックス席になっているようです。僕らは1階のテーブル席に案内されますが、建物自体がとってもレトロで老舗の風格がありますね。
e0208058_15363774.jpg


メニューもこんな感じでかわいらしいデザインです。
e0208058_17521072.jpg


まずは「瓶ビール(大瓶@700円)」で乾杯!
e0208058_17562138.jpg

1品目はここでの大定番メニュー「ビーフカツレツ(2400円)」
最近でこそ関東でもよく食べられるようになった牛カツですが、関西は元々「牛」文化があり、カレーや肉じゃがなどもほとんどの家庭では牛を使っており、ビフカツも昔からよく食べられていました。なので、関西の洋食屋さんではビフカツを出すお店は多く、ここ「もん」でも名物料理となっています。外はサクッと中のお肉はレアで赤身の旨味が濃くて、そこに濃厚なデミグラスソースが絶妙にマッチしています。
e0208058_18281185.jpg



e0208058_18291853.jpg

2品目は「カキバター焼き(1850円)」
薄く衣をつけてバターでソテーしているので、表面はカリッと感もありバターの旨味もしっかり纏っており、食べると最初にタルタルソースとバターのコクがきて、その後カキの旨味がジュワっと溢れてきます。めっちゃ美味しいです。
e0208058_07322363.jpg

e0208058_07323969.jpg



3品目「マカロニグラタン(エビ@1350円)」
グラタンはチキン・エビ・ビーフから選べるのですが、ちょっと珍しいビーフにも惹かれつつ、一番定番のエビをチョイス。濃厚なホワイトソースにぷりぷりのエビ・マカロニと混ざり合って旨い!表面のパン粉とチーズもサクッとしていい食感です。
e0208058_07372658.jpg



e0208058_07375910.jpg

ここで飲み物をワインに切り替えます。ハーフボトルのロゼワイン(2000円)香りはほんのり甘いけど、きりっとした味で料理に合うワインでした。
e0208058_08335151.jpg

まだ食べられそうだったので、もう一品。その名も「名物とんかつ(1650円)」
これは1.5口大くらいのヒレカツでとっても柔らか。カツなんですが重さもなく、パクパク食べられます。
e0208058_08353051.jpg



e0208058_08423930.jpg
もう一品くらい食べたかったのですが、腹九分目くらいになったので、この辺りで締めます。お店の雰囲気もいい意味で老舗ならではの重厚感があり、食べ物もどれも歴史を感じさせる味で美味しかったです。神戸は洋食屋さんが多いので、来られる際にはぜひ食べてみることをお勧めします。

食後はコーヒーを飲みに「神戸にしむら珈琲店 中山手本店」へ行きます。にしむら珈琲店は神戸を中心に関西で10店舗ほど展開する創業70年くらいになるこちらも老舗のコーヒー屋さんです。三宮の駅前辺りにも店舗はありますが、本店は一棟丸々店舗になっていて風格があります。
e0208058_08555786.jpg



e0208058_08561592.jpg

e0208058_08563880.jpg
こちらは「ブレンドコーヒー(550円)」
e0208058_08591811.jpg
で、こちらが僕が頼んだ「ストロングコーヒー(650円)」
e0208058_08595010.jpg
最近では気軽にドリップのコーヒーがいただけるようになったので、喫茶店でコーヒーを飲むこともほとんどなくなりましたが、たまには贅沢していただくのもいいですね。コーヒーはもちろんですが、落ち着いた空間でゆったりするのもいいですよね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします



【住所】神戸市中央区北長狭通2丁目12−12



by 07takeshi | 2017-12-29 19:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

名古屋 錦『ヨコイ』

ホテルに荷物を預け、ランチにやって来たのはあんかけスパのお店「ヨコイ」。以前東京の六本木にもあったのですが、いつの間にかなくなってしまっていたので、今や関東では食べることはできません。
e0208058_00534182.jpg
お昼の12時20分ごろやってきましたが、店内は満席で7~8人ほど待ちがありました。東京だったら並ばないけど、わざわざ名古屋まで来ているので並ぶことにします。でも意外と回転が速くて10分くらいで席に案内されました。注文するのは一番人気のあんかけスパでは定番メニューの「ミラカン(950円)」。あんかけスパって独特の言い回しがあって、ウインナー・ハム・ベーコンの肉系メニューは「ミラネーズ」、「玉ネギ・ピーマン・トマト・マッシュルームなどの野菜系のメニューが「カントリー」といい、それを両方合わせた肉+野菜のメニューがミラカンというわけです。これはヨコイだけではなく、他のあんかけスパ屋さんでもこの言い方をしているところが多いと思います。
まずはポテサラとコールスローの盛り合わせが運ばれてきます。量はそんなに多くありませんが、これが結構いけます。
e0208058_01003468.jpg
7~8分ほど待ってミラカンが運ばれてきました。たっぷりのハムやウインナーの脇には濃い橙色のあんかけソースがたっぷりあります。この餡を絡めながら麺をフォークに巻いていき、ぱくりと頬張ると、思いのほか胡椒が効いたスパイシーな味。もうちょっと子供向けのマイルドな味付けかと思いがちですが、なかなかパンチの効いた味で美味しい!それに肉や野菜の具材もたっぷりで、最後の方は、具が余ってきてしまうほどです。
e0208058_01015955.jpg

e0208058_01042999.jpg



e0208058_01052458.jpg
デフォルトでも結構量は多く、男性でも割とお腹いっぱいになると思います。なんというか洗練された味ではないのですが、クセになりそうな味で、近くに欲しいお店です。六本木のお店がなくなってしまったので、今や東京では食べられないですが、六本木とかじゃなくて普段通勤ルートで通る新宿とかに出してくれればいいのになぁと思ってしまいます。また復活しないかなぁ。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】愛知県名古屋市中区錦3-14-25



by 07takeshi | 2017-12-28 13:00 | 首都圏以外 | Comments(0)

新富町 『ビストロ ル ケイク』

今日は友人たちとの食事会の日。やって来たのは新富町。地名はもちろん知っていますが、普段なかなか来る機会もないので、初めて降り立った街です。オフィス街なのか駅周辺にはあまり商業施設はなくて、小さな店舗が点在してる感じです。今日行くお店は「ビストロ ル ケイク」。友人が予約してくれたお店なので、どんなお店かはよく知らないので楽しみです。駅からは徒歩4~5分くらいでしょうか、ちょっと細い道沿いにあるお店です。
e0208058_05414355.jpg
店内に入ると、左側が厨房とカウンター席が10席くらい、右側に4人テーブルが3卓あります。僕らは4名なので、テーブル席に案内され、まずは「生ビール(550円)」で乾杯!
e0208058_05470487.jpg
この面子で飲むときは、だいたいいつもアラカルトで頼むのですが、ここは3800円というリーズナブルなお任せのコースがあるので、本日はそれをいただきます。まず最初に運ばれてくるのは前菜盛り合わせ。鶏レバーのムース、豚の頭のテリーヌ、田舎風パテ、ケイクサレ、ハムなど盛りだくさん。4人分ということもあり、たくさん種類があって見た目にも豪華です。
e0208058_05534472.jpg
e0208058_05543404.jpg
ビールをすぐ飲み干したので2杯目はチリの白ワイン(600円)
e0208058_05562783.jpg
続いて運ばれてきたのはサラダ。「葉物ののサラダ、キャロットラペ、自家製ピクルス」。サラダはかかっているドレッシングが優しい味で、主張が強すぎず、ちゃんと野菜の味を引き立てています。キャロットラペやピクルスも優しい味付けで、野菜の甘みや味が感じられます。
e0208058_05571174.jpg
続いては魚料理。これは一人分づつ盛り分けられて提供されます。左からハモ・サワラ・太刀魚・イカの炙り。確か兵庫県の明石のものだったと思いますが、シェフの地元なんでしょうか。僕は子供のころ兵庫県に住んでいた時期があるので、馴染みのある地名です。味付けもおそらく塩のみくらいとシンプルなので、身自体の味がダイレクトにきます。ハモは肉厚でジューシー。淡白なんですが、噛んでいるとさらりとした脂と身の甘みが出てきます。サワラは赤身なので旨みがしっかりしていますね。太刀魚も味はハモと似ていますが、こちらは身の弾力がしっかりしていて、サクッと歯切れがいい感じ。イカはねっとりした食感で甘い!
e0208058_06124784.jpg
e0208058_06210668.jpg
ワイン2杯目は南仏の赤(750円)立地やお店の雰囲気を考えると、全体的にお酒もリーズナブルだと思います。
e0208058_06335331.jpg
次は肉料理。「徳島産イノシシのロースト」。身がしっかりした感じかなと思っていたら、食感は思いのほか柔らかくて、赤身の旨味がしっかりしています。塩コショウで味付けはされているので、そのまま食べてもいいですし、付け合わせのマスタードソースを付けると、ちょっと酸味とマイルドな辛みが加わって、また違う印象になります。
e0208058_06233376.jpg
e0208058_06234477.jpg
最後はデザート「クリームダンジュ」ふわっと柔らかい舌触りで甘すぎず大人味でいい。コーヒーはエスプレッソにしてもらいました。
e0208058_06300268.jpg
e0208058_06311475.jpg
内装もシンプルながら洒落て綺麗な感じですし、料理も盛り付けが綺麗で適度なボリュームかつリーズナブルと、知っているとセンスがいいと思われるようなお店でした。だからだと思いますが、女子率が高く、しかも30代以上くらいの方が多く、落ち着いた雰囲気でした。家の近所にあったらいいのになー

よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都中央区新富1丁目6−15



by 07takeshi | 2017-12-16 19:00 | 中央区 | Comments(0)

大丸東京 『ミート矢澤テイクアウトステーション』

ペニンシュラのバーで飲んだ後は、東京駅まで歩いて行きます。晩御飯は家で食べようかということで、大丸のデパ地下で買い物をします。美味しそうな弁当が色々あって悩ましいところですが、前から食べてみたかったお弁当を買います。それはハンバーグやステーキで有名な五反田にあるレストラン「ミート矢澤」のテイクアウト専門店。
e0208058_20295190.jpg
購入するのは定番の「ハンバーグ弁当(1780円)」に「目玉焼き(100円)」をトッピング。早く食べたいというはやる気持ちを抑えながら帰路につき、家に到着!外観はこんな感じです。
e0208058_21035569.jpg
せっかく家で食べるので、更に早る気持ちを抑えつつ、電子レンジで温めることにします。温めてから蓋を開けると、ふわっとハンバーグの香りが漂ってきて、美味しそうさが更に増します!
e0208058_21102536.jpg
写真だと分かりづらいかもしれませんが、ハンバーグは厚みがあって大きさも結構あります。
e0208058_21512566.jpg
それではデミグラスソースをかけて、ハンバーグを二つに割ってみます。すると、肉汁がブシュッと溢れてきます。お弁当のハンバーグでこの肉汁はすごいですね~
e0208058_21522596.jpg
ハンバーグは粗い感じの挽肉なので、しっかりした肉感があって食べ応えもあるのですが、高級肉らしい上品な旨みもしっかり。お弁当とは思えない仕上がりです。いつかは何千円もするステーキ弁当とかも買ってみたいですね。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都千代田区丸の内1−9−1大丸東京店B1




by 07takeshi | 2017-12-07 19:00 | 千代田区 | Comments(0)

渋谷 『ア ビエント』 oishii

ちょっとしたお祝いの今日は、渋谷のホテルのレストランでディナーです。やって来たのは渋谷マークシティにあるエクセルホテル東急の最上階にあるレストラン「ア ビエント」。入口で名前を告げ、中に案内されると左側には渋谷の夜景が広がっています。
e0208058_14571873.jpg
窓際のテーブル席に案内されたので、正面には夜景が広がって、いい雰囲気です。やっぱりお祝いに夜景は必須ですね。さて、今日予約しているのは「【日~木曜限定】フリーフロー付!選べる前菜&メイン&デザートを愉しむプリフィックスディナー(6800円)」まずは、スパークリングワインで乾杯します。
e0208058_15120580.jpg
まずはアミューズ「カリフラワーのムース」
トロリと滑らかに口の中で溶けていきます。カリフラワーとコンソメの風味がしっかり感じられます。
e0208058_15404076.jpg
e0208058_15405014.jpg
パンは3種類。フランスパンはサクサク。特に雑穀?のパンが美味しかったです。
e0208058_15410504.jpg
2杯目のお酒はロゼワイン。色が綺麗ですね~
e0208058_15443931.jpg
こちらは前菜。僕は「ソルトスプリングアイランド島産活ムール貝のマニエール」
ほんのりカレーのような香りが感じられ、貝のお出汁もよく効いてます。貝殻は1個だけど、身は5個もありました。
e0208058_16322937.jpg
e0208058_16331532.jpg
こちらは奥さんが頼んだ「白身魚のタルタル カラスミとオリーブ」
e0208058_16365826.jpg
メインは肉か魚から選べますが、僕は「常陸鴨ロース肉のロティとフォアグラ ソースマデールと蕪のデクリネゾン」
お皿が大きいのでちょっと小ぶりに見えますが、食べてみるとそれなりにボリュームあります。鴨肉はいい火の通し加減で、おそらく低温で火を入れているのでしょう。中はレアっぽいピンク色で食感もしっとり柔らか。甘いマデラソースともよく合って美味しい。また、フォアグラも思いのほか大きくて立派。中もトロトロです。
e0208058_08364625.jpg
e0208058_08371037.jpg
e0208058_08374121.jpg
奥さんは魚料理から「真鱈のオーブン焼き 白菜のブレゼと白子のベニエ 柚子の香りのアクセント」
e0208058_08422738.jpg
食後はデザート。「アップルパイとバニラアイス」。味はもちろんですが、見た目も凝っていて楽しいです。
e0208058_08441056.jpg
コーヒーもしっかり苦みがあって美味しい。
e0208058_08442471.jpg
渋谷という街の雰囲気からはちょっと一線を画した優雅な雰囲気で、落ち着いて食事をしたいときには貴重なお店だと思います。夜景がとってもきれいなので、お祝いの時などに是非。


よかったら下のバナーをクリックお願いします


【住所】東京都渋谷区道玄坂1−12−2 渋谷エクセルホテル東急




by 07takeshi | 2017-12-06 19:00 | 渋谷・品川・港区 | Comments(0)

阿佐ヶ谷を中心に主に中央線グルメ、関東近郊や旅先のグルメ。たまに温泉も紹介しています。


by 07takeshi
プロフィールを見る
画像一覧